執筆者:水口貴博

穏やかな人になる
30の方法

26
4

不足を嘆く習慣は、
不幸になる習慣。
現状に満足する習慣は、
幸せになる習慣。

不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。 | 穏やかな人になる30の方法

「物が足りない」

「お金が足りない」

「時間が足りない」

不足を嘆く習慣に心当たりはありませんか。

たしかに物・お金・時間が少なくて困ることはあるでしょう。

裕福な人でないかぎり、何でも物がそろっている状況は少ないでしょう。

物が足りないと、できることも限られたり、仕事も制限されたりします。

お金持ちでないかぎり、お金が余っている人は少ないでしょう。

収入が少なくて、日頃からお金に苦労している人も多いはずです。

お金がないと、買いたいものが買えず、行動も制限されます。

自由人でもないかぎり、時間が余っている人も少ないでしょう。

時間がないと、やりたいことがあっても、行動する時間がありません。

物もお金も時間も、少ないより多いほうが便利で役立つのはたしかです。

しかし、足りないことや不足ばかり考えている習慣には注意が必要です。

足りないことばかりに集中していると、自分の置かれている状況が悪く感じて、どんどん不幸になってしまいます。

「あれもない、これもない」とわめくだけでは、駄々をこねる子どもと同じ。

「物がない、お金がない、時間がない」とわめくだけでは、一歩も前進できず、何も改善しません。

不足を嘆く習慣があると、自分の置かれた状況が悪く感じます。

常に不平不満を感じるため、心が貧しくなります。

不足ばかり考えていると、焦りや緊張が生まれ、ストレスを感じます。

「もっと早くしなければいけない」

「もっと増やさなければいけない」

「もっと頑張らなければいけない」

あれもこれも欲しがっていると、恵まれていない自分が強調され、どんどんつらい気持ちが強くなってしまいます。

最終的に、生きているのが苦しくなり、人生が嫌になるのです。

不足を嘆く習慣は、できるだけやめておくのが健全です。

では、どうするか。

不足を嘆く習慣をやめる代わりに、新しく心がけたい習慣があります。

現状に満足する習慣です。

「まだ足りない」と考えるのではありません。

「すでに満たされている」と考えるようにしましょう。

考え方や受け止め方を変え、現状に満足しましょう。

事実は関係なく、まず「十分」と思うことが大切です。

物が少なくても、満足しましょう。

「物は十分ある」と思うこと。

物の数は限られていても、諦めないでください。

使い方を工夫したり借りたりなど試行錯誤をすれば、できる範囲が広がるはずです。

「物は十分ある」と思えば、可能性が広がり、希望の光が見えてきます。

お金が足りなくても、満足しましょう。

「お金がない」「貧乏だ」と嘆くばかりでは前進できません。

お金が十分なくても「お金は十分ある」と考えてみる。

お金の使い方を見直して、節約や節制を徹底すれば、限られたお金でもできる範囲が広がっていきます。

「すでにお金はある。手持ちのお金で何とかしよう」と前向きに考えれば、気持ちまで明るくなってくるはずです。

そうすれば「お金は十分ある」と言えるでしょう。

たとえ収入が低くても、満足する習慣が大切です。

「今の収入で十分幸せ」と思えば、その瞬間に心が満たされます。

時間が足りなくても、満足しましょう。

愚痴や不満を口にするのはまだ早い。

「時間がない」と嘆くのではなく「時間は十分ある」と考えてみてください。

時間が足りないとはいえ、ゼロではないはずです。

時間が限られていたとしても、段取りやスケジュールを見直してみてください。

工夫や改善の余地があれば、時間を増やせるでしょう。

「時間は十分ある」と前向きに考えることで、本当に時間が十分になっていきます。

十分と考えることで、現状に満足してください。

考え方や受け止め方を変えて、現状に満足しましょう。

現実の問題ではありません。

気持ちの問題です。

あなたはすでに満たされています。

それに気づいて、しっかり実感するだけでいいのです。

不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣です。

現状に満足する習慣は、幸せになる習慣なのです。

穏やかな人になる方法(26)
  • 不足を嘆く習慣はやめる。
  • 現状に満足する習慣を心がける。
普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。

穏やかな人になる30の方法
穏やかな人になる30の方法

  1. 落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
    落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
  2. 余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  3. 穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
    穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
  4. 柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
    柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
  5. ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。<br>食べ方・話し方・歩き方。
    ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。
    食べ方・話し方・歩き方。
  6. 穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。<br>人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
    穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。
    人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
  7. すべての人と仲良くしなくていい。<br>自分と合わない人とは、距離を置いていい。
    すべての人と仲良くしなくていい。
    自分と合わない人とは、距離を置いていい。
  8. 愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
    愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
  9. 呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。<br>呼吸を整えると、感情が落ち着く。
    呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。
    呼吸を整えると、感情が落ち着く。
  10. 穏やかな人は、寛大な優しさがある。
    穏やかな人は、寛大な優しさがある。
  11. 穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
    穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
  12. 受け止める力より受け流す力。
    受け止める力より受け流す力。
  13. 穏やかだから、明るい表情になるのではない。<br>明るい表情をするから、穏やかになる。
    穏やかだから、明るい表情になるのではない。
    明るい表情をするから、穏やかになる。
  14. 穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
    穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
  15. 愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
    愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
  16. 嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
    嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
  17. 穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
    穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
  18. カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
    カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
  19. 他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
    他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
  20. 穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
    穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
  21. 優劣や勝ち負けを意識しない。<br>ひたすら楽しむことに集中しよう。
    優劣や勝ち負けを意識しない。
    ひたすら楽しむことに集中しよう。
  22. 「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
    「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
  23. 穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
    穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
  24. 短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。<br>長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
    短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
    長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
  25. 1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
    1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
  26. 不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。<br>現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
    不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。
    現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
  27. 普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
    普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
  28. 頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
    頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
  29. 時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
    時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
  30. 年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。<br>年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。
    年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。
    年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION