執筆者:水口貴博

穏やかな人になる
30の方法

30
12

年齢が高くても、
大人の行動ができない人がいる。
年齢が低くても、
大人の行動ができる人もいる。

年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。 | 穏やかな人になる30の方法

穏やかな人になるために、大切な行動があります。

「大人の行動」です。

大人の行動とは「大人がする行動」という意味ではありません。

「大人らしい行動」という意味です。

精神的に安定していて、常に社会を意識した行動ができます。

年齢が高くても、大人の行動ができない人がいます。

  • 基本的な挨拶ができない
  • 自己中心的で利己主義
  • 感情のコントロールが不安定
  • 自己管理が下手
  • 礼儀やマナーが悪い
  • 倫理や道徳に反する行為をする
  • 自分が悪くても、言い訳をして、なかなか認めようとしない

こうした点が目立つのは、子どもの行動です。

心が狭く、気分が安定していません。

社会常識が欠損した行動が目立ちます。

たとえ年齢は高くても、精神的には子どもです。

年齢を重ねるだけで、精神の成長は止まったままになっています。

子どもの行動が目立てば、たとえ大人でも「精神が未熟」「精神年齢が低い」と思われて仕方ないでしょう。

穏やかな人になるために心がけたいのは「大人の行動」です。

大人の行動とは、次のような言動の集合体です。

  • 基本的な挨拶ができる
  • 協調性があって利他主義
  • 感情のコントロールができ、常に冷静沈着
  • 自己管理が上手
  • 礼儀正しく、マナーをわきまえている
  • 倫理や道徳に反する行為はしない
  • 自分に非があれば、きちんと謝る

こうした言動は、大人の行動です。

精神的に安定していて、常に社会常識を意識した行動ができています。

大人の行動で大切なのは「年齢」ではなく「意識」です。

「大人の行動をしよう」と意識することが大切です。

いきなり完璧になるのではなく、少しずつ積み重ねていけば十分。

完璧に心がけるのは、本当の大人でも困難ですが、少しずつなら実行していけるはずです。

今はできなくても、意識しているうちにだんだんできるようになります。

もし迷いや邪念が生じたときは「大人の行動を心がけろ!」と自分に言い聞かせ、良心に従った行動を取ってください。

成人した人が大人ではありません。

大人の行動を取れる人が、大人です。

年齢が高くても、大人の行動ができない人がいます。

年齢が低くても、大人の行動ができる人もいます。

あなたはどちらの人間ですか。

願わくは、きちんと大人の行動ができる人になりましょう。

しっかり意識して行動できれば、たとえ未成年でも、大人の行動を取ることは可能です。

大人の行動を心がけると、心と行動が落ち着いて、成熟した雰囲気を出せるようになります。

気づけば、穏やかな人になっているはずです。

穏やかな人になる方法(30)
  • 大人の行動を意識する。
まとめ

穏やかな人になる30の方法
穏やかな人になる30の方法

  1. 落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
    落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
  2. 余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  3. 穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
    穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
  4. 柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
    柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
  5. ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。<br>食べ方・話し方・歩き方。
    ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。
    食べ方・話し方・歩き方。
  6. 穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。<br>人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
    穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。
    人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
  7. すべての人と仲良くしなくていい。<br>自分と合わない人とは、距離を置いていい。
    すべての人と仲良くしなくていい。
    自分と合わない人とは、距離を置いていい。
  8. 愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
    愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
  9. 呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。<br>呼吸を整えると、感情が落ち着く。
    呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。
    呼吸を整えると、感情が落ち着く。
  10. 穏やかな人は、寛大な優しさがある。
    穏やかな人は、寛大な優しさがある。
  11. 穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
    穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
  12. 受け止める力より受け流す力。
    受け止める力より受け流す力。
  13. 穏やかだから、明るい表情になるのではない。<br>明るい表情をするから、穏やかになる。
    穏やかだから、明るい表情になるのではない。
    明るい表情をするから、穏やかになる。
  14. 穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
    穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
  15. 愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
    愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
  16. 嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
    嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
  17. 穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
    穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
  18. カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
    カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
  19. 他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
    他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
  20. 穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
    穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
  21. 優劣や勝ち負けを意識しない。<br>ひたすら楽しむことに集中しよう。
    優劣や勝ち負けを意識しない。
    ひたすら楽しむことに集中しよう。
  22. 「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
    「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
  23. 穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
    穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
  24. 短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。<br>長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
    短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
    長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
  25. 1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
    1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
  26. 不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。<br>現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
    不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。
    現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
  27. 普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
    普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
  28. 頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
    頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
  29. 時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
    時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
  30. 年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。<br>年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。
    年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。
    年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION