執筆者:水口貴博

穏やかな人になる
30の方法

14
5

穏やかな人は、
話すことより、
聞くことに力を入れる。

穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。 | 穏やかな人になる30の方法

穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れるのが特徴です。

自分のことをぺらぺら話すのは後回し。

話したいことがあっても、相手の話を折ってまでがつがつ話そうとはしません。

自分の話より、まず相手の話を聞くことを優先させます。

相手の話を聞くことを意識しているので、きちんと相手を理解できます。

もちろんまったく話をしないわけではありません。

コミュニケーションは、キャッチボールが基本です。

お互いが話したり聞いたりするからこそ会話が成立して、どんどん盛り上げていけます。

相手から聞かれたことは、きちんと答える。

プライベートな内容もあるかもしれませんが、できるだけ正直に答えたほうが、会話が深まって親密になっていけます。

しかし、穏やかな人は、話すことはあっても、話してばかりということはありません。

勢いよく話をまくし立てる様子は、落ち着きがありません。

早口で話すと、相手を驚かせたり、言葉を聞き取りづらくなったりします。

話を聞くだけでも、体力や集中力を使います。

話してばかりになると、相手は「にぎやかな人だな」「少し疲れる」とうんざりするでしょう。

本人に悪気はなくても、少し落ち着いた様子に欠けるのです。

自分の会話を振り返ってみましょう。

あなたは、よく話すほうですか。

それとも、よく聞くほうですか。

もしよく話すほうなら注意が必要です。

いつの間にか相手にストレスやプレッシャーを与えているかもしれません。

穏やかな人になりたいなら、話すことより、聞くことに力を入れましょう。

聞き役に回って、相手にたくさん話してもらうように心がけます。

相手の話は、否定も非難もせず、肯定して受け入れます。

無表情でぼうっと聞くのではなく、うなずいたり短い一言を入れたりするようにしましょう。

相づちがあると、相手は「自分の話が理解されている」とわかるので、どんどん話が弾みます。

少し話が長くなっても、時間が許すかぎり、最後まで聞きたい。

聞くことに重点を置くと、何でも受け止めてくれる様子になるので、穏やかな雰囲気が出るようになります。

話すことと聞くことの割合は「2対8」「3対7」くらいを意識するといいでしょう。

口数を減らした分だけ、言葉の質も高まります。

一言一言に集中できるので、しっかり心に響くようになる。

慰めも励ましも、うまくできるようになります。

モテる人は、話すより聞くのが上手な人。

話を聞くことは、相手を癒すことでもあります。

しっかり話を聞ける人は、癒す存在になるので、自然とモテるようになります。

聞くことに重点を置くほうが、穏やかな人になれるのです。

穏やかな人になる方法(14)
  • 話すことより、聞くことに力を入れる。
愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。

穏やかな人になる30の方法
穏やかな人になる30の方法

  1. 落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
    落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。
  2. 余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  3. 穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
    穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。
  4. 柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
    柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。
  5. ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。<br>食べ方・話し方・歩き方。
    ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。
    食べ方・話し方・歩き方。
  6. 穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。<br>人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
    穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。
    人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。
  7. すべての人と仲良くしなくていい。<br>自分と合わない人とは、距離を置いていい。
    すべての人と仲良くしなくていい。
    自分と合わない人とは、距離を置いていい。
  8. 愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
    愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。
  9. 呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。<br>呼吸を整えると、感情が落ち着く。
    呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。
    呼吸を整えると、感情が落ち着く。
  10. 穏やかな人は、寛大な優しさがある。
    穏やかな人は、寛大な優しさがある。
  11. 穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
    穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。
  12. 受け止める力より受け流す力。
    受け止める力より受け流す力。
  13. 穏やかだから、明るい表情になるのではない。<br>明るい表情をするから、穏やかになる。
    穏やかだから、明るい表情になるのではない。
    明るい表情をするから、穏やかになる。
  14. 穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
    穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。
  15. 愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
    愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。
  16. 嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
    嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
  17. 穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
    穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。
  18. カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
    カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。
  19. 他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
    他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。
  20. 穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
    穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。
  21. 優劣や勝ち負けを意識しない。<br>ひたすら楽しむことに集中しよう。
    優劣や勝ち負けを意識しない。
    ひたすら楽しむことに集中しよう。
  22. 「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
    「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。
  23. 穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
    穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。
  24. 短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。<br>長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
    短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
    長期的・全体的に考えると、心が広くなる。
  25. 1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
    1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。
  26. 不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。<br>現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
    不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。
    現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。
  27. 普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
    普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。
  28. 頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
    頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。
  29. 時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
    時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。
  30. 年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。<br>年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。
    年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。
    年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION