失恋・別れ

別れ話のときに心がけたい
30のこと

  • 別れ話に礼儀は必要不可欠。
別れ話のときに心がけたい30のこと

もくじ
  1. 別れ話に礼儀は必要不可欠。

    礼儀とは何か。
    礼儀とは、敬意を表す行動作法。
    相手に対する心遣いを表現するための振る舞いのことを言います。

  2. 別れ話にメイクは必要なのか。

    別れ話のとき、メイクは必要でしょうか。
    「もう別れるなら、わざわざメイクをする必要はないのではないか」
    「疲れた顔のほうが、相手に同情してもらえるのではないか」

  3. 告白だけでなく、別れのときも、お守りが有効。

    あなたには、心を強くさせてくれるお守りがありますか。
    お守りは、心を強くさせてくれるもの。
     

  4. 自分の部屋で別れ話をするなら、まず飲み物を差し出そう。

    自分の部屋で別れ話をすることもあるでしょう。
    完全にプライベートな空間なら、リラックスでき、デリケートな話もたっぷりできます。
    自分の部屋なら、人目を気にせず話ができます。

  5. 別れ話の前は、トイレに行っておこう。
    途中でトイレに行きたくなれば、遠慮なく申し出よう。

    別れ話をする前はトイレに行っておきましょう。
    いざ別れ話を始めると、緊張感が漂い始めます。
    緊張感があると、自律神経の影響でぼうこう周りの筋肉を刺激するため、トイレが近くなりやすい。

  6. 別れ話を敬語で話すと、適度な緊張感が生まれる。

    別れ話の時点では、まだ恋人関係です。
    お互いため口だったり、ニックネームで呼び合ったりなど、打ち解けた話し方になっているでしょう。
    お互い慣れ親しんだ関係では、別れ話をするときも、緊張感のない雰囲気になりやすい。

  7. 座る位置は、別れ話の雰囲気に影響する。

    別れ話で話し合うとき、どんな位置に座りますか。
    座る位置は、別れ話の雰囲気に影響するポイントの1つです。
    最も一般的なのは、対面になった座り方ではないでしょうか。

  8. 余計なプライドがあると、うまく別れられない。

    うまく別れられない原因の1つが、余計なプライドです。
    あくまで問題なのは「余計なプライド」であり「普通のプライド」ならいいのです。
     

  9. 言葉は刃物であることを、常に意識する。

    言葉とは何か。
    「コミュニケーション手段」
    「思考を表現する道具」

  10. ポジティブな言葉を使って、別れを表現しよう。

    「嫌いになったから別れたい」
    「もう二度と会いたくない」
    別れのときによく聞かれる言葉です。

  11. 別れ話では、ぐだぐだした話し方をしない。

    別れ話では、ぐだぐだした話し方に注意しましょう。
    悪気はなくても、いつの間にかぐだぐだした話し方になっていることがあります。
    「自分の気持ちをきちんと伝えたい」

  12. 「嫌いになった」より「好きになれなくなった」。

    別れ話で「嫌いになった」という理由には要注意です。
     
    たしかに別れ話では、正直な理由が大切ですが、相手を傷つけるような表現は避けたほうがいいでしょう。

  13. 「生理的に受け付けない」という表現は、本音であっても控えたほうがいい。

    「生理的に受け付けない」
    嫌いな相手によく使われる表現です。
    体が拒否反応を示して、本能的に受け付けない意味として使われます。

  14. 不満を言うことはあっても、恨みを言ってはいけない。

    相手に不満があると、別れ際に言ってしまいがちです。
    もちろん普通に不満を伝えるくらいならいいのです。
    「価値観が合わなくなった」

  15. 相手がストーカーになりそうなタイプなら、ボイスレコーダーが有効。

    「別れ話を切り出すと、この人は危なそうだな」
    ある程度長く付き合っていると、相手の性格を詳しく知ることになるでしょう。
    別れ話を切り出したときの状況が想定でき、悪い勘が働くこともあるのではないでしょうか。

  16. 誰に仲介してもらうかが大切。

    別れ話では、第三者に仲介をお願いしてもらうことがあります。
     
    たとえば、別れ話が長引いたり、相手が暴力を振るう性格だったりする場合は、第三者の協力が役立ちます。

  17. 別れ話のとき、手遊びには要注意。

    別れ話では、手の動きに気をつけましょう。
    もちろんまったく手を動かしていけないわけではありません。
    コーヒーを飲んだり、ハンカチを取り出したりなど、必要な動きは大丈夫です。

  18. 別れ話で嘘をつくなら、死ぬまで貫く覚悟でいること。

    別れ話で嘘をつくこともあっていいでしょう。
    本来は正直な理由で言って伝えるべきですが、正直な理由だからこそこじれることもあります。
     

  19. 別れ話の途中のため息ほど、不快なものはない。

    なかなか別れ話が進まないと、やってしまいがちな動作があります。
    ため息です。
    話が行き詰まると、いらいらしたストレスがたまって、大きく息を吐いてしまいやすい。

  20. 深呼吸はいいが、ため息はいけない。

    別れ話の最中は、緊張感のため、呼吸が浅くなりがちです。
    張り詰めた雰囲気では、息苦しく感じるでしょう。
    呼吸が浅くなって酸素が足りなくなると、脳の働きも鈍くなり、意識がぼんやりしていきます。

  21. 喧嘩をして、いい別れ方になることはない。

    別れ話のとき、喧嘩に発展することだけは避けるようにしてください。
     
    たしかに別れ話は「別れ」について話し合う都合上、言い争いが起きやすい場面です。

  22. 新しい世界を期待させると、別れの抵抗が小さくなる。

    別れ話では、自分の都合だけ話すのではありません。
    相手が「別れてもいい」「別れたい」と思わせるような言葉で説得することも大切です。
    その1つが「新しい世界を期待させる言葉」です。

  23. 「別れたいなら別れてもいい」という人の心理とは。

    別れ話を切り出したとき、相手から冷たい返事をされることがあります。
    「別れたいなら別れてもいい」という一言です。
    てっきり引き止めてくれると覚悟していただけに、そっけない返事をされると、拍子抜けします。

  24. 別れ話に優しさは必要であっても、余計な優しさは不要。

    あなたは優しい性格ですか。
    それとも厳しい性格ですか。
    別れ話のとき、優しさは必要です。

  25. 真剣な雰囲気と暗い雰囲気は、似て非なるもの。

    別れ話では、真剣な雰囲気が大切です。
    お互いの将来を決める重要な話し合い。
    別れ話は、告白以上に難しいと言われています。

  26. うまく話す自信がなければ、別れ話の台本を作って練習しておく。

    別れ話では、さまざまなことを一度に話すことになるでしょう。
    別れたい理由について。
    恋人への感謝について。

  27. 合コンのセッティングを約束すると、相手の態度が変わるかもしれない。

    相手が恐れているのは、独りになることかもしれません。
    恋人と別れた後は大きな喪失感があり、孤独と寂しさに悩まされます。
    中にはせいせいする人もいるかもしれませんが、やはり失恋すれば、ぽっかり心に穴があくでしょう。

  28. 別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝える。

    何度別れ話をしても、話が平行線になることがあります。
    何度別れたいと伝えても、相手は納得してくれず、決着がつかない。
    同じ話ばかりを繰り返して、時間の無駄が目立ち始める。

  29. 「また連絡してもいいですか」と聞かれたときの返事。

    別れ話の決着がつく前、相手から連絡について聞かれることがあります。
    「また連絡してもいいですか」という質問です。
    別れるのが寂しくて、別れてからもつながりを持ち続けたいとき、ふと出てくる言葉です。

  30. 事故が起きやすいのは、別れ話が終わってほっとしたとき。

    別れ話が終わった後の帰り道には、事故に気をつけましょう。
    別れ話が終わった後は、ほっとするでしょう。
    「ようやく終わった」と思って肩の荷が下ります。

同じカテゴリーの作品