人生の教科書



失恋・別れ
別れてすぐ友達関係に戻るのは、意外と難しい。
失恋・別れ
別れとは、お互いの関係が変わるだけのこと。
告白
出会えてよかった。
そう思える関係を作ること。
恋愛がしたい
たとえ恋愛関係に発展しなくても、会話ができただけで、大きな前進になる。
恋愛トラブル
嫌々会うくらいなら、やめたほうがいい。
夫婦関係
恋人関係と夫婦関係は、似て非なるもの。
失恋・別れ

上手な別れ方をする
30のポイント

  • なぜ円満な別れを目指すのか。
上手な別れ方をする30のポイント

もくじ

1
★2

なぜ円満な別れを目指すのか。

人の本性が現れやすい場面。 それが、別れの場面です。 「わざと相手を怒らせたほうが、スムーズに別れやすくなる」と考える人もいるでしょう。 一方「できるだけ丁寧なほうが、スムーズに別れやすくなる」と考える人もいるでしょう。 どちらも一理あります。 しかし、別れを決めたからには、できるだけ円満な別れを目指したいところです。 なぜ円満な別れを目指すのか。 その理由は、4つあります。 (1)恋人関係をきれいに締めくくるため 別れ方が悪ければ、恋人関係を嫌な思い出で締めくくることになります。 苦い思い出ができるのは、お互い嫌でしょう。 恋人関係の最後は、やはりきれいに締めくくるのが得策です。 円満な別れ方で締めくくれば、後からよい思い出として思い出せます。 (2)人間関係のつながりを保つため 円満な別れ方ができれば、恋人関係は解消されますが、友達としての関係が続く可能性があります。 もちろん完全に縁を切るのもいいですが、友達として関係が続いていれば、助けてもらう機会があるかもしれません。 相手にもよりますが、うまく友達に戻ることができれば、あなたのことをよく知る人の1人になるはずです。 (3)人生の一時期を過ごした感謝を示すため 別れることになっても、一緒に人生の一時期を過ごしたのは事実です。 たくさんデートをしてたくさんの思い出もできたでしょう。 恋人のおかげで成長できたこともたくさんあるはずです。 一緒に人生の一時期を過ごした感謝を示す意味でも、乱暴な別れ方より円満な別れ方を目指すのが賢明です。 (4)人としての品格を示すため 別れるときは、人としての本性が現れやすい場面です。 「別れるのだからどうでもいい」と考える人もいれば「最後だからこそきちんとしたい」と考える人もいます。 考え方は自由ですが、やはり円満な別れ方を目指すのが大人の姿勢です。 円満な別れ方ができれば、人生を上手に区切ることができ、次のステップにも気持ちよく進めます。 恋人への感謝を伝える意味だけでなく、人としての品格を示す意味でも、円満な別れ方を目指すのが理想です。 円満な別れ方をする意味を理解する。

2
★0

「必ずいい別れ方をする!」と強く意識することが大切。

別れ方を考えるとき、大切な前提があります。 「必ずいい別れ方をする!」と強く意識することです。 「できればうまく別れたいな」「何とかうまくいけばいいな」という程度では不十分です。 「成り行きに任せよう」「行き当たりばったりでいいだろう」と考えるのもよくありません。 ぼんやりとした意識は、していないのと同じです。 別れは、計画的に進めるものです。 別れは、告白よりはるかに難しいからです。 運試しのような方法では、たいていつまずき、なかなかうまく別れられないでしょう。 別れられたとしても、ぐだぐだした別れ方になって、未練や禍根が残りやすくなります。 弱々しい考えは、失敗を招きます。 いい別れをしたければ、まず「必ずいい別れ方をする!」と強く意識しましょう。 言い切ってしまいます。 断言していいのです。 できるだけ強く意識したほうが、より効果的です。 目標を強く意識するから、いい別れ方をするための工夫やアイデアが浮かびやすくなります。 アイデアや工夫が浮かべば、準備もしやすくなります。 試験前に「必ず合格する!」と気合を入れるときと同じ要領です。 別れの前も「必ずいい別れ方をする!」と気合を入れましょう。 これが、いい別れ方をするために一番大切なことです。 「必ずいい別れ方をする!」と強く意識する。

3
★0

いい別れ方とは。

別れについて考えるとき、まず押さえておきたい基本があります。 「いい別れ方とは何か」という点です。 私たちが恋人と別れるとき「いい別れ方をしたい」と思います。 ところが、肝心のいい別れについて、漠然となっていることが少なくありません。 いい別れ方をしたくても、意味を理解していなければ、行動もしにくいところではないでしょうか。 では、いい別れ方とは何でしょうか。 それは、次の別れ方のことをいいます。 「お互い未練も禍根も残さず、前向きになれる別れ方」です。 別れたいと思うときは、できるだけ未練や禍根を残さないことが大切です。 いくら別れることができても、相手に心残りがあったり、相手から憎まれたりする状態はよくありません。 一時的に別れられても、後から何らかのトラブルが発生する可能性があります。 別れるときには、できるだけ未練も禍根もない状態を目指します。 未練や禍根を残さないことに加え、大切なことがもう1つあります。 別れた後、前向きになれることです。 別れの悪い余韻を引きずったままでは、日常生活に支障が出ます。 別れても落ち込まず「次の恋愛をしよう」「将来に向けて頑張ろう」など、前向きになれることが大切です。 そうすれば失恋しても、生活への悪影響が出ることなく、次のステップに向かえます。 「禍根を残さないこと」なおかつ「別れても前向きになれること」を目指しましょう。 この2つがお互いに揃った状態が、いい別れ方です。 お互い未練も禍根も残さず、前向きになれる別れ方を目指す。

4
★1

悪い別れ方とは。

いい別れ方があるなら、悪い別れ方もあります。 いい別れ方を求めるなら、悪い別れ方を避けたいと思うでしょう。 では、悪い別れ方は何でしょうか。 シンプルにいい別れ方の逆で考えると、分かりやすくなります。 まず、いい別れ方とは「お互い未練も禍根も残さず、前向きになれる別れ方」のことです。 この逆が、悪い別れ方です。 「お互い未練や禍根が残り、後ろ向きになる別れ方」です。 なかなか別れてもらえない。 別れた後も未練が残っていて、ひどく落ち込む。 もしくは、相手から憎まれたり嫌がらせを受けたりする。 こうした泥沼の状態になるのが、悪い別れ方です。 別れるときは「面倒」「さっさと済ませたい」と思いがちです。 恋人への気持ちがなくなれば、余計な手間暇をかけたくないと思うでしょう。 しかし別れ方が悪ければ、別れられても新たな問題が発生して、次のステップに進みにくくなります。 傷つけたり省略したりごまかしたりするのは、トラブルの元。 別れ方とはいえ、軽く考えるのはよくありません。 別れ方は、別れのときだけでなく、別れた後の生き方にも影響します。 だからこそ、別れ方は大切です。 「時間がかかる」ではなく「時間をかけている」と考えるほうが、気持ちの整理もしやすくなります。 多少時間がかかってもいいですから、できるだけいい別れ方を目指しましょう。 手間暇がかかっても、できるだけ悪い別れ方を避け、いい別れ方を目指す。

5
★0

不安があるなら、別れる前、信頼できる人に相談。

別れ話を切り出す前、不安があれば、人に相談しておくのがいいでしょう。 別れを考えているときは、心も余裕がなくなっていることが大半です。 いらいらしていたり落ち込んでいたりするときは、なかなか自分を客観視できません。 誤解や思い込みをして間違っていても、指摘してくれる人がいないと気づかないままになります。 そこで、別れに不安があるなら、信頼できる人に相談することもよい方法です。 秘密を守ってくれる、信頼できる人はいますか。 1人で抱え込まず、人に相談するのは、賢い方法です。 信頼できる人なら、本気になって話を聞いてくれます。 言いにくいこともはっきり言ってくれるでしょう。 客観的な意見によって、気づかされることもあるでしょう。 鋭いアドバイスがきっかけで、新しい道が開けることもあります。 信頼できる人からの意見がきっかけで、誤解や思い込みに気づき、別れの判断がしやすくなります。 余裕があれば、複数人に相談すると、さらに幅広い意見をもらえるでしょう。 もちろん心強い言葉に励まされることもあるでしょう。 話を聞いてもらえるだけでも、心が軽くなるはずです。 ただし、信頼できる人からの言葉でも、すべて過信するのは要注意。 あくまで参考として受け止めるのが適切です。 自分の人生ですから、最終的に判断するのも自分です。 不安があれば、別れる前、信頼できる人に相談する。

6
★1

音信不通で別れるのは、無責任。

「恋人と別れたいが、別れるプロセスが面倒」 そんなときに、大胆な方法を思いつくことがあります。 音信不通です。 メールが来ても無視。 電話がかかってきても出ない。 留守番電話を聞いても放置。 お互い離れた場所に住んでいるなら、わざわざ相手が自宅まで押しかけてくる可能性も低いでしょう。 音信不通にすれば、強制的に別れられます。 たしかに即効性のある方法ですが、これはおすすめしません。 音信不通で別れる方法は、多くの人を心配させる方法だからです。 まず恋人が心配するでしょう。 事故に遭って入院でもしたのかと思い、数日間は落ち着かない日々を送るはずです。 「ほうっておけば諦めるだろう」と思いますが、実際は分かりません。 本気であなたを愛しているなら、何か行動を起こすでしょう。 遠く離れていても、あなたの家まで来るかもしれません。 心配になって、恋人の家族に連絡する可能性もあります。 恋人の職場に問い合わせることもあるでしょう。 音信不通の事情が家族や職場の人まで伝わると、多くの人が心配するでしょう。 場合によっては、行方不明と勘違いして、騒ぎが大きくなる可能性もあります。 音信不通で別れようとするのは、無責任です。 自己都合であり、相手への配慮が欠けています。 音信不通で別れる方法は、相手だけでなく、多くの人に迷惑がかかるため、避けるのが賢明です。 別れたければ、きちんと別れ話を切り出したほうがスマートです。 時間も手間もかかりますが「別れるための必要なプロセス」と割り切りましょう。 どんなに忙しくて余裕がなくても「別れたい」という一言くらいは言えるはずです。 音信不通で別れるのは、やめる。

7
★0

手紙とメール。
別れ話をするなら、どちらがいいか。

メールと手紙。 別れ話をするなら、どちらがいいでしょうか。 結論から言えば、どちらも不適切です。 告白なら手紙も有効ですが、別れ話なら手紙は厳しいでしょう。 手紙は一方的であり、リアルタイムで話し合いができません。 別れ話は話し合いが必須ですが、手紙はやりとりに手間と時間がかかるため、現実的ではないでしょう。 紙として残ってしまうのも気がかりです。 では、メールがいいかというと、そうではありません。 別れ話の日程調整でメールを使うならいいのですが、別れ話をメールでするのは相手に失礼です。 メールは、手軽にメッセージを送れる一方、誠意を伝えにくくなります。 「簡単に済ませよう」という意図が伝わると、相手を不快にさせることもあります。 したがって、手紙もメールも別れ話には好ましくないのです。 ただし、強いて選ぶなら、メールです。 どうしても会えなかったり事件性があったりなど事情がある場合は、メールという手段も許容範囲です。 別れ話は、実際に会って話し合うのがベスト。 対面では話しにくいかもしれませんが、決意と誠意をしっかり伝えるためには会うのが一番です。 会うのが無理なら、せめて電話でしょう。 声を通してやりとりができるため、手紙やメールに比べて、まだ話しやすい手段と言えます。 メールや手紙で、別れ話を切り出すのは控える。

8
★0

別れると決めたら、余計なスキンシップはできるだけ控える。

別れると決めたら、余計なスキンシップはできるだけ控えましょう。 手をつないだり抱きしめたりなど、肌と肌が触れ合う行為はすべて減らすようにしていきます。 スキンシップは、愛情を表現したり確認したりする行為の1つ。 スキンシップが減ることで、間接的に愛情が冷めつつあることを伝えられます。 お互いの関係を冷める方向に向かわせることができ、別れの準備を促せます。 もちろん急にスキンシップがゼロになると相手は困惑するので、じわじわ減らしていくようにします。 相手がスキンシップを迫ってきたときは、きつい言葉より、やんわりした言葉で断るほうがいいでしょう。 たとえば、相手が手をつなごうとしてくれば「少し疲れているから」などの言い訳で断ります。 キスを迫ってきても「今はそういう気分ではない」と断る。 だんだん相手は「自分に興味がなくなってきたのかな」と思い始めます。 スキンシップが減ることで、相手もあなたへの愛情が冷めていくでしょう。 1カ月以上にわたって、じわじわスキンシップを減らすようにします。 だんだん心の距離が離れていき、別れに向かう準備を促せます。 別れ話を切り出す直前には、スキンシップがほぼゼロの状態にしておきます。 いざ別れ話を切り出したとき、相手は「前からそんな気がしていた」と思い、別れ話を進めやすくなるはずです。 別れ話を切り出すまでに、じわじわスキンシップを減らしていく。

9
★1

恋人に冷めたなら、自分から別れ話を切り出す。

恋愛関係では、時として恋人に冷めることがあります。 付き合う前は素晴らしい人に感じていても、実際に付き合い始めてから、印象が変わることがあります。 大喧嘩をして不仲になることもあれば、恋人の悪い本性に気づいて幻滅することもあるでしょう。 恋人の浮気によって裏切られることもあれば、暴力行為によって危険を感じることもあるでしょう。 「付き合ってみると、想像していた人とは違っていた。完全に恋が冷めた」 恋愛感情が残っていればまだ希望はあるのですが、完全に冷め切ったなら放置はよくありません。 好きな気持ちがないにもかかわらず、形だけ付き合っているのは、新しい恋愛の機会を捨てているようなもの。 形だけの恋愛関係は、いわば、仮面をかぶった恋愛関係です。 時間も行動も制限され、貴重な時間が過ぎていき、お互いにとってよくありません。 完全に冷めたなら、自分から別れ話を切り出しましょう。 別れもまた、人生を前に進める重要な決断です。 別れとは、相思相愛が成立しなくなったときに考えること。 相手はまだ自分のことが好きであっても、自分がもう相手を好きになれないなら、別れの決断も必要です。 「本当に別れていいのか」と自分に問いかけ、後悔しないことが確認できれば、いざ行動です。 できるだけ早い日程で別れ話を切り出すことです。 すっかり恋人に冷めたなら、ほうっておかず、別れの決断をする。

10
★0

付き合いの期間が短ければ、別れ方も適当になっていいのか。

別れにかける時間は、付き合いの長さに応じて考えるのが一般的です。 3年も付き合って、別れ話を1日で済ませるのは、不可能ではありませんが、強引でしょう。 やはり付き合っている期間が長ければ長いほど、別れにも時間をかけたほうが丁寧です。 問題は、付き合いの期間が短い場合です。 たとえば、まだ1カ月しか付き合っていない状況で、別れを考える場面があるとします。 付き合ってデートをしたのも、ほんの数回でしょう。 付き合いの期間が短ければ「付き合ったばかりだから別れも適当でいいだろう」と手抜きをしがちです。 たしかに付き合って間もない状況なら、別れのプロセスも一部は省略できるでしょう。 しかし、たとえ付き合いの期間が短くても、最低限のマナーは必要です。 まだ1カ月しか付き合っていない状況でも「付き合っていた」という事実は変わりありません。 一度しかない人生を恋人として一緒に過ごしました。 一瞬かもしれませんが、相思相愛で愛し合っていたのも事実。 付き合いの期間が短くても、手抜きをせず、最低限のマナーだけは心がけましょう。 きちんと話し合いの場を設け、別れたいことを伝えます。 一方的ではなく、きちんと話し合いという形で進めます。 付き合いの期間が短くても、付き合ってくれたことへの感謝の言葉も伝えます。 別れは、恋愛の印象を決める大事な場面。 いい別れができれば、別れた後もすっきりした気持ちで、次のステップに移れます。 お付き合いの期間が短くても、手抜きをせず、最低限のマナーといい別れ方を心がける。

11
★1

第三者に別れ話を代行させると、別れ話が余計にこじれるだろう。

別れ話を切り出しにくいとき、代行に頼りたくなる人もいるかもしれません。 「ほかの人に別れ話をしてもらえば、自分は苦労しなくて済むのではないか」 たしかに第三者を通して別れ話を伝えれば、自分の苦労は最小限で済むでしょう。 たとえば、親や友達です。 恋人が取り乱しても、代行してくれた人が対処してくれます。 細かい話し合いを第三者に代行してもらえれば、自分は何もしなくてよくなるので、楽になるでしょう。 しかし、自分から直接言いにくいとはいえ、やはり他人に別れ話を代行させるのはよくありません。 誠意が伝わらないからです。 別れ話に親や友達が登場すると「なぜ本人から直接言わないのか」と思われ、相手を驚かせるでしょう。 いくら他人が別れ話をきれいな言葉で伝えたとしても、代行という時点で誠意が感じられません。 逃げ隠れしている様子もあり、卑劣な印象を与えるでしょう。 「自分のことすら自分でできないのか」と思われ、幼稚な印象も与えます。 他人に代行させると、かえって別れ話がこじれる可能性もあります。 事件性がある場合を除き、別れ話が言いにくくても、本人から伝えるのが最もスマート。 話し方が下手であっても、別れ話は直接自分から切り出すのが賢明です。 事情がある場合を除き、第三者に別れ話を代行させない。

12
★0

別れ話は、会って話をするのが最低限のマナー。

別れ話を電話やメールで済ませるのはよくありません。 たしかに別れ話は言いにくい。 相手を悲しませるのは確実です。 相手からしつこく問い詰められるのは間違いないでしょう。 言いにくい話は、できるだけ会わない方法で済ませたいと思う人が多いはずです。 もちろん遠距離恋愛のように、事情がある場合は別です。 これから別れるというのに、多額の交通費をかけて会いに行くのは、経済的に厳しい場合があります。 しかし普通の近距離恋愛なら、別れ話は、会って話をするのが最低限のマナーです。 電話やメールなど、会わない方法で済ませるのは、誠意が不十分です。 電話やメールだけで別れようとすると、手軽だからこそ誠意が伝わらず、かえって別れにくくなります。 声だけでは、表情が分かりません。 文字だけでは、ニュアンスを誤解します。 電話やメールでは、きちんとしたコミュニケーションが難しい。 きちんとしたコミュニケーションをするには、やはり会うのが一番です。 相手の前で取り乱してもいい。 話す時間が短くてもかまいません。 相手が大泣きしやすい性格なら、自宅や車の中など、人目のない場所で別れ話を切り出します。 相手が暴力を振るう性格なら、レストランやカフェなど、人目のある場所で別れ話を切り出します。 別れ話は、やはりきちんと相手と会って、自分の考えを伝えるようにしましょう。 別れ話は、言いづらくても、会って話すようにする。

13
★0

別れ話がしたいのに、思うように連絡が取れないときの3つの方法。

「別れ話がしたいのに、思うように連絡が取れない」 こちらから連絡しているにもかかわらず、返信が遅かったりなかったりすると、スムーズに話が進みません。 別れ話を切り出そうにも切り出せない。 ストレスもたまる一方になるでしょう。 思うように連絡が取れない原因はさまざまですが、少なくとも何らかの特別な対処が必要でしょう。 こうしたとき、3つの方法があります。 (方法1)相手の身近な人を通して連絡する 相手の身近な人を通して連絡する方法があります。 たとえば、共通の友達や相手の親です。 相手から避けられていることも考えられますが、単にあなたからの連絡に気づいていないだけかもしれません。 第3者を通して連絡するように伝えてもらえば、連絡が取れる可能性があります。 (方法2)直接会いに行く 思うように連絡が取れなければ、直接会いに行く方法があります。 少し大胆な方法ですが、あくまで相手の迷惑にならない範囲で行動すれば問題ないでしょう。 直接会えば、きちんと話ができるメリットもあります。 (方法3)自然消滅を狙う どうしても連絡が取れないなら、最終手段として自然消滅があります。 本当はきちんと会って話ができればいいのですが、連絡が取れないなら、ほかに方法がありません。 誠実に対応してくれない相手にも問題があると言えるでしょう。 スマートな方法ではありませんが、仕方ない状況なら、選択肢の1つになります。 思うように連絡が取れないときは、慎重な行動を取る。

14
★0

非常識な方法で別れようとするのは、人としての常識が疑われる。

「一刻も早く別れたい」 そう思ったとき、手荒な方法で手早く済ませたいと思うかもしれません。 たとえば、わざと暴言を吐いて、相手と喧嘩をする。 わざと相手を不快にさせ、不仲を作り出す。 別れる決断をするくらいですから、いらいらしているでしょう。 ため込んだ不満がいっぱいで、腹が立ったり憎んだりしているかもしれません。 もちろん相手から暴力を振るわれたりストーカーをされたりなど、日常生活への支障があるなら別です。 特別な事情があるなら、強硬な手段が必要になることもあります。 しかし、普通に別れるなら、非常識な方法は厳禁です。 腹が立っていても、辛抱です。 愛情が冷めていても、最後くらいはきちんとしたほうがいいでしょう。 お互いに愛し合い、一緒に人生の一時期を過ごしたのは事実です。 いろいろなところへデートに出かけ、楽しい思い出もたくさんあるはずです。 だからこそ、別れるときには、きれいな別れ方を意識したいところ。 恋人との別れは、新しい人生の始まりでもあります。 きれいな別れ方ができれば、次のステップにもきれいに移れるでしょう。 上手な別れ方ができれば、友達として関係を保てる可能性も出てきます。 「最後だからどうでもいい」と考えるのではありません。 「最後だからこそきちんとしたい」と考えるのが、大人の対応です。 非常識な別れ方をしない。

15
★1

お互いのためを考えた結果なら、縁を切る選択肢も素晴らしい決断。

「顔も見たくない」 「一生関わりたくない」 そんなときに考えるのが、縁を切る別れ方です。 恋人関係から友達関係に戻りたくても、事情があって難しい場合があります。 「別れるなら、いっそのこと完全に恋人と縁を切りたい」 そう考える人もいるでしょう。 さてこのとき、罪悪感があって悩む人も多いのではないでしょうか。 「縁を切って別れたいが、相手がかわいそう。相手に申し訳ない」 友達に戻る方法と比べて、縁を切る方法は、少し大げさに感じるのではないでしょうか。 相手を捨てるかのような印象があり、嫌煙されがちです。 しかし別れでは、縁を切ることもあっていい。 縁を切る別れ方は、まったく変ではありません。 心の冷たい対応に感じるかもしれませんが、別れに中途半端な道徳観念を持ち込むと、別れの妨げになります。 大切なことは、お互いのためになる選択です。 「どちらの方法が傷つかないか」で考えるのではありません。 「どちらがお互いのためになるか」を基準にしたほうが、考えの整理がしやすくなります。 友達関係に戻るのがお互いにとってベストなら、そうすればいいでしょう。 一方、完全に縁を切るほうがお互いのためになるなら、そうしたほうがいい。 完全に縁を切るほうが、人生の区切りをつけやすいため、次のステップにも進みやすくなります。 友達関係に戻るのを諦め、潔く縁を切るのも自由。 お互いのためを考えた結果なら、縁を切る選択肢も素晴らしい決断です。 お互いのためになるなら、中途半端な道徳観念を持ち込まず、縁を切る選択肢も検討する。

16
★0

別れの決意が固まっても、投げやりな態度は控える。

よく考えた結果、別れの決意が固まったとします。 今までは関係を続けるため、我慢もあったかもしれませんが、別れの決意が固まれば、もう我慢は不要です。 「もう別れるのだから、言葉や態度が雑になってもいいのではないか」と思ってしまう。 すると一転して、言葉遣いや態度が投げやりになりがちです。 しかし、ここが要注意。 いい別れをしたいなら、別れの決意が固まっても、投げやりな態度は控えることです。 あなたが投げやりな態度になると、相手も投げやりな態度になるでしょう。 きちんと話をしようとしても、話し合いができなくなります。 恋人関係がひどい別れ方で終わり、嫌な思い出が増えてしまいます。 別れを固めたあなたの態度が大切です。 別れの決意を固めても、投げやりな態度は控え、一貫して丁寧な態度を心がけましょう。 いい別れができるかどうかを決める、大事な時期です。 別れを決めても、丁寧な態度を心がけます。 むしろ別れを決めた後こそ、より丁寧な態度を心がけます。 別れ話のときも、別れた後も、丁寧な態度を貫きましょう。 別れのときこそ、あなたの本性が現れる瞬間です。 後が見苦しくならないよう、美しく潔い別れ方を心がけましょう。 恋人への不満もあるかもしれませんが、露骨に見せないのが大人の対応です。 いい別れ方ができると、きれいに恋人関係を締めくくれます。 別れの決意が固まっても、一貫して丁寧な態度を心がける。

17
★1

引き止められたときは、自分の決意が試される瞬間。

別れ話を切り出したとき、相手から引き止められることがあります。 「嫌だ。別れたくない」 「考え直してほしい」 「納得できない。まだやり直せる」 引き止められるだろうと思っていても、いざ本当に引き止められると、複雑な感情に悩みます。 相手は、しわくちゃの顔になって、涙を流しながら引き止めてくる。 引き止められると、それだけ自分が愛されていたことが分かります。 引き止められるのは、困るけれど嬉しい。 別れ際に引き止められるのは、恋人関係で最後の嬉しい瞬間かもしれません。 引き止めが強ければ強いほど、申し訳ない気持ちで困りますが、嬉しくなります。 引き止めてくれたことに感謝しましょう。 しかし、引き止められても、やはり決意を貫くことが大切です。 時間をかけて何度も考え抜いて出した結論を、簡単に変えてはいけない。 引き止められたときは、自分の決意が試される瞬間と思ってください。 情に流されると、うまくいきかけていた別れ話が失敗に終わります。 情に流されるのは、自分を甘やかしているのと同じ。 一度決めた道は、よほどの引き止めがないかぎり、貫くことが大切です。 「ありがとう。気持ちは嬉しいけれど、考えは変わらない」 「お互い別々の道を歩もう」 感謝しつつもしっかり振り切って、別れに決着をつけましょう。 必死の引き止めを振り切れるほどの強さがあれば、別れた後も、力強く生きられます。 引き止められて嬉しくなっても、情に流されず、しっかり振り切る。

18
★0

別れ話は、複数回あってもいい。

別れ話は、1回で済むとは限りません。 いきなり話をされても、頭の整理が追いつかず、納得できないこともあるでしょう。 自分はよくても、相手が納得してくれないことが多いはずです。 そんなとき、無理に話し合いを1回で終わらせるのはよくありません。 「何度同じことを言ったら分かるの」 「さっきも同じことを言ったでしょう」 「これ以上は、時間の無駄」 1回で済まない話を、とげとげしい言葉で責めるのはよくありません。 たとえそれが事実だとしても、強く突き放されると、相手は反感したい気持ちが強くなります。 納得しないまま強引に別れても、未練や禍根が残ります。 しつこくつきまとわれ、余計なトラブルを生む原因になります。 1回で納得してもらえなければ、もう一度、話し合いの場を設けましょう。 日をあらためて話し合えば、相手は考えの整理もついていて、1回目よりスムーズな話し合いができるはずです。 もし2回目の話し合いでも納得してもらえなければ、3回目も検討します。 相手が納得するまで話をしましょう。 根気が必要ですが、省略してはいけない場面です。 時間がかかりますが、そもそも別れ話には時間がかかります。 慌ただしく話を進めようとするのではなく、相手が納得してから別れたほうが、きちんと別れられます。 納得してもらえるまで、何度も繰り返し話をすることです。 1回の別れ話で納得してもらえないときは、何度でも話し合いの場を設ける。

19
★0

一度別れ話を切り出したら、中断をしない。
結果が出るまで突き進む。

一度別れ話を切り出したら、結果が出るまで突き進んでください。 別れには、大きなパワーが必要です。 計画と準備をして、気合を入れて、踏ん張らなければいけません。 話し合いを丁寧にしながらゆっくり進めるのはいいのですが、だらだら長引かせるものではありません。 長期戦は避け、できるだけ短期戦に持ち込むのが得策です。 事情があって、一時的に中断するならまだいいのです。 たとえば、試験勉強や繁忙期など、忙しい時期と重ねれば、話し合いの中断も仕方ないでしょう。 しかし、一時的に中断する程度ならよくても、長期の中断は不要です。 別れ話の中断が長引くと、別れ話が途中で消えてしまい、別れに失敗することがあります。 別れ話がうやむやになると、2人の関係もうやむやになり、恋愛関係に悪影響です。 別れ話は、2人の人生に大きく影響する話し合いです。 付き合っても仕方ない人と付き合い続けると、お互いにとってよくありません。 別れるなら、別れる。 別れ話を撤回するなら、撤回する。 どちらであっても、一度別れ話を切り出したからには、結果が出るまで突き進むようにしましょう。 一度別れ話を切り出したら、結果が出るまで突き進む。

20
★2

別れ話の回数の上限。

別れ話は、複数回あってもかまいません。 むしろ複数回あったほうがいいでしょう。 いきなり別れ話を言われ、その場で別れが成立するのはなかなか難しいこと。 気持ちの整理には時間もかかります。 特に付き合いが長い場合、思い出もたくさんあって、なかなか別れに応じてくれない状況が考えられます。 1回で納得してもらえなければ、もう一度、話し合いの場を設けましょう。 2回が無理なら、3回でも話し合います。 相手が納得するまで話し合う姿勢が大切です。 さて、ここからが本題です。 相手が納得するまで話し合うとはいえ、永遠に話し合うわけにはいきません。 話が進展していればいいのですが、同じ話の繰り返しは、何度したところで結果は同じです。 無駄な時間ばかりが過ぎるので、別れ話の回数にも、ある程度上限を設けておくのが現実的です。 2人の状況によって変わりますが、上限の目安としては、5回です。 少し多い気もしますが、相手への誠意をしっかり見せたければ、このくらいは話し合ってもいいでしょう。 話し合いを5回しても、相手がまったく納得してくれない様子なら、だだをこねているだけかもしれません。 相手が引き止めるのは、愛しているからなのか、だだをこねているだけなのか、見極める必要があるでしょう。 5回話し合っても話が進展しなければ、別のアプローチを使った別れ方を検討します。 別れ話は、5回を上限の目安とする。

21
★2

別れ話の末、仲直りをすることもあっていい。
ただし、1回まで。

別れ話がきっかけで、仲直りをすることも珍しくありません。 別れ話は、隠し事をせず、本音で話し合うことになります。 「もう最後だから」と思えば、勇気も出て、心の内をすべてさらけ出せるでしょう。 本来別れ話を切り出せば、決意を曲げるべきではありませんが、相手の言い分しだいでは変更もあるでしょう。 相手が必死で謝って、本気と誠意が伝わってくると、心境が変化することもあります。 もちろん別れ話の末、仲直りもありです。 ただし仲直りをするなら、忘れてならない注意点があります。 相手の言い分しだいで仲直りをするなら、回数制限を設けておくのが賢明です。 「別れ話での仲直りは、基本的に1回まで」と考えましょう。 別れ話と仲直りを何度も繰り返すのはよくありません。 仲直りの意味がなくなり、ぐだぐだした関係になるだけ。 何度も許してしまうと「また必死に謝れば、復縁できるだろう」と思わせ、悪影響です。 どんなに多くても、3回までです。 厳しいようですが、お互いむやみに甘やかさないことも必要です。 別れ話で仲直りをするなら、1回までにする。

22
★0

別れ話を切り出すと、あっさり承諾された。

別れ話を切り出したところ、意外にもあっさり承諾されることがあります。 「別れたい」と切り出せば「うん、いいよ」という一言の返事。 「えっ、それだけ?」と思い、がくぜんとするでしょう。 強く引き止められると覚悟していた分、拍子抜けします。 あっさり承諾されると「その程度しか愛されていなかったのか」と思い、怒りがこみ上げる人もいるかもしれません。 しかし、あっさり承諾されても、むやみに怒らないことです。 「むしろあっさり承諾されてよかった」と考えることです。 別れ話を切り出しても、なかなか相手が納得してくれないのはよくあること。 別れたくてもなかなか別れられず、何カ月も苦しまなければいけないことも珍しくありません。 別れ話のもつれ方によっては、事件に発展することもあります。 テレビのニュースで、別れ話がこじれた事件を見かけたことがあるでしょう。 暴力やストーカーなどの被害です。 最悪の場合、命に関わる可能性もゼロではありません。 ですから「あっさり承諾してくれてよかった」と考えたほうがいい。 無駄な手間暇をかけることなく、最短で別れ話を終えられます。 相手の大きな器に感謝してもいいくらいです。 あっさり承諾されたことに不満もあるかもしれません。 もちろん理由を軽く聞く程度ならいいですが、厳しく問い詰めるのは避けたほうがいい。 余計な波風を立てると、せっかくスムーズに終わりそうだった別れ話が、こじれることがあります。 あっさり承諾されても、厳しく問い詰めず、潔く引き下がるのが賢明です。 あっさり承諾されても、厳しく問い詰めず「よかった」と考える。

23
★0

1日中、別れのことばかり考えるのも疲れる。

別れ話の前は、考えなければいけないことが山ほどあります。 別れの段取り・切り出し方・話し方。 できるだけいい別れ方をするために考え始めると、意外と苦労します。 もちろん準備は大切です。 お互いにとってベストな別れ方を考え、きちんと準備できれば、別れ話もスムーズに進むでしょう。 しかし、1日中、別れのことばかり考えるのも疲れます。 同じことばかり考え続けていると、だんだん視野が狭くなります。 頭が固くなったり、ぼうっとしたりして、いいアイデアも思い浮かびにくくなるでしょう。 主観的になりすぎて、客観的な視点が抜けるかもしれません。 いつの間にか、極端な考えや偏った心理になる場合があります。 別れのことを考えるのはいいのですが、休みなく考え続けるのはよくありません。 そんなときには、気晴らしです。 たまには気分転換をしてみましょう。 しばらく別れについて考えるのを一休みして、今までとは違うことをしてみます。 たとえば、読書・映画鑑賞・運動などです。 別れとはまったく関係ないことをしたほうが効果的です。 気分転換をすれば、固くなった考え方に柔軟性が戻ります。 別れを考えない時間も、いい別れには必要です。 一休みをして再び別れについて考えるとき、いい考えや鋭いアイデアが思い浮かびやすくなるでしょう。 ずっと別れのことばかり考えるのではなく、たまには気分転換もする。

24
★1

別れのとき、今までプレゼントしたものを返してもらうのはありか。

今まで恋人にプレゼントをしたものは、どんなものですか。 洋服・アクセサリー・小物。 中には高価なものもあるのではないでしょうか。 すべてお金に換算すると、大きな金額になるかもしれません。 別れのとき「今までプレゼントしたものを返してもらいたい」と思うかもしれません。 恋人と別れてしまえば、あげたプレゼントが無駄になります。 相手に金品を貢いだだけのような印象があり、もどかしい気持ちになる人もいるでしょう。 せめて取り返すことができれば、未練や悔しさが多少は減るかもしれません。 取り返して質屋で換金できれば、経済的な足しにもなるでしょう。 しかし、別れることになったとしても、プレゼントの返却は請求しないのがマナーです。 一度あげたものの所有者は、相手だからです。 貸しているものを返してもらうなら分かりますが、プレゼントしたものは、すでに相手のもの。 あげたものを後になって「返せ」と要求するのは、身勝手でずうずうしい行為といえます。 返してほしい気持ちがあっても、余計なわがままは別れ話に悪印象です。 「せこい」「最低」「器が小さい」などと思われ、自分の印象が最悪になる可能性があります。 今までプレゼントしたものが無駄になると思うなら、手切れ金という発想で考えてみてはいかがでしょうか。 もちろん本当の手切れ金ではありませんが、そう考えることで心の整理もしやすくなるでしょう。 たとえ高額のプレゼントであれ、あげたものは相手のものです。 返してもらいたい気持ちはあっても、控えておくのが賢明です。 今までプレゼントしたものは、別れることになっても、返却を請求しない。

25
★0

別れ話で涙が止まらなくなったとき、どうするか。

別れ話では、できるだけ涙を控えたほうがいい。 どちらかが泣き始めると、冷静な話し合いができなくなります。 別れ話で涙はつきもの。 難しいでしょうが、できるだけ涙のない別れ話のほうがスムーズに話ができます。 しかし、それでも限界があります。 話をしているうちに、感極まって涙があふれることもあるはず。 相手が泣くこともあれば、自分が泣くこともあるでしょう。 涙が浮かんだ程度ならまだいいですが、大粒の涙がぼろぼろ流れて止まらなくなったときは、一度一休みをしましょう。 大粒の涙がぼろぼろ流れているときは、頭の中がいっぱいの状態です。 感情が安定しないときに無理やり別れ話をしても、話が支離滅裂になって、話し合いどころではなくなります。 同じ話を繰り返したり、何度も聞き返したりなど、不毛な時間が増えるだけ。 納得する話し合いが難しくなります。 涙が止まらなくなったときは、涙が止まるまでしばらく待ちましょう。 大きく深呼吸をすれば、気持ちが収まりやすくなるでしょう。 飲み物を一口飲むのもいい方法です。 水分を口に含めば、悲しい気持ちが少し落ち着くことがあります。 どうしても涙が収まらないときは、一度トイレ休憩を挟むと効果的です。 トイレに行けば気分が変わり、涙も止まりやすくなるでしょう。 難しい場面もあるでしょうが、できるだけ涙のない別れ話を心がけるようにしましょう。 涙が止まらなくなったときは、別れ話は一時中断する。

26
★0

別れ話を切り出した後は、特別優しく接しない。

別れ話を切り出した後は、特別優しく接しないことです。 もちろんわざと冷たく接するわけではありません。 人として普通に接するのは、別れ話を切り出した後でも同じ。 普通に話をしたり、恋人が困っているときは助けたりなど、自然に接するのはOKです。 しかし、自分から特別優しく接する必要はありません。 たとえば、恋人らしいイベントを一緒に過ごしたり、誕生日に豪華なプレゼントをしたりなどです。 別れようとしている相手に特別優しく接するのは、別れと矛盾しています。 別れたいどころか、恋人関係を続けたい意味に誤解され、相手を混乱させるでしょう。 特別優しく接すると、せっかくうまくいきかけている別れ話をこじらせる可能性があります。 普通に接するまではいいのですが、特別優しく接するのは控えるのが賢明です。 普通にプレゼントをするのはいいですが、気合の入ったプレゼントはしません。 記念日に一言連絡する程度ならいいですが、わざわざ高級レストランで一緒に食事する必要はないでしょう。 恋人ではなく、友達として接するような感覚で考えるといいでしょう。 今までより接し方が冷たくなるため、抵抗を感じるかもしれませんが、別れをスムーズにするためには必要なこと。 盛大に祝いたい気持ちがあっても、別れに影響するため、あえてぐっとこらえたほうがいいでしょう。 別れ話を切り出した後は、少しずつフェードアウトするようなイメージが適切です。 別れ話を切り出した後は、特別優しく接するのは控え、少しずつフェードアウトしていく。

27
★1

別れた・別れていないの境目とは。

別れ話を切り出して難しいのは、別れた・別れていないの境目です。 別れ話を切り出して話し合っていると、恋人と別れているのかはっきりしない時期があります。 きちんと付き合っているわけではないが、完全に別れているわけでもない。 何を基準にして、いつから別れた状態と言えるのか。 もちろん実際は2人が決めることなので一概には言えません。 ただし、一般的な目安としては、やはり別れの挨拶でしょう。 2人で話し合い、お互い納得した上で別れの挨拶が済めば「正式に別れが成立した」と考えるのが妥当です。 早ければ、別れ話を切り出した当日に別れが成立することも可能です。 当然ですが、一方的な別れの挨拶は無効です。 一方的な別れ方では「すでに別れた」「まだ別れていない」という食い違いが起こる可能性があります。 必ず2人が納得した上で、別れの挨拶ができているのがポイントです。 したがって、別れ話を話し合っている間は、別れかけているとはいえ「まだ付き合っている」と考えるのが適切です。 このデリケートな時期に、恋人の存在を聞かれたときは「恋人はいる」と答えます。 ただし「別れを話し合っている最中」と補足してもいいでしょう。 ほかに好きな人がいても、正式に別れるまでは、アプローチを自重しておくのが賢明です。 新しい恋に向かうなら、正式に別れが成立してからのほうが、余計なトラブルを避けられます。 別れた・別れていないの境目は「別れの挨拶」を目安にする。

28
★5

誰と付き合っても、しばらくすると嫌いになってしまう理由とは。

「誰と付き合っても、しばらくすると、嫌いになってしまう」 そんな状況に心当たりはありませんか。 もしくは、あなたの知り合いにそんな経験で悩んでいる人はいませんか。 誰と付き合っても、しばらくすると嫌いになってしまう理由とは、ある性格が関係しています。 それは、粗探しをする性格です。 付き合っていた当初は、相手のよいところばかりを見ていた。 ところが長く付き合うにつれて、相手の短所や欠点が見えてくるようになり、だんだん恋が冷めてくる。 さらに悪化は続き、最初は好きだったはずの恋人が最終的には嫌いになるのです。 深く考えてみると、本当に悪いのは、相手の性格ではなく自分の性格かもしれません。 人間なら誰でも欠点はありますから、粗探しの性格があるかぎり、誰と付き合ってもうまくいきません。 別れを決断する前に直したいのは、粗探しをする性格です。 自分に粗探しをする性格がないか、振り返ってみてください。 嫌いなところばかりを見ていて、好きなところを無視していませんか。 視野を最大限に広げ、恋人の全体を見てみましょう。 短所や欠点があっても、多少は目をつぶるようにします。 その代わり、できるだけ長所や美点を見るように心がけましょう。 すると、恋人への印象が変わり、別れたい気持ちが変化するでしょう。 「悪いところもあるが、素晴らしいところはもっとたくさんある」 もともと探す能力は高いのですから、悪いところではなく、よいところを探すようにすればいいだけ。 探す目標を変えるだけで改善ができます。 「できない」と諦めるのではなく「できる」と信じて、挑戦してみてください。 性格を改善する、よい機会です。 粗探しをする性格があるなら直す。

29
★1

別れかけているとき、周りへの公表はどうするか。

別れを相談している時期は、2人の関係は微妙です。 いわゆる「別れかけている」という状態です。 きちんと付き合っているわけではないが、完全に別れているわけでもない。 別れかけているとき、周りへの公表はどうするか。 結論から言うと、別れかけている状態のときは、できるだけ公表を控えるのが賢明です。 もちろん信頼できる人に相談したり聞かれたりしたときは、別れかけている話をしてもいいでしょう。 あくまで特定の人に絞って話す分には問題ありません。 しかし、自分から言いふらすように、別れかけている事情を公表するのはよくありません。 正式に別れが決まるまでは、デリケートな期間です。 本当に別れられるか分かりません。 もしかすると、別れを撤回する可能性もあるでしょう。 別れかけている時期に微妙な関係を公表すると、余計な問題を増やしがちです。 悪い話ほど、広まるのは早い。 周りから不快な野次が飛んでくるかもしれません。 余計なアドバイスを押し付けられることもあるでしょう。 別れ話の妨げになったり、不愉快になったりなど、いいことはありません。 また、人づてで恋人まで伝わり、面倒な問題を増やすことがあります。 別れかけている時期は、特定の人を除き、あえて伏せておくのが賢明です。 正式に別れるまでは、今までどおり付き合っているとして答えます。 仲を聞かれたときも「相変わらず」と、平然を装って答えるのが無難です。 正式に別れるまでは、できるだけ周りへの公表は控える。

30
★1

別れてすぐ連絡先を削除するのは、少し待ったほうがいい。

別れた後、恋人の連絡先をどうするかは、自由です。 中には完全に縁を切るため、連絡先を削除する人もいるでしょう。 バックアップも含めて、根こそぎ削除すれば、連絡したくてもできない状態になります。 たしかにしっかり縁を切る意味では、有効な手段です。 連絡を取りたくてもできない状態になれば、未練があっても、前を向いて歩くしかなくなります。 別れによる落ち込みを早く回復させるために、一定の効果があるでしょう。 いくつかメリットがあるのは事実ですが、別れてすぐ連絡先を削除するのは要注意です。 別れた後に用事を思い出し、元恋人と連絡しなければいけない状況があるかもしれないからです。 元恋人の連絡先を削除していると、連絡したくてもできなくなります。 削除した後に、再び連絡を取ろうとするのは手間も時間もかかり、大変です。 状況によっては、本当に二度と連絡が取れない場合もあるでしょう。 「まったく用事はない」と断言できるならいいですが、不安があるなら、念のため連絡先を残しておくのが賢明です。 たとえ縁を切る相手であっても、完全削除はしばらく待ったほうがいいでしょう。 別れて一定期間が経ち、連絡する必要がないことを確認ができてから削除したほうが安心です。 少し時間はかかりますが、後悔や間違いを防ぐには必要な方法です。 縁を切る場合でも、別れてすぐ連絡先を削除しないようにする。

同じカテゴリーの作品