人生の教科書



失恋・別れ
少しずつメールの返信を遅らせるようにする。
失恋・別れ
最も無責任な別れ方とは。
失恋・別れ
長引きそうになくても、長引く覚悟をしておく。
失恋・別れ
あらかじめ熱中できそうな趣味を勧めてみる。
失恋・別れ
別れた日の日記には、こう書こう。
「今日から新しい人生が始まる」
失恋・別れ
部分的な考え方で別れようとしていないか。
失恋・別れ

別れるときに心がける
30のこと

  • 別れは、
    恋人への最後の愛情表現。
別れるときに心がける30のこと

もくじ

1
★0

別れは、恋人への最後の愛情表現。

別れのとき、すでに恋人への愛情はないかもしれません。 形はまだ恋人関係でも、すでに2人の関係は冷め切っていることもあるでしょう。 愛情どころか、憎しみのほうが大きいかもしれません。 恋人への愛情がないと、別れるときの言葉や態度が乱暴になりがちです。 相手をにらんだり、傷つける言葉を言ったりしては、別れ方が最悪になるでしょう。 しかし、別れるまでは、曲がりなりにも恋人関係です。 一定期間ではありましたが、深く愛し合った時期もあったはずです。 別れは、恋人への最後の愛情表現と考えてください。 好きでもない人にずっと愛情を注ぐのは難しくても「これが最後」と思えば、愛情がわずかであっても振り絞れるでしょう。 愛情はほとんどなくても、丁寧に1粒をかき集めれば、コップ1杯分くらいにはなるはず。 別れを、いい思い出にするのか悪い思い出にするのかは、あなたしだい。 自分ができる、最高の別れ方を心がけましょう。 最後だからこそ、きれいな締めくくり方を目指しましょう。 きれいに交際を締めくくれば、失恋による落ち込みが軽くなるだけではありません。 交際経験が心の宝物になり、次のステップアップもスムーズになります。 別れは恋人への最後の愛情表現と考え、もう一踏ん張り頑張ってください。 別れの最後まで愛情を注ぐことができれば、別れた後、きっといいことが待っています。 別れは、恋人への最後の愛情表現と考える。

2
★0

神社でうまく別れられることをお願いする。

あなたは神様の存在を信じますか。 もし信じているなら、神社でうまく別れられることをお願いしましょう。 もちろん神社で祈ったところで、本当にうまくいくかは分かりません。 神様の存在は非科学的です。 神様が別れの仲介をしてくれるわけではありません。 神社でうまく別れられることを祈っても、実際に別れるのはあくまで自分。 しかし、自分にとって別れの決意を高める効果があるなら、無駄にはならないでしょう。 決意が固くて困ることはありません。 神様に向かって「うまく別れられますように」と祈ることは、自分の心に言い聞かせることでもあります。 ますます別れの決意が固まれば、別れ話のとき、堂々とできるでしょう。 感情の起伏を抑えながら、自分の言い分もしっかり伝えられるでしょう。 神様の存在を信じる人なら、精神的な面で効果が期待できます。 「別れたら、すぐ新しい人と出会えますように」というお願いもいいですね。 「神社で祈った」という行為が、儀式としての役割を果たし、安心をもたらしてくれる人もいるはずです。 神社でお願いすることで、自分の心によい変化が生まれるなら、試してみる価値はあるでしょう。 神社でうまく別れられることをお願いする。

3
★0

長引きそうになくても、長引く覚悟をしておく。

別れを考えるとき「あっさり別れられるだろう」と思うことがあります。 たとえば、もともと恋人関係が希薄の場合です。 恋人であっても関わりが少なく、愛情も信頼も乏しいなら、別れが長引きそうな雰囲気は見当たりません。 別れ話を切り出しても、すぐ承諾してもらえると思うでしょう。 しかし、長引きそうになくても、長引く覚悟をしておくほうが賢明です。 恋愛は、思いも寄らないトラブルがつきものだからです。 恋愛は、想定外の連続です。 意外とこうした恋愛に限って長引きやすい。 たとえば、自分は「希薄な関係」と思っていても、相手は「親密な関係」と思っているかもしれません。 いざ別れ話を切り出すと、予想外の展開になり、長引くことがあります。 「こんなはずではなかった」「勘弁してほしい」などと思い、精神的な負担が増えます。 すぐ別れられるという軽い考えがあると、言葉や態度が大雑把になりがちです。 「すぐ別れられるだろう」という油断が、かえって長引く原因にもなります。 こうした事情があるため、別れを考えるときは、あらかじめ長引く覚悟をしておくのがいいでしょう。 長期戦に取り組む心構えがあれば、別れ話にも気合が入ります。 どんな恋人関係であっても、別れ話は真剣勝負。 別れにおいて、準備も心構えもしっかりして、しすぎることはありません。 もしあっさり別れられれば、それはそれでいいのです。 「思ったより苦労が少なくてラッキー」と思えます。 長引きそうになくても、長引く覚悟をしておく。

4
★0

少しずつメールの返信を遅らせるようにする。

あなたはメールの返信が早いほうですか。 それとも遅いほうですか。 今までは、恋人からメールをもらえば、できるだけ早い返信を心がけていたのではないでしょうか。 少しでも早い返信のほうが喜ばれます。 お互い早い返信があると、ますます恋が盛り上がるでしょう。 もちろん交際が順調なときはいいのですが、別れを決意したなら、メールの返信の早さも工夫をしたいところ。 少しずつメールの返信を遅らせていきましょう。 今までメールをもらってすぐ返信していたなら、1時間遅らせるようにする。 次に2時間遅らせ、3時間遅らせていきます。 メールの返信がじわじわ遅くなっていくと、相手は「愛情が薄まってきたのかな」と思うでしょう。 「もう恋は終わりに近いかもしれない」と心の準備を始めるはずです。 ただし、いきなりメールの返信を遅くするのは要注意です。 今まで早かった返信が突然遅くなれば、不自然に感じます。 メールの返信を遅くするなら、ある程度時間をかけるのがポイントです。 目安としては、1カ月以上です。 1カ月以上かけて、じわじわメールを遅らせていけば、愛情が薄まっている様子を自然に演出できます。 最初は「返信が早くて普通」だったのが、最後には「返信が遅くて普通」になります。 メールの返信が遅くなることで、相手もあなたへの愛情が弱くなっていくでしょう。 別れ話を切り出したときの話し合いもスムーズになります。 1カ月以上時間をかけて、少しずつメールの返信を遅らせる。

5
★0

デートの頻度を少しずつ減らしていく。

別れたいのに、デートの頻度が多いのは矛盾しています。 デートを増やすというのは、思い出も増やすということ。 デートの頻度が増えるにつれて、思い出も増えてしまい、別れにくくなります。 別れると決めたら、別れの下準備として、少しずつデートの頻度も減らしていきましょう。 デートの頻度が少なくなれば「この恋はもう終わりに近づいている」と相手は察するでしょう。 「別れたい」と言わなくても、愛情が弱くなっている様子を伝えられます。 自分の元から離れようとする雰囲気を出せます。 デートの頻度が減ると、相手は心配するかもしれませんが「そうかな」とごまかすくらいがいいでしょう。 ●急に頻度を減らさない 急にデートをしなくなると、相手を驚かせます。 露骨にデートを避ける姿勢を見せると、相手によっては反感を持たれることもあるでしょう。 最悪、ストーカーに発展する可能性もゼロではありません。 目安としては、3カ月以上かけるのがいいでしょう。 3日に1回のデートだったなら、1週間に1回、2週間に1回と間隔を広げていきます。 デートの頻度は、少しずつ減らしていくのが賢明です。 ●断る理由にも注意する もし相手からデートの誘いがあれば、断ることも必要です。 このとき、断るときの理由に注意が必要です。 嘘でごまかそうとすると、後からばれて、揉めやすくなります。 「○○さんと遊びに行く予定がある」といってから、その人に確認されると、嘘だと分かります。 断るときには、当たり障りのない理由が適切です。 「その日は1人でまったりしたい」 「用事はないけど、デートをしたい気分ではない」 「何か予定が入るかもしれないから、時間を空けておきたい」 曖昧な理由ですが、こうした場面では好都合でしょう。 少しずつデートの頻度を減らしていく。

6
★1

精神的な自立をしておけば、別れた後も安心。

別れ話を切り出すなら、精神的な自立もしておきたい。 精神的な自立と別れには関係があります。 恋人が急にいなくなったとたん、心が折れてはいけません。 精神的な部分で恋人への依存が大きいと、別れた後に苦労するでしょう。 寂しさや情緒不安定に悩まされたり、強烈な悲壮感・絶望感に襲われたりすると、心の整理が難しくなる。 孤独に耐えられず、涙が止まらなくなれば、自制心を失いやすくなるでしょう。 そこで必要なのが、精神的な自立です。 精神的な自立とは何か。 精神的な自立とは「人に頼らなくても、心を強くして自分一人で行動できるようになること」を言います。 あらかじめ精神的な自立ができていれば、別れたショックがあっても、耐えやすくなります。 別れたときに心が傷つきにくくなります。 たとえ心が傷ついても、心の自然治癒力が強いので、回復も早くなります。 精神的な自立ができているかを測る目安は、1人で行動できるかどうかです。 1人でレストランに入り、食事ができる。 1人で映画館・美術館・博物館に行き、楽しむことができる。 寂しがることなく、1人の時間を楽しめるなら、ある程度精神的に自立していると考えていいでしょう。 1人で行動する習慣を増やして、精神的な自立を促しておきましょう。 別れ話の前に、精神的な自立を促しておく。

7
★1

経済的に自立しておくと、別れる勇気も出やすくなる。

親や恋人の経済力に頼っている人もいるのではないでしょうか。 経済的に自立していない状態で別れると、その後の生活が不安です。 お金がなければ、衣食住さえ思うように満たせません。 別れたほうがいいと分かっていても、別れたとたん極貧の生活が待っていると分かれば、別れ話にもためらって当然です。 そこで必要なのが、経済的な自立です。 経済的な自立とは「人のお金に頼らなくても、自分で収入を得て生活ができるようになること」を言います。 別れ話を切り出す前は、できるだけ経済的に自立をしておくと安心です。 仕事に必要な能力を身につけます。 その能力で仕事を見つけ、稼ぐ力をつけます。 無駄な出費は抑えて節約を心がけ、できるだけ貯金を増やしておきます。 最終的に人のお金に頼らなくても、自分の収入で生活できるようになっておけば、合格です。 完全な自立は難しくても、できるだけ自立を目指す努力をしておきましょう。 自分でお金を稼ぐことができれば、自由に行動できる範囲も広がります。 経済的に自立しておけば、別れ話を切り出す勇気も出やすくなります。 「お金がなくて別れられない」と思うなら、今まで経済的な部分で恋人への依存が大きかった証拠です。 もしまったく経済的に自立していないなら、別れより就職を優先したほうがいいかもしれません。 経済的な自立は、自分のためになります。 別れをスムーズにするだけでなく、自分の成長を促すためにも、自分にむちを打って行動することが必要です。 できるだけ経済的に自立しておく。

8
★1

音信不通で考えられる5つの理由。

日常では「音信不通」という場面に遭遇することがあります。 つまり「何度連絡をしても、まったく返事がない」という状況です。 一般的に音信不通と言えば、逃げているようなイメージを持たれがちです。 しかし、一言で「音信不通」とはいえ、さまざまな状況があります。 詳しい理由は人それぞれ。 では、音信不通で考えられる理由とは、どんなものでしょうか。 代表的なのは、次の5つのパターンがあります。 思い込みに注意しながら、あらゆる可能性を探ってみてください。 (理由1)面倒なことから逃げたい 最も代表的なのは「面倒なことから逃げたい」という心理です。 話し合いには、時間も労力もかかります。 面倒なことに関わるのが嫌になったとき、音信不通で逃げることがあります。 「もうどうでもいいではないか」という投げやりな考えが表面化したと言えるでしょう。 身勝手で不誠実な行為であり、精神的に未熟と言わざるを得ません。 (理由2)怒っている 音信不通だから不誠実とは限りません。 怒っているから音信不通という場合もあります。 「怒っています」という意志表示のため、わざと連絡を拒否することがあります。 何か相手を怒らせるようなことをしたか、自分を振り返ってみてください。 心当たりがあれば、素直に謝ると、再び連絡が取り合える可能性があります。 (理由3)落ち着いて考える時間がほしい ショッキングな話をすると、人によってはパニックに陥ることがあります。 相手が精神的に弱いと非難するのは早合点です。 話を真剣に受け止めている裏返しでもあります。 話をしたくても、パニック状態ではきちんと話ができません。 「しばらく1人になりたい」「落ち着いて考える時間がほしい」「悩んでいる自分を見られたくない」と悩むこともあって当然。 気持ちを整理したいため、結果として音信不通になることがあります。 悪気があるわけではないため、しばらくすると連絡があるはずです。 (理由4)相手の気を引かせたい 「恋愛では、押しと引きが大切」と言われています。 相手は「引き」のつもりで、わざと音信不通を演じることがあります。 (理由5)事故や入院という可能性 事故や入院という可能性もゼロではありません。 大切な話をした直後、不運の出来事があり、連絡どころではなくなった可能性もあります。 特別な心理状態があるわけではなく、仕方ない状況と言えます。 音信不通になる理由を理解する。

9
★0

後悔させる別れ方をすると、本人が後悔することになる。

騙された。 浮気をされた。 自尊心を傷つけられた。 そんなとき「相手を恨んで、後悔させる別れ方をしたい」と思うかもしれません。 普通に別れるだけでは物足りず、仕返しのために、後悔させる別れ方をたくらんでしまう。 別れ際、少しでも相手を痛い目に遭わせておけば、気持ちもせいせいするでしょう。 しかし、やはりどんなことがあっても、後悔させる別れ方はしないことです。 後悔させる別れ方をすれば、本人も最低な人間になります。 「後悔させる別れ方をするような人」という、最低の部類に入ってしまいます。 相手と同じレベルになり、人のことを言えなくなる。 ばかにする人が、ばかにされるのと同じです。 事件に発展するような別れ方をすれば、お互い消えない傷が残るでしょう。 後悔させる別れ方を考えていると、性格が悪くなるだけでなく、心まで腐っていきます。 別れた後、つまらないことをした自分に気づいて、後悔に苦しめられます。 どんなに相手が憎くても、後悔させる別れ方なんてしないことです。 早まった行為だけはしないでください。 断固とした態度で離縁するだけでいい。 余計な悪巧みは考えず、自分が幸せになることに集中しましょう。 本当に相手を後悔させたいなら、相手より幸せになるのが一番。 内面も外面も磨く。 物質的にも精神的にも充実させていく。 素晴らしい人間関係に囲まれ、素晴らしい人生を生きていく。 あなたが幸せになることこそ、最も健全な仕返しです。 さっさと別れて次の恋愛に向かうほうが、美しい振る舞いです。 やはりどんなことがあっても、後悔させる別れ方はしない。

10
★0

注意したい2つのアドバイス。
「多数決のアドバイス」「命令口調のアドバイス」。

別れを決意したとき、人に相談することがあります。 その人は「任せておけ」と言わんばかりに、いろいろなアドバイスをしてくれるでしょう。 このとき、人の意見を参考にするのはいいのですが、流されないようにしてください。 特に注意したいアドバイスが、2種類あります。 (1)多数決のアドバイス (2)命令口調のアドバイス たとえば「別れ話をする場所はどこがいいか」という相談を持ちかけたとします。 このとき「デリケートな話だから、絶対2人きりで話し合うのがいい」というアドバイスをされたとしましょう。 同じようなアドバイスをする人がほかにもいると、多数決の考え方から、つい押されそうになります。 ましてや「絶対したほうがいい」という命令口調で強調されると、もはやそうしないといけない気がしてきます。 しかしここが注意です。 別れ話は、2人きりがいいとは限りません。 たとえば、相手が暴力を振るう性格の場合、2人きりで別れ話をするのは危険です。 相手が暴れ出したとき、助けを呼べなくなり、トラブルが大きく発展する可能性があります。 別れ話は状況によって、人前のほうがいい場合もあります。 人の意見に流されると、本質を見失いやすくなります。 多数決だから、正しいとは限らない。 命令口調だから、従わなければいけないわけでもない。 人からのアドバイスは、あくまで参考として聞きましょう。 多数決のアドバイスであれ、命令口調のアドバイスであれ、その意見を盲信しないこと。 カップルによって付き合い方が違えば、ふさわしい別れ方も違います。 あくまで別れ話をするのはあなたです。 自分の状況と照らし合わせた上で、慎重にベストな方法を判断しましょう。 命令口調のアドバイスであっても、あくまで参考として聞いて、最後は自分で決める。

11
★0

自分の親に交際を反対されている場合、どうするか。

自分の親に交際を反対されている人もいるでしょう。 「あんな人と付き合うのはやめなさい」 「交際を認めることはできません」 「あなたにはもっとふさわしい人がいる。早く別れて、別の人とお付き合いしなさい」 親から交際を反対され、別れを勧められている人もいるはずです。 自分が嫌になって別れを切り出す場合とは違い、親が交際に反対していると、判断に迷います。 本来、味方であるはずの親が反対すれば、どうしていいか迷うところでしょう。 このとき、考え方があります。 まず一度、冷静に親の言い分を聞きましょう。 自分の恋人を否定されると、いくら親でも、感情的になって反抗したくなるかもしれません。 しかし、親には親なりの考えがあります。 わが子の将来を心配して反対しているはずですから、言い分には耳を傾けるべきでしょう。 「恋に盲目」と言われます。 自分でも気づかないうちに、大事な点を見落としているかもしれません。 魅力の感じ方を誤っていることもあるでしょう。 将来に甘い考えを持っていることもあるはずです。 腹立たしい気持ちがあっても、人生の先輩の意見として、一度冷静に聞くのが賢明です。 大事な盲点に気づかせてくれる可能性は、十分あります。 ただし、冷静に考えても納得できなければ、親を説得することも必要です。 恋人の魅力や愛情の大きさを伝え、真面目な交際であることを説明すれば、親も鬼ではありません。 最終的にわが子の熱意に押され、納得してくれるでしょう。 親から反対されたくらいで諦めるのか。 親に反対されたくらいで諦めないのか。 恋愛の成り行きを決める、大事な場面です。 一度冷静に親の言い分を聞く。 納得できなければ、きちんと説得する。

12
★0

相手の親に交際を反対されている場合、どうするか。

相手の親に交際を反対されていることもあるでしょう。 自分の親が反対しているなら、身内であるため、まだ説得が容易です。 しかし、相手の親から交際に反対されると、将来に不安が出て、頭を抱えるはずです。 恋人を通して説得してもらっても、認めてくれない。 さて、相手の親に交際を反対されている場合、別れるべきでしょうか。 まず交際については自由でしょう。 交際は、あくまで2人の事情です。 恋愛は自由ですから、相手の親から反対されても、交際を続けることは可能です。 ただし、結婚を前提に考えた交際なら、話は別です。 交際は2人の事情ですが、結婚は相手の家族も含めた事情になります。 相手の親の反対を押し切ったまま結婚するのは、不可能ではありませんが、厳しい現実に直面するでしょう。 親からの援助なしで夫婦生活を続けるのは、時間的・経済的に苦しくなる傾向があります。 ましてや子供が生まれて子育てが始まると、物理的に親の協力が必要になる場面が増えます。 結婚や夫婦生活は「好き」という感情だけでは、うまくやっていけないことがあります。 現実的に考えて、お互いの親に認められてこそ、交際も結婚も続けられます。 したがって、結婚を前提に交際しているなら、何とかして相手の親から認められる必要があります。 たとえば、一度相手の親と向き合って、交際について話し合うのもいいでしょう。 真剣な交際であることをアピールすれば、理解してもらえることがあります。 相手の親を交えて食事や旅行をしてみるのも名案です。 積極性・向上心・責任感をアピールして信頼を勝ち取っていけば、いずれ交際を認められる日が来るでしょう。 結婚を前提とした真剣な交際なら、相手の親から反対されても諦めない姿勢が大切です。 相手の親に交際を反対されている場合、結婚を前提としているなら、きちんと相手の親を説得する。

13
★1

「何となく別れたい」という理由には要注意。

「何となく別れたい」 大きな理由があるわけではなく、自分でもよく分からない理由で別れを考える人もいるかもしれません。 もちろん日常のささいなことなら、時には自由気ままに行動することもいいでしょう。 気分に任せて行動すると、意外な発見や楽しみがあります。 しかし、それはあくまで「日常のささいなこと」に限った話です。 人生に大きく影響する場面なら、決断には理由が必要です。 「何となく」という理由で行動すると、後から悔やむ可能性が高いからです。 たとえば「何となく仕事を辞めたい」という状況があるとします。 大きな理由があるわけでもなければ、具体的な計画があるわけでもない。 何となく嫌になったから仕事を辞めれば、その後大変になることが予想できます。 重大な決断を、明確な理由もなく実行するのは、問題を増やすことにつながります。 別れも同じです。 別れは、人生に大きく影響する決断です。 しかも別れの影響は、自分だけでなく、相手にも及びます。 自分の人生であるにもかかわらず、行動の理由が不確かなのは好ましくありません。 思いつきや気分で行動しているようでは、自分の人生を思いどおりにコントロールするのは困難。 「何となく別れたい」という理由では、相手を説得するのも難しく、別れ話がこじれやすくなるでしょう。 別れられたとしても、衝動的な行動を後から悔やむ可能性があります。 はっきり理由もないまま別れるのは、余計な後悔やトラブルを増やす原因になります。 人生の大きな駒を動かすときには、慎重さが求められます。 別れるなら、せめて理由をはっきりさせておくのが賢明です。 「何となく別れたい」という理由には注意する。

14
★1

嫌われる勇気を持てば、別れやすくなる。

別れ話では、嫌われる勇気を持ちましょう。 もちろんわざと嫌われるように仕向けるわけではありません。 別れ話では、できるだけ穏便に話が進むよう心がけることが大切です。 憎み合いや口喧嘩など、余計なトラブルはできるだけ避けておきたいところ。 冷静になって話し合い、何も問題なくスムーズに別れられるのが理想的です。 しかし、言葉や態度に注意することはあっても、嫌われる勇気は必要です。 嫌われることを恐れていては、何も言えなくなるからです。 別れ話のテーマは「別れ」です。 すでに話のテーマがショッキングであるため、嫌われる可能性を覚悟する必要があります。 別れ話では、はっきり別れの意思を伝えなければいけません。 傷つくのを恐れていては、きちんとした別れ話ができません。 きちんと別れ話をするためには、傷つくのを受け入れて、嫌われる勇気が必要です。 嫌われるのが悪いことと考えるのは誤解です。 自分が進むべき道を歩むときには、意志を貫くことが必要です。 意志を貫くとき、特定の人から嫌われることもあります。 嫌われる勇気を持てば、恐怖や不安は半減して、強い心が身につきます。 堂々と言いたいことを言えるようになり、別れ話の決着もつきやすくなります。 最終的に嫌われたとしても、あらかじめ嫌われる覚悟ができていれば、ダメージを最小限に抑えられます。 別れ話では、言葉や態度に注意しつつも、嫌われる勇気は持つ。

15
★0

別れた後の関係が不安なら、連絡先の変更もあり。

「二度と連絡をしてほしくない」 「別れた後、相手と完全に連絡を取りたくない」 そんなときは、連絡先を変更するのも1つの方法です。 たとえば、電話番号やメールアドレスなどです。 連絡先を変更すれば、相手から連絡しようにもできなくなります。 自宅の固定電話も、電話会社に連絡すれば、簡単に変更してもらうことが可能です。 自宅の固定電話が必要なければ、この機に解約してしまうのも一案です。 変更理由をぼかしたいなら「携帯電話をなくした」ということにすれば、最低限の体裁は整います。 変更理由を伝えるなら、新しい連絡先を周知する際、別れた人には伝えないようにお願いをしておくといいでしょう。 もし変更するなら、一気にまとめて変更したほうが手間を最小限にできます。 すべての連絡先を変更するのが難しければ、一部の連絡先だけ変更するのもいいでしょう。 手間はかかりますが、完全に関係を断ち切りたい気持ちが強ければ、これ以上強力な手段はありません。 連絡先の変更の手間を惜しむと、別れ方が曖昧になり、後悔する可能性があります。 別れた後の関係が不安なら、手段の1つとして検討する価値はあるでしょう。 別れた後の関係が不安なら、連絡先の変更も検討する。

16
★0

友達の数と別れの難易度は、ある程度関係している。

別れには傾向があります。 時間がかかって大変な別れもあれば、あっさり簡単にできる別れもある。 あらかじめ別れが大変になりやすい条件を知っておけば、ある程度準備を促せます。 そんな注目したい条件の1つが、友達の数です。 あなたの恋人には、どのくらい友達がいますか。 ここでいう友達は、同性・異性は関係ありません。 もし恋人が友達の少ない人なら、別れるのが大変になる可能性があります。 友達が少ないと、人間関係においてあなたが占める割合が大きいため、喪失感が強くなります。 あなたと別れたら「寂しすぎる」「もう次がない」「ほかに出会いがない」と思い、別れを嫌がるでしょう。 しつこく執着され、別れが長引く可能性があります。 ストーカーになりやすいのも、友達が少ないタイプが目立ちます。 もしあなたが唯一の人間関係なら、強く引き止められる可能性が高いと考えていいでしょう。 一方、友達が多い人なら、比較的スムーズに別れられる傾向があります。 多くの友達に囲まれ生活が充実していれば、恋人が1人いなくなっても、影響は限定です。 喪失感はあるでしょうが、仲間が多ければ、相談したり遊びに出かけたりなど、寂しさを紛らわせやすくなります。 友達が多いからこそ、紹介による新しい出会いにも恵まれやすいでしょう。 そのため、友達が多い人とは、意外とあっさり別れられる傾向があります。 あくまで傾向ですが、自分の場合に当てはめて考えておくと、参考として役立つでしょう。 友達が少ない人との別れは、難しくなる覚悟をしておく。

17
★1

最低な別れ方だけは、避けること。

別れ方には、その人の本性が現れやすい傾向があります。 別れることになれば、もうこれ以上親しくする必要がありません。 関係を壊せばいいだけ。 信頼関係は、築くより壊すほうが簡単です。 楽に別れたいと思うなら、最低な別れ方を選びがちです。 だからこそ、その人の本性がよく現れます。 「別れるからこそ丁寧にしよう」と思う人もいれば「もう別れるならどうでもいい」と考える人もいます。 どんな別れ方をしたいかは、あなたの心を映し出します。 もしあなたが恋人からひどい別れ方をされれば、相手のことを「最低な人」と思うでしょう。 怒りや憎しみが生まれ「二度と会いたくない」「顔も見たくない」と思い、一生恨むでしょう。 時には殺意が芽生えるかもしれません。 まさしく最高だった人が、最悪の人になります。 それは、あなたにも言えます。 もしあなたが最低な別れ方をすれば、相手から「最低な人」というレッテルを貼られ、一生恨まれるでしょう。 相手から憎まれたり恨まれたりするのは間違いありません。 最低な別れ方は、そのときはすぐ別れることができても、相手の心に深い傷を残します。 「それでもかまわない。恨まれて結構」と思うかもしれませんが、その考え方はよくありません。 共通の友達がいれば、周りにあなたの悪口を言いふらされるでしょう。 あまりひどい別れ方をすると、場合によっては仕返しを計画されることもあります。 別れにくいだけでなく、別れた後にも禍根を残すことになるでしょう。 トラウマになるような別れ方は不毛であり、お互いのためになりません。 最低の別れ方は、まさしく最低の終わり方です。 最低な別れ方だけは、避けること。 別れ方も、思い出の1つです。 人生に嫌な思い出を作らないためにも、できるだけ円満な別れ方を心がけるのが大人です。 最低な別れ方だけは避けるようにする。

18
★1

最も無責任な別れ方とは。

別れ方には、さまざまな形があります。 きちんと別れ話をする別れ方。 自然消滅による別れ方。 会わないで、メールだけで済ませる別れ方。 中には遠距離恋愛になった都合で、仕方なく終わる別れ方もあるでしょう。 さて、さまざまな別れ方の中で、最も無責任な別れ方は何でしょうか。 ずばり、音信不通による別れ方です。 一方的に連絡を絶って別れる方法は、面倒な仕事から逃げている姿勢と言えます。 自然消滅なら、まだいいのです。 お互い愛情が薄れていき、接触が少なくなって恋人関係が終わるなら、仕方ないと言えます。 はっきり別れ話をしないものの、暗黙の了解があるため、まだ許容範囲です。 しかし、電話やメールに無反応のまま別れるのは美しくありません。 「責任を取りたくない」「面倒なことはしたくない」という意思が表れた様子です。 なるべく傷つけずに別れると思って音信不通を選ぶなら、誤解です。 連絡を取らなくても、不誠実な姿勢が伝わり、間接的に相手を傷つけることになります。 相手が男性であれ女性であれ、そもそも逃げる人は結婚にも向きません。 もし音信不通で強制的に別れることになれば「結婚しなくてよかった」と思うくらいでいいでしょう。 嫌われたなら「嫌いになった」と言ってくれたほうが、まだ踏ん切りがつきます。 恋愛の終わり方は、2人の交際の印象を決める重要なポイントです。 もしあなたが音信不通で別れようと考えているなら、実行する前にもう一度よく考えましょう。 交際期間が短くても、恋人として貴重な時間を一緒に過ごしたのは事実。 お互い深く愛し合った関係なら、地味でも不器用でもいいので、きちんと別れ話をして別れるのが適切です。 最後だからこそ、きれいに締めくくろうではありませんか。 別れは、恋人への最後の愛情表現と考え、最後に一踏ん張りが必要です。 音信不通による別れ方だけは避ける。

19
★0

結婚してくれないなら別れるのも、立派な別れの理由。

相手に結婚する気がないと分かったとき、どうするか。 結婚の話をしても、無視される。 もしくは、適当な返事でごまかされる。 中には「結婚するつもりはない」と断言されることもあるでしょう。 相手はそれでもいいかもしれませんが、結婚を前提に考えている自分としては見過ごせないでしょう。 交際のゴールが見えなければ、将来に不安を感じ、別れを検討する人も多いのではないでしょうか。 さて「結婚してくれない」というのは、別れの理由になるのでしょうか。 もちろん立派な別れの理由になります。 むしろ重要な理由と言えるでしょう。 交際を続けていれば、いずれ結婚を考えるのが一般的です。 世の中には事実婚や内縁関係もありますが、全体で見ると、正式に結婚するのがまだまだ主流です。 きちんと婚姻届を出しておくほうが、法律上も安心です。 結婚の有無は、交際する上で最重要の価値観の1つ。 今の交際が、自分が目指すゴールと違っているなら、方向転換も必要です。 「結婚する・しない」という重要部分に不一致があれば、別れの決断も必要になるでしょう。 相手を説得したり本音を確かめたりしても手応えがなければ、諦めも肝心です。 したがって「結婚してくれない」というのも、立派な別れの理由になるのです。 相手が結婚してくれないと分かれば、別れも検討する。

20
★0

別れる前に次の恋人を作るのは、完全なルール違反。

「そうだ。次の恋人を作ってから別れればいい」 別れの苦しみを減らすため、次の恋人を作ってから別れようと考える人もいるかもしれません。 たしかに次の恋人がいれば、気持ちとしては強くなれるでしょう。 別れ話も堂々と切り出せ、別れた後も、寂しさを感じることはありません。 もちろん別れる前、気になる人や好きな人がいるのはいいのです。 あくまで「片思い」という範囲ですから問題ありません。 人の感情は自然と表れるもの。 本人の意思にかかわらず、好意的な感情が出てしまうことはあります。 しかし、きちんと別れる前に次の恋人を作るのは、完全なルール違反です。 別れ話を切り出した時点で次の恋人がいるということは、複数の恋人と交際を同時進行していたことになります。 つまり、浮気になるのです。 いくら本人が「浮気ではない」と言い張ったところで、客観的に見れば、完全な浮気。 信用を裏切る行為であるのは間違いない。 どんな言い訳も通用しません。 スムーズに恋人を乗り換えることができ、本人は楽かもしれませんが、最低の別れ方の1つです。 ほんの1日でもかぶっている時期があれば、NGです。 順番を間違えると、相手から恨みを買い、スムーズに別れられなくなります。 別れようとしても、浮気問題として後から面倒な問題に発展する可能性があります。 正式な恋人を作るなら、きちんと別れてからです。 別れの場面だからこそ、人として誠実な対応を心がけたい。 正式に別れた後なら、いつ誰と付き合おうと自由です。 別れる前に、次の恋人を作らない。

21
★0

明らかな嘘の理由は、別れがこじれるだけでなく、ますます相手を傷つける。

別れでは、嘘の理由が禁止というわけではありません。 スムーズに目的を果たすには、時には嘘をつくことも必要になる場面もあります。 正直に理由を言えば、泥沼問題になるのが確実なら、自己責任の上、嘘をつくのもありでしょう。 おすすめできませんが、必要なら選択肢の1つです。 ただし、嘘はよくても、明らかな嘘はいけません。 すぐ嘘だと分かる理由は不適切です。 「今度、留学することになった」 「親の都合で遠くに引っ越すことになった」 「親からお見合いを持ちかけられ、断れなくなった」 「よく当たる占い師から、別れたほうがいいと言われたから」 本人のプライベートを詳しく知っていれば、相手が嘘を見抜くのは難しくないでしょう。 明らかな嘘は、すぐ相手に見抜かれてしまい、もはや意味がありません。 どれだけ理由を言ったところで、それが嘘なら説得力はゼロ。 相手は納得してくれず、しつこく食い下がってくるでしょう。 話のつじつまも合わなくなり、別れ話がこじれます。 それどころか、さらに相手を傷つける可能性もあります。 「安っぽい嘘をつかれるなんて、自分もばかにされるようになったな」 「そんな分かりやすい嘘で騙せるほど、自分は軽く見られているのか」 「きちんとした嘘をつく努力すら省かれている。今までの関係は何だったのだろう」 相手からばかにされているような印象を受けるため、ますます傷つくのです。 明らかな嘘は、お互いを不幸にします。 嘘をつくなら、ばれない嘘にすることです。 知恵を絞って、徹底的につじつまを合わせておくことが必要です。 明らかな嘘の理由で、別れようとしない。

22
★0

仲が悪くても別れ話のときくらいは、しっかり話したい。

別れ話を切り出すときには、すでに2人の仲は最悪かもしれません。 ほとんど目を見ることもない。 ほとんど話をすることもない。 スキンシップもゼロ。 そんな状態では、別れ話もしにくいでしょう。 「できれば別れ話をせずに別れたい」と願うところではないでしょうか。 しかし、いくら仲が悪い関係であっても、別れ話のときくらいはきちんと話をしたい。 しっかり話をしないと、お互い納得して別れられません。 別れ話ほど、大事な話し合いはありません。 ほとんど会話のない関係だとしても、別れ話のときくらいはしっかり話をしましょう。 話をするときは、しっかり相手の目を見る。 言いたいことは、きちんと伝える。 納得できないことは、納得できるまで話し合う。 「もう最後だ」と思って勇気を振り絞ります。 きれいな別れ方をするのは、お互いのため。 きちんと別れ話ができれば、2人の関係にも区切りがつきます。 これは、自分への挑戦でもあります。 幼稚な対応で逃げるか、大人の対応ができるか。 自分の真価が問われる場面です。 自分に鞭を打ち、気持ちを奮い立たせましょう。 難しい別れ話がきちんとできれば、自分が鍛えられ、きっと次のステップもうまくいきます。 仲が悪くても、別れ話のときくらいは、きちんと目を見て話す。

23
★0

あらかじめ熱中できそうな趣味を勧めてみる。

恋人は、どんな趣味を持っていますか。 もし趣味がなければ、何か熱中できそうな趣味を勧めてみてはいかがでしょうか。 趣味の有無は、別れ方や別れた後に影響します。 相手が無趣味の場合、別れ話を切り出しても、しつこく引き止めてくる可能性があります。 特に無趣味である上、あなたとの恋愛が生活のすべてになっている場合は要注意です。 あなたがいなくなった後の生活が考えられないため、別れ話を切り出しても、必死で引き止めてくるでしょう。 たとえ別れることができたとしても、無趣味のため、失恋のショックから立ち直るのも苦労します。 そこで、あらかじめ相手が熱中できそうな趣味を勧めておきます。 何でもいいのですが、相手が好みそうな趣味を中心に提案してあげるといいでしょう。 関連パンフレットを見せたり、楽しそうに話しながら勧めてみたりなどです。 「○○ができる人はかっこいいね。尊敬する」と褒めながら話せば、気持ちを揺さぶられ、興味を持つかもしれません。 うまく相手が趣味にはまってくれたら、ラッキーです。 趣味に熱中しているとき、別れ話を切り出します。 別れはショックではあるものの、すでに夢中になっている対象があるので、ショックが和らぐでしょう。 失恋後の落ち込みも、趣味があるおかげで立ち直りやすくなります。 必須ではありませんが、余裕があれば、相手が熱中できそうな趣味を勧めてみましょう。 あらかじめ熱中できそうな趣味を勧めておく。

24
★0

「別れ話に失敗した」と考えない。
「ひとまず1回目の別れ話が終了」と考えよう。

別れ話がスムーズに決着しないのは珍しくありません。 喧嘩をしないように話した結果、話が堂々巡りになって進展しない。 お互いの言い分が対立して、なかなか別れ話が進展しない。 最終的に一定時間が過ぎれば、ひとまず別れ話を打ち切ることになります。 こんなとき「別れ話に失敗した」と考えがちですが、誤解があります。 そもそも1回だけの別れ話で決着をつけようとするのは無理があります。 いきなり別れ話を告げられれば、誰でも驚いて当然。 気持ちの整理に時間がかかり、納得できない話もあるでしょう。 長年付き合ってきた関係なら、相手が別れ話に納得するまでには時間がかかるはず。 大きなテーマをすぐまとめるのは難しい。 むしろ1回の別れ話で決着しないほうが自然です。 「ひとまず1回目の別れ話が終了」と考えましょう。 「そうだよね。いきなりの別れ話はさすがに無理があるよね」と思うくらいでいい。 落ち込まず、2回目の別れ話の準備を始めましょう。 2回目なら、相手も事情を分かっているため、1回目より建設的な話し合いができるはずです。 2回目も行き詰まれば、3回目です。 納得しないまま別れると、後味の悪い別れ方になります。 急いで終わらせようとするのではなく、相手が納得するまでゆっくり時間をかけることが大切です。 交際をいい思い出にするためにも、後味のよい別れ方を心がけましょう。 別れ話に決着がつかなかったとき「別れ話に失敗した」ではなく「ひとまず1回目の別れ話が終了」と考える。

25
★0

お互いが潔く別れるための、連絡先の消し方とは。

別れ話のとき、お互い連絡をしない約束をすることもあるでしょう。 ところが、二度と連絡しないつもりでも、現実でなかなかうまくいかないことがあります。 連絡先が残っていると、寂しくなったとき、連絡したい欲求が出てきます。 特にお酒で酔っているときは、理性と自制心が緩んで、勢いで連絡してしまいやすい。 酔ってしまえば、どんなに意志が固い人でも、起こりえます。 こうしたことを防ぐため、相手の連絡先を削除すればいいのですが、この方法も完璧ではありません。 たとえ自分が削除しても、相手から連絡がかかってくれば、意味がありません。 再び連絡を取り合って、中途半端な関係になってしまうことがあります。 さて、連絡をしない約束を徹底したければ、よい連絡先の消し方があります。 別れ話の際、お互いの目の前で連絡先を消せばいいのです。 連絡先を削除する様子を見せ合うことで、削除したことを確認できます。 お互いが同じ行為をするので、偏りもなく、公平です。 別れ話のときに削除すれば、その日のうちに別れの決着がつきます。 少し寂しい気もしますが、潔く別れるなら効果的な方法でしょう。 お互いが納得できれば、試してみてはいかがでしょうか。 連絡をしない約束を徹底したければ、お互いの目の前で連絡先を消す。

26
★0

縁を切るときに忘れがちなSNSの設定とは。

恋人と別れるとき、縁を切るのも1つの方法です。 「友達に戻るのは中途半端。別れるならしっかり縁を切りたい」 もちろんお互いのためを考えた結果なら、縁を切る選択肢も素晴らしい決断です。 さて、縁を切るのはいいのですが、このときに忘れがちなSNSの設定があります。 それは、友達申請やフォローの削除です。 インターネットを使ったSNSでは、場所や距離に関係なくつながれます。 SNSでつながったままでは、現実で別れられても、インターネット上でつながったままです。 SNSを使うとき、別れた人が画面上に表れると、忘れたくても忘れられなくなります。 かといって一方的にブロックするのも、相手を不快にさせ、トラブルの原因になることがあります。 別れ話で縁を切ることが決まれば、SNSでのつながりを削除しておきましょう。 一方的に削除するより、相手と話し合った上で削除したほうが、余計なトラブルを防げます。 自分だけ削除するのではなく、相手にも削除してもらいます。 お願いするときは「早く削除しろ」「削除しなさい」など、命令口調は避けるようにします。 「できれば解除してほしい」「削除してもらえると嬉しい」など、丁寧にお願いするようにしましょう。 できるだけ別れ話をしているときに削除してもらったほうが、早くて確実です。 きちんと縁を切れるかを決める大事な瞬間です。 応じてもらえるかは相手しだいですが、しっかり意志表示しておくことは無駄になりません。 SNSの友達申請やフォローの設定を、話し合った上で削除する。

27
★0

ブログやSNSの交際ステータスの変更をしておく。

あなたは今、ブログやSNSをしていますか。 別れた後に忘れがちなのは「交際ステータスの変更」です。 ブログやSNSでは、交際状況についての項目が設けられていることがあります。 たとえば、自己紹介の欄に「恋人の有無」の項目があって、交際相手の存在について記載できるような仕様です。 別れたら、できるだけ早めにブログやSNSの交際ステータスの変更をしておきましょう。 「恋人あり」の状態のままでは、周りの人に誤解を与えます。 元恋人が見たときも「私たちはまだ付き合っているのかな」という誤解をされやすくなるでしょう。 「後から変更すればいい」と後回しにすると、人はど忘れをする生きものです。 変更は、さほど手間がかかるわけでもなく、一瞬で終わるはずです。 きちんと別れに決着がつけば、交際ステータスは、できるだけ早めに更新しておきましょう。 「恋人なし」の一言で終わらせるのではなく「恋人募集中」と書いていれば、次の恋人も見つかりやすくなるかもしれません。 別れたら、ブログやSNSの交際ステータスを変更しておく。

28
★0

「最後に○○しよう」は甘い罠。

別れ話の際、相手から提案をされることがあります。 「最後に○○しよう」です。 「最後に食事をしよう」 「最後にキスをしよう」 「最後に旅行をしよう」 別れることが惜しいのでしょう。 「最後に○○をしてくれたら別れる」などの条件を提示されると「最後ならいいかな」と気持ちが緩みがちです。 しかし、ここが重要な場面です。 「最後に○○しよう」とお願いされても、やはりきちんと断るのが正解です。 受け入れてしまうと、相手に譲歩することになるからです。 「最後に○○しよう」という提案を受け入れると、相手は「強く言えば受け入れてもらえる」と誤解します。 最後と約束して提案を受け入れても、再び「次こそ本当に最後」「今度こそ最後」と甘えてくるでしょう。 最後であるはずが、最後にならなくなる。 2人の関係が中途半端で曖昧になり、別れられなくなるのです。 相手から「最後に○○しよう」とお願いされても、きっぱり断ること。 油断も隙も見せません。 優柔不断な態度は不要です。 相手から「ひどい」「冷たい」「最低」と言われても、断固として意志を貫く。 冷たい対応に思えますが、別れの決意が固いことの意志表示です。 最終的に別れるのですから、最後に何かをしても意味がありません。 余計な思い出を増やしても、かえってつらくなるだけ。 最後に何か特別なことをしなくても、別れられます。 「最後に○○しよう」とお願いされても、きっぱり断る。

29
★3

別れた日の日記には、こう書こう。
「今日から新しい人生が始まる」

日記を書く習慣があるなら、別れた日は、こう書いてください。 「今日から新しい人生が始まる」と。 別れた日の日記は、やはり別れたことについて書くでしょう。 「別れ」というテーマについて書けば、暗い内容になりやすい。 「失恋」「喧嘩」「孤独」「寂しい」「憂鬱」「不幸」「絶望」など、ネガティブなキーワードが登場しやすい。 しかし、暗い内容で日記を締めくくると、後味が悪くなります。 思い出してください。 見方を変えると、別れとは新しい人生の始まりでもあります。 恋人と別れることで、新しい世界に向かう扉が開きました。 夢を追いかけやすくなり、希望を叶えやすくなりました。 大きな自由と可能性が手に入り、新しい人生の幕開けです。 日記は「今日から新しい人生が始まる」という明るい一言を書きましょう。 別れた日にふさわしい一言です。 引き続き、明るく日記を書き続けることができるでしょう。 日記に、別れた後にしたいことをリストアップしてみませんか。 「早速合コンを開きたい」 「次はこんな人と付き合いたい」 「一人旅を楽しみたい」 どんなことでもかまいません。 今まで我慢していたことを、思いつくままに書いてみましょう。 書いているうちにわくわくしてきて、元気が出てくるはずです。 新しく始まった自分の人生に、ますます期待ができるでしょう。 日記とともに、新しい人生を歩もうではありませんか。 別れた日は「今日から新しい人生が始まる」と書く。

30
★0

「また会いたい」と頼まれたとき、どうするか。

「また会いたい」 別れた人から会いたいという連絡がかかってきたとき、どうするか。 「本当にお願いだから」 「今度こそ最後だから」 心を込めてお願いされると「最後ならいいかな」と気持ちが揺れ動くかもしれません。 しかし、ここが要注意。 二度と会わない約束で別れたなら、相手から「また会いたい」と頼まれても、断固として断るのが正解です。 別れた人と会ったところで仕方ありません。 余計な情が戻って、うまくいっていた別れが中途半端になる可能性があります。 もし会ってしまうと、相手は「強くお願いすれば会ってくれる」と誤解するでしょう。 「復縁できるかもしれない」という期待をさせてしまうこともあります。 「最後」と約束して会っても、寂しくなったとき「また会いたい」としつこく迫るようになります。 一度譲歩を許すと、何度も譲歩を求めてくるようになります。 中途半端によりが戻ってしまい、曖昧な関係が続くことになる。 小さなことで相手から憎まれると、相手がストーカーに発展する可能性もあります。 「会わない」と決めたなら、とにかく会わないこと。 用事がある場合も、できるだけ会わないで済ませられる方法を考えましょう。 普通の連絡事項なら、電話やメールで済ませられます。 忘れ物があるなら、郵送を利用すれば、会わずに用事を済ませられるはずです。 共通の友達を通して手渡すこともできるでしょう。 会ったところで、別れに悪影響を与えるだけです。 相手に「もう二度と会わない」とはっきり宣言します。 相手が泣いても叫んでも、心を鬼にして、会わないことを貫くのが賢明です。 「また会いたい」と頼まれても、とにかく会わないことを貫く。

同じカテゴリーの作品