執筆者:水口貴博

穏やかな人になる
30の方法

7
10

すべての人と仲良くしなくていい。
自分と合わない人とは、
距離を置いていい。

すべての人と仲良くしなくていい。自分と合わない人とは、距離を置いていい。 | 穏やかな人になる30の方法

すべての人と仲良くなろうとしていませんか。

人間関係は大切にしなければいけないと思い込んでいませんか。

たしかに円満な人付き合いを築くことは大切です。

人と関わることで、やる気や元気をもらえます。

人には、悲しみを半分にして、喜びを2倍にしてくれる、不思議な力があります。

人から学ぶことも大いにあります。

人によって価値観も考え方も異なるので、さまざまな人と接したほうが、さまざまな刺激や変化が得られるでしょう。

より多くの人と関わることは、自分の成長にもプラスに働くはずです。

また普段から仲良くしておくと、保険になることもあります。

深い関係なら、あなたのために一生懸命助けてくれるに違いありません。

人間関係は、貴重な人脈に変わることもあります。

人とのつながりは、宝です。

あるとき思わぬ人脈となって、人生の可能性が切り開けることもあるでしょう。

人に可能性を高める力があるのは間違いありません。

では、すべての人と深く付き合わなければいけないかというと、そうではありません。

自分とは価値観や考え方が合わず、一緒にいても楽しくない人もいるでしょう。

中には、自分と不仲の人もいるかもしれません。

悪口を言ってきたり、仕事の邪魔をしてきたりする人です。

不仲の人と一緒にいても、楽しいことはなく、いらいらすることばかりになるでしょう。

人付き合いが増えれば、当然ですが、自分と合わない人も出てきます。

自分と合わない人とは、表面的な付き合いになります。

気遣いや気苦労が増える割に、貴重な時間ばかりが過ぎてしまいます。

自分と合わない人とずっと一緒にいても、豊かな時間は生まれません。

すべての人と仲良くしたいところですが、実際は非現実的です。

すべての人と仲良くしようとすると、穏やかになるのは難しくなるのです。

そこで、おすすめしたいことがあります。

自分に合わない人なら、思いきって距離を置いてみませんか。

人と仲良くするのも大切ですが、時には人と距離を置くことも必要です。

「縁を切る」という意味ではなく、あくまで「距離を置く」というだけです。

接する回数を減らす、もしくは深く関わらないようにします。

そうすれば精神的な消耗が減る分、穏やかな気持ちでいられます。

たとえば、苦手な人です。

人間関係の中には、強いストレスを感じる人もいるでしょう。

強いストレスを感じる人と一緒にいても、いらいらするばかり。

建設的な時間より不毛な時間のほうが多くなります。

関わったところで、楽しいことより苦しいことが増えるでしょう。

苦手な人とは積極的に距離を置くのが得策です。

また、自分と価値観が合わない人とも距離を置いたほうがいいでしょう。

もちろん新しく学べることもありますが、どうしても「相手に合わせる」という関係になります。

時には合わせることも大切ですが、合わせてばかりでは、摩擦や違和感でストレスがたまります。

短期的には我慢できても、長期的になると大変でしょう。

気遣いや気苦労によって、精神的な消耗も増えます。

自分と合わない人とも、一定の距離を置くのが得策です。

こうすれば、心地よい人間関係だけになるので、日頃から穏やかな精神状態を保ちやすくなります。

都合があって、付き合わなければいけない人間関係なら、必要最低限の接触だけにすればいい。

挨拶や仕事上のやりとりなど最低限の接し方なら、特に問題が起こることもないはずです。

難しい場面もあるかもしれませんが、できるだけ心がけてみてください。

穏やかな人間関係に囲まれたほうが、自分も穏やかでいられます。

すべての人と仲良くしようとするのではありません。

時には人間関係を減らしてみることも大切です。

本当に大切な人と付き合ったほうが、人生は豊かになります。

すべての人と仲良くしなくていい。

自分と合わない人とは、距離を置いていいのです。

穏やかな人になる方法(7)
  • 自分と合わない人とは、距離を置く。
愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。

穏やかな人になる30の方法
穏やかな人になる30の方法

  1. 落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
    落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
  2. 余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  3. 穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
    穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
  4. 柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
    柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
  5. ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。<br>食べ方・話し方・歩き方。
    ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。
    食べ方・話し方・歩き方。
  6. 穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。<br>人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
    穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。
    人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
  7. すべての人と仲良くしなくていい。<br>自分と合わない人とは、距離を置いていい。
    すべての人と仲良くしなくていい。
    自分と合わない人とは、距離を置いていい。
  8. 愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
    愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
  9. 呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。<br>呼吸を整えると、感情が落ち着く。
    呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。
    呼吸を整えると、感情が落ち着く。
  10. 穏やかな人は、寛大な優しさがある。
    穏やかな人は、寛大な優しさがある。
  11. 穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
    穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
  12. 受け止める力より受け流す力。
    受け止める力より受け流す力。
  13. 穏やかだから、明るい表情になるのではない。<br>明るい表情をするから、穏やかになる。
    穏やかだから、明るい表情になるのではない。
    明るい表情をするから、穏やかになる。
  14. 穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
    穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
  15. 愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
    愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
  16. 嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
    嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
  17. 穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
    穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
  18. カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
    カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
  19. 他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
    他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
  20. 穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
    穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
  21. 優劣や勝ち負けを意識しない。<br>ひたすら楽しむことに集中しよう。
    優劣や勝ち負けを意識しない。
    ひたすら楽しむことに集中しよう。
  22. 「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
    「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
  23. 穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
    穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
  24. 短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。<br>長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
    短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
    長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
  25. 1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
    1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
  26. 不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。<br>現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
    不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。
    現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
  27. 普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
    普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
  28. 頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
    頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
  29. 時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
    時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
  30. 年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。<br>年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。
    年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。
    年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION