失恋・別れ

失恋したときの
30の名言

  • 失恋した自分を責めるな。
    本気で愛した自分を褒めろ。
失恋したときの30の名言

もくじ

失恋した自分を責めるな。
本気で愛した自分を褒めろ。

失恋した自分を責めるな。本気で愛した自分を褒めろ。

「恋愛に失敗した」
「自分はばかだ」
「相手を幸せにできなかった」

誰も愛さなかった1年より、誰かを愛した1年のほうが、人生を深く生きたことになる。

誰も愛さなかった1年より、誰かを愛した1年のほうが、人生を深く生きたことになる。

「付き合っていた時間が無駄になった」
恋人と別れたとき、そう感じるかもしれません。
一緒に楽しく過ごした出来事も、今となっては幻想のように思える。

悔しがるな。
悔しがらせろ。

悔しがるな。悔しがらせろ。

失恋に悔しがってはいませんか。
好きな人から振られると、惨めな気持ちになり、落ち込むでしょう。
心に不満がたまり、悔しい気持ちになるでしょう。

振られたのではない。
振ってもらったのだ。

振られたのではない。振ってもらったのだ。

恋人から振られると、ひどく落ち込みます。
自分を否定されているように感じるでしょう。
しかし「振られた、振られた」と考えているばかりでは、ますます落ち込みます。

失恋中は、次の交際を想像しながら今を乗り越えよう。
交際中は、失恋中の苦労を思い出しながら今を楽しもう。

失恋中は、次の交際を想像しながら今を乗り越えよう。交際中は、失恋中の苦労を思い出しながら今を楽しもう。

失恋中は、失恋ならではの苦しみをしっかり味わっておきましょう。
失恋中は、次の交際を想像しながら今を乗り越えます。
できるだけわくわくするような場面を想像するのがコツです。

神様は、失恋しても笑顔で頑張る人を応援する。

神様は、失恋しても笑顔で頑張る人を応援する。

そんなにくよくよしないでください。
あまりくよくよしていると、神様はがっかりするでしょう。
神様は、遠くからあなたの様子を見ています。

楽しかった過去も、つらかった過去も、すべて思い出。

楽しかった過去も、つらかった過去も、すべて思い出。

「思い出」という言葉には、ポジティブな印象があります。
「楽しかった思い出」「幸せな思い出」「忘れられない思い出」など、明るい出来事に使われることが多い。
思い出を話そうとすると、まず楽しい過去から始めるのではないでしょうか。

いい思い出にするか、悪い思い出にするかを決めるのは、あなた。

いい思い出にするか、悪い思い出にするかを決めるのは、あなた。

「いい思い出」「悪い思い出」などと言いますが、誰が決めているのでしょうか。
自分にとって明るい出来事は「いい思い出」として考えがちです。
自分にとって暗い出来事は「悪い思い出」として考えがちです。

恋をすると盲目になる。
失恋しても盲目になる。

恋をすると盲目になる。失恋しても盲目になる。

「恋をすると盲目になる」
誰もが一度は聞いたことがあるフレーズではないでしょうか。
特定の人に惚れると、その人のことで頭がいっぱいになります。

心の履歴書に「失恋の経験あり」というキャリアが増えた。

心の履歴書に「失恋の経験あり」というキャリアが増えた。

失恋を経験したら喜びましょう。
心の履歴書に「失恋の経験あり」というキャリアが増えたからです。
履歴書には、2種類あります。

別れは、いいことが起こる前触れ。

別れは、いいことが起こる前触れ。

「人生は、山あり谷あり」という言葉をよく聞きます。
「いいことと悪いことは、交互にやってくる」という意味です。
物事を都合よく解釈した言葉に思うかもしれませんが、理にかなった言葉です。

失恋とは、行き止まりではなく、方向転換。

失恋とは、行き止まりではなく、方向転換。

失恋とは何でしょうか。
行き止まりではありません。
失恋しても、道はまだまだ続きます。

じっとしているだけでは、何も変わらない。

じっとしているだけでは、何も変わらない。

きちんと動いていますか。
行動していますか。
1つ言えることがあります。

出会いの数だけ、別れもある。

出会いの数だけ、別れもある。

大げさに別れを考えていないでしょうか。
私たちは出会いばかりに注目して、別れを軽視する傾向があります。
本来、出会いの数だけ別れもあります。

失恋なんて単なる踏み台。

失恋なんて単なる踏み台。

失恋なんて、単なる踏み台です。
「大事な恋愛を踏み台として扱うなんて恋人に失礼」
「真剣な恋愛だった。本当に好きな人だった。そんなふうに考えられない」

失恋は勲章。
あなたの輝かしい功労を表すもの。

失恋は勲章。あなたの輝かしい功労を表すもの。

失恋とは何でしょうか。
恋人を失うこと。
心に傷がつくこと。

失恋すると、きれいになる。

失恋すると、きれいになる。

「失恋すると、きれいになる」
信じられないように思えますが、実際に本当の話です。
普通に考えれば、失恋するとやつれたり落ち込んだりすると考えるでしょう。

「最悪の地獄」と思うからつらくなる。
「かわいい地獄」と思えばいい。

「最悪の地獄」と思うからつらくなる。「かわいい地獄」と思えばいい。

失恋は「最悪の地獄」と思っていませんか。
大切な人と別れることになった。
今まで過ごした時間も無駄になる。

失恋しても死ぬわけではない。

失恋しても死ぬわけではない。

失恋しても、死ぬわけではありません。
「失恋して死にそう」と思うかもしれませんが、気のせいです。
失恋だけで死ぬことはありません。

失恋とは、レッスンを終えた修了証のようなもの。

失恋とは、レッスンを終えた修了証のようなもの。

恋愛全体を「大きなレッスン」と見立ててください。
レッスン1から始まり、7段階の授業を受けることになります。
レッスン1は「片思い」です。

別れた人に執着しているかぎり、失恋は克服できない。

別れた人に執着しているかぎり、失恋は克服できない。

失恋しても時間が経てば、普通は自然と立ち直れます。
時間は、失恋の味方です。
時間が経てば、傷ついた心を少しずつ癒してくれ、立ち直る余裕を作ってくれます。

失恋のトンネルから抜け出す方法は単純。
前を向いて、ひたすら歩き続けるだけでいい。

失恋のトンネルから抜け出す方法は単純。前を向いて、ひたすら歩き続けるだけでいい。

「トンネルから抜け出せない」
それはじっとしているからではないでしょうか。
じっとしたまま「トンネルから抜け出せない」と嘆くのはナンセンス。

別れない努力をしたなら、落ち込まなくていい。

別れない努力をしたなら、落ち込まなくていい。

別れの危機が訪れたとき、あなたは交際を続ける努力をしました。
「このままではいけない。何とかしなければいけない」と思って、できることを尽くしました。
忙しい中、会う時間を作った。

失恋による劣等感は、悩むものではなく、バネにするもの。

失恋による劣等感は、悩むものではなく、バネにするもの。

失恋すると、劣等感に悩むことがあります。
「自分の器が小さかった」
「相手を幸せにできなかった自分が情けない」

「恋人と別れた。
新しい人生が始まった」

「恋人と別れた。新しい人生が始まった」

失恋にあまりくよくよしないでください。
失恋は、恋愛の通過点の1つにすぎません。
たしかに愛する人と別れることになりましたが、人生において致命的ではありません。

失恋で自己嫌悪になったときこそ、自分磨き。

失恋で自己嫌悪になったときこそ、自分磨き。

失恋をすると、自己嫌悪になることがあります。
鏡で自分を見るのも嫌。
自己評価も下がって、自信をなくす。

泣くのを我慢していると、立ち直れない。
たくさん泣くから立ち直れる。

泣くのを我慢していると、立ち直れない。たくさん泣くから立ち直れる。

失恋した後、泣くのを我慢してはいけません。
泣くのを我慢していると、失恋から立ち直れません。
泣くのを我慢する行為とは、自分の素直な気持ちを無視して、現実も否定しているということ。

出会いは、別れへのカウントダウン。
別れも、出会いへのカウントダウン。

出会いは、別れへのカウントダウン。別れも、出会いへのカウントダウン。

出会いは、別れへのカウントダウンです。
出会いがあれば、いつかその人と別れる日がやってきます。
これは人生の法則です。

恋愛とは四季と同じ。
冬の後には、春がやってくる。

恋愛とは四季と同じ。冬の後には、春がやってくる。

1年には4つの季節があります。
春、夏、秋、冬です。
1年は、4つの季節の移り変わり。

「明日になれば元気になっている」と思って、寝よう。

「明日になれば元気になっている」と思って、寝よう。

今晩寝るとき、次の言葉を自分に言い聞かせてください。
「明日になれば元気になっている」と。
今日のことは、今日で終わりです。

同じカテゴリーの作品