まとめ
(失恋で傷ついた心を癒やす30の方法)
失恋で傷ついた心を癒やす30の方法

  • 失恋の締め切り日を設定して、手帳やカレンダーに書き込む。
  • 「今は、そういう時期」と思い、苦しくてつらい現実をありのまま受け止める。
  • 失恋を楽しむ。
  • 失恋で動揺が大きい自分を許す。
  • 失恋をしたら、明るい色のカーテンに変える。
  • 「あのときの失恋が、今の自分を作った」と言えるよう、失恋をバネにして生かす。
  • 自分は悪くなくても「自分にも非があった」と思って成長のタネを見つける。
  • ろうそくの火をじっと見つめて、失恋の傷を癒していく。
  • 「復縁の可能性がない失恋でよかった」と考える。
  • 「失恋から立ち直ろう」という意識と行動を、しっかり心がける。
  • 別れた原因が何であれ、相手の幸せを願う。
  • 「どうせ私なんて」という口癖を、禁句にする。
  • 「失恋をして立ち直れない」ではなく「必ず失恋から立ち直れる」と考える。
  • ひどい別れ方をされたときは「別れて正解」と思って、さっさと次に向かう。
  • 別れた人は記憶の中に存在していることに気づく。
  • 失恋して、あらためて家族の大切さを痛感する。
  • 本気になって「見つけよう」と思って、希望を見つける能力を鍛える。
  • 失恋くらいで人生は絶望しないことに気づく。
  • 自分の長所や得意を書いた紙を、部屋の目立つ場所に貼っておく。
  • 重度の失恋で体に異変を感じるようなら、病院を受診する。
  • 失恋で病院に行くときは、カウンセリングのあるところを選ぶ。
  • 「別れるのも運命」と考える。
  • 恋人を見捨てることはあっても、自分だけは見捨てない。
  • 落ち込んで食事が喉を通らないときは、飲み物と一緒に飲み込む。
  • 失恋で一生苦しむことはないことを知り、安心する。
  • あれこれ苦しむことで、失恋という仕事をこなしていると考える。
  • 別れた人を思い出しそうになれば、鼻歌交じりで気を紛らわす。
  • 失恋して悲しみのどん底にいるときは、開き直って自分を笑ってしまう。
  • 失恋したときは自己啓発書を読んで、1歩を踏み出すきっかけにする。
  • 「美しい風景はないだろうか」と思って、周りの様子を見る。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION