人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

同棲生活
30マナー

お気に入り0 読んだ
29

ろめたい事情があったとしても、
同棲相手れて借金をしない

後ろめたい事情があったとしても、同棲相手に隠れて借金をしない。 | 同棲生活の30のマナー

棲前からある借金もあれば、同棲中にする借金もあります。

同棲中、パートナーにばれないよう、こっそり借金をしたい状況があるかもしれません。

 

たとえば「医療費が足りない」「学費が払えない」という状況です。

個人的な問題は、同棲相手には関係ないため、何とか自力で解決したいと考えるでしょう。

そのほか「風俗でお金を使いすぎた」「ギャンブルで大損をした」「訪問販売に騙された」という事情もあるかもしれません。

 

たしかに後ろめたい事情があれば、相手に相談するのは抵抗が大きいでしょう。

優しい性格の人なら「相手に迷惑がかかるから言いたくない」という気持ちになるのは自然です。

恥をさらすような気持ちもあれば、後ろめたい気持ちもあるでしょう。

 

しかし、相手に関係なく、後ろめたい事情があったとしても、黙って借金をするのはよくありません。

自分の借金は、ゆくゆく相手にも関係する可能性があるからです。

夫婦やカップルであっても言えない秘密はあっていいですが、隠していいことといけないことがあります。

借金関連は、隠してはいけない秘密の1つです。

同棲中の借金が絶対悪いわけではありませんが、せめて同棲相手に黙って借金することだけは避けたい。

もし借金問題が発覚すると、信用や信頼を深く傷つけることになります。

夫婦にとっての借金問題は、離婚に直結する問題です。

したがって、お金がなくて困ったときは、後ろめたい事情があったとしても、きちんと相手と相談するのが得策です。

たとえ恥をさらすことになったとしても、相談は必要不可欠。

相手に関係ない事情なら、報告だけでもかまいません。

「こういう事情がある。ごめんね」と正直に伝えておけば、借金をすることになっても信頼関係の致命傷だけは避けられます。

お金は大変デリケートな問題です。

相手に隠れて借金することだけはないよう注意です。

同棲生活のマナー その29

  • ろめたい事情があったとしても、
    相手れて借金をしない
長年同棲しているカップルが、あるとき結婚に踏み切る理由とは。

もくじ
(同棲生活の30のマナー)

同じカテゴリーの作品