失恋・別れ

別れるときに心がける
30のこと

  • 別れは、
    恋人への最後の愛情表現。
別れるときに心がける30のこと

もくじ
  1. 別れは、恋人への最後の愛情表現。

    別れのとき、すでに恋人への愛情はないかもしれません。
    形はまだ恋人関係でも、すでに2人の関係は冷め切っていることもあるでしょう。
    愛情どころか、憎しみのほうが大きいかもしれません。

  2. 神社でうまく別れられることをお願いする。

    あなたは神様の存在を信じますか。
    もし信じているなら、神社でうまく別れられることをお願いしましょう。
    もちろん神社で祈ったところで、本当にうまくいくかは分かりません。

  3. 長引きそうになくても、長引く覚悟をしておく。

    別れを考えるとき「あっさり別れられるだろう」と思うことがあります。
     
    たとえば、もともと恋人関係が希薄の場合です。

  4. 少しずつメールの返信を遅らせるようにする。

    あなたはメールの返信が早いほうですか。
    それとも遅いほうですか。
    今までは、恋人からメールをもらえば、できるだけ早い返信を心がけていたのではないでしょうか。

  5. デートの頻度を少しずつ減らしていく。

    別れたいのに、デートの頻度が多いのは矛盾しています。
    デートを増やすというのは、思い出も増やすということ。
    デートの頻度が増えるにつれて、思い出も増えてしまい、別れにくくなります。

  6. 精神的な自立をしておけば、別れた後も安心。

    別れ話を切り出すなら、精神的な自立もしておきたい。
    精神的な自立と別れには関係があります。
    恋人が急にいなくなったとたん、心が折れてはいけません。

  7. 経済的に自立しておくと、別れる勇気も出やすくなる。

    親や恋人の経済力に頼っている人もいるのではないでしょうか。
    経済的に自立していない状態で別れると、その後の生活が不安です。
    お金がなければ、衣食住さえ思うように満たせません。

  8. 音信不通で考えられる5つの理由。

    日常では「音信不通」という場面に遭遇することがあります。
    つまり「何度連絡をしても、まったく返事がない」という状況です。
    一般的に音信不通と言えば、逃げているようなイメージを持たれがちです。

  9. 後悔させる別れ方をすると、本人が後悔することになる。

    騙された。
    浮気をされた。
    自尊心を傷つけられた。

  10. 注意したい2つのアドバイス。
    「多数決のアドバイス」「命令口調のアドバイス」。

    別れを決意したとき、人に相談することがあります。
    その人は「任せておけ」と言わんばかりに、いろいろなアドバイスをしてくれるでしょう。
    このとき、人の意見を参考にするのはいいのですが、流されないようにしてください。

  11. 自分の親に交際を反対されている場合、どうするか。

    自分の親に交際を反対されている人もいるでしょう。
    「あんな人と付き合うのはやめなさい」
    「交際を認めることはできません」

  12. 相手の親に交際を反対されている場合、どうするか。

    相手の親に交際を反対されていることもあるでしょう。
    自分の親が反対しているなら、身内であるため、まだ説得が容易です。
     

  13. 「何となく別れたい」という理由には要注意。

    「何となく別れたい」
    大きな理由があるわけではなく、自分でもよく分からない理由で別れを考える人もいるかもしれません。
    もちろん日常のささいなことなら、時には自由気ままに行動することもいいでしょう。

  14. 嫌われる勇気を持てば、別れやすくなる。

    別れ話では、嫌われる勇気を持ちましょう。
    もちろんわざと嫌われるように仕向けるわけではありません。
    別れ話では、できるだけ穏便に話が進むよう心がけることが大切です。

  15. 別れた後の関係が不安なら、連絡先の変更もあり。

    「二度と連絡をしてほしくない」
    「別れた後、相手と完全に連絡を取りたくない」
    そんなときは、連絡先を変更するのも1つの方法です。

  16. 友達の数と別れの難易度は、ある程度関係している。

    別れには傾向があります。
    時間がかかって大変な別れもあれば、あっさり簡単にできる別れもある。
    あらかじめ別れが大変になりやすい条件を知っておけば、ある程度準備を促せます。

  17. 最低な別れ方だけは、避けること。

    別れ方には、その人の本性が現れやすい傾向があります。
    別れることになれば、もうこれ以上親しくする必要がありません。
    関係を壊せばいいだけ。

  18. 最も無責任な別れ方とは。

    別れ方には、さまざまな形があります。
    きちんと別れ話をする別れ方。
    自然消滅による別れ方。

  19. 結婚してくれないなら別れるのも、立派な別れの理由。

    相手に結婚する気がないと分かったとき、どうするか。
    結婚の話をしても、無視される。
    もしくは、適当な返事でごまかされる。

  20. 別れる前に次の恋人を作るのは、完全なルール違反。

    「そうだ。次の恋人を作ってから別れればいい」
    別れの苦しみを減らすため、次の恋人を作ってから別れようと考える人もいるかもしれません。
     

  21. 明らかな嘘の理由は、別れがこじれるだけでなく、ますます相手を傷つける。

    別れでは、嘘の理由が禁止というわけではありません。
    スムーズに目的を果たすには、時には嘘をつくことも必要になる場面もあります。
    正直に理由を言えば、泥沼問題になるのが確実なら、自己責任の上、嘘をつくのもありでしょう。

  22. 仲が悪くても別れ話のときくらいは、しっかり話したい。

    別れ話を切り出すときには、すでに2人の仲は最悪かもしれません。
    ほとんど目を見ることもない。
    ほとんど話をすることもない。

  23. あらかじめ熱中できそうな趣味を勧めてみる。

    恋人は、どんな趣味を持っていますか。
    もし趣味がなければ、何か熱中できそうな趣味を勧めてみてはいかがでしょうか。
    趣味の有無は、別れ方や別れた後に影響します。

  24. 「別れ話に失敗した」と考えない。
    「ひとまず1回目の別れ話が終了」と考えよう。

    別れ話がスムーズに決着しないのは珍しくありません。
    喧嘩をしないように話した結果、話が堂々巡りになって進展しない。
    お互いの言い分が対立して、なかなか別れ話が進展しない。

  25. お互いが潔く別れるための、連絡先の消し方とは。

    別れ話のとき、お互い連絡をしない約束をすることもあるでしょう。
     
    ところが、二度と連絡しないつもりでも、現実でなかなかうまくいかないことがあります。

  26. 縁を切るときに忘れがちなSNSの設定とは。

    恋人と別れるとき、縁を切るのも1つの方法です。
    「友達に戻るのは中途半端。別れるならしっかり縁を切りたい」
    もちろんお互いのためを考えた結果なら、縁を切る選択肢も素晴らしい決断です。

  27. ブログやSNSの交際ステータスの変更をしておく。

    あなたは今、ブログやSNSをしていますか。
    別れた後に忘れがちなのは「交際ステータスの変更」です。
    ブログやSNSでは、交際状況についての項目が設けられていることがあります。

  28. 「最後に○○しよう」は甘い罠。

    別れ話の際、相手から提案をされることがあります。
    「最後に○○しよう」です。
    「最後に食事をしよう」

  29. 別れた日の日記には、こう書こう。
    「今日から新しい人生が始まる」

    日記を書く習慣があるなら、別れた日は、こう書いてください。
    「今日から新しい人生が始まる」と。
    別れた日の日記は、やはり別れたことについて書くでしょう。

  30. 「また会いたい」と頼まれたとき、どうするか。

    「また会いたい」
    別れた人から会いたいという連絡がかかってきたとき、どうするか。
    「本当にお願いだから」

同じカテゴリーの作品