人生の教科書



失恋・別れ
別れ話を切り出す前に考えたいのは、決意の固さ。
失恋・別れ
ささいな理由で別れようとしていないか。
失恋・別れ
心理的な距離を作っておけば、別れ話がスムーズに進みやすい。
失恋・別れ
無言になっているときは、考えている時間。
失恋・別れ

別れる前に確認しておきたい
30のこと

  • 別れたい理由を考え、
    整理しているか。
別れる前に確認しておきたい30のこと

もくじ

1
★1

別れたい理由を考え、整理しているか。

別れ話の前には、必ず別れたい理由を整理しておきましょう。 別れたいと思うからには、その理由があるはずです。 理由を考えるときは、頭の中だけで考えるのではなく、一度紙に書き出してみるのがおすすめです。 一度紙に書くと、思っていることが目に見えるようになるので、情報を整理しやすくなります。 「愛情表現がほとんどないから」 「金銭感覚がひどいから」 「助け合う気持ちがまったくないから」 「見下すような言動が我慢できないから」 「小さなことですぐ怒るから」 「暴力を振るってくるから」 「恋人が浮気をしたから」 別れたい理由をはっきりさせることは、別れの前にできる準備の1つです。 書いているうちに、不満を吐き出すかのような気分になり、すっきりしてくるでしょう。 別れた後で悔いることがないよう、理由をはっきりさせておきましょう。 理由が複数あれば、順位をつけると、さらに見やすくなります。 理由がはっきりしていれば「別れて間違いない」と確信も持てるため、決断もしやすくなります。 別れ話を切り出す勇気も出やすくなるでしょう。 別れ話のとき、恋人から理由を聞かれたときも、スムーズに答えられます。 別れたい理由を書き出しているうちに、今まで気づかなかった自分の価値観に気づくこともあります。 自分の新しい一面に気づけば、自己分析にも役立ちます。 別れたい理由を紙に書き出して、整理する。

2
★1

ささいな理由で別れようとしていないか。

別れ話の前に、別れたい理由を整理しておくことが必須です。 頭の中だけで考えず、一度紙に書き出してみることが大切です。 別れたいと考えるくらいですから、当然ひどい理由が羅列されるでしょう。 ところが理由の中には、少し首をかしげるものが見つかることも少なくありません。 「けち」 「食べ方が汚い」 「口臭が耐えられない」 「うぬぼれが強い」 「口数が少ない」 「笑いの価値観が違う」 「虫を怖がる性格だった」 冷静になってみると、ささいな理由で別れを考えていることに気づくこともあります。 「なぜこんな小さなことで、別れを考えていたのだろう」 「こんなことに悩んでいたなんて、自分も器が小さい人間だな」 理由と呼べるほどでもない理由だと気づけば、自分が恥ずかしくなることもあるでしょう。 もし曖昧な理由に気づけば、もちろん考え直したほうがいい。 こうしたケースがあるからこそ、あらかじめ別れたい理由を考えておくことが必要不可欠です。 本当に別れ話を切り出すべきか、冷静になって考えられます。 小さなことで別れようとしたことに気づけば、考え直す。

3
★2

衝動的に別れようとしているだけではないか。

時として人は、衝動的な行動をすることがあります。 特に余裕がない状況では、冷静さが失われ、衝動的な行動も起こりがちです。 喧嘩をした勢いで、別れ話を切り出してしまう。 寂しさに耐えきれなくなり、別れのメールを送ってしまう。 日常のいらいらで何もかもが嫌になり、恋人とも縁を切りたくなってしまう。 衝動的に別れを切り出そうとしているなら、ちょっと待ってください。 「衝動的に別れてよかった」という話は聞きません。 ほとんどの場合、別れてから後悔するのが定番です。 「なぜ別れてしまったのだろう」 「衝動的な行動をした自分が情けない」 自分の大人げない行為を悔やみます。 うまく別れられたとしても、すっきりしない心残りがあります。 衝動的になっているなら、まず落ち着くのが最優先。 勢いで別れ話を切り出すのではなく、一度時間を置き、冷静になってから考えましょう。 静かな場所で1人になり、上を見上げながら大きく深呼吸をします。 目をつぶって、瞑想の時間を作るのもいいアイデアです。 静かな時間を作ると、焦りや興奮が収まり、物事を冷静に考えやすくなります。 さっきまで別れを考えていた自分が、恥ずかしくなるでしょう。 別れの判断は、冷静な状態で考えるもの。 冷静になると視野が広がり、深く考える余裕も出てきます。 衝動的に別れようとしているだけではないか、自分に問いかけてみる。

4
★0

好きと嫌いのどちらの気持ちが大きいか。

好きな気持ちと嫌いな気持ち。 付き合いたいと思ったとき「すべてが好きで、嫌いなところは1つもない」という状況は、めったにありません。 好きであっても、嫌いなところが1つや2つはあるものです。 逆も同じです。 別れたいと思ったときも「すべて嫌いで、好きなところは1つもない」という状況も、めったにありません。 嫌いであっても、好きなところが1つや2つはあるでしょう。 恋人関係では、好きな気持ちと嫌いな気持ちの両方が一緒にあるのが普通です。 恋人関係がうまくいっているときは、嫌いな気持ちより好きな気持ちのほうが勝っている状態です。 好きな気持ちと嫌いな気持ちを天秤に乗せ、どちらが大きいか、確認してみましょう。 別れとは、好きな気持ちより嫌いな気持ちのほうが大きくなったときに、決断する行為です。 あらためて考えると、嫌いな気持ちより好きな気持ちのほうが大きいこともあるでしょう。 恋人の短所や欠点ばかり見ていたせいで、一時的に嫌いな気持ちのほうが大きくなっていたのかもしれません。 嫌いな気持ちより好きな気持ちのほうが大きいなら、別れた後、悔やむ可能性があります。 別れは考え直したほうがいいかもしれません。 もし両方が同じくらいなら、ひとまず保留をして、もう少し様子見です。 本当に嫌いな気持ちのほうが大きいのか、振り返って考えてみる。

5
★0

マンネリになっているだけではないか。

お付き合いが長くなるにつれて、お互いの理解が深まります。 お互いの人となりを知れば知るほど、相手に合わせた行動もできるようになるでしょう。 最終的には、言葉がなくても意思疎通ができるようになるはずです。 しかし一方で、マンネリにもなりがちです。 付き合いが長くなると、最初は新鮮だった刺激にも慣れてきます。 最初はどきどきしていたデートも、だんだん当たり前になる。 昔は手をつなぐだけでどきどきしていたのに、今ではなんの感情もない。 恋人関係がマンネリになると、トラブルはなくても、2人の間にどんよりした空気が流れます。 「何か物足りない」という感覚が生まれ、満たされなくなる。 すると、つい悪い考えが働き「別れたほうがいいのではないか」と思うことがあります。 恋人への愛が弱くなっているのは、マンネリが原因になっていないか、考えてみてください。 もしマンネリに心当たりがあるなら、付き合い方に変化を作りましょう。 ・デートのパターンを変えてみる ・初めてデートした場所に行ってみる ・着る服のパターンを変えてみる ・いつもよりスキンシップを増やしてみる ・同棲しているなら、部屋の模様替えをしてみる ・少しだけ会わない時期を作ってみる 新鮮な刺激を取り込めば、付き合い始めたころの恋愛感情がよみがえる可能性があります。 もしマンネリを解消させても恋人への愛情が戻らなければ、別れたい気持ちは本物だと言えるでしょう。 マンネリが原因の可能性があるなら、新鮮な刺激を取り込んでみる。

6
★3

不満があるなら、きちんと伝えたか。

「相手に気分を悪くさせてはいけない」 そう思って、不満があっても我慢する人もいるでしょう。 もちろん不満があっても、我慢したほうがいい場面もあります。 大切な場面では、平穏な進行を優先させるため、不満があってもぐっとこらえることも必要でしょう。 不満を我慢すれば、揉め事は避けられます。 しかし、一時的ならいいのですが、普段から一切不満を言わないなら問題です。 一見すると不満を口にしないので問題ないように思えますが、心の中では不満をため続けます。 ため込んで自然に解決することはありません。 どんどんたまり続け、あるとき爆発して「別れる」というとっぴな行動に出る傾向があります。 不満があるなら、きちんと伝えているでしょうか。 不満を言わず、いきなり別れ話を切り出すのはよくありません。 不満は、ため込むものではなく、少しずつ出していくもの。 口に出さないと、相手に伝わりません。 口に出すから、相手はあなたの考えが理解できます。 2人の関係に不満があるなら、きちんと相手に伝え、改善をお願いしましょう。 愛情表現が足りなければ「もっと愛情表現をしてほしい」と言えばいい。 乱暴な態度が気になるなら「もう少し丁寧な言い方をしてほしい」と言えばいい。 日頃から少しずつ不満を出していけば、ため込むことも爆発することもありません。 言い方に注意しながら不満を伝えるから、相手に伝わり、改善が促されます。 不満は、ため込まず、きちんと伝える。

7
★0

本気で改善を考え、きちんと実行したか。

恋人関係に行き詰まると、別れることばかり考えがちです。 「別れ話はいつ切り出そうか」 「場所はどこにしようか」 「どんな言い方で説得をしようか」 たしかに別れの準備を考えることは大切です。 しっかり準備ができていれば、別れ話もスムーズになるでしょう。 もちろん別れ方を考えるのも大切ですが、もっと大切なことを見落としていないでしょうか。 それは「どうすれば関係を改善できるか」です。 本当にもう別れるしか選択肢はないのでしょうか。 諦めずに考えてみてください。 「思い浮かばない」という人は、軽く考えただけではないでしょうか。 「考えたことがある」という人でも、考えただけで、実行しないままで終わっていませんか。 大切なのは「本気で改善を考え、きちんと実行したか」です。 少なくとも、付き合い始めた当初は愛し合っていたはずです。 最初から不仲ならまだ分かりますが、以前は仲が良かったなら希望はあるはず。 どこかで歯車が狂い、すれ違いが生まれ、別れを考え始めたのでしょう。 関係修復は不可能と思っているのではなく、ただ思い込んでいるだけではないでしょうか。 簡単に別れを選ぶと、今まで費やした費用・時間・労力がもったいない。 突破口は、自然と見つかるものではありません。 「何かいい方法はないだろうか」と集中して考え抜き、ようやく見つかるものです。 考え、考え、考え抜く。 諦めそうなら、諦めないことに集中する。 時間と労力を向けるなら、別れる方法より改善する方法に費やしたほうが建設的です。 別れ方を考える前に、本気で改善を考え、きちんと実行する。

8
★0

自分にも悪いところがあるのではないか。

別れ話を切り出す前に、自分にも悪いところはないか振り返ってみましょう。 自分の理想ばかり押し付けていないでしょうか。 恋人には理想的な人でいてほしいと思うのは、誰もが願うところでしょう。 立派な恋人なら誇らしいはず。 もちろん相手に悪いところがあれば、改善をお願いするのはいいのですが、そんな自分はどうでしょうか。 自分のことは触れず、相手ばかり非難するのでは赤信号。 相手から見たあなたは、がみがみうるさい鬼のように感じているかもしれません。 自分のことは触れず、相手ばかり非難するのでは、2人の関係が悪くなるのも当然です。 「自分はどうだろうか」と反省する姿勢は、常に持ち続けたい。 相手に改善をお願いするなら、自分ができていることが前提です。 自分をきちんとできていれば、相手に改善をお願いするときにも説得力が生まれます。 さて、ここで1つ注意点があります。 自分の悪いところを考えるのはいいのですが、偏った考えには要注意です。 たとえば「相手が暴力を振るってくるのは、自分が出来損ないだから」と考えるのはよくありません。 どんなことがあっても、暴力はいけない。 自分だけで判断が難しい場合は、第三者に相談して客観的な意見をもらうと、正しく判断しやすくなります。 理想を押し付ける前に、自分にも悪いところがないか振り返ってみる。

9
★1

かまってもらいたい気持ちが強すぎるのではないか。

愛情と承認が偏っていませんか。 「愛してもらいたい。自分の存在価値を認めてもらいたい」 その気持ちは、誰にでもあります。 愛情欲求・承認欲求は、すべての人にある基本的な欲求です。 しかし、自分だけ愛情と承認を求め、恋人に与えることを忘れていると、関係がアンバランスになります。 相手も人間です。 相手もあなたと同じように「愛してもらいたい。自分の存在価値を認めてもらいたい」という気持ちがあります。 その欲求が適度ならいいのですが、大きすぎるのはよくありません。 「どうして愛してくれないの?」 「どうして認めてくれないの?」 ストレスがたまり、相手に不平不満をぶつけがちです。 かまってもらいたい気持ちが強すぎていませんか。 愛情と承認を自分だけほしがっていると、最初はよくても、ゆくゆくは関係が崩壊するでしょう。 かまってもらいたい気持ちが強すぎるなら、少しは我慢も必要です。 最後に恋人を愛したのはいつでしょうか。 最後に恋人を認めたのはいつでしょうか。 ほとんど記憶にないなら、愛情と承認のバランスが崩れている証拠です。 大切なことは、愛情と承認を与えること。 相手に愛情を注ぎましょう。 相手の存在価値を認めましょう。 そうすれば、あなたの印象がよくなり、恋人関係は見る見る改善するでしょう。 愛情と承認があってこそ、恋人関係は長続きします。 かまってもらいたい気持ちを抑え、きちんと愛情と承認を与える。

10
★0

人の意見で決めていないか。

別れ話を切り出す前、人に相談することがあります。 もちろん人に相談するのは賢い方法です。 別れを考えているときは、心に余裕がない状況が大半です。 余裕がないときに自分だけできちんと考えようとしても、限界があります。 誤解や思い込みなど、主観的な要因があって、自分で誤りに気づけないことがあるでしょう。 そんなとき、頼れる人に相談して意見を参考にすれば、気づきが得られるでしょう。 しかし、いくら信頼できる人の意見であっても、愚直に信じ込むのはよくありません。 たとえば、別れについて相談したとき、ネガティブなことを言われたとします。 「絶対別れたほうがいい」 「あなたにはもっといい人がいるよ」 「別れて、新しい道に進もうよ」 こうしたことを強く言われると、次第にそうしたほうがいいような気がしてきます。 よく当たる占い師から歩むべき道を示されたような感覚です。 意見の1つとして聞くのはいいのですが、愚直に信じ込むのはよくありません。 信頼できる人の意見であれ、付き合っているのはあなたです。 実際にその人が付き合っているわけではありません。 人の意見を参考として聞く分にはいいのですが、愚直に信じ込むのは要注意。 常に最終的な決断は、自分がするようにしてください。 自分で決めたことなら、後悔も最小限で抑えられます。 人の意見は、愚直に信じ込まず、参考として聞く。

11
★2

忙しい時期の影響ではないか。

「忙しい、忙しい」 そんな状況になっていませんか。 忙しい状態も、別れを考える原因になり得ます。 学生なら、試験の時期。 社会人なら、仕事の繁忙期。 また、家族や親戚に問題が起こり、慌ただしい日々になることもあるでしょう。 忙しい時期は、自分のことで精いっぱいになります。 肉体的にも精神的にも余裕がなくなり、目の前のことで必死になります。 自分だけ忙しくなるだけならまだいいのですが、悪影響はそれだけではありません。 忙しいと、ストレスもたまりやすくなるため、恋人の存在すらうっとうしく感じやすい。 恋人との接し方が乱暴になり、ぶつかりやすくなる。 恋人の存在が負担に感じて、ついには「別れたい」という極端な考えをすることがあります。 負担を軽くするつもりで恋人と別れると、軽率な行動をしたことに後から悔やむでしょう。 焦って行動するのは、間違いを生むもと。 周りが見えなくなっている時期に別れることほど、危険なことはありません。 別れの判断は、忙しい時期が過ぎ去ってから考えるのが賢明です。 忙しいときには、無理をしないこと。 時間に余裕がある時期のほうが、別れの判断も話し合いも、落ち着いてできます。 別れたい理由に忙しい時期の影響があるなら、過ぎ去るのを待つ。

12
★1

PMSや生理の影響ではないか。

女性の場合「別れたい」と考えやすい原因として、PMSや生理が関係している可能性があります。 PMSや生理の時期になると、ホルモンバランスが変わる影響で、感情のコントロールが難しくなります。 ちょっとしたことでいらいらしやすくなったり不安になったりなど、情緒が不安定になりがちです。 PMSや生理の影響は、精神的症状だけではありません。 ほてり・のぼせ・肌荒れ・むくみ・肩こりなど、肉体的症状もあり、広範囲に及びます。 しかもそれらの症状が同時に現れるのが、ますます大変なところ。 個人差はありますが、立ち上がるのさえ大変なほど、大きな影響が現れる女性もいます。 「別れたい」と考える原因の1つとして、PMSや生理が関係しているのではないかと疑ってみてください。 PMSや生理の時期が「別れたい」と考える時期と重なっていれば、可能性が大きいと考えていいでしょう。 単に自分の情緒不安定によって、物事を大げさにとらえているだけかもしれません。 もしPMSや生理の影響だと分かれば、再び衝動的な考えが浮かんでも、冷静に受け止めやすくなります。 「別れたい」と思っても「しばらくすれば治まるだろう」と自分を客観的に励ませるようになるはずです。 女性の場合、PMSや生理の影響ではないか、疑ってみる。

13
★0

生活に大きな変化が起こっている影響ではないか。

別れたいと思う原因の1つに、生活の変化があります。 人生では区切りの時期に、大きな変化が訪れます。 学生なら、進学・転校・留年・退学。 社会人なら、降格・昇格・転勤・辞職・転職。 プライベートなら、引っ越し・家族の変化が挙げられます。 生活に大きな変化が起こっているときは、新しい環境に慣れるのに精いっぱいです。 初めての経験をすれば、誰でもあたふたするもの。 肉体的にも精神的にも100パーセントの状態になり、恋人にかまう余裕がなくなりがちです。 余裕がないときは、違和感が嫌悪感に変わることは珍しくありません。 恋人関係に手抜きが起こりやすく、別れを考えやすい傾向があります。 特に留年や退学、降格や辞職など、ネガティブな変化が起こっているときは要注意。 気持ちが暗くなると、恋人関係も悲観的になりやすく「別れたい」と考えやすい傾向があります。 生活に大きな変化が起こっていないか、振り返ってみてください。 生活に変化が起こっているときは、その新しい環境に慣れるのが一番です。 1日でも早く慣れるよう、やるべきことに集中しましょう。 しばらくして新しい変化に慣れてくれば、再び余裕が戻り、いつもどおりの恋人関係に戻るでしょう。 自分の生活に変化が起こっているときは、その環境に早く慣れる。

14
★0

駆け引きとして、別れ話を切り出そうとしていないか。

別れ話を切り出せば、恋人は驚くでしょう。 あなたが別れを考えていることを知った恋人は、急に態度が変わることが多いはずです。 何とか復縁をしようと、以前より優しく接してくれるでしょう。 急に言葉や態度が丁寧になったり、気遣いの回数を増やしたりです。 本当に愛されているのか確認もできるでしょう。 たしかに相手の気を引く意味では、一定の効果があるでしょう。 しかし、駆け引きとして別れ話を切り出すのは、大人らしい対応ではありません。 やり方が乱暴であり、極端であり、幼稚です。 万が一、別れ話を相手が否定せずに受け入れてしまえば、そのまま別れることになります。 別れ話は、決意が固まってから切り出すもの。 別れ話は、駆け引きに使うものではありません。 駆け引きとして、別れ話を切り出そうとしていないか、自分を振り返ってみてください。 相手の注意を引くために別れ話を切り出すくらいなら、普通に話し合ったほうがスマートです。 不満があるなら、むやみに我慢せず、ストレートに打ち明けたほうが早く改善します。 本当に愛されているのか確認したいなら、普通に聞けばいいことです。 わざわざ回りくどい方法を使わなくても、ストレートな方法を使ったほうが、早く悩みが改善します。 駆け引きとして別れ話を切り出すくらいなら、ストレートに不満や悩みを打ち明ける。

15
★0

ほかのカップルに影響されているだけではないか。

ほかのカップルの影響で、別れたくなることもあります。 もちろんほかのカップルと自分たちとは、立場も事情も異なります。 完全に別々であるにもかかわらず、いつの間にかほかのカップルの影響を受けることがあります。 たとえば、友達に新しい恋人ができて、幸せでいっぱいの様子を見たとします。 「よかったね」と喜びつつも、内心では羨ましい気持ちになるでしょう。 羨ましくなるだけならいいのですが、人の悪い癖で、つい自分たちと比べてしまう。 「私たちより幸せそう。それに比べて私たちはどうだろう。私はこの人と付き合っていて、本当にいいのだろうか」 幸せなカップルを見たとき、相対的に自分たちの幸せが小さく思えることがあります。 自分の幸せが不十分に感じると「別れて別の人と付き合いたい」という気持ちになりがちです。 しかし、ほかのカップルと比べるのはよくありません。 何でもそうですが、ほかのカップルは、自分たちより幸せに見えるもの。 人間には「他人のものは、自分のものよりよく見える」という心理傾向があります。 ほかのカップルは、あくまで他人の事情です。 カップルには、カップルごとの付き合いがあります。 一度自分に問いかけてみてください。 「ほかのカップルに影響されているだけではないか」と。 あらためて考えると、恥ずかしい思い込みをしているだけかもしれません。 幸せの形は、カップルごとに違います。 むやみに比較せず、自分たちの幸せを追求しましょう。 そうすれば、周りのカップルに影響を受けなくなります。 ほかのカップルに影響されているだけではないか、自分に問いかけてみる。

16
★1

別れのことばかり考えていないか。

別れのことばかり考えていませんか。 一度別れモードのスイッチが入ると、そればかり考える人もいるでしょう。 寝ても覚めても、頭の中に浮かぶのは「別れ」という文字ばかり。 いつ、どこで、どう別れようかと考える。 ずっと別れについて考える集中力は素晴らしいのですが、注意も必要です。 別れのことを考えていると、暗い気持ちになる。 暗い気持ちになると、ますます別れを考えたくなる。 どんどん悪い方向に傾いて、悪循環に陥りがちです。 考えが固くなり、視野も狭くなるでしょう。 物事を冷静に見られなくなり、善しあしの判断や客観的な状況の把握ができなくなります。 ずっと別ればかり考えていると、大げさに考えて、現実以上に悪く考える傾向があります。 考えても、考えすぎないこと。 別れについて考えるのもいいですが、たまには休憩を入れませんか。 少し飲み物を飲んで、リラックスしましょう。 休憩を取ると、冷静な気持ちが戻ります。 妄想が膨らんで、少し大げさに考えていたことにも気づけることもあるはずです。 恋人の魅力にも気づいて、気が変わる可能性もあります。 「別れを考えない時間」「別れを考えない日」などを作ってみるのもいいかもしれません。 たまには休憩をして、バランスの取れた自分を取り戻しましょう。 別ればかり考えすぎず、たまには休憩を入れる。

17
★2

急いで結論を出そうとしていないか。

急いで結論を出そうとしていませんか。 「恋人関係を白黒はっきりさせたい」 「別れるのかどうか、早く結論を出したい」 「さっさと別れて、次のステップに進みたい」 たしかに結論を少しでも早く出したほうが、次のステップにも早く移れます。 人生の無駄を少なくする点では、意味があるでしょう。 しかし、結論を急ぐと、判断を誤りやすくなります。 「付き合い続けたほうがいいのか。別れたほうがいいのか」 これをきちんと判断するには、やはり時間が必要です。 焦っていると、大切なことを見落としたり話し合いを省略したり誤解したりして、正しい判断を妨げます。 急いで結論を出そうとしないことです。 別れは、相手の様子を見ながら冷静に落ち着いて考えたほうが、より正しい判断を下しやすくなります。 少し時間はかかりますが、長期的に見て、冷静に落ち着いて判断したほうが、後から悔やむこともありません。 特に別れの判断は、人生に大きな影響を与える重要な場面です。 重要な場面では、急がず、むしろ時間をかけて判断したほうがいい。 もともとせっかちな性格なら、なおさら注意したほうがいいでしょう。 早まった判断と行動は、後悔を生むだけ。 本当に改善できないか、じっくり考えます。 話し合いにも、たっぷり時間をかける。 冷静で落ち着いた行動をいつもより心がけ、本当に別れるべきか、きちんと判断するようにしましょう。 結論は、急いで出そうとせず、冷静に落ち着いて判断する。

18
★0

相手に完璧を求めすぎていないか。

恋人に完璧を求めすぎていませんか。 「約束は必ず守る」 「絶対嘘はつかない」 「愛情表現は欠かさない」 「汚い言葉遣いを使ってはいけない」 「記念日は一緒に過ごすのが必須」 たしかにどれも素晴らしい心がけです。 すべてできれば、まさに理想的な恋人。 周りのお手本にもなり、褒めたたえられるでしょう。 しかし、きちんとすればするほど、ストレスもたまりがちです。 人間は不完全な生き物。 ど忘れすることもあれば、ミスをすることもあります。 機嫌が悪いときもあれば、調子が出ないこともあります。 相手に完璧を求めると、自分も完璧にならなくなるため、お互い窮屈になります。 相手に完璧を求めていませんか。 世の中に、完璧な人は1人もいません。 完璧を求める癖があると、たとえその人と別れて別の人と付き合っても、やはり苦しい付き合いになるでしょう。 自分にも欠点があるなら、相手の欠点もとやかく言わないことです。 たまたま機嫌が悪かっただけかもしれません。 誰でも機嫌がいいときと悪いときがあるもの。 うっかりした間違えだったり、単なるど忘れだったりだけかもしれません。 不完全な人間ですから、いろいろなミスや欠点があります。 「そういうこともあるよね。自分も同じ経験がある。人のことをとやかく言えない」 多少の欠点には寛大になって受け入れたほうが、お互い付き合いやすくなります。 恋人に完璧を求めなくなると、小さなことでいらいらしなくなります。 別れたい気持ちに、前向きな変化が現れるかもしれません。 恋人に完璧を求めすぎていないか、自分に問いかける。

19
★0

粗探しをする性格が原因になっていないか。

「誰と付き合っても、最後は相手を嫌いになって別れてしまう」 そんな人に、よくあるパターンがあります。 それは、粗探しをする性格です。 付き合う前や付き合い始めた当初は、相手がすてきで魅力的な人に見えていた。 ところが付き合っていくうちに相手の短所や欠点が見えてきて、だんだん恋が冷めてくる。 いったん気になり始めると歯止めがかからず、最後は嫌いになってしまう。 たしかに短所や欠点の内容によっては、恋が冷めてしまうこともあるでしょう。 かっこ悪い一面があったり、失言やミスが多かったりなど、ささいな短所や欠点で好印象が損なわれることもあるはず。 しかし、世の中に完璧な人はいません。 粗探しをする性格があると、誰と付き合っても短所や欠点が気になり、最後は別れることになります。 粗探しをする性格が自分にないか、振り返ってみてください。 もし心当たりがあるなら、相手ばかりを非難するのではなく、自分も一因があると考えることです。 粗探しを改め、相手のいいところを見るようにしましょう。 どんな人にも欠点や短所があるように、どんな人にも美点や長所があります。 できるだけ悪いところは目をつぶり、できるだけいいところだけを見るようにしましょう。 欠点や短所は「個性」と考えてみてはいかがでしょうか。 個性と考えれば、相手の欠点や短所に接しても、いらいらしにくくなります。 心の中で折り合いが付きやすくなり、付き合いやすくなります。 粗探しをする性格が別れたい一因になっていないか、疑ってみる。

20
★0

部分的な考え方で別れようとしていないか。

部分的なことで別れを決意するのは、要注意です。 「言葉遣いが悪いから別れたい」 「大切な約束を破られたから別れたい」 1つだけの理由で別れたいと考えるのは、少し早まった行為です。 もちろん浮気や暴力などのような致命的な出来事があるなら分かります。 恋人関係に深刻な悪影響を及ぼすことなら、1つでもあれば、破局の検討も必要でしょう。 しかし一部の事情を除けば、別れは、部分的ではなく総合的に考えるのが賢明です。 恋人を部分的に見たとき、悪く思えても、全体的に見ると、いいところもたくさんあるはずです。 たとえば、言葉遣いが悪くても、大きな器と頼りがいがあるなら、大きな問題にはならないでしょう。 大切な約束を破られたとしても、素直に認めてきちんと謝る性格なら、トラブルもすぐ収まるでしょう。 恋人の一部分だけ見るのではなく、全体を見ましょう。 短所や欠点もあるかもしれませんが、長所や美点もたくさんあるはず。 付き合っていて苦しいこともあるでしょうが、付き合っているからこそ楽しいこともあるはずです。 残念な点がいくつかあっても、総合的に見て魅力のほうが勝っているなら、別れは考え直したほうがいいかもしれません。 別れた後、相手の存在価値に気づいて「別れるべきではなかった」と悔やむ可能性があります。 視野を最大限まで広げましょう。 さまざまなことまで考えを張り巡らしましょう。 相手の全体を見た上で総合的に考えたほうが、別れの判断が正しくできます。 別れの判断は、部分的ではなく総合的に考える。

21
★0

恋人の短所は、長所に変換できないか。

恋人の短所が原因で冷めてしまったとき、考えたいことがあります。 「恋人の嫌いな短所を、長所に変換できないか」という考え方です。 短所は、見方を変えると、長所になることがあります。 たとえば、恋人の神経質な性格が嫌だと思ったとします。 細かいことにいちいちうるさくて、ため息が出る。 しかし「神経質」という性格は、見方を変えると「細かい作業が得意」という性格でもあります。 もしお付き合いの中で、小さなことまで気にする必要がある場面があれば、神経質という性格が生かされるでしょう。 たとえば、旅行の計画です。 旅行の計画では、数字・規則・手続きなどが、細かい配慮が必要です。 旅行の計画を恋人に任せると、神経質という強みを発揮できるでしょう。 そう考えると、短所とは言い切れず、長所に変換できるはずです。 恋人の不快な短所は、見方を変えて、長所に変換できないか考えてみてください。 あまり難しく考えず、頭を柔らかくして考えるのがコツです。 もちろん暴力やストーカーなど、長所に変換できないものもありますが、短所の大半は長所に変換できる可能性があります。 世の中に、完璧な人は1人もいません。 相手の短所も個性の1つ。 相手を変えるのではなく、自分の考え方を変えてください。 短所を長所として考えれば、不快感が軽くなるだけでなく尊敬も生まれ、よい関係が築けます。 恋人の短所は長所に変換できないか、考えてみる。

22
★1

恋人が別の人と親密になっている様子を想像したか。

あなたと別れた元恋人は、別の異性と付き合うことになるでしょう。 1人のままで過ごす時期もあるでしょうが、そのうちよい出会いがあり、新しい人と付き合う可能性があるでしょう。 さて、ここで1つ、想像してほしいことがあります。 自分と別れた元恋人が、別の異性と親密になっている様子を想像してみてください。 肩を寄せ合っている。 指を絡め合いながら、手をつないでいる。 見つめ合いながら、楽しそうに話している。 熱烈なほど、いちゃいちゃしている。 ぎゅっと抱きしめ合っている。 その様子を想像したとき、どう思うかです。 恋人への気持ちが冷めているなら、別に何とも思いません。 「別れた後は自由にすればいい」と思い、普通に思うはず。 ところが「嫌だ」「耐えられない」など、嫉妬があるなら、潜在的にまだ好きな気持ちが残っているのでしょう。 表向きは恋人が嫌いでも、本音ではまだ好きな気持ちが残っている可能性があります。 自分の本当の気持ちを確かめるには、恋人が別の人と付き合っている様子を思い浮かべると分かりやすくなります。 もし別の人と親密になることが耐えられないなら、別れの決断は考え直したほうがいいかもしれません。 ほかの異性と親密になっている様子を想像する。

23
★0

恋人がいなくなった生活の変化を想像したか。

恋人がいなくなれば、生活が変わります。 恋人への依存の度合いにもよりますが、何らかの変化が現れるのは確実です。 たとえば、付き合っているとき、週末と言えばデートでしたが、別れるとデートがなくなります。 自由になれる反面、恋人がいなければいけないような場所にも行きにくくなるでしょう。 同棲しているなら、どちらかが部屋を出て行くことになるでしょう。 自分が出て行くことになれば、新しい生活が始まる期待がある反面、引っ越しをしなければなりません。 恋人がいるとき、いざとなったときは助けてもらえましたが、別れた後はそういきません。 自立が促される反面、何か困ったことが起こっても、別の人を頼りにしなければいけません。 恋人と別れることで得られる生活もあれば、失われる生活もあります。 恋人がいるからこそ経験できることもあれば、恋人がいなければ味わえない感動もあります。 別れた後は、そうした生活がすべて失われます。 恋人がいなくなった生活の変化を、できるだけ鮮明に想像してみてください。 想像力を最大限に働かせましょう。 その生活の変化を、きちんと受け入れられるかどうか考えてみることです。 難しいかもしれませんが、別れ話を切り出す前に必ず考えておきたいことの1つ。 別れ話は、恋人がいなくなった生活に納得した上で切り出すのが賢明です。 恋人がいなくなった後の生活の変化を想像して、受け入れられるかどうか考える。

24
★0

恋人がいなくなって、どんな気持ちになるか。

恋人と別れた後の生活を想像してみてください。 あなたと別れた後、生活はずいぶん大きく変わるでしょう。 今まで週末といえばデートでしたが、もうなくなります。 同棲をしているなら、別れた後は、どちらかが部屋を出て行くことになるでしょう。 手に入れる生活もあれば、失われる生活もあります。 しかし、恋人がいなくなって変わるのは、生活だけではありません。 注目したいのは、気持ちの変化です。 自分の生活から恋人がいなくなったとき、どんな気持ちになるのか想像してみてください。 余裕ができて嬉しくなるか、暇になって寂しくなるか。 自由で楽しくなるか、孤独でつらくなるのか。 あらためて考えると、恋人がいなくなった生活が今より暗くなる場合があります。 たとえば、今まで頻繁に連絡し合っていても、別れると、連絡がほぼなくなります。 連絡が途絶えたとき、どう感じるか。 今はわずらわしく感じても、いざ連絡がなくなると、寂しくて泣き叫びたくなるかもしれません。 嫌いになった恋人でも、大なり小なり、心の支えになっていた部分もあるはず。 今もつらいかもしれませんが、恋人がいなくなった生活は、もっとつらいかもしれません。 ネガティブな感情の嵐が予想されるなら、それだけ精神的に支えられていることが分かります。 嫌悪感があったとしても、あなたにとってかけがえのない存在である可能性があります。 生活の変化だけでなく、感情の変化にも注目すれば、別れた後の状況をもっと具体的に想像できます。 恋人がいなくなって、どんな気持ちになるか想像してみる。

25
★0

いつまでに別れたいか、はっきりさせているか。

別れる決意が固まれば、別れる時期を決めましょう。 いつまでに別れたいか、はっきりさせていますか。 「いつか別れたい」 「お互いの様子を見ながら、ゆっくり考えたい」 「別に急いで決めなくてもいいのではないか」 のんびり考える人もいるかもしれませんが、油断は禁物です。 人間は現状維持が好きな生きもの。 ひとまず面倒なことは後回しにする癖があります。 考えたり決断したりすることは、ストレスが発生します。 時間も消費されます。 できれば避けたいのが本音でしょう。 しかし、別れる時期を曖昧にしていると、いつまでも別れられません。 そこで必要なのが、別れたい時期の設定です。 いつまでに別れたいかはっきりさせておきましょう。 たとえ努力目標であっても、ないよりあったほうがいい。 具体的に決めてもいいですが、大まかな時期で十分です。 「7月までに別れたい」 「春までには別れたい」 「3カ月以内に別れたい」 「今年中には別れたい」 別れる時期が決まれば、それが目安になるため、別れの計画を立てやすくなります。 試験では、試験日が明確になるとやる気が出るように、別れでも、別れたい日が明確になるとやる気が出ます。 何をいつまでにしていいのか分かるようになり、取り組むべき課題も見えてくるでしょう。 いつまでに別れたいのか、はっきりさせる。

26
★0

別れたら、問題がすべて解決すると思っていないか。

別れたら、問題がすべて解決すると思っていませんか。 たしかに相手と別れれば、もう日常的に連絡を取る必要はありません。 一緒にいるのも苦痛なら、別れた後は自由が手に入ります。 恋人でなければ、定期的に会うこともなくなります。 しかし、恋人と別れたとしても、解消されない問題もあります。 たとえば、借金です。 別れたから、返さなくてもいいという理屈は通用しません。 借金をしたまま逃げるのは、泥棒と同じ。 相手から借りているお金があるなら、別れたとしても、きちんと返す必要があります。 また不仲も、別れたら無になると考えるのも誤解です。 不仲が無になることはありません。 不仲は、仲直りをしないかぎり、ずっと続きます。 顔を見ることはなくなっても、お互いにしこりが残り続け、ずっと苦しみ続けることになります。 時間が経てば、腹立たしさは落ち着きますが、不仲の解消には、きちんと謝ることが必要です。 別れさえすれば、問題がすべて解決すると思わないことです。 貸し借りや謝罪は、やはり別れても、誠意ある対応が必要です。 貸し借りや謝罪は、別れても放置せず、解決を心がける。

27
★0

そもそもうまくいく関係だったのか。

そもそもうまくいく関係なのか、疑ってみてください。 付き合い始めた当初は仲が良く、だんだん悪くなっていったなら分かります。 何らかの原因で関係にひびが入り、不和が大きくなっていったのでしょう。 一般的なパターンであり、努力しだいでは、関係改善も期待できます。 しかし、付き合い始めたときから違和感があったなら、要注意です。 そもそもうまくいかない恋人関係を、うまくごまかしながら続けていた可能性があります。 つまり「自分に合っていない人と無理やり付き合っていた」という状態です。 残念ながら世の中には、最初からうまくいかない恋人関係も少なからず存在します。 うすうす「相性が悪い」と気づきつつ、今まで気づかないふりをして付き合い続けていた。 付き合い始めたときから違和感がなかったか、振り返ってみてください。 たとえば、付き合い始めたころから話が合わなかったなら、要注意。 付き合い始めたころから喧嘩が絶えなかったなら、赤信号と言えるでしょう。 自分に合っていない人であるにもかかわらず、無理に自分を演じてごまかしながら付き合っていた可能性があります。 付き合い始めたときから違和感があり、今まで溝を埋める努力をしても成果がなかったなら、今後の望みも小さいでしょう。 そもそも自分に合っていない人だと気づけば、決断も早いほうがいい。 気づかないまま不毛な時間を送るより、正しいことに早く気づいて方向転換をするほうが、あなたのためになります。 そもそも自分に合っていない人なら、できるだけ別れを早くする。

28
★0

恋人関係でやり残したことはないか。

別れた後、やり残していたことに気づき、悔やむことがあります。 別れ話を切り出す前に、恋人関係でやり残したことはないか、よく考えてみてください。 恋人関係が続いているうちしかできないことがあります。 「自分の気持ちを正直に伝えておくべきだった」 「もっと優しく接しておくべきだった」 「もっと相手の立場になって考えておくべきだった」 「もっと情熱的な恋愛をしておくべきだった」 「記憶に残るデートをしておくべきだった」 「行きたい場所にデートしておくべきだった」 「もっと素直に感謝を伝えておくべきだった」 別れてから悔やんでも、過去には戻れません。 別れを考えている段階なら、まだ恋人関係が続いているはず。 別れた後に悔やむ可能性があるなら、今のうちにしておきましょう。 今ならまだ間に合います。 恋人関係でやり残したことがないようにしておきたい。 やり残したことがなくなれば、別れの踏ん切りもつきます。 恋人関係でやり残したことがあれば、今のうちに終えておく。

29
★0

別れ話で話す内容をきちんと準備できているか。

いざ別れ話をするなら、あらかじめ話を考えておくことが大切です。 どう切り出し、どう話を進めるか。 限界である気持ちは、どんな表現で伝えるか。 引き止められたときは、どう振り切るか。 別れ話を、行き当たりばったりで進めるのはよくありません。 もちろん臨機応変な対応も必要ですが、あらかじめ別れ話の内容をしっかり考えておくのが鉄則です。 別れたい理由を簡潔に分かりやすくまとめておくと、スムーズに話ができます。 きちんと準備できていれば、誤解も防げ、相手も理解しやすくなります。 就職活動の面接のように、別れ話でも、あらかじめ自分の言いたいことをまとめておき、反論の準備もしておくことです。 余裕があれば、何度か練習しておくといいでしょう。 イメージで練習するだけでも、意味があります。 「たかが別れ話に大げさすぎる。そこまで必要か」と思うかもしれませんが、軽視できません。 別れ話は、言い方を誤るとこじれるだけで済みません。 テレビのニュースで、別れ話がこじれた悲惨な事件を見かけたことがあるはずです。 相手から乱暴されたり、ストーカー被害に遭ったりなど、事件に発展する可能性があります。 別れ話をするなら、手抜かりなく、話す内容をきちんと考えておきましょう。 どうしても口頭で自信がないなら、口頭の話に加えて、紙に書いて渡してもかまいません。 できれば、別れ話が1回で済ませられるよう、準備をしておきます。 準備をして、しすぎることはありません。 別れ話を切り出すなら、理由や伝え方を、あらかじめ準備しておく。

30
★0

段取りを十分考えているか。

別れ話を切り出すなら、段取りを考えていますか。 「たかが段取り」と軽く考えるのはよくありません。 ビジネスでは、段取りしだいで進行スピードや結果が変わりますが、別れ話でも同じ。 段取りしだいで、別れ話の進み方や結果がまったく変わります。 別れ話は、成り行き任せで進めるのではなく、計画的に進めるのが得策です。 たとえば、別れる時期・場所・時間帯です。 別れ話を切り出すなら、繁忙期は避けたほうがいいでしょう。 お互い忙しい時期に落ち着いて話すのは難しいため、余裕のある時期のほうが適切です。 暴力を振るう恋人なら、閉鎖的な場所で別れ話を切り出すのは危険です。 できるだけ人目のある場所で切り出したほうが、万が一のとき、すぐ助けを呼べます。 別れ話をする時間帯も、夜より昼間のほうがいいでしょう。 明るい時間帯のほうが、正気を保ったまま、冷静に落ち着いて話しやすくなります。 そのほか、天気・身だしなみ・話し方など、話し合いをスムーズに進める工夫はたくさんあります。 「たかが段取り」と軽く考えず、できるかぎり最高の段取りを考えておきましょう。 段取りを考えるのは、自分のためでもあります。 しっかり段取りを整えた上で別れ話を切り出したほうが、確実にスムーズです。 手ぬかりのない段取りこそ、別れ話に成功をもたらします。 「たかが段取り」と軽く考えず、きちんと段取りを考えた上で、別れ話を切り出す。

同じカテゴリーの作品