失恋・別れ

別れ話を切り出す
30の方法

  • 別れ話の切り出し方を軽視しない。
別れ話を切り出す30の方法

もくじ
  1. 別れ話の切り出し方を軽視しない。

    「別れたくなれば、すぐ別れを切り出す」
    その考えは短絡的です。
    一方的に別れ話を告げても、話はなかなかスムーズに進まないでしょう。

  2. 別れ話を切り出す前に考えたいのは、決意の固さ。

    別れ話を切り出す前に考えたいのは、決意の固さです。
    不純な理由で別れようとしていないか、自問自答してください。
    「自分が嫌になったから」

  3. 心理的な距離を作っておけば、別れ話がスムーズに進みやすい。

    いきなり別れ話を切り出すと、相手を驚かせます。
    「今までうまくやってきたではないか。突然別れるなんて、納得できない」
    強く引き止められ、別れ話がなかなか進まないことがあります。

  4. 別れ話を切り出す前に、自分の印象を下げておくのも、時には有効。

    あらかじめ心理的な距離を作っておくと、別れ話がスムーズに進みやすくなります。
    少しずつ心理的な距離を作っていくと、相手は「自分に冷めてきたのかな」と思います。
    相手は別れを予感し始め、心の準備を促せます。

  5. 別れ話を切り出すのに適した時期。

    別れ話は、切り出す時期によって難易度が変わります。
    時期によっては、うまくいくはずの別れ話がうまくいかなくなる可能性があります。
    別れたいときほど、気持ちに余裕のない状態になりがちですが要注意。

  6. 別れ話を切り出すなら、平日と休日のどちらがいいか。

    1週間には、平日と休日があります。
    別れ話を切り出すなら、平日と休日で迷うかもしれません。
     

  7. 別れ話を切り出すなら、生理周期も考慮に入れておく。

    別れ話を切り出すなら、生理周期も考慮に入れておきましょう。
    生理周期について考慮するのは、相手だけでなく、自分も同じです。
    生理前や生理中は、ホルモンバランスが一時的に変わり、心身が不安定になりがちです。

  8. 別れ話を切り出すのに適した時間帯。

    別れ話を切り出す時間帯にも配慮が必要です。
    一般的に別れ話といえば「夜」というイメージが多いのではないでしょうか。
     

  9. 別れ話を切り出すのに適した天気。

    別れ話を切り出すなら、夜より昼がおすすめです。
    昼は、夜とは違って外が明るいため、別れ話を前向きに話し合いやすくなる特徴があります。
    もちろん衝撃的な話であることに変わりありませんが、夜より昼のほうが建設的な話し合いを進められるでしょう。

  10. しんと静まりかえった空間は、別れ話には不適切。

    静かな場所で別れ話を切り出すなら、注意が必要です。
     
    たとえば、自宅や車の中です。

  11. 別れ話に適した7つの場所。

    別れ話に適した場所が、7つあります。
    (1)自宅
    自宅は、2人きりになれる、閉鎖的な空間です。

  12. 恋人が取り乱しやすい性格なら、帰り道を考慮した場所を選ぶ。

    別れ話をする場所として、意外とおすすめなのが公園です。
    公園ならどこでもいいわけではなく、できるだけ恋人の家の近くにある公園がいいでしょう。
    別れを切り出したときの反応は、人それぞれです。

  13. 暴力を振るう恋人なら、閉鎖的な場所で別れ話を切り出すのは危険。

    「別れ話は2人きりの場所がよい」と思われがちですが、例外もあります。
    それは、暴力を振るう恋人の場合です。
    あなたの恋人は、どんな人でしょうか。

  14. 別れ話の場所に居酒屋を選ぶのは要注意。

    別れ話の場所として、居酒屋を考える人もいるかもしれません。
     
    たしかに居酒屋は、賑やかな雰囲気があるため、別れ話もしやすいでしょう。

  15. どうしても居酒屋で別れ話をしたいときの3つの条件。

    別れ話をする場所として、居酒屋は優先的に選ぶ場所ではありません。
    賑やかな場所は、話がしにくい。
    お酒が入って、思考力も低下しやすい。

  16. 日程の相談で、相手の心の準備を促しておく。

    急に別れ話を切り出すのは厳禁です。
    普段の会話で、前触れもなく別れ話を切り出すと、確実に相手を驚かせます。
    いくら上手に別れ話をしたとしても、相手の動揺が大きければ、なかなか話がまとまらないでしょう。

  17. 大切な記念日に別れ話をするのは、できるだけ避けたい。

    別れ話をするとき、できるだけ避けたい日があります。
    大切な記念日です。
    お互いの時間や気持ちに余裕があったとしても、記念日はできるだけ避けておくのがいいでしょう。

  18. 本気の別れ話をするなら、4月1日のエイプリルフールは避けたい。

    4月1日といえば、エイプリルフール。
    エイプリルフールは「毎年4月1日には嘘をついてもよい」という世界的な風習として有名です。
    別れ話の日程を考えるとき、たまたま4月1日がちょうどいい場合もあるでしょう。

  19. エイプリルフールに冗談で別れ話を切り出すときの2つのマナー。

    嘘をついてもよいとされる世界的な風習があります。
    4月1日のエイプリルフールです。
    もともと18世紀頃、西欧で始まった風習ですが、大正時代に日本にも伝わって定着しました。

  20. 一番スマートな別れ方。

    別れ話をするとき、どんな手段を使って伝えるかで悩みます。
    電話で言うか。
    メールで言うか。

  21. 身だしなみとはいえ、別れ話の成り行きに影響する要素の1つ。

    別れ話のときは、どんな身だしなみで向かいますか。
    「別にどんな服装でもいいではないか」
    「もう別れるのだから、身だしなみを気にする必要はない」

  22. 別れ話の場に、相手からもらったアクセサリーを身につけていくべきか。

    お付き合いをしている中、恋人からアクセサリーをもらうことがあるでしょう。
     
    たとえば、指輪・ネックレス・ブレスレット・イヤリング・ブローチなどです。

  23. ハンカチとティッシュは、別れ話に必須の持ち物。

    別れ話に必須の持ち物。
    それは、ハンカチとティッシュです。
    デートでは当たり前の持ち物ですが、別れ話でも必須です。

  24. 別れ話を切り出しても、信じてもらいにくい場合の工夫。

    別れ話を切り出しても、信じてもらいにくい場合があります。
     
    たとえば、普段から嫌なことがあるとすぐ「別れる」と言う口癖があったとしましょう。

  25. デートで別れ話を切り出すなら、前半・後半のどちらがいいか。

    デートで別れ話を切り出すのもいい方法です。
    あらためて話し合いの場を設けるのもいいですが、デートで別れ話を切り出すのも、自然な雰囲気があっていいでしょう。
    デート中に別れ話を切り出すのは、よくある話。

  26. 会ってすぐ別れ話を切り出すのはNG。

    会ってすぐ別れ話を切り出すのはNGです。
    本音としては、早く本題に入りたいかもしれません。
     

  27. いきなり「別れたい」と伝えるより、まずクッション言葉。

    別れ話を切り出すときには、クッション言葉を使いましょう。
    開口一番「別れたい」とストレートに言うのは、控えるようにします。
     

  28. 別れ話は最初が肝心。
    結論から始めよう。

    「相手を怒らせたくない」
    「できるだけ相手を傷つけずに別れ話をしたい」
    そう思い、別れ話を始めてもなかなか結論を言わず、こまごました事情から話し始める人がいます。

  29. 自分の言い分は、最後まで話しきることが大切。

    別れ話は、話し合いです。
    一方的な話をせず、2人で話し合う姿勢が大切です。
     

  30. 相手の目を見ながら、別れ話を切り出す。

    別れ話は、暗い内容です。
    話しにくいため、相手の目を見ず、うつむきがちで話すことが多いのではないでしょうか。
    もちろん適度に目をそらす程度ならいいのですが、まったく相手の目を見ないのはよくありません。

同じカテゴリーの作品