執筆者:水口貴博

穏やかな人になる
30の方法

12
11

受け止める力より受け流す力。

受け止める力より受け流す力。 | 穏やかな人になる30の方法

穏やかな人になるために必要なのは、受け止める力だけとは限りません。

会話はキャッチボールが基本です。

人とのコミュニケーションでは、相手の言葉をきちんと受け止めることが大切です。

お互いの言葉をきちんと受け止め、返すことで、どんどん会話が進んでいきます。

時には悩みの相談を持ちかけられることもあるでしょう。

相手から頼りにされたときは、できるだけ親身になって対応することが大切です。

しかし、何でも真面目に受け止めればいいわけではありません。

人付き合いやコミュニケーションの中には、くだらないことやばかばかしいこともあるでしょう。

すべて真面目に受け止めていると、時間や体力がいくらあっても足りません。

低俗なことなら、さらりと受け流すことも必要です。

たとえば、相手から嫌みを言われたときです。

嫌みをそのまま受け止めると、いらいらしたり腹が立ったりします。

「何てひどいことを言うのだろう!」

心が傷ついて、精神的な消耗も激しくなります。

こうしたときこそ「受け流す力」です。

不快な一言を言われたときは、受け流しましょう。

「はいはい。そうですか」と、本気に受け止めず、さらりと流す。

表向きは受け止めているふりをしつつ、実際はほとんど無視をしている状態です。

たとえ自信やプライドを傷つけることを言われても、真面目に受け止めません。

どんなに不快な一言も、受け流しさえすれば、ダメージはゼロ。

失礼な態度に思えますが、くだらない内容なら、無視することも大切です。

自分が気にしなければ、不快な言葉に対する防御力が高まったのと同じ状態になります。

急に身に覚えのない喧嘩を売られるときもあるでしょう。

むきになって歯向かうと、そのまま本格的な喧嘩に発展します。

自分が悪くなくても、ひとまず「すみませんでした」と謝っておくほうが、大きなトラブルに発展しなくて済みます。

納得できないこともあるかもしれませんが、スムーズに人生を渡り歩くための処世術です。

人間関係は、精神レベルの同じ人同士がぶつかります。

いちいち低俗なことに反応するのは、自分の精神レベルも低い証拠。

精神レベルを高めるなら、低俗なことは、できるだけ受け流すのが得策です。

つまらないことは、さらりと受け流しましょう。

風に揺れるすすきのように、摩擦や抵抗を減らすことです。

受け流す力が強くなると、打たれ強くなり、落ち込みにくくなります。

不快な物事があっても、感情を乱されず、落ち着いた状態を維持できます。

穏やかな人になるために必要なのは、受け止める力より受け流す力なのです。

穏やかな人になる方法(12)
  • 低俗なことは、真面目に受け止めず、さらりと受け流す。
穏やかだから、明るい表情になるのではない。
明るい表情をするから、穏やかになる。

穏やかな人になる30の方法
穏やかな人になる30の方法

  1. 落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
    落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
  2. 余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  3. 穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
    穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
  4. 柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
    柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
  5. ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。<br>食べ方・話し方・歩き方。
    ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。
    食べ方・話し方・歩き方。
  6. 穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。<br>人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
    穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。
    人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
  7. すべての人と仲良くしなくていい。<br>自分と合わない人とは、距離を置いていい。
    すべての人と仲良くしなくていい。
    自分と合わない人とは、距離を置いていい。
  8. 愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
    愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
  9. 呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。<br>呼吸を整えると、感情が落ち着く。
    呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。
    呼吸を整えると、感情が落ち着く。
  10. 穏やかな人は、寛大な優しさがある。
    穏やかな人は、寛大な優しさがある。
  11. 穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
    穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
  12. 受け止める力より受け流す力。
    受け止める力より受け流す力。
  13. 穏やかだから、明るい表情になるのではない。<br>明るい表情をするから、穏やかになる。
    穏やかだから、明るい表情になるのではない。
    明るい表情をするから、穏やかになる。
  14. 穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
    穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
  15. 愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
    愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
  16. 嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
    嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
  17. 穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
    穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
  18. カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
    カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
  19. 他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
    他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
  20. 穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
    穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
  21. 優劣や勝ち負けを意識しない。<br>ひたすら楽しむことに集中しよう。
    優劣や勝ち負けを意識しない。
    ひたすら楽しむことに集中しよう。
  22. 「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
    「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
  23. 穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
    穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
  24. 短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。<br>長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
    短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
    長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
  25. 1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
    1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
  26. 不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。<br>現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
    不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。
    現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
  27. 普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
    普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
  28. 頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
    頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
  29. 時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
    時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
  30. 年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。<br>年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。
    年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。
    年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION