執筆者:水口貴博

穏やかな人になる
30の方法

23
7

穏やかな人は
「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。

穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。 | 穏やかな人になる30の方法

穏やかな人は、ストレスに対する考え方がスマートです。

「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方があります。

私たちは生きているかぎり、ストレスは避けて通れません。

現代はストレス社会です。

現代人は、さまざまなストレスにさらされながら生きています。

通勤のストレス、職場のストレス、仕事のストレス。

勉強のストレス、人間関係のストレス、お金のストレス。

家庭のストレス、育児のストレス、睡眠不足のストレス。

「ストレスまみれの生活」と言っても過言ではありません。

普通に生活をするだけで、大なり小なり、ストレスが発生します。

「ストレスのない生活は、ほぼ不可能」と言っても過言ではありません。

しかし、穏やかな人が素晴らしいのは、ストレスを感じた後です。

ストレスを感じることはあっても、ため込まないようにしています。

穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方があります。

そのため、気晴らしや気分転換など、定期的にストレス解消を心がけています。

たとえ仕事が忙しくても「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方があるので、後回しにしません。

「少しストレスをため込んでいる」と思えば、無理をせず、休養します。

だから、いつも明るく元気です。

心の負担が減った分だけ、心に余裕が生まれます。

心は軽くなり、穏やかな気持ちでいられるのです。

穏やかな人になるためには、定期的なストレス解消を心がけましょう。

趣味でも運動でも旅行でもいい。

スポーツジムで体を動かす。

マッサージサロンで体をみほぐしてもらう。

カラオケに行き、大声で歌うのも悪くありません。

ストレスがたまってから行動するのでは、少し遅い。

「ストレスに勝つ」

「ストレスと闘う」

「ストレスに負けない」

挑戦的な考え方もいいですが、精神力には限界があることを理解してください。

ストレスをためすぎると、仕事だけでなく、健康に悪影響を及ぼすことがあります。

鬱病や統合失調症などの精神疾患を引き起こす可能性もゼロではありません。

「自分に限って大丈夫」と思っていても、実際はわかりません。

ストレスは、過剰になると感覚が麻痺まひするため、かえって感じにくくなる特徴があります。

多忙にもかかわらず、疲れを感じないなら、実はぎりぎりの状態かもしれません。

自分の精神力を過信せず、十分なストレス解消を心がけるのが得策です。

「時間があったらストレス解消」ではなく「ストレス解消に時間を作る」という姿勢が大切です。

ストレスがたまってから休暇を取るのではなく、先に休暇の予定を入れておくほうが健全です。

「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方を持ち、仕事のしすぎには注意しましょう。

きちんとストレスを解消できていれば、自然と心に余裕が生まれ、穏やかになれます。

穏やかな人になる方法(23)
  • 「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方を持ち、定期的なストレス解消を心がける。
短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
長期的・全体的に考えると、心が広くなる。

穏やかな人になる30の方法
穏やかな人になる30の方法

  1. 落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
    落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
  2. 余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  3. 穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
    穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
  4. 柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
    柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
  5. ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。<br>食べ方・話し方・歩き方。
    ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。
    食べ方・話し方・歩き方。
  6. 穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。<br>人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
    穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。
    人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
  7. すべての人と仲良くしなくていい。<br>自分と合わない人とは、距離を置いていい。
    すべての人と仲良くしなくていい。
    自分と合わない人とは、距離を置いていい。
  8. 愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
    愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
  9. 呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。<br>呼吸を整えると、感情が落ち着く。
    呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。
    呼吸を整えると、感情が落ち着く。
  10. 穏やかな人は、寛大な優しさがある。
    穏やかな人は、寛大な優しさがある。
  11. 穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
    穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
  12. 受け止める力より受け流す力。
    受け止める力より受け流す力。
  13. 穏やかだから、明るい表情になるのではない。<br>明るい表情をするから、穏やかになる。
    穏やかだから、明るい表情になるのではない。
    明るい表情をするから、穏やかになる。
  14. 穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
    穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
  15. 愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
    愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
  16. 嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
    嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
  17. 穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
    穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
  18. カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
    カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
  19. 他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
    他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
  20. 穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
    穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
  21. 優劣や勝ち負けを意識しない。<br>ひたすら楽しむことに集中しよう。
    優劣や勝ち負けを意識しない。
    ひたすら楽しむことに集中しよう。
  22. 「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
    「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
  23. 穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
    穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
  24. 短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。<br>長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
    短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
    長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
  25. 1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
    1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
  26. 不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。<br>現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
    不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。
    現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
  27. 普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
    普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
  28. 頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
    頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
  29. 時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
    時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
  30. 年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。<br>年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。
    年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。
    年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION