失恋・別れ

別れる前に確認しておきたい
30のこと

  • 別れたい理由を考え、
    整理しているか。
別れる前に確認しておきたい30のこと

もくじ

別れたい理由を考え、整理しているか。

別れたい理由を考え、整理しているか。

別れ話の前には、必ず別れたい理由を整理しておきましょう。
別れたいと思うからには、その理由があるはずです。
理由を考えるときは、頭の中だけで考えるのではなく、一度紙に書き出してみるのがおすすめです。

ささいな理由で別れようとしていないか。

ささいな理由で別れようとしていないか。

別れ話の前に、別れたい理由を整理しておくことが必須です。
頭の中だけで考えず、一度紙に書き出してみることが大切です。
別れたいと考えるくらいですから、当然ひどい理由が羅列されるでしょう。

衝動的に別れようとしているだけではないか。

衝動的に別れようとしているだけではないか。

時として人は、衝動的な行動をすることがあります。
特に余裕がない状況では、冷静さが失われ、衝動的な行動も起こりがちです。
喧嘩をした勢いで、別れ話を切り出してしまう。

好きと嫌いのどちらの気持ちが大きいか。

好きと嫌いのどちらの気持ちが大きいか。

好きな気持ちと嫌いな気持ち。
付き合いたいと思ったとき「すべてが好きで、嫌いなところは1つもない」という状況は、めったにありません。
好きであっても、嫌いなところが1つや2つはあるものです。

マンネリになっているだけではないか。

マンネリになっているだけではないか。

お付き合いが長くなるにつれて、お互いの理解が深まります。
お互いの人となりを知れば知るほど、相手に合わせた行動もできるようになるでしょう。
最終的には、言葉がなくても意思疎通ができるようになるはずです。

不満があるなら、きちんと伝えたか。

不満があるなら、きちんと伝えたか。

「相手に気分を悪くさせてはいけない」
そう思って、不満があっても我慢する人もいるでしょう。
もちろん不満があっても、我慢したほうがいい場面もあります。

本気で改善を考え、きちんと実行したか。

本気で改善を考え、きちんと実行したか。

恋人関係に行き詰まると、別れることばかり考えがちです。
「別れ話はいつ切り出そうか」
「場所はどこにしようか」

自分にも悪いところがあるのではないか。

自分にも悪いところがあるのではないか。

別れ話を切り出す前に、自分にも悪いところはないか振り返ってみましょう。
自分の理想ばかり押し付けていないでしょうか。
恋人には理想的な人でいてほしいと思うのは、誰もが願うところでしょう。

かまってもらいたい気持ちが強すぎるのではないか。

かまってもらいたい気持ちが強すぎるのではないか。

愛情と承認が偏っていませんか。
「愛してもらいたい。自分の存在価値を認めてもらいたい」
その気持ちは、誰にでもあります。

人の意見で決めていないか。

人の意見で決めていないか。

別れ話を切り出す前、人に相談することがあります。
もちろん人に相談するのは賢い方法です。
別れを考えているときは、心に余裕がない状況が大半です。

忙しい時期の影響ではないか。

忙しい時期の影響ではないか。

「忙しい、忙しい」
そんな状況になっていませんか。
忙しい状態も、別れを考える原因になり得ます。

PMSや生理の影響ではないか。

PMSや生理の影響ではないか。

女性の場合「別れたい」と考えやすい原因として、PMSや生理が関係している可能性があります。
PMSや生理の時期になると、ホルモンバランスが変わる影響で、感情のコントロールが難しくなります。
ちょっとしたことでいらいらしやすくなったり不安になったりなど、情緒が不安定になりがちです。

生活に大きな変化が起こっている影響ではないか。

生活に大きな変化が起こっている影響ではないか。

別れたいと思う原因の1つに、生活の変化があります。
人生では区切りの時期に、大きな変化が訪れます。
学生なら、進学・転校・留年・退学。

駆け引きとして、別れ話を切り出そうとしていないか。

駆け引きとして、別れ話を切り出そうとしていないか。

別れ話を切り出せば、恋人は驚くでしょう。
あなたが別れを考えていることを知った恋人は、急に態度が変わることが多いはずです。
何とか復縁をしようと、以前より優しく接してくれるでしょう。

ほかのカップルに影響されているだけではないか。

ほかのカップルに影響されているだけではないか。

ほかのカップルの影響で、別れたくなることもあります。
もちろんほかのカップルと自分たちとは、立場も事情も異なります。
完全に別々であるにもかかわらず、いつの間にかほかのカップルの影響を受けることがあります。

別れのことばかり考えていないか。

別れのことばかり考えていないか。

別れのことばかり考えていませんか。
一度別れモードのスイッチが入ると、そればかり考える人もいるでしょう。
寝ても覚めても、頭の中に浮かぶのは「別れ」という文字ばかり。

急いで結論を出そうとしていないか。

急いで結論を出そうとしていないか。

急いで結論を出そうとしていませんか。
「恋人関係を白黒はっきりさせたい」
「別れるのかどうか、早く結論を出したい」

相手に完璧を求めすぎていないか。

相手に完璧を求めすぎていないか。

恋人に完璧を求めすぎていませんか。
「約束は必ず守る」
「絶対嘘はつかない」

粗探しをする性格が原因になっていないか。

粗探しをする性格が原因になっていないか。

「誰と付き合っても、最後は相手を嫌いになって別れてしまう」
そんな人に、よくあるパターンがあります。
それは、粗探しをする性格です。

部分的な考え方で別れようとしていないか。

部分的な考え方で別れようとしていないか。

部分的なことで別れを決意するのは、要注意です。
「言葉遣いが悪いから別れたい」
「大切な約束を破られたから別れたい」

恋人の短所は、長所に変換できないか。

恋人の短所は、長所に変換できないか。

恋人の短所が原因で冷めてしまったとき、考えたいことがあります。
「恋人の嫌いな短所を、長所に変換できないか」という考え方です。
短所は、見方を変えると、長所になることがあります。

恋人が別の人と親密になっている様子を想像したか。

恋人が別の人と親密になっている様子を想像したか。

あなたと別れた元恋人は、別の異性と付き合うことになるでしょう。
1人のままで過ごす時期もあるでしょうが、そのうちよい出会いがあり、新しい人と付き合う可能性があるでしょう。
さて、ここで1つ、想像してほしいことがあります。

恋人がいなくなった生活の変化を想像したか。

恋人がいなくなった生活の変化を想像したか。

恋人がいなくなれば、生活が変わります。
恋人への依存の度合いにもよりますが、何らかの変化が現れるのは確実です。
たとえば、付き合っているとき、週末と言えばデートでしたが、別れるとデートがなくなります。

恋人がいなくなって、どんな気持ちになるか。

恋人がいなくなって、どんな気持ちになるか。

恋人と別れた後の生活を想像してみてください。
あなたと別れた後、生活はずいぶん大きく変わるでしょう。
今まで週末といえばデートでしたが、もうなくなります。

いつまでに別れたいか、はっきりさせているか。

いつまでに別れたいか、はっきりさせているか。

別れる決意が固まれば、別れる時期を決めましょう。
いつまでに別れたいか、はっきりさせていますか。
「いつか別れたい」

別れたら、問題がすべて解決すると思っていないか。

別れたら、問題がすべて解決すると思っていないか。

別れたら、問題がすべて解決すると思っていませんか。
たしかに相手と別れれば、もう日常的に連絡を取る必要はありません。
一緒にいるのも苦痛なら、別れた後は自由が手に入ります。

そもそもうまくいく関係だったのか。

そもそもうまくいく関係だったのか。

そもそもうまくいく関係なのか、疑ってみてください。
付き合い始めた当初は仲が良く、だんだん悪くなっていったならわかります。
何らかの原因で関係にひびが入り、不和が大きくなっていったのでしょう。

恋人関係でやり残したことはないか。

恋人関係でやり残したことはないか。

別れた後、やり残していたことに気づき、悔やむことがあります。
別れ話を切り出す前に、恋人関係でやり残したことはないか、よく考えてみてください。
恋人関係が続いているうちしかできないことがあります。

別れ話で話す内容をきちんと準備できているか。

別れ話で話す内容をきちんと準備できているか。

いざ別れ話をするなら、あらかじめ話を考えておくことが大切です。
どう切り出し、どう話を進めるか。
限界である気持ちは、どんな表現で伝えるか。

段取りを十分考えているか。

段取りを十分考えているか。

別れ話を切り出すなら、段取りを考えていますか。
「たかが段取り」と軽く考えるのはよくありません。
ビジネスでは、段取りしだいで進行スピードや結果が変わりますが、別れ話でも同じ。

同じカテゴリーの作品