執筆者:水口貴博

穏やかな人になる
30の方法

1
15

落ち着きは、
穏やかな人になるための必須条件。

落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。 | 穏やかな人になる30の方法

穏やかな人の最大の特徴。

それは「落ち着き」です。

穏やかな人は、言葉や態度が落ち着いています。

また焦りや動揺が少なく、いつも精神状態が安定しています。

たとえ感情が乱れることがあっても、できるだけ表に出さず、落ち着いた言動を心がけようとします。

落ち着きを心がけていると、優しくて接しやすい雰囲気が出るので、人付き合いにもプラスに働きます。

穏やかな人になりたいなら、まず落ち着きを心がけることが大切です。

もちろん完全に感情をコントロールするのは難しいでしょう。

人間は感情の生き物。

珍しいことがあれば、驚きます。

残念なことがあれば、落ち込みます。

つらいことがあれば、悲しい気持ちになります。

嫌なことがあれば、不快な気持ちになるでしょう。

感情を抜きにして生きるのは不可能です。

たとえ悟りを開いた聖者であれ、時には感情的になることがあります。

しかし、常に落ち着くのは難しくても、努力ならできるはずです。

落ち着きとは、自然に実現できることもありますが、意識的に実現することも可能です。

ポジティブ思考や余裕のある行動を心がければ、心が安定しやすくなります。

単純に「落ち着いた行動をしよう」と意識するだけでも、気持ちが引き締まり、以前より落ち着きが増えます。

いつも落ち着いた行動が難しくても、できるだけ近づけたい。

感情に支配された状態は、野生の猿と同じです。

人は、感情の生き物であると同時に、感情のコントロールができる生き物でもあります。

感情ではなく理性を軸にした言動を心がけてこそ、社会性のある人間になれます。

落ち着きを心がけると、言葉や態度が柔和になります。

付き合いやすい雰囲気が出るので、自然と人が集まってきます。

余裕のある雰囲気も出るようになるので「生き方がすてきですね」と褒められるようになるでしょう。

落ち着きは、生まれつきの個性もありますが、自分の意識で作っていくことも可能です。

普段から落ち着きを心がけ、安定した精神状態を実現させましょう。

感情をコントロールする力は、あなたの意志の強さと比例します。

一にも二にも、落ち着きです。

落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件なのです。

穏やかな人になる方法(1)
  • 常に落ち着きを心がける。
余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。

穏やかな人になる30の方法
穏やかな人になる30の方法

  1. 落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
    落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
  2. 余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  3. 穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
    穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
  4. 柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
    柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
  5. ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。<br>食べ方・話し方・歩き方。
    ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。
    食べ方・話し方・歩き方。
  6. 穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。<br>人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
    穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。
    人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
  7. すべての人と仲良くしなくていい。<br>自分と合わない人とは、距離を置いていい。
    すべての人と仲良くしなくていい。
    自分と合わない人とは、距離を置いていい。
  8. 愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
    愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
  9. 呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。<br>呼吸を整えると、感情が落ち着く。
    呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。
    呼吸を整えると、感情が落ち着く。
  10. 穏やかな人は、寛大な優しさがある。
    穏やかな人は、寛大な優しさがある。
  11. 穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
    穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
  12. 受け止める力より受け流す力。
    受け止める力より受け流す力。
  13. 穏やかだから、明るい表情になるのではない。<br>明るい表情をするから、穏やかになる。
    穏やかだから、明るい表情になるのではない。
    明るい表情をするから、穏やかになる。
  14. 穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
    穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
  15. 愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
    愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
  16. 嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
    嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
  17. 穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
    穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
  18. カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
    カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
  19. 他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
    他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
  20. 穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
    穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
  21. 優劣や勝ち負けを意識しない。<br>ひたすら楽しむことに集中しよう。
    優劣や勝ち負けを意識しない。
    ひたすら楽しむことに集中しよう。
  22. 「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
    「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
  23. 穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
    穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
  24. 短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。<br>長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
    短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
    長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
  25. 1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
    1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
  26. 不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。<br>現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
    不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。
    現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
  27. 普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
    普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
  28. 頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
    頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
  29. 時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
    時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
  30. 年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。<br>年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。
    年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。
    年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION