スキンケア

スキンケアの
30の基本

お気に入り5 読んだ
14

肌に合った洗顔料を選ぶ目安。

肌に合った洗顔料を選ぶ目安。 | スキンケアの30の基本

評判だけを、頼りに洗顔料を選ぶのはよくありません。

洗顔料が自分に合っていないことがあります。

洗顔をしすぎたり、不足したりなど、逆に肌を悪化させることもあり得ます。

自分に合った洗顔料を選ぶためには、まず自分の肌の状態を知ることが大切です。

自分の肌を知ることなくして、正しい洗顔料は選べません。

まず、きちんと自分の肌の状態を確認しましょう。

 

さて、自分の肌の状態さえ分かれば、公式のように、ふさわしい洗顔料も見えてきます。

  • 普通肌の人は、一般的な洗顔料

洗浄力が強すぎず、一般的な洗顔料で十分です。

固形石鹸でもOKです。

  • 脂性肌の人は、洗浄力の強い洗顔料

脂性肌は、しっかり油分を取り除けるよう、洗浄力の強い洗顔料がおすすめです。

相性がいいのが、固形石鹸です。

固形石鹸は洗浄力が強いのですが、脂性肌には、ちょうどいい具合に皮脂を取り除けます。

  • 乾燥肌は、弱酸性の洗顔料

乾燥肌は、肌と同じペーハーである弱酸性がおすすめです。

洗浄力が強すぎないため、乾燥肌の乾燥を防げます。

保湿成分を含んだ洗顔料のほうがいいのではないかと思いますが、不要です。

むしろ、洗顔料に余分なものが含まれているのは、きれいな洗顔に反します。

洗顔料に保湿成分が含まれていなくても、保湿力の高い化粧水と乳液があれば、十分補えます。

  • 敏感肌は、敏感肌用の洗顔料

敏感肌ともなると、単に弱酸性では不十分です。

弱酸性でも、ほかに刺激性の物質に反応することがあるためです。

弱酸性であることに加え、刺激性の強い物質などを取り除いた、敏感肌用の洗顔料がおすすめです。

  • 思春期のにきび肌は、にきび専用の洗顔料

脂性肌で、にきびがひどい人は、単に洗顔料の強いものだけでは不十分である可能性があります。

余分な油を取り除くだけでなく、炎症の元になるアクネ菌の増殖を抑える必要があります。

にきびがひどい人は、アクネ菌を殺菌できる、にきび専用の洗顔料が適切です。

 

ただし大人のにきびの場合は、にきび用の洗顔料では刺激が強すぎるため、通常の一般的な洗顔料をおすすめします。

まとめ

スキンケアの基本 その14
  • 肌の状態について知り、ふさわしい洗顔料を選ぶ。
ぬるま湯の適正温度は、肌質によって異なる。

もくじ
スキンケアの30の基本
肌に合った洗顔料を選ぶ目安。 | スキンケアの30の基本

  1. 自分の肌の特徴を、説明できますか。
  2. 肌のタイプは、大きく分けて4種類ある。
    あなたはどのタイプ?
  3. 肌質は、ティッシュ1枚で、確認できる。
  4. 肌の基本的な3層構造を、正しく理解する。
  5. 肌の新陳代謝とは、どういう意味なのか。
  6. スキンケアの第1は、手洗いから始める。
  7. スキンケアの基本は、5つのステップ。
  8. クレンジングは、肌が濡れていない状態で使う。
  9. クレンジング料はタイプによって、洗浄力も大きく異なる。
  10. クレンジングは、メイクが完全に落ちるまで続ける必要はない。
  11. 洗顔は、朝も必要。
  12. 洗顔には、理想の順番がある。
  13. 洗顔にかける時間の目安は、およそ1分。
  14. 肌に合った洗顔料を選ぶ目安。
  15. ぬるま湯の適正温度は、肌質によって異なる。
  16. 泡立ちこそ、この世に存在する、最高の洗顔用具。
  17. 洗顔で、ごしごし洗うのだけは、絶対にダメ。
  18. コットンの持ち方という基本的なことを抜け落としていませんか。
  19. 化粧品を上手に選ぶための3ステップ。
  20. 洗顔後、化粧水をつけるベストタイミング。
  21. 化粧品は生ものである。
    化粧品の辞書に「保管」という文字はない。
  22. 化粧水をつけるとき、手を使うべきか、コットンを使うべきか。
  23. 化粧水も乳液も、手で押さえるようになじませるのが一番。
  24. スキンケア用品は、使い終わったら、すぐ蓋を閉める。
  25. 化粧水や乳液は、浴室に置かない。
  26. 化粧品にも、消費期限が存在する。
  27. 私たちがつける化粧品の量のほとんどは、少なすぎる。
  28. 化粧品のブランドは、統一させたほうが、効果が現れやすい。
  29. 化粧水や乳液は、むらなく塗りつつ、顔に均一には塗らない。
  30. あなたはスキンケアに、どのくらい時間をかけていますか。

同じカテゴリーの作品