人生の教科書



自分磨き

穏やかな人になる
30の方法

お気に入り2 読んだ
13

穏やかだから、
明るい表情になるのではない。
明るい表情をするから、
穏やかになる。

穏やかだから、明るい表情になるのではない。明るい表情をするから、穏やかになる。 | 穏やかな人になる30の方法

穏やかな人になりたいなら、明るい表情を心がけましょう。

穏やかな人には、明るい表情があります。

普段からにこにこしていて、明るい雰囲気が出ています。

楽しいときはきちんと笑い、しっかり笑顔を見せます。

いつも明るい笑顔を振りまき、周りに明るい印象を与えています。

ここで、笑顔に関する3つの誤解があります。

  1. 「明るい表情は性格の問題」
  1. 「楽しくないのに笑えない」
  1. 「自分の笑顔に自信がない」

よく聞かれる言葉ですが、誤解です。

(誤解1)
「明るい表情は性格の問題」

まず明るい表情は、性格の問題ではありません。

もちろん明るい性格のほうが、明るい表情も増えますが、暗い性格であっても、明るい表情を作ることは可能です。

表情筋は、自律神経とは違い、意識的にコントロールできる筋肉です。

表情は、性格にかかわらず、自分の意志で自在に作れます。

たとえ気持ちがどん底でも、明るい表情になれます。

(誤解2)
「楽しくないのに笑えない」

「楽しくないのに笑えない」と思うのも誤解です。

 

たしかに何もないのに笑うのは不自然ですが、にこにこした表情なら自然です。

口角を少し上げるだけでいいのです。

ほんの少し口角が上がるだけで、表情は明るくなります。

たとえ暗い気持ちでも、普段から口角を上げて、にこにこすると、明るい雰囲気を出せます。

(誤解3)
「自分の笑顔に自信がない」

「自分の笑顔に自信がない」というのも考えすぎです。

笑顔は笑顔です。

笑顔に、暗い表情は1つもありません。

笑いじわができようと、顔がくしゃくしゃになろうと、笑顔になれば必ずポジティブな雰囲気が出ます。

§

普段から明るい表情を意識しましょう。

明るい表情とはいえ、大げさな笑顔は不要です。

にこにこするだけでいいのです。

楽しいことや面白いことがなくてもいいので、まずにこにこしましょう。

口角をたった3ミリ上げるだけで、表情は変わります。

口を閉じたままでも、口角を上げるだけで、明るい表情になれます。

にこにこしていると、不思議な感情の変化を実感できるでしょう。

「自然と穏やかな気持ちになっていく」という変化です。

表情筋は脳とつながっています。

明るい表情になると、表情筋から脳にポジティブな刺激信号が伝わります。

脳は「この人は今、幸せになっている」と認識して、幸福な気持ちを生み出していくのです。

心の状態がよくなり、安定した気持ちになっていきます。

たとえいらいらしていても、明るい表情を心がけていると、だんだん気持ちが落ち着いてくるはずです。

穏やかだから、明るい表情になるのではありません。

明るい表情をするから、穏やかになるのです。

普段からにこにこしていると、普段から穏やかな気持ちでいられます。

笑顔もプレゼントの1つ

明るい表情は、人を明るい気持ちにさせたり、幸せにさせたりする力があります。

「笑顔もプレゼントの1つ」と考えてください。

笑顔になるだけでいい。

普段からにこにこした表情を心がけ、たくさんのプレゼントを与えていきましょう。

あなたが笑顔になっていると、相手も笑顔で返してくれるようになります。

気づけば、多くの笑顔に囲まれる生活になっているはずです。

まとめ

穏やかな人になる方法 その13
  • 普段から明るい表情を意識する。
穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。

もくじ
(穏やかな人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品