人生の教科書



失恋・別れ
「嫌いになった」より「好きになれなくなった」。
失恋・別れ
相手がストーカーになりそうなタイプなら、ボイスレコーダーが有効。
失恋・別れ
事故が起きやすいのは、別れ話が終わってほっとしたとき。
失恋・別れ
喧嘩をして、いい別れ方になることはない。
失恋・別れ
別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝える。
失恋・別れ
自分の部屋で別れ話をするなら、まず飲み物を差し出そう。
失恋・別れ

別れ話のときに心がけたい
30のこと

  • 別れ話に礼儀は必要不可欠。
別れ話のときに心がけたい30のこと

もくじ

1
★0

別れ話に礼儀は必要不可欠。

礼儀とは何か。 礼儀とは、敬意を表す行動作法。 相手に対する心遣いを表現するための振る舞いのことを言います。 恋人と接するとき、どれだけ礼儀を大切にしていますか。 付き合いが長くなると、だんだん接し方が雑になりがちです。 しかも別れたいくらいですから、すっかり愛情も冷め、接し方がさらに悪化しているかもしれません。 態度や言葉遣いが悪くなったり、挨拶やお礼を省いたり、記念日の贈り物を忘れたりです。 大切な約束を破ってしまうこともあるでしょう。 しかし、乱暴な別れ方では別れ話がこじれるだけです。 礼儀のない別れ話は、喧嘩に発展しやすくなります。 相手を見下したりばかにしたりすると、相手を不快にさせて、ますます別れにくくなります。 相手から恨まれると、事件やストーカーに発展する可能性もゼロではありません。 その人がいたからこそ、素晴らしい思い出を作ることができました。 新しい世界を知ることができたり、成長できたことがあったりしたはずです。 普段は態度が悪くても、もしくはすでに愛情がなくても、礼儀だけは大切にして別れるようにしてください。 別れ話に礼儀は必要不可欠。 相手に敬意を払いながら、丁寧な言葉と態度で気持ちを伝えましょう。 自分の都合だけ話すのではなく、相手の都合も聞くこと。 交際してくれたことへの感謝を伝えることも大切です。 きちんと誠意が伝われば、難しい話にも納得してもらいやすくなります。 最悪のパートナーになってしまったとしても、最後くらいは笑顔で別れるようにしましょう。 別れ話では、礼儀を大切にする。

2
★0

別れ話にメイクは必要なのか。

別れ話のとき、メイクは必要でしょうか。 「もう別れるなら、わざわざメイクをする必要はないのではないか」 「疲れた顔のほうが、相手に同情してもらえるのではないか」 「ノーメイクで幻滅させたほうが、別れやすくなるのではないか」 別れ話のとき、メイクをしていくべきか悩む女性も多いのではないでしょうか。 さて、あらためて考えると、答えは単純です。 別れ話のときでも、メイクは必要です。 メイクをしたほうが、別れ話がスムーズに進みやすいからです。 その理由は2つあります。 (理由1)誠意や本気が伝わりやすいため 別れ話では、誠意を見せることが大切です。 誠意の基本は身だしなみ。 メイクも身だしなみの1つです。 メイクできちんと顔立ちを整えておくほうが、話したとき、誠意や本気を伝えやすくなります。 発言を重く受け止めてくれるようになり、スムーズな別れ話を促してくれるでしょう。 (理由2)自信につながるため メイクは、美しく見せるだけでなく、自信にもつながります。 しっかり整ったメイクで自信を持てば、別れ話でも強気になれるでしょう。 気持ちが強くなれば、引き止められても、振り切りやすくなります。 ---------- 以上の理由があるため、別れ話でもメイクをしていくのがいいでしょう。 むしろ別れ話だからこそ、メイクをしていくのが得策です。 手の込んだメイクは必要ありませんが、普段と同じメイクで十分です。 少なくとも最低限のメイクだけはしておくのがいいでしょう。 メイクで顔立ちを整えておけば、別れ話がスムーズになります。 別れ話には、きちんとメイクをしていく。

3
★0

告白だけでなく、別れのときも、お守りが有効。

あなたには、心を強くさせてくれるお守りがありますか。 お守りは、心を強くさせてくれるもの。 たとえば、告白のときにお守りを身につけていくと、気持ちが引き締まり、自信や勇気が出やすくなります。 「このお守りがあれば大丈夫」と思うだけで、気持ちを奮い立たせてくれる効果があります。 もちろんお守りの力は、非科学的です。 お守りの力を信じない人には無価値かもしれませんが、信じる人にとって貴重な存在。 お守りへの信仰心が強いなら、実際に心を強くさせてくれる効果があるでしょう。 さて、恋愛のお守りが役立つのは、告白のときだけではありません。 別れのときも役立ちます。 告白だけでなく、別れも、恋愛の範囲内です。 勇気をもらえるお守りがあるなら、別れ話のときに身につけていくといいでしょう。 お守りに「別れがうまくいきますように」という願いを込めておきます。 お守りが直接話し合いに仲介するわけではありませんが、間接的にあなたを勇気づけてくれるでしょう。 お守りとはいえ、神社で買う正式なものでなくてもかまいません。 心が強くなる実感が得られるものなら、何でもOKです。 ハンカチ・キーホルダー・アクセサリーなど、自分にとって「お守り」と呼べる存在なら、大きな勇気をもらえるでしょう。 お守りの力を信じる気持ちが強ければ強いほど、絶大な効果を発揮します。 心を強くさせてくれるお守りがあれば、別れ話のときにも身につけていく。

4
★0

自分の部屋で別れ話をするなら、まず飲み物を差し出そう。

自分の部屋で別れ話をすることもあるでしょう。 完全にプライベートな空間なら、リラックスでき、デリケートな話もたっぷりできます。 自分の部屋なら、人目を気にせず話ができます。 泣いてもわめいても、周りの迷惑になることはありません。 さて、自分の部屋で別れ話をするなら、雰囲気をよくするための工夫があります。 別れ話をする前に、飲み物を差し出しましょう。 飲み物が複数あるなら、相手に好みを聞いて、飲み物を差し出すといいでしょう。 冷たいものと温かいものの2種類があるなら、相手に好みを尋ねます。 缶ジュースやペットボトルの場合であっても、きれいなガラスのコップに入れ替えてから差し出したほうが丁寧です。 コーヒーなら、ソーサー付きで差し出せば完璧です。 「どうぞ」と言って飲み物を差し出せば、ますます相手はリラックスできるでしょう。 自分が飲む飲み物は、相手と同じグレードか、もしくは低いグレードにしておきます。 大切なことは、おもてなしの態度を見せておくこと。 心のこもった待遇によって好印象から始まれば、後に続く別れ話をスムーズに進めやすくなる可能性があります。 自分の部屋で別れ話をするなら、まず飲み物を差し出す。

5
★0

別れ話の前は、トイレに行っておこう。
途中でトイレに行きたくなれば、遠慮なく申し出よう。

別れ話をする前はトイレに行っておきましょう。 いざ別れ話を始めると、緊張感が漂い始めます。 緊張感があると、自律神経の影響でぼうこう周りの筋肉を刺激するため、トイレが近くなりやすい。 30分や1時間では終わらず、長時間になる可能性があります。 あらかじめトイレに行っておくと、別れ話に集中しやすくなります。 また別れ話の途中でトイレに行きたくなれば、やはり我慢する必要はありません。 もちろん大事な話の真っ最中なら我慢も必要ですが、無理は禁物。 尿意を我慢しながら話し合うと、やはり別れ話に悪影響です。 思考に余裕がなくなると、そわそわしたり焦ったりして、話し方が雑になります。 冷や汗や青ざめた顔を見せていると、相手から変に誤解されるかもしれません。 話を中断して申し訳ないと思うかもしれませんが、生理現象は仕方ありません。 話し合いの途中、トイレに行きたくなれば、無理をせず申し出ましょう。 できるだけ区切りのいいタイミングを心がければベストです。 トイレに行くことで、別れ話の緊張感がほどよくほぐれる効果もあります。 一度席を離れることで、張り詰めた雰囲気がリセットされるでしょう。 トイレ休憩を挟めば、停滞していた別れ話が再びスムーズに進み始めるはずです。 別れ話を始める前は、トイレに行っておく。 途中でトイレに行きたくなれば、遠慮なく申し出る。

6
★0

別れ話を敬語で話すと、適度な緊張感が生まれる。

別れ話の時点では、まだ恋人関係です。 お互いため口だったり、ニックネームで呼び合ったりなど、打ち解けた話し方になっているでしょう。 お互い慣れ親しんだ関係では、別れ話をするときも、緊張感のない雰囲気になりやすい。 そんなときは、敬語を使って話してみてはいかがでしょうか。 敬語とは、相手に敬意や丁寧な気持ちを表す表現です。 初対面の人間関係でよく使われる言葉遣いですが、別れ話のとき、あえて使うのも工夫です。 敬語を使うと、他人行儀でよそよそしい雰囲気が出ます。 たとえば、今まで相手をニックネームで呼んでいたなら、敬称を付けて呼ぶようにします。 「タカヒロ」という呼び捨てで呼んでいたなら「タカヒロさん」というように呼びます。 「すーちゃん」という愛称で呼んでいたなら「鈴木さん」と敬語で呼びます。 敬語で話すと、適度な緊張感が生まれます。 堅苦しい雰囲気になるため「真剣に真面目な話をしている」というアピールができます。 話し言葉も全体的に丁寧な敬語を使うようにします。 「そうだね」ではなく「そうですね」。 「難しいね」ではなく「難しいですね」。 「~しようよ」ではなく「~しませんか」。 敬語を使って堅苦しい雰囲気をアピールすれば「決意は固い」「もう心は離れている」というニュアンスも伝えられます。 意識的に話し方を少し変えるだけで、別れ話の雰囲気は大きく変わります。 急に話し方を変えるのが難しいなら、できる範囲で丁寧な話し方を心がけるといいでしょう。 敬語を使うと丁寧な印象が出るため、話し合いで相手の興奮を抑えることにもつながります。 改まった様子を伝えるのも、別れ話をスムーズに進める工夫の1つです。 丁寧な言葉遣いを保ったまま、疎外感を強調できれば、冷静に別れ話を進めやすくなります。 別れ話は、敬語で話す。

7
★0

座る位置は、別れ話の雰囲気に影響する。

別れ話で話し合うとき、どんな位置に座りますか。 座る位置は、別れ話の雰囲気に影響するポイントの1つです。 最も一般的なのは、対面になった座り方ではないでしょうか。 テーブルを挟んで、正面から向かい合います。 対面になって座れば、お互いの顔や身ぶり手ぶりをよく確認しながら話ができるでしょう。 もちろん家族や友達と話すときは、この座り方も悪くありません。 あくまで雑談を楽しむだけですから、お互いの顔が見えたほうが話しやすいでしょう。 しかし「交渉」が関わるような場面では、座り方にも配慮が必要です。 正面で向かい合うと、視線がぶつかり合うことになります。 心理的に「対立」の印象を与えるため、話の内容に反発されやすくなります。 相手に威圧的な印象を与える場合もあり、理想ではないのです。 理想的な座り方は、視線がぶつからない座り方です。 たとえば「L字型」や「横並び」です。 視線がぶつからないため、お互い話に集中しやすくなります。 心理的に「友好」の印象を与えるため、落ち着いて話がしやすくなるでしょう。 円満に話し合いたい雰囲気が出やすいため、穏便に話を進めやすくなるのです。 座る位置の調節が難しい場面もありますが、余裕があれば、できるだけ配慮してみてください。 迷ったら「L字型」です。 お金も時間もかかりませんから、難しくありません。 座る位置を変えるだけですが、別れ話の雰囲気が変わると言っても過言ではありません。 今まではなにげなく座っていたかもしれませんが、これから意識してみるといいでしょう。 別れ話を話し合うときは、視線がぶつからない座り方を心がける。

8
★0

余計なプライドがあると、うまく別れられない。

うまく別れられない原因の1つが、余計なプライドです。 あくまで問題なのは「余計なプライド」であり「普通のプライド」ならいいのです。 たとえば「きちんと別れ話をしないと気が済まない」というプライドなら問題ありません。 きちんと別れ話をすることは、相手への敬意や責任感がある証拠でもあります。 前向きなプライドなら、むしろ別れ話をスムーズにさせるでしょう。 しかし、普通のプライドはよくても、余計なプライドなら不要です。 謝らなければいけないと分かっていても、余計なプライドが邪魔をしてできない。 感謝しなければいけないと分かっていても、余計なプライドがあって言えない。 これらは余計なプライドです。 「自分を弱く見られたくない」「下と思われたくない」などのプライドは、別れの邪魔になります。 余計なプライドは、役立たないごみのようなもの。 自分では大事なものだと思っていても、客観的に見ると不必要なものです。 弊害があるだけで、何の役にも立ちません。 余計なプライドなんて邪魔になるだけですから、さっさと捨ててしまいましょう。 余計なプライドを捨て、素直な心を持てば、別れがスムーズに進みます。 謝らなければいけないことは、きちんと謝る。 感謝しなければいけないことは、きちんと感謝する。 大切なことだけは、自分がどう思われようと成し遂げる姿勢が大切です。 余計なプライドは捨て、素直な心を持つ。

9
★1

言葉は刃物であることを、常に意識する。

言葉とは何か。 「コミュニケーション手段」 「思考を表現する道具」 「生きる上で欠かせないもの」 「人類の大発明」という考え方もあるでしょう。 どれも正解ですが、忘れてならないことがあります。 「言葉は刃物」でもあります。 別れ話をするとき「言葉は刃物」と意識しながら進めるようにしてください。 包丁を思い出してください。 上手に包丁を使えばおいしい料理に役立ちますが、使い方を誤れば人を傷つけることもできます。 間違った使い方をした後では、取り返しがつかない事態になることもある。 言葉も同じです。 言葉も刃物。 ささいな言い回しの違いで、別れ話をスムーズにさせることもあれば、もつれさせることもあります。 たった一言で、相手を安心させることもあれば、心を傷つけることもある。 自分は無傷でも、相手は心にひどい大けがを負うこともある。 別れ話では、一言ずつ選びながら慎重に発するようにしてください。 特に注意したいのは、感情的になったときです。 理性や自制心を失ったときは、勢いに任せて余計な一言を言いやすい。 何気なく発した一言のつもりでも、相手にとってはトラウマになることもあります。 上手に言葉を操る自信がなければ、ひとまず落ち着くのが先決です。 発言する前は「本当に言っていい一言だろうか」と自問自答する余裕を持ちたい。 感情の勢いに任せて言葉を乱用すると、思わぬところを傷つけます。 時には取り返しがつかなくなることもある。 別れ話では「言葉は刃物」という意識を持ち、誤った使い方には注意しましょう。 「言葉は刃物」という意識を持ち、誤った使い方には注意する。

10
★1

ポジティブな言葉を使って、別れを表現しよう。

「嫌いになったから別れたい」 「もう二度と会いたくない」 別れのときによく聞かれる言葉です。 2人の関係にトラブルがあれば、恋愛感情が冷めるどころか、相手を嫌いになってしまうことがあるでしょう。 自分が思っていることをそのまま伝えているだけであり、正直な一言です。 しかし「嫌いになった」という一言はインパクトがあります。 いくら正直とはいえ、ストレートに相手を否定する言葉です。 「嫌い」と言われて嬉しい人はいないでしょう。 場合によっては相手を不快にさせたり怒らせたりするはずです。 あまり相手を傷つける言葉を言うと、ストーカーに発展させる恐れもあります。 たかが言葉と思いますが、軽視するのはよくありません。 たった一言で別れをこじれさせることもあります。 そこで、次のような言葉に言い換えてみてはいかがでしょうか。 「好きな気持ちがなくなったから別れたい」 「会いたい気持ちが湧かなくなったから別れたい」 別れを意味する点では同じですが、印象がずいぶん変わります。 「好き」「会いたい」など、ポジティブな言葉を使って別れを表現しているため、言葉の印象が柔らかくなります。 「自然にそうなった」「誰も悪くない」という印象が強調できるので、聞きやすい言葉になります。 判断するのが難しければ、自分が言われたときどう感じるかで考えてみるといいでしょう。 相手を自分に置き換えると、言葉の印象を客観的にとらえやすくなります。 相手を否定しながら別れを表現するのではなく、ポジティブな言葉で別れを表現する。

11
★0

別れ話では、ぐだぐだした話し方をしない。

別れ話では、ぐだぐだした話し方に注意しましょう。 悪気はなくても、いつの間にかぐだぐだした話し方になっていることがあります。 「自分の気持ちをきちんと伝えたい」 「相手を怒らせたくない」 「きちんと事情を説明して、納得してもらいたい」 そう思うとき、つい話が長くなりがちです。 たしかに丁寧な話し方は大切ですが、ぐだぐだした話し方はよくありません。 言いたいことをすべて伝えようとすると、長くて回りくどい話し方になります。 話が長くなればなるほど、論点がぼやけます。 一度に多くの話をされると、相手は頭の整理が追いつかず、混乱します。 「何が言いたいの」と思われるだけ。 言いたいことが相手に伝わりにくくなり、かえって別れ話がこじれます。 ぐだぐだした話し方は、相手をいらいらさせてしまうこともあるため注意が必要です。 別れ話は、結論から話し始めること。 できるだけ簡潔に分かりやすい話し方を心がけることが大切です。 一度に話すのは、せいぜい1分程度が限界です。 たとえば、だらだらと話をするのではなく、本当に大切なポイントだけ伝えます。 それ以上伝えたいことは、会話のキャッチボールを繰り返しながら追加していくようにします。 簡潔に分かりやすく話す自信がなければ、事前に別れ話の台本を作るのも方法の1つです。 別れ話の台本を作って練習をしておくのは、おかしなことではありません。 あらかじめ伝えたいことや話す順番などをまとめておけば、本番でもスムーズに伝えられます。 別れ話では、簡潔に分かりやすい話し方を心がける。

12
★0

「嫌いになった」より「好きになれなくなった」。

別れ話で「嫌いになった」という理由には要注意です。 たしかに別れ話では、正直な理由が大切ですが、相手を傷つけるような表現は避けたほうがいいでしょう。 必要以上に相手を不快にさせると、別れがややこしくなったりストーカーに発展したりなど、いいことはありません。 別れたい理由の言い方によっては、面倒なトラブルに発展する可能性もあります。 あなたが恋人から「嫌いになったから別れたい」と言われたときの心境を想像してみてください。 はっきりした表現は分かりやすくても、とげとげしい言葉でショックを受けるでしょう。 やはり残念な気持ちになり、時には憤りを覚えることもあるはずです。 きっと一生忘れられない言葉になるでしょう。 それは相手も同じこと。 そこで少し表現を言い換えましょう。 「嫌いになった」という表現は「好きになれなくなった」と言い換えてください。 意味は同じでも、相手に与える印象は大きく違います。 「嫌いになった」ではなく「好きになれなくなった」と表現すれば、ぐっと別れやすくなります。 相手への否定感や抵抗感が小さくなり、受け入れてもらいやすくなります。 もちろん相手から恨まれる可能性も下がるでしょう。 そのほか「愛せなくなった」「どきどきしなくなった」「幸せを感じられなくなった」などの表現でもかまいません。 「嫌いになった」ではなく「好きになれなくなった」と表現する。

13
★0

「生理的に受け付けない」という表現は、本音であっても控えたほうがいい。

「生理的に受け付けない」 嫌いな相手によく使われる表現です。 体が拒否反応を示して、本能的に受け付けない意味として使われます。 実際、我慢できないほど相手が嫌いになったとき「生理的に受け付けない」という状況になります。 見るだけでも嫌になってしまう。 そのため別れ話でもよく聞かれる表現ですが、この一言は注意が必要です。 たとえ本音であっても、できるだけストレートに言うのはやめたほうがいいでしょう。 「生理的に受け付けない」と言われた人の気持ちになってみてください。 自分の存在を否定されたように感じて、強い不快感があり、相手を怒らせることがあります。 「生理的に受け付けない」という表現は、苦手な虫によく使われます。 この一言を人に使えば、相手は「虫けらのように扱われた」という印象を持つでしょう。 相手がしつこい性格なら、かっと怒らせてしまう可能性があります。 相手の心やプライドを傷つけやすいため、本音であっても、言うのは控えておくのが賢明です。 「生理的に受け付けない」と言いたくなっても我慢して、別の表現で工夫しましょう。 たとえば「好きな気持ちがなくなった」「どきどきしなくなった」「幸せを感じなくなった」などです。 できるだけ相手を傷つけない言い方なら、比較的スムーズに受け入れてもらえます。 「生理的に受け付けない」という表現は、本音であっても控える。

14
★0

不満を言うことはあっても、恨みを言ってはいけない。

相手に不満があると、別れ際に言ってしまいがちです。 もちろん普通に不満を伝えるくらいならいいのです。 「価値観が合わなくなった」 「言葉も態度も悪くて我慢の限界」 「嘘ばかりついて信用できなくなった」 不満は別れたい理由でもありますから、きちんと伝えたほうがいいでしょう。 正直に不満を伝えれば、相手も素直に受け止め、反省してくれるかもしれません。 しかし、不満を言うことはあっても、恨みを言ってはいけません。 別れ話で今までのことを思い出していくと、いろいろな不満がこみ上げてきて、恨みを言ってしまいがちです。 大きな不満がたまっていると、恨みとして思いきりぶつけたい衝動に駆られます。 「最低の交際だった。あなたなんか不幸になってしまえ」 「もっと性格を直したほうがいい。あなたの不幸を呪ってやる」 「今までひどいことをされて傷ついた。別れた後も恨んでやる」 こんな一言を言えば、いくら本音とはいえ、相手はひどく不快になるでしょう。 恨みを言えば、あなたも恨まれる可能性があります。 相手に恨みを言えば、相手から反感を買い、別れ話がややこしくなります。 相手を恨むような発言をすると、言っている本人も醜くなります。 別れが醜くなり、泥沼になる可能性があります。 いい別れ方をしたければ、相手を恨むような発言は控えること。 恨みを言うと、いい別れ方ができません。 正しい我慢は、あなたにとって成長することでもあります。 恨みを言いたくても、心の中で我慢しましょう。 別れ際、恨みを言わないようにする。

15
★0

相手がストーカーになりそうなタイプなら、ボイスレコーダーが有効。

「別れ話を切り出すと、この人は危なそうだな」 ある程度長く付き合っていると、相手の性格を詳しく知ることになるでしょう。 別れ話を切り出したときの状況が想定でき、悪い勘が働くこともあるのではないでしょうか。 相手がストーカーになりそうなタイプなら、別れ話のとき、持参したい道具があります。 ボイスレコーダーです。 別れ話を始める前から、終わるまでの一部始終を録音します。 カバンやバッグの中などに忍ばせておけば、基本的にばれることはないでしょう。 たしかに少し大げさな対策です。 わざわざ別れ話のやりとりを録音するのは、プライバシーに関わる行為でもあります。 しかし、相手がストーカーになりそうなタイプなら、念のため録音をしておくほうがいい場合があるのも事実です。 脅迫をされたり暴力を振るわれたりしたとき、実際の会話を録音しておけば、有力な証拠になります。 警察に相談するときも、客観的な証拠があれば、動いてもらいやすくなるでしょう。 もし必要なければ、後で削除すればいいだけです。 記憶とは違い、削除しないかぎり残り続けるメリットもあります。 ボイスレコーダーを準備しておけば、頼れる証拠もできるので、別れ話を切り出す勇気も出やすくなります。 あくまで補足的な対応ですが、心配があるなら、検討の余地はあるでしょう。 相手がストーカーになりそうなタイプなら、念のため録音をしておく。

16
★0

誰に仲介してもらうかが大切。

別れ話では、第三者に仲介をお願いしてもらうことがあります。 たとえば、別れ話が長引いたり、相手が暴力を振るう性格だったりする場合は、第三者の協力が役立ちます。 2人の間に立って話をまとめてくれれば、こじれていた話もスムーズに進むでしょう。 自分だけでは対処できないときは、素直に第三者の協力を求めるのは正解です。 さて、第三者にお願いするなら、誰を選ぶかが大切です。 一般的には、共通の友達や信頼できる人を選ぶことが多いでしょう。 もちろん普通はそれで十分ですが、さらに万全を求めるなら、もっとふさわしい人物がいます。 それは、相手にとって権威がある人です。 たとえば、相手の親、学校の先輩、職場の上司などです。 相手にとって権威のある人が仲裁すれば、心理的に大きな圧迫感があるでしょう。 暴力の抑止効果があったり、言い返しにくくなったりなどの効果が期待できます。 権威のある人がいるからこそ、逆恨みやストーカーを防ぐ効果もあります。 一般的に権威がある人は年上が多いため、お願いしにくいかもしれません。 そもそも面識がない場合もあるはずですが、もし協力がお願いできるようなら、一度検討しておくといいでしょう。 第三者に仲介してもらうなら、できるだけ相手にとって権威がある人にお願いする。

17
★0

別れ話のとき、手遊びには要注意。

別れ話では、手の動きに気をつけましょう。 もちろんまったく手を動かしていけないわけではありません。 コーヒーを飲んだり、ハンカチを取り出したりなど、必要な動きは大丈夫です。 あくまで自然な行動の範囲なら、手の動きは失礼になりません。 しかし、手遊びのような意味のない動きは、誤解を生む元になります。 爪をいじる。 手のひらを揉む。 指で髪をいじる。 関節をぽきぽき鳴らす。 指先をつまんでくねらせる。 手遊びをしていると、別のことを考えていたり、退屈を紛らわしていたりする様子に見えるでしょう。 誠意に欠けている雰囲気も出てしまいがちです。 本人に悪気はなくても、手遊びは真剣な話し合いにそぐわないため、控えるのが得策です。 別れ話のときは両手を重ねて、膝やテーブルの上に置くのもいいでしょう。 リラックスしながら、自然な姿勢で話ができます。 少しフォーマルな姿勢がよければ、手は軽く握って、左右それぞれの膝の上に置くのもOKです。 少し堅苦しい姿勢ですが、誠意が伝わりやすくなるでしょう。 腕組みは威圧感があるので、できれば控えておくのがベターです。 もし手遊びをする癖がある人は、両手でハンカチを持ちましょう。 折りたたまれたハンカチを両手で優しく持ちながら話せば、自然な姿勢で話しやすくなります。 自分が泣きそうになれば、さっとハンカチで拭けます。 相手が泣き始めれば、手にしているハンカチをさっと差し出すこともできます。 別れ話のとき、手遊びはしない。 手遊びをする癖があるなら、両手でハンカチを持つ。

18
★0

別れ話で嘘をつくなら、死ぬまで貫く覚悟でいること。

別れ話で嘘をつくこともあっていいでしょう。 本来は正直な理由で言って伝えるべきですが、正直な理由だからこそこじれることもあります。 たとえば、相手がストーカーになる可能性がある場合です。 正直な理由を言えば、相手の性格からして、しつこくつけ回してきそうな不安がある。 面倒な問題にこじれる可能性が高ければ、正直がよいと分かっていても、なかなか言いにくいでしょう。 この場合、都合のいい嘘でその場を切り抜けることも許容範囲です。 無難な嘘をつけば、相手の理解を促せ、きれいに別れられるでしょう。 「嘘も方便」という言葉があるとおり、時には役立つ場面があるのも事実です。 ただし、別れ話で嘘をつくなら、1つ条件があります。 嘘を死ぬまで貫く覚悟でいることです。 中途半端な嘘は相手を傷つけます。 そして、もし嘘がばれると大変やっかいです。 そのときはきれいに別れることができても、後からトラブルに発展する可能性があります。 嘘を死ぬまで貫くのは大変です。 重荷を死ぬまで背負うことになります。 それが嫌なら、やはり正直に伝えたほうがいいでしょう。 嘘にならない範囲で、言い方を柔らかい表現で工夫してはいかがでしょうか。 同じ意味を伝えるにも、表現を変えるだけで印象が変わります。 「あなたの考え方が嫌い」という表現より「価値観が合わない」という表現のほうが、響きが柔らかくなります。 「今すぐ別れたい」と言うより「お互い別々の道に進もう」と言うほうが、建設的な未来を感じさせるでしょう。 嘘を死ぬまで突き通す覚悟がないなら、きちんと正直な理由を伝えておくのが賢明です。 嘘をつくなら、死ぬまで嘘を突き通す。

19
★0

別れ話の途中のため息ほど、不快なものはない。

なかなか別れ話が進まないと、やってしまいがちな動作があります。 ため息です。 話が行き詰まると、いらいらしたストレスがたまって、大きく息を吐いてしまいやすい。 たしかにため息を吐くと、気持ちが少し楽になります。 無意識のうちにしてしまいやすいため息ですが、要注意です。 ため息をすると、相手をむっとさせるでしょう。 だるそうに大きく息を吐く様子は、退屈や面倒な様子に見えます。 言葉で言われなくても「理解のない人」「面倒だ」「あなたには失望した」などと言われている態度に見えやすい。 少なくとも、気持ちのいい動作ではありません。 言葉ではありませんが、暴言のように相手を不快にさせる力があります。 たった1回のため息でも侮れない。 場合によっては、余計なトラブルを招く可能性もあります。 別れ話の途中でため息ほど、相手が不快なものはありません。 別れ話では、どんなに話がうまくいかなくても、ため息をつかないようにしましょう。 ため息をつきそうになれば、口ではなく、ゆっくり鼻から吐きます。 相手に不快を与えるような動作を避けることで、余計なトラブルも避けられます。 別れ話の最中は、どんなに話が行き詰まっても、ため息をつかない。

20
★0

深呼吸はいいが、ため息はいけない。

別れ話の最中は、緊張感のため、呼吸が浅くなりがちです。 張り詰めた雰囲気では、息苦しく感じるでしょう。 呼吸が浅くなって酸素が足りなくなると、脳の働きも鈍くなり、意識がぼんやりしていきます。 足りなくなった酸素を補給しようと大きく息を吸い込もうとしますが、このとき気をつけたいことがあります。 深呼吸をした後、動作の反動で、ため息にもなりやすいのです。 深呼吸はいいですが、ため息はよくありません。 ため息をつくと、退屈や面倒な様子に見えやすいため、相手を不快にさせることがあります。 「物分かりの悪い人だな」と思っている様子にも見えます。 相手を傷つけたり怒らせたりするかもしれません。 たとえ本人に悪気はなくても、そう見えやすい現実があります。 何気ない動作が悪印象につながるのは不本意でしょう。 たった1回のため息が、相手に誤解を与える可能性があるのです。 別れ話は、非常にデリケートな場面です。 深呼吸はいいですが、そのままため息にならないように注意してください。 もともと深呼吸をしてため息をつく動作が癖になっている人は、特に注意が必要です。 大きく息を吸ったら、ゆっくり吐く。 3秒で吸えば、10秒ほど時間のかけて吐くくらいがいいでしょう。 印象のよい動作を心がけることも大切ですが、印象の悪い動作を避けるのは、もっと大切です。 動作を少し気をつけるだけで誤解を減らせます。 深呼吸がため息にならないように注意する。

21
★0

喧嘩をして、いい別れ方になることはない。

別れ話のとき、喧嘩に発展することだけは避けるようにしてください。 たしかに別れ話は「別れ」について話し合う都合上、言い争いが起きやすい場面です。 別れる理由を伝えるとき、不満も伝えることになりやすい。 不満を伝えることになれば、相手の気分を害する可能性があります。 しかし喧嘩をして、いい別れ方になることはありません。 喧嘩をすると、お互い傷つけ合うことになります。 別れ方が悪いと、今までの楽しかった思い出の全体に悪い印象が及び、台無しになります。 「暴力を振るわなければいい」という問題でもありません。 たとえ暴力がなくても、喧嘩をすることは感情的になっていること。 感情的になった時点で理性と自制心を失っているため、冷静な話し合いができなくなります。 口喧嘩をしたまま別れると、後味の悪い別れ方になります。 別れ話は、常に冷静を保って話し合いたい。 もし険悪な雰囲気になれば、気分を変える工夫をするといいでしょう。 飲み物を飲んだり、一度トイレ休憩を挟んだりするだけで、ずいぶん変わります。 気持ちを落ち着かせる時間を作ることで、いら立ちを抑える効果があります。 1回の別れ話で決着がつかなければ、2回に分けてもいい。 お互いにとって無理のないペースで別れ話を話し合うのがいいでしょう。 当然ですが、別れ話でも、相手の気分を害するような言動は控えるようにします。 たった一言でも、相手を不快にさせることがあります。 落ち着いて話し合うと、別れ話にも納得してもらいやすくなります。 笑顔で別れられるような終わり方を目指しましょう。 口喧嘩は避け、冷静になった状態で話し合う。

22
★0

新しい世界を期待させると、別れの抵抗が小さくなる。

別れ話では、自分の都合だけ話すのではありません。 相手が「別れてもいい」「別れたい」と思わせるような言葉で説得することも大切です。 その1つが「新しい世界を期待させる言葉」です。 別れ話のとき、相手に新しい世界を期待させると、スムーズに進みやすくなるでしょう。 別れた後、相手が体験するであろう新しい世界を伝えてあげましょう。 「私と別れたら、自由が手に入るよ」 「たっぷり時間ができるから、仕事にも集中できる」 「誰と付き合っても自由。もう私のことを気にせず、飲み会も合コンもパーティーもできる」 「行動範囲が広がって、今までとは違った経験ができる」 「気遣いの必要がなるから、心も体も軽くなる」 「別れた後は出費が減って、お金が貯まりやすくなる」 相手の背中を押すような言葉を言えば、だんだん相手の気持ちが揺れ動き始めるでしょう。 別れたら新しい世界が始まるのは事実です。 嘘を言っていることにはならないので、堂々と言い切れます。 話を聞いているうちに、相手は別れを前向きに考え始めてくれるでしょう。 ●自分に言い聞かせるイメージで、相手に伝える 新しい世界を期待させる言葉を言うとき、ポイントがあります。 自分に言い聞かせるイメージで相手に伝えることです。 実際のところ、新しい世界を期待させる言葉は、相手だけでなく自分にも通じます。 たとえば「別れたら自由が手に入る」という一言は、お互い同じ意味が通用するでしょう。 自分に言い聞かせるイメージで相手に言えば、うまく感情を込めることができ、説得力も増します。 別れ話では、相手に新しい世界を期待させながら説得する。

23
★0

「別れたいなら別れてもいい」という人の心理とは。

別れ話を切り出したとき、相手から冷たい返事をされることがあります。 「別れたいなら別れてもいい」という一言です。 てっきり引き止めてくれると覚悟していただけに、そっけない返事をされると、拍子抜けします。 見下されるように言われると、腹立たしさを感じることもあるでしょう。 さて「別れたいなら別れてもいい」という人は、どのような心理なのでしょうか。 この発言をする人には、次の3つの状況が考えられます。 (1)恋人への興味関心が薄くなっている 本当に恋人が好きなら、必死で引き止めてきます。 にもかかわらず引き止めようとしないのは、もはや恋人への興味関心が薄くなっている可能性があります。 「前ほど好きではなくなっている」もしくは「すでに好きではない」という状態です。 本音では「どうでもいい」と投げやりになっているのかもしれません。 付き合いが長くなって恋人関係がマンネリになっていると、別れ話を切り出されてもやるせない返事になります。 (2)実は相手も別れたがっている 以前からうすうす別れたいと思っていても、それを言い出せない状況があります。 別れ話を切り出すのは大変であり、面倒です。 そんなとき、タイミングよく相手から別れ話を切り出してくれると、話に乗じてきます。 喜んで別れを受け入れるわけにもいかないので「別れたいなら別れてもいい」という中途半端な返事になります。 (3)相手を試している ほかの可能性として考えられるのは、相手を試している行為です。 わざと相手を困惑させる発言をすることで、自分がどのくらい愛されているのか確かめようとしている可能性もあります。 相手が精神的に未熟な場合によくありがちです。 「別れたいなら別れてもいい」という人の心理を理解する。

24
★0

別れ話に優しさは必要であっても、余計な優しさは不要。

あなたは優しい性格ですか。 それとも厳しい性格ですか。 別れ話のとき、優しさは必要です。 相手の自信やプライドを傷つけないように、言葉を配慮します。 相手と落ち着いて話し合うために、慎重に場所を選びます。 別れ話では、今までお世話になった感謝の言葉も欠かせません。 相手の気持ちを考えた言葉や態度は、別れ話をスムーズにさせます。 円満な別れ方を目指すのは大人の対応です。 円満に別れることは、お互いのためになります。 別れがスムーズになるだけでなく、交際をいい思い出で締めくくれます。 しかし、とにかく優しければ何でもいいわけではありません。 優しさは必要であっても、余計な優しさは不要です。 相手が「嫌だ、嫌だ」と泣き始めたので、かわいそうになって、別れを撤回する。 相手が「別れたくない」と言い張るので、仕方なく、別れるのを諦める。 相手から「悪魔だ」と呼ばれたので、レッテルを貼られるのが嫌で、別れ話はなかったことにする。 これらは余計な優しさです。 ただ相手を甘えさせているだけ。 余計な優しさを見せて別れを撤回すると、うまくいきかけていた別れ話が中途半端になります。 別れ話では優柔不断な態度を見せず、断固とした態度が必要です。 相手が泣いたりすねたりしたくらいで、考えを変えてはいけません。 別れると決めたなら、よほどのことがないかぎり貫くこと。 優しい言葉で分かってくれなければ、時には厳しい言葉で言い切ることも必要です。 優しさを見せることはあっても、余計な優しさは見せない。

25
★0

真剣な雰囲気と暗い雰囲気は、似て非なるもの。

別れ話では、真剣な雰囲気が大切です。 お互いの将来を決める重要な話し合い。 別れ話は、告白以上に難しいと言われています。 相手を傷つけないよう、真剣な雰囲気で話し合うことが大切です。 中途半端な態度では、相手に説得されるため、はっきりした表現も必要です。 しかし真剣な雰囲気が、いつの間にか暗い雰囲気になることがあります。 話のテーマが「別れ」ですから、最初は真剣な雰囲気であっても、だんだん暗い雰囲気になっていく。 気づくと、息苦しいほど張り詰めた雰囲気になっているのです。 真剣な雰囲気が暗い雰囲気になってはいけません。 暗い雰囲気と真剣な雰囲気は、似て非なるものです。 暗い雰囲気は、絶望と破壊のみで、希望の光がありません。 真剣な雰囲気には、本気で将来を考える気持ちがあふれています。 別れ話では、真剣な雰囲気が暗い雰囲気にならないように注意しましょう。 暗い雰囲気になりかけていると感じたら、適度に明るい発言を含め、ポジティブな印象を出すようにします。 たとえば「お互いに新しい道を歩もう」と明るく言えば、ポジティブな様子を表現できます。 「二度と会いたくない」と完全に拒否するより、会うことがなくても応援を言ったほうが、好印象です。 感謝を伝えるときは、笑顔を見せることもあっていいでしょう。 できるだけ暗い雰囲気に偏らないように心がけましょう。 雰囲気の調整も、別れ話の進行に影響を与えます。 少しでもポジティブな雰囲気が出るようにしたい。 前向きな雰囲気で話し合ったほうが、前向きで建設的な話がしやすくなります。 別れ話は、暗い雰囲気を避け、真剣な雰囲気になるようにする。

26
★0

うまく話す自信がなければ、別れ話の台本を作って練習しておく。

別れ話では、さまざまなことを一度に話すことになるでしょう。 別れたい理由について。 恋人への感謝について。 思い出深いデートについて。 別れた後のことについて。 同棲しているなら、引っ越しについて話し合うこともあるでしょう。 どれも大切な話ですが、行き当たりばったりで話すのはよくありません。 それぞれを順序よく話す必要があります。 話す順番によって雰囲気に影響することもあれば、別れ話の成否に影響することもあります。 もしうまく話せる自信がなければ、別れ話の台本を作ってみてはいかがでしょうか。 話の順番を意識して、紙に書いてみます。 言っておきたいセリフがあれば、一緒に書いておきます。 箇条書きであっても、紙に書いてみれば、話す順番を把握しやすくなります。 もちろん実際は途中で話がそれることもありますが、話す順番さえ整っていれば、スムーズな話し合いを促せるでしょう。 その台本を使って、何度か練習しておきましょう。 特に重要な一言は、書くだけでなく、しっかり口に出して練習しておくといいでしょう。 セリフのイントネーションの練習までできれば完璧です。 話の全体像が見え、本番の別れ話でもうまく話しやすくなります。 「そこまでしなくてもいいのでは」と思いますが、別れ話はやり直しができません。 少しでもスムーズに別れ話を進めたければ、準備を徹底しておくのが賢明と言えるでしょう。 一度台本を作っておくと、別の人と付き合って別れるとき、再び役立つかもしれません。 最初は作るのが大変ですが、コミュニケーションについて考える勉強にもなるので無駄にはなりません。 うまく話せる自信がなければ、別れ話の台本を作る。

27
★0

合コンのセッティングを約束すると、相手の態度が変わるかもしれない。

相手が恐れているのは、独りになることかもしれません。 恋人と別れた後は大きな喪失感があり、孤独と寂しさに悩まされます。 中にはせいせいする人もいるかもしれませんが、やはり失恋すれば、ぽっかり心に穴があくでしょう。 相手が別れを拒むのは「好きだから別れたくない」とは限りません。 別れた後の寂しさが怖いから、別れを拒んでいる場合があります。 別れ話に行き詰まって、なかなか進展しない。 そんなとき、もし余裕があれば、別れる条件として合コンのセッティングを約束してみてはいかがでしょうか。 別れたとしても、新しい出会いの場が待っていると分かれば、別れの抵抗感が小さくなるでしょう。 もちろん人によって受け入れてもらえないこともありますが、相手の好みによっては効果的でしょう。 「別れたくない」と一点張りだった相手が、あっさり考えを見直してくれるかもしれません。 自分の友達が元恋人と付き合うのが嫌なら、面識のない人を集めるといいでしょう。 友達のつてをたどれば、人を集めやすくなります。 セッティングの手間暇はかかるものの、それを楽しくできる人なら、選択肢の1つになるでしょう。 合コンのセッティングを通して、自分にも新しい出会いのチャンスがあるかもしれません。 余裕があれば、合コンのセッティングを条件にしてみる。

28
★0

別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝える。

何度別れ話をしても、話が平行線になることがあります。 何度別れたいと伝えても、相手は納得してくれず、決着がつかない。 同じ話ばかりを繰り返して、時間の無駄が目立ち始める。 そんなとき、つい感情的な言葉で、無理やり別れを押し切りそうになるかもしれません。 「きちんと話を聞いているの?」 「何度も同じ話をさせないでほしい」 「本当に理解のない人」 「そんな態度だから、ますます別れたくなる」 こうした発言は厳禁です。 相手を非難したり、一方的に話を打ち切ったりするのはよくありません。 余計に別れ話がこじれます。 平行線になっても、冷静な態度を崩さないこと。 あくまで自分の決意が固いことを伝えましょう。 別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝えることが大切です。 「将来を真剣に考えて出した結論。私の気持ちは変わらない」 「私の中ではもう決めたこと。何度話し合っても、考えは変わらない」 「よく考えた上で別れることを決めた。今さら考えを変えるつもりはない」 感情をぶつけるように言うのではなく、明確に自分の意志を表明します。 話が平行線になったなら、相手が納得してくれるまで粘ること。 あなたの決意が固いと分かれば、相手は不本意ながらも、現実を受け入れるしかなくなります。 別れ話が平行線になっても、考えが変わらないことを伝える。

29
★0

「また連絡してもいいですか」と聞かれたときの返事。

別れ話の決着がつく前、相手から連絡について聞かれることがあります。 「また連絡してもいいですか」という質問です。 別れるのが寂しくて、別れてからもつながりを持ち続けたいとき、ふと出てくる言葉です。 答え方は、縁を切る場合と友達関係に戻る場合で変わります。 ●完全に縁を切る場合 相手が悲しそうな表情を見せても、ここは踏ん張りどころです。 完全に縁を切る場合なら、やはりきっぱり答えるのが正解です。 「もう二度と連絡しないでほしい」 「大きな事情がないかぎり、連絡しないでほしい」 言葉を濁さず、しっかり考えを伝えましょう。 少し冷たい気がしますが、ここで曖昧な態度を見せると、うまく進んでいた別れ話が中途半端になる可能性があります。 心を鬼にして、断固とした態度で断るのが一番。 心配なら、その場でお互いの連絡先を削除し合うといいでしょう。 連絡が取れない状態にして別れると、恋人関係にしっかり終止符を打てます。 ●友達関係に戻る場合 友達関係に戻る場合でも、自由な連絡を許可すると、頻繁に連絡が来る可能性があります。 別れてからのほうが、頻繁に連絡が来ることも珍しくありません。 そのため友達関係に戻る場合でも、条件を設けた言い方がいいでしょう。 「いい友達関係でいたいから、お互いきちんと距離を置こう」 「大きな用事がないかぎり、最低3カ月間は連絡してこないでほしい」 「3カ月以降は、多くても週に1回までにしてほしい」 時間や頻度など条件を作って適度な距離を作れば、友達関係に戻りやすくなるはずです。 完全に連絡を禁止するわけではないので、相手も受け入れやすくなるでしょう。 相手から「また連絡してもいいか」と聞かれたときは、状況に応じた答え方をする。

30
★0

事故が起きやすいのは、別れ話が終わってほっとしたとき。

別れ話が終わった後の帰り道には、事故に気をつけましょう。 別れ話が終わった後は、ほっとするでしょう。 「ようやく終わった」と思って肩の荷が下ります。 緊張の話し合いからようやく解放されるはずです。 帰り道では、別れ話の内容を思い出しながら歩くことになるでしょう。 「こんな話をしたな」「言いすぎたかな」「別の言い方のほうがよかったかな」など、やりとりを振り返ります。 見ているのは帰り道でも、頭の中では別のことを考えているので、集中力が散漫になる。 このとき、不注意が起きやすいのです。 乗り降りする駅を間違えるくらいなら、まだかわいいほうです。 場合によっては、けがが伴う事故が発生することもあります。 すれ違う人とぶつかる。 信号を無視してしまう。 階段でつまずいて転ぶ。 駅のホームで足を踏み外して、線路に落ちる。 別れ話の後の帰り道では、普段ならあり得ないような初歩的なミスが起きやすい。 車を運転しているなら、交通事故を起こす可能性もあるでしょう。 命に関わる可能性もゼロではありません。 せっかく別れ話がうまくいっても、帰り道で事故に遭っては台無しです。 別れ話が終わっても、家に着くまでは油断禁物です。 「別れ話は、家に着くまで続いている」と考えます。 ほっとするのは、家に着いてからにしましょう。 別れ話が終わった後の帰り道は、事故に注意する。

同じカテゴリーの作品