人生の教科書



同棲
半同棲が相手の親にばれたとき、どうするか。
同棲
同棲を始めても、挨拶は省かない。
同棲
別れたまま、同棲を続けるのはありなのか。
同棲
同棲に疲れたときは、2人の関係を振り返るよい機会。
同棲
一時的な同棲解消から始めてみるのも悪くない。
同棲
相手の親に挨拶して同棲を始めたなら、解消するときも、報告が必要。
同棲

同棲生活の
30のマナー

お気に入り0 読んだ
26

相手の親の悪口は禁句。

相手の親の悪口は禁句。 | 同棲生活の30のマナー

同棲中は、相手の親の悪口を言わないよう注意してください。

一緒に暮らしていると、相手の親のマナー違反が気になることがあるでしょう。

もちろん明らかな迷惑なら、きちんと苦情として伝えたほうがいいでしょう。

 

たとえば、留守中、親が無断で部屋に入って掃除をするなら、困ったお節介として遠慮を伝える必要があります。

防犯上も危険です。

言い方に注意しながら伝えれば、親も自分のマナー違反に気づいて、行動を見直してくれるでしょう。

 

しかし、単純な愚痴や悪口はよくありません。

  • 「食べ方が汚いね」

  • 「いつも服装がださいよね」

  • 「加齢臭が少しひどいね」

  • 「いつも長話で話を聞くのが大変」

  • 「最近、髪の毛が薄くなってきたよね」

本人は何気なく言ったつもりでも、相手はショックを受けるでしょう。

自分の親をけなされたり否定されたりすると、気分がよくありません。

軽い気持ちで言ったとしても、相手の心を深く傷つけます。

たとえそれが事実だとしても、自分の親を悪く言われて嬉しい人はいません。

自分の親を否定されると、間接的に自分まで否定されているように感じます。

ささいな一言がきっかけで、2人の関係が悪化して、同棲に悪影響を及ぼす可能性も考えられます。

小さな声でささやいた悪口であっても、相手を通して相手の親に伝わることもあるでしょう。

相手の親との人間関係が悪くなると、あなたの印象が悪くなり、結婚への障壁になります。

相手との親とは、同棲に限らず、結婚して夫婦になってからも続く人間関係です。

たった1回の悪口でも、人間関係を悪化させる可能性があるため、悪口には十分注意しましょう。

この心がけは、同棲中に限ったことではなく、結婚して夫婦になってからも同じです。

相手の親の悪口は禁句です。

心で思うことはあっても、言葉に出すのは我慢しておきましょう。

まとめ

同棲生活のマナー その26
  • 相手の親の悪口を言わないようにする。
同棲でも、相手に言えない秘密はあってもいい。

もくじ
(同棲生活の30のマナー)

同じカテゴリーの作品