人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
自分磨き
1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
人付き合い
人間関係は、生卵を割るのと同じ。
力加減が大切だ。
人付き合い
人生で最も難しい人間関係は、親子関係。
人付き合い
尊敬し合えば、よい関係が保てる。
人付き合い
人間関係とは、3人でする縄跳びと同じ。
タイミングをよく見てから、入る。
人付き合い
人間関係とは、スポーツ。
一緒に汗をかけばかくほど、仲良くなれる。

穏やかな人になる
30の方法

お気に入り3 読んだ
6

穏やかな人とは
「社交的な人」という意味ではない。
人付き合いが苦手でも、
穏やかになることは可能。

穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。 | 穏やかな人になる30の方法

「穏やかな人」と聞いて、どんなイメージを持つでしょうか。

  • いつも心が安定している
  • どんなことがあっても怒らない
  • いつも明るく元気に振る舞っている
  • 積極的に人と関わって行こうとする
  • いつもにこにこした笑顔を振りまいている
  • 年齢や性別に関係なく、誰とでも仲良くしている

一言で言えば「社交的」というイメージです。

  • 「穏やかな人になるには、社交的にならなければいけないのではないか」

そう思う人もいるのではないでしょうか。

ここに誤解があります。

 

たしかに穏やかな人には、人付き合いが上手で、円満な人間関係を築いている印象があります。

「穏やかな人=社交的な人」とイメージしている人もいるでしょう。

 

しかし、穏やかになるために社交的である必要はありません。

社交的要素は、あったほうがいいのはたしかですが、必須ではありません。

人間関係が増えるにつれて、人付き合いに忙しくなって、気遣うことも増えます。

相手に合わせなければいけないことも増えるので、振り回される場面も多くなります。

また、人付き合いの輪が広がるにつれて、しがらみも増えて、気苦労やストレスが増えるでしょう。

嫌われないように振る舞うのが一番疲れる。

さまざまな刺激や経験が得られる反面、誤解や勘違い、摩擦や対立といったトラブルも増える。

社交的になりすぎると、自分の時間が持てなくなり、自分らしさを見失うデメリットもあります。

気づくと、周りに流された道を歩んでいることがあるのです。

「社交的」という響きはいいですが、実際に社交的を心がけるのは、大変です。

穏やかな人になるには、どうすればいいか。

いったん「社交的」という要素は忘れてください。

穏やかな人になるために、人付き合いが苦手でもOKです。

人間関係が希薄でも大いに結構。

自然体でもマイペースであっても大丈夫です。

穏やかになるために大切なのは「落ち着き」です。

落ち着いた言葉、態度、精神状態。

不快なことがあっても、理性と自制心を保って、安定した精神状態でいることが大切です。

落ち着きこそ、穏やかな人になるために必要な要素。

つまり、人付き合いの良しあしとは無関係です。

穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではありません。

人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能なのです。

穏やかな人になる方法 その6

  • 社交的にならなくてもいい。
すべての人と仲良くしなくていい。
自分と合わない人とは、距離を置いていい。

もくじ
(穏やかな人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品