人生の教科書



失恋・別れ

大失恋から立ち直る
30の方法

  • 大失恋をした。
    特大の厄払いができた。
大失恋から立ち直る30の方法

もくじ

1
★2

大失恋をした。
特大の厄払いができた。

大失恋をしたら、いいことだと考えましょう。 「どこがいいことなのか」と思うかもしれませんが、遠い未来を見据えて考えれば、実はいいことです。 大失恋をしたら「特大の厄払いができた」と考えることです。 厄払いには、痛みが必要です。 痛みが大きければ大きいほど、大きな厄払いができたことになります。 今、大きな痛みを受けておくことで、将来の災いを取り払うことができました。 むしろ特大の厄払いができたことに感謝しなければいけません。 失恋そのものが災いに感じるかもしれませんが、致命的な災いを受けることに比べれば軽いこと。 大病を避けることができたと思えばいい。 交通事故に遭わなくて済んだと思えばいい。 命拾いをしたと思えばいい。 普通の厄払いはいつでもできますが、特大の厄払いはチャンスがなければできません。 その貴重な機会に恵まれたのです。 大失恋をした後には、きっといいことがあるでしょう。 大失恋をしたら「特大の厄払いがしっかりできた」と考える。

2
★0

大事件は、歴史に残る出来事。
大失恋は、自分史に残る出来事。

数十年から数百年に一度、歴史に残る大事件が起こります。 社会を混乱させ、多くの人に影響を及ぼします。 「大事件はないほうがいい」と思いますが、実際は逆です。 よりよい社会にするためには、社会が変わらなければなりません。 大事件がきっかけで、規則や法律が変わり、人々の生活向上につながります。 歴史を振り返ってみてください。 大事件の直後こそ社会を騒がせましたが、その後はよりよい社会に導いています。 歴史に残る大事件は一時的に混乱をもたらすものの、中長期的に見ると、よりよい社会につながっています。 実は、自分にも似たような出来事があります。 それが大失恋です。 大事件を「歴史に残る出来事」とするなら、大失恋は「自分史に残る出来事」です。 「変化のない毎日であってほしい」と思いますが、本当に変化のない生活になると大変です。 同じ日々が続いている状態は、向上もないということ。 よりよい人生にするためには、自分が大きく変わる出来事がなければいけません。 大失恋がきっかけで、考え方や生き方が変わり、人生の向上につながります。 そのときは痛みが伴っていても、中長期的に見れば、よりよい人生のために役立つのです。 大失恋を機に自分を見つめ直し、生き方を改善しましょう。 自分史に残る大事件は、ないよりあったほうがいい。 いずれ「あのときの大失恋のおかげ」と呼べる日が来ます。 大失恋を機に自分を見つめ直し、生き方の改善につなげる。

3
★4

人生では、一度くらい大失恋を経験しておくほうがいい。

「大失恋を経験したことがある」 そんなセリフが言える人は、かっこいい。 大失恋を「経験したことがある」と「一度も経験したことがない」とでは、まったく違います。 やはり大失恋を経験したことがある人のほうが魅力的です。 「心の傷はないほうがいい」と思いますが、誤解です。 心の傷は無駄ではありません。 心の傷は、無駄なものではなく、役立つもの。 心に傷があるおかげで、謙虚になれたり、注意深くなれたり、人の話を理解できたりします。 人生では、一度くらい大失恋を経験しておくほうがいい。 一度でも大失恋をしておくと、恋愛観ががらりと変わります。 恋愛のよい点だけでなく、悪い点も知るようになりました。 恋愛の素晴らしさだけでなく、怖さも知るようになりました。 一度でも大失恋を経験しておけば「今度から気をつけよう」「もう二度と経験したくない」と心から反省するようになります。 心に免疫がつき、これからは少々のことで動じなくなるでしょう。 一度でも経験があれば、ありがたいことです。 普通の失恋を経験する人はいても、大失恋を経験した人は少数です。 大失恋は、誰もが経験できるものではありません。 選ばれた人しか経験できません。 特別な経験をして、貴重な価値観が得られました。 人としての深みが増したのです。 大失恋を経験できたことに感謝することです。 後からその経験が財産になります。 人生で一度は大失恋を経験して、心に傷を作っておく。

4
★0

失恋は、素晴らしい可能性の塊。

失恋は絶望ではありません。 絶望と思い込んで、自分を苦しい立場に追いやっているだけです。 絶望と思っていると、どんどん自分が腐っていき、本当にそうなってしまいます。 むしろ失恋は、素晴らしい可能性の塊。です。 束縛から解放され、自由が得られるとき、あなたのさまざまな可能性がぐっと高まります。 しかも、単なる可能性ではありません。 今までにない可能性です。 失恋すると、境遇が同じ人の気持ちが理解できるようになるでしょう。 失恋して深く反省すれば、自分の考えや行動を改める機会になるでしょう。 悲しい経験によって心に免疫ができ、精神が強くなるでしょう。 新しいことを始めれば、新しい能力を得られるようになるでしょう。 別れて行動が自由になると、もっといい人と巡り会える可能性もある。 もっといい人に巡り会えば、今までより幸せになれる可能性もあります。 別れた後、相手の存在感の大きさに気づけば「復縁」という意外な可能性もあるはずです。 一度別れた後に復縁すると、お互いが反省しているので、新たな関係が築けるでしょう。 見方を変えると、失恋はさまざまな可能性の塊です。 悲しみといえばネガティブなイメージがありますが、生かし方しだい。 悲しむなら、徹底的に生かして大きな可能性に転化しましょう。 「すべて、自分の可能性を高める材料」と思うのがポイントです。 失恋という機会を前向きに生かせば、今までにない可能性を生み出します。 失恋は、素晴らしい可能性の塊。だと気づく。

5
★1

今は悩んだり苦しんだりするべき時期。

別れを経験するとき、悩みも苦しみも避けたいと思うでしょう。 悩みも苦しみもなく楽に別れたいのは、誰もが願うこと。 しかし、上手な別れ方をしようと思っても、なかなかうまくいきません。 配慮や注意しなければいけないことが増えるので、その分だけ手間暇も増えます。 特に付き合いが長くなればなるほど、別れにも時間がかかるようになります。 別れによって相手を悲しませるのは申し訳ないと思う。 もっといい別れ方はないのだろうかと悩む。 なかなかうまく別れられなくて苦しむ。 「スムーズに対処できない自分が情けない」と思いがちですが、そうではありません。 「今は悩んだり苦しんだりするべき時期」と考えることです。 そもそも恋人と付き合うことになれば、いつか別れが訪れます。 今は、そのいつか訪れるであろう別れに直面しているだけです。 「予定どおりのイベントがやってきている」と考えることができます。 あなたは悪くない。 誰も悪くありません。 ただ人生の中でそういう時期にいます。 恋人と別れるには、大なり小なり摩擦が発生します。 今は、必死に悩んで苦しみましょう。 心の重荷を感じることが、今のあなたの仕事です。 悩んだり苦しんだりするのは、しっかり別れと向き合っている証拠です。 悪いことではなく、正しいことをしています。 悩んで苦しむことで、あなたがするべき仕事が片づきます。 「今は悩んだり苦しんだりする時期」と考える。

6
★1

失恋中は、下を向いて歩かない。

失恋中は、下を向いて歩いてはいけません。 元気が出ないから下を向くのではありません。 下を向くから元気が出ないのです。 体から暗い雰囲気が漂い、なかなか元気が出にくくなります。 歩き方は軽視できません。 下を向いてばかりでは、出るはずの元気も出にくくなります。 元気のある人ですら、無理に下を向きながら歩いていると、だんだん元気がなくなるほどです。 ましてや元気のない人が下を向いていると、ますます悪化するばかり。 だから、前を向いて歩きましょう。 「元気がないのに前を向いていいのか」と思いますが、いいのです。 むしろ前を向かなければいけない。 元気が出なくてもいいので、とにかく顔を上げて歩くことが大切です。 余裕があれば、ときどき空も眺めましょう。 この世で最も素晴らしい光景は、あなたの頭の上に広がっています。 天だけはいつもあなたの味方です。 元気がないとき、しばらく空を眺めていると、穏やかな気持ちになれます。 明るい光は明るく受け止めましょう。 「いい天気だ。落ち込んでばかりではいられない」という気持ちになります。 天からパワーをもらうためにも、それをきちんと受け止めるために前を向いて歩かなければいけません。 失恋中は、とにかく前を向くこと。 とにかく意地でも、前を向きましょう。 失恋中は、意地でも前を向いて歩く。

7
★7

つらい別れを経験することで、人としての深みが増す。

人として深みのある人には共通点があります。 「つらい別れを経験している」という点です。 あなたが尊敬している人を思い浮かべてみてください。 きっとその人は過去に「つらい別れ」を経験しているはずです。 つらい別れを経験している人は、どこか哲学的です。 物事を根本的に考えるふしがあります。 失うことへの動揺が小さく、落ち着いています。 それは、過去につらい別れを経験したおかげです。 別れは、ただ失うだけではありません。 「出会いとは何だろう。人とは何だろう。何のために仲良くなるのだろう」と物事を深く考えるきっかけになります。 「頑張らなければいけない」と心を鍛えるきっかけにもなります。 「別れてもまた次がある」と気持ちを切り替える強さにもなります。 だから、つらい別れは経験しておくほうがいい。 人としての深みが増すのに、これほどいい経験はありません。 「つらい別れが経験できてラッキー」と思うくらいでもいい。 別れがつらくて、ぼろぼろ涙を流すくらいの経験がないと、人生はよくなりません。 胸が締め付けられるような別れほど、そのときは苦しくても、あとから自分のためになります。 「あのときの別れが私を変えてくれた」と言えるようになるでしょう。 つらい別れを経験したあとは、以前より少し哲学的になっているはずです。 一回りも二回りも、人としての深みが増すのです。 つらい別れを経験できることを喜ぶ。

8
★0

失恋したら、電話帳・住所録を整理する機会。

恋人と別れて、二度と連絡する用事がなければ、連絡先も削除することになるでしょう。 たとえば、縁を切る場合です。 元恋人の連絡先をずっと残していても仕方ありません。 余計に未練や後悔を生む原因にもなります。 元恋人のことを振り切るために、きちんと連絡先を消すのは正しい行いです。 さて、元恋人の連絡先を消すとき、ほかに必要ない連絡先があれば、ついでに消してしまいましょう。 失恋したら、電話帳・住所録を整理する機会です。 今後の関係を考えながら「もうこの人との連絡は取らないだろう」と思う人がいれば、消していきます。 消すべきか迷う人も多いでしょうが「迷うくらいならその程度の人間関係」と見なして、思いきって消してしまいましょう。 不思議なことに1人目を消すと、2人目から消すのが楽になります。 3人目・4人目と、連絡を取らない人の情報はどんどん消してしまいましょう。 インターネットで調べれば分かる連絡先も、頻繁に連絡する用事がなければ、消しても大きな支障はないはずです。 すると、最後に必要な連絡先だけが残ります。 その人たちこそ、あなたにとって本当に必要な人間関係です。 残った人間関係とは、深く付き合っていきましょう。 時間とお金は、本当に大切な人間に投資すべきです。 それこそ有効な時間とお金の使い方です。 失恋は、電話帳・住所録を整理する機会であると同時に、人間関係を見直す機会でもあるのです。 失恋を機会に電話帳・住所録を整理して、本当に必要な人間関係を見直す。

9
★0

別れはリセットボタンのようなもの。
ただし、本当にリセットするわけではない。

別れは、リセットボタンに似ています。 展開に行き詰まったとき、リセットボタンが便利です。 リセットボタンを押せば、今までのことはなかったことにして、最初からやり直せます。 「すべてを元に戻す。最初からやり直す」という意味では、たしかに別れもリセットボタンと言えるかもしれません。 しかし、別れがリセットボタンのようなものであっても、本当にリセットするわけではありません。 形はリセットであっても、別れた後にも、たくさんのことが残ります。 経験が残ります。 思い出も残ります。 大切な教訓も得られ、今後の人生をより賢く生きられるでしょう。 都合のよいことに一番大切な部分だけは残ってくれます。 リセットボタンを押すのに必要なのは、ちょっとした勇気だけ。 今すぐ押しますか。 もう少し待ってみますか。 リセットボタンを押す・押さないは、あなたの自由。 どちらを選んでも、一番大切なことはきちんと残るので大丈夫です。 別れというリセットボタンを押しても、大切なことはきちんと残ることを理解する。

10
★0

失恋直後は、不思議なゴールデンタイムに恵まれるだろう。

失恋直後は、不思議な体験ができるでしょう。 それは、友達たちが優しく接してくれる体験です。 あなたが失恋したことを知った友達たちは、力強い言葉で励ましてくれるはずです。 「大丈夫だよ」 「大したことないよ」 「すぐいい人が見つかるよ」 「これで自由になれるね」 「人生を変えるきっかけにしよう」 励ましの言葉のシャワーを浴びることができるでしょう。 それぞれの友達から、個性的な言葉で励まされるでしょう。 普段は普通に接してくれる友達も、あなたが失恋したときだけは特別優しく励ましてくれます。 そのほか、さまざまな協力も得られるでしょう。 「どんな話でも聞くよ」 「私にできることがあったら何でも言ってね」 「新しい人を見つけたいなら、合コンのセッティングをするよ」 まさに至れり尽くせり。 これはゴールデンタイムです。 これほど友達たちが揃って優しく接してくれる経験は、なかなかありません。 風邪で寝込んだとき、お母さんが優しく看病してくれる状況と重なります。 ただし、この状況もずっと続くわけではありません。 失恋した直後だけ。 しばらくすると、また普通の接し方に戻ります。 だからこそ、失恋直後の励ましは素直に聞き入れ、落ち込みの回復に役立てましょう。 得られる協力はありがたくいただいて、次のステップの足がかりにします。 ゴールデンタイムにできるだけたくさんの元気をもらっておきましょう。 友達たちが優しく接してくれる状況を十分生かせば、失恋の苦しみも最小限で抑えられます。 友達たちが優しく接してくれたときは、素直に聞き入れ、失恋の回復に生かす。

11
★2

別れに後悔しそうになれば「これでよかった」という一言ではねのける。

別れた後、後悔しそうになることがあります。 「本当は別れたくなかった」 「やっぱり別れないほうがよかったかな」 「復縁したほうがいいかな」 別れてしばらく経つと、未練が出てくることも少なくありません。 この瞬間が大切です。 別れに後悔しそうになれば「これでよかった」という一言ではねのけてください。 自分で切り出した場合でも、相手から切り出された場合でも、同じです。 どんな状況であろうと「これでよかった」という一言で突き通します。 「これでよかった」は、どんな後悔も一瞬ではねのけられる言葉です。 今さら過去を悔やんだところで仕方ありません。 過ぎ去った過去は、1秒も戻ってきません。 「これでよかった」と言い続けることで、本当にこれでよかった気持ちになっていきます。 長所やメリットが浮き彫りになり、物事を前向きに受け止められるようになるでしょう。 この言葉は、別れや失恋に限らず、あらゆる場面で使えるのでおすすめです。 すべては前に進んでいるのですから、あなたも自然の流れに乗って前を向くのが自然です。 別れの後に後悔しそうになれば「これでよかった」という一言ではねのける。

12
★0

失恋を反省するなら、散歩中がおすすめ。

失恋の後は反省です。 失恋を振り返り、原因を考える。 自分の悪いところがあれば改善する。 相手が悪いと思っていた失恋でも、あらためて考えると、自分にも非があることに気づくでしょう。 きちんと反省するから成長があり、次の恋愛に生かせます。 さて、そんな失恋を反省するなら、散歩中がおすすめです。 散歩中の反省ははかどります。 「足は第2の心臓」と言われます。 適度に体を動かしていると、脳をめぐる血流が活発になるので、失恋について深く考えやすくなるでしょう。 落ち込みやすい反省も、散歩で体を動かしながら考えれば、落ち込みにくくなります。 すれ違う人がいたり、移り変わる景色を見たりしていれば、いい気分転換にもなります。 昼間なら、きれいな空が広がっているでしょう。 夕方なら、美しい夕焼けを楽しめるでしょう。 夜なら、美しい星が見えるでしょう。 反省するには、うってつけの空間であり環境です。 気分が沈みかけたときは、歩くペースを少し上げればいいだけです。 歩くペースを上げると、テンションも上がって、落ち込みかけていた気分が吹き飛びます。 きっと失恋の反省がはかどるに違いありません。 もちろん次の恋愛を想像してみるのもいい。 健康にもつながるので一石二鳥です。 ぼうっとしながら散歩をするのもいいですが、失恋を反省しながら散歩するのも、面白い味わいがあります。 失恋を反省しながら、散歩をする。

13
★0

お金がないからじっとしているのはよくない。
手持ちの資金の範囲から始める。

新しく行動するにもお金が必要です。 失恋から立ち直りたくても、お金がなければ、新しい行動がしにくい。 習い事を始めるにはまとまったお金が必要です。 傷心旅行をするにも大きな費用がかかります。 しかし、お金が貯まるまで待っていると、時間が過ぎていくばかり。 最初から大金が必要になることを始める必要はありません。 手持ちの資金が少なければ、できる範囲から始めればいいのです。 たとえば、本です。 もちろん本を買うにもお金は必要ですが、本1冊くらいなら小さな金額で済みます。 「本1つすら高い」と思うなら、中古の本を買えばいい。 中古の本なら、定価の半額以下の値段で購入できるはずです。 「お金は一切出したくない」と思うなら、図書館を活用すれば無料で読めます。 映画を見るにも、さほどお金はかかりません。 映画館で映画を見るのが高いなら、レンタルショップで借りればいい。 映画館よりはるかに安い金額で映画を見ることができます。 フィットネスクラブに通わなければ体を鍛えられないと考えるのも、誤解です。 近所をジョギングすれば、入会費用も維持費もかかりません。 体を鍛えたければ、ダンベル1つあれば十分です。 ダンベルすら買うのがもったいないなら、2リットルのペットボトルをダンベルの代わりに使えばいい。 あらためて考えてみると、お金のかからない手段はいくらでもあります。 知恵を働かせて、安く済む手段を考えてみてください。 安く済む手段を考えることも、いい頭の体操になります。 「お金がない」を言い訳にしては、新しい人生を踏み出せません。 お金がないなら、少ないお金でもできることから始めましょう。 お金がなければ、手持ちの資金の範囲から始めていけば十分です。 新しい行動をするとき、お金がなければ、手持ちの資金の範囲から始める。

14
★0

外出するためではなく、気分を変えるために着替えることもあっていい。

気分を変えるには、着替えが効果的です。 服には、人の心に影響する作用があります。 暗い服を着れば暗い気分になり、明るい服を着れば明るい気分になります。 新品の服を着ると新鮮な気分になり、汚れてぼろぼろの服を着るとだらしない気分になります。 仕事着を着ると、仕事モードのスイッチが入ります。 エプロンを着ると、料理のやる気が出ます。 パジャマを着れば、自然と眠くなります。 服の力は絶大です。 服の力を生かして、落ち込んで元気がないときは、明るい服に着替えてみましょう。 「外出する予定はないのに着替えても仕方ない」と思うかもしれませんが、細かいことは気にしない。 外出する予定なんてなくてもかまいません。 気分を変えるために着替えてみましょう。 外出するためではなく、気分を変えるために着替えることもあっていい。 できるだけ暗い気分を吹き飛ばすような服に着替え、明るい気分を吹き飛ばしましょう。 「誰にも見られないから意味がない」と思うかもしれませんが、自分が自分を見るではありませんか。 鏡でおしゃれになった自分を見れば、うきうきした気分になるでしょう。 もしちょうどいい服がなければ、買いに出かけましょう。 外出する用事もでき、一石二鳥です。 明るい服は何のためにあるのか。 明るい服は、あなたを元気づけるためにあるのです。 外出する用事がなくても、気分を変えるために、明るい服を着る。

15
★1

お寺や神社で、神聖な力を浴びに行く。

失恋したら、お寺や神社に行きましょう。 お寺や神社は、行事があるときしかなかなか立ち寄らないのではないでしょうか。 立ち寄ったとしても、何かと忙しくて、さっと済ませることが多い。 しかし、あらためて考えると、お寺や神社に立ち寄る理由は何でもいいのです。 もちろん失恋という個人的な出来事があったときも、お寺や神社は有効です。 ただそこに行くだけで意味があります。 神社は、神様を祭る場所。 お寺は、仏事を行う場所。 お寺も神社も、神聖な雰囲気が漂う場所です。 町の騒がしさがなく、静かで落ち着いています。 同じ外の世界でも、町の空気とは違い、冷たくて清らかな空気が流れています。 時間の流れ方がゆったりと感じて、風で草木が揺れる音も心地よく感じるはずです。 神聖な環境でしばらく身を置いているだけで、だんだん心も落ち着いていくでしょう。 特別なイベントがなくても、ただそこにいるだけで、傷ついた心が癒えて、不思議な力が得られます。 近場にお寺や神社があれば、立ち寄ってみましょう。 こういうときこそ、神聖な力を借りるとき。 お寺や神社は、快くあなたを受け入れてくれるでしょう。 手を合わせ「これからも頑張ります」と祈ります。 それは、祈りであると同時に、決意表明でもあります。 お寺や神社を去るときには、心の状態がよくなっているはずです。 お寺や神社に行って、神聖な力を浴びる。

16
★1

植物と接する機会を作れば、心の傷が早く回復する。

「早く心の傷を回復させたい」 そう思ったときにおすすめなのが「植物と接する機会を増やす」という方法です。 もともと人間も、自然界から生まれた生きものです。 植物は、まさに自然の代表格。 植物に触れる機会を増やすことで、緊張が解け、穏やかな気持ちになるでしょう。 本来の気持ちがよみがえり、心の傷の回復が早くなります。 たとえば、近くに神社があれば、樹齢を重ねた古い大木に触ってみましょう。 古い大木は、はるか年上の大先輩です。 見て楽しむのもいいですが、許可されているなら、できれば触ってみたい。 大木をぺたぺた触ってみましょう。 大木に抱きついてもいい。 大きな植物と接していると、大きな癒しのパワーをもらえます。 部屋に観葉植物を置いてみるのも、よい方法です。 観葉植物といえば、ポトス・テーブルヤシ・ドラセナ・カラジウム・パキラなどが有名です。 型にはまらず、アサガオ・ヒマワリ・ハイビスカスでもいいでしょう。 植物と接していると、心が温まって、安らかになっていきます。 植物は二酸化炭素を吸収して、新鮮な酸素を作り出してくれるので、部屋の空気もきれいになります。 心の傷の回復が早くなるだけでなく、空気まできれいになるのですから一石二鳥です。 少なくとも得はあっても害はありません。 植物を置くのが大げさと思うなら、心の傷が癒えるまで、一時的でもかまいません。 植物は、小さくても偉大な存在です。 植物と接する機会を少しでも増やせば、心の傷の回復がいつもより早くなるでしょう。 植物と接する機会を増やす。

17
★0

失恋まで神様のせいにされては、神様も迷惑。

「神様がいたずらをした」 「神様からの罰が下った」 「失恋をしたのは、神様がいけないのだ」 失恋をしたのは神様のせいだと思う人もいるかもしれません。 冗談のような笑い話に思えますが、世の中には本当にそう考える人が少なからずいます。 しかし、失恋まで神様のせいにしてはいけません。 失恋まで神様のせいにされては、神様も迷惑。 たまったものではありません。 そういう人は、何でも人の責任にしようとする傾向があります。 神様を都合よく利用して、責任転嫁をしようとしています。 そうした癖はよくありません。 誰かに文句を言えばいいわけではない。 現実世界の主役は、常に自分です。 失恋をしたのは、神様のせいではなく、自分のせいです。 失恋をしたのは突然ではなく、前兆があったはずです。 前兆があったときからきちんとしていれば、こんな結果にはなりませんでした。 もしくは、もう少し緩やかな失恋ができたはずです。 「失恋のきっかけも責任も自分にある」と考える人が成長します。 百歩譲って神様のせいだとしても「それでも乗り越えてやる」と考える人が成長します。 神様のせいにしてはいけません。 それこそ罰が当たります。 失恋まで神様のせいにしない。

18
★2

恋愛に強い人とは、恋愛がうまくいく人ではない。
失恋しても、諦めず前向きになる人。

恋愛に強い人とはどんな人でしょうか。 一般的に恋愛に強い人とは、恋愛が上手な人だと思われがちです。 たとえば、デートの進め方がうまかったり、話し方が上手だったり、気遣いや思いやりがあったりなどです。 恋愛心理にも詳しければ、上手に相手の気を引かせることもできるでしょう。 たしかにそれらも「恋愛に強い」という意味の1つではありますが、本当に重要なことではありません。 恋愛がうまくいっているのは偶然かもしれません。 たまたまお互い調子がいいだけかもしれません。 では、恋愛に強い人とはどんな人なのか。 それは、失恋しても前向きになる人のことです。 恋愛で最もつらい出来事は、失恋です。 失恋したときこそ、その人の恋愛の強さが分かります。 失恋してしばらく落ち込むまではいい。 落ち込んでも諦めず、気持ちを切り替えて、次のステップに向かえる人が強い。 失恋しても恋人を失っても、前向きになって行動すれば、新しいチャンスに恵まれます。 こういう人は、何度でも恋愛ができます。 過去の失敗を踏み台にして、どんどん這い上がっていきます。 恋愛に強くなりたければ、できるだけ早く失恋から立ち直りましょう。 苦しいときこそ、自分を変えるときです。 ここできちんと立ち直ることができれば、本当の意味で「恋愛に強い」と呼べます。 失恋から立ち直って、恋愛に強くなる。

19
★0

肩の力を抜くと、失恋から立ち直りやすくなる。

肩に力が入りすぎていませんか。 肩を触ってみて、感触を確かめてみてください。 固くなっているなら要注意。 肩に力が入りすぎているのではないでしょうか。 「早く立ち直ろう」「もっと頑張ろう」「前向きになろう」と思うのはいいのです。 困難にくじけない強い意気込みは、人の力を活性化させます。 しかし、気合を入れるのはよくても、肩に力が入りすぎているのはよくありません。 肩は体の中心に近いところにあります。 肩に力が入りすぎていると、体全身の動きが悪くなります。 フットワークが重くなったり、動きがぎこちなくなったりします。 動きが堅苦しくなると、考え方まで固くなるという悪い波及効果をもたらします。 必要な力もあれば、必要のない力もあります。 肩の力を抜きましょう。 肩に力は必要ない力です。 まず大きく背伸びをしましょう。 次に深く息を吸って、ゆっくり吐きます。 肩の力を抜くと、体全身が軽くなったように感じます。 体に酸素が取り込まれ、細胞が生き生きし始めました。 たったこれだけで、人は軽くなれます。 リラックスしたほうが、人間本来の回復力が発揮でき、失恋から早く立ち直れます。 もし、どうしても肩の力が抜けないなら、へとへとになるまで運動してください。 肩に力が入っているなら、肩に力が入らないほど疲れてしまえばいい。 しっかり体を動かすと、気分転換にもなって一石二鳥です。 肩の力を抜く。

20
★1

失恋から立ち直るまでの期間を聞いたところで仕方ない。

「失恋から立ち直るまでにどのくらい期間がかかりましたか。どれだけ期間が必要ですか」 そんな質問をしていませんか。 もちろん参考として聞くのはいいでしょう。 他人の様子を知ることで、自分を客観視できたり、ほっと安心できたりすることもあるはずです。 しかし、参考として聞くことはあっても、聞きすぎるのはよくありません。 失恋から立ち直るまでの期間を聞きすぎると、その情報に振り回されます。 「1週間で立ち直った」という意見があれば、もっと長く引きずっている自分が情けなくなります。 「まったく落ち込まなかった」という意見があれば、落ち込むことが悪いことのように思えてくるでしょう。 情報の内容によっては、余計に落ち込む可能性もあります。 失恋の回復に必要な期間は、状況によって差があります。 付き合ってすぐ別れた場合と婚約してから別れた場合とでは、経済的・精神的なダメージに大きな差があるでしょう。 男性と女性とでも、失恋の引きずり方に違いがあります。 それぞれ別れの条件が違いますから、失恋から立ち直るまでの期間を聞いたところで仕方ありません。 勇気づけられることもありますが、過度の依存には要注意。 結局のところ、失恋から立ち直る時期を決めるのは自分です。 立ち直ったかどうかの判断は、他人が決めることではなく、自分が決めること。 立ち直っているかどうかを決める基準も、自分で決めていいことです。 本人が「立ち直っている」と思えば、立ち直ります。 本人が「立ち直っていない」と思えば、立ち直れません。 たとえば、今「失恋から立ち直った」という宣言をすれば、今すぐ失恋から立ち直ることもできます。 心の傷が残っているままでも「立ち直った」と思えば、立ち直ったことになります。 失恋から立ち直った時期を、聞きすぎない。

21
★0

大失恋は、特別寒い冬を迎えているようなもの。

大失恋は、特別寒い冬を迎えているようなものです。 体の震えが止まらない。 心も体も冷たくて、元気もやる気も出ない。 1日の長さが短くなったような気がする。 生活全体が、暗いトーンで包まれているように感じる。 しかし、時間とともに季節が移り変わるように、寒い冬もいずれ終わりを迎えます。 たとえ特別寒い冬であっても、いつか終わりがやってきます。 大失恋をしたときは「今は特別寒い冬を迎えている時期」と思って耐え抜きましょう。 「冬が嫌だ」と叫んだところで、そういう時期なのだから仕方ない。 冬は寒いのが当たり前ですから、寒さに耐え、過ぎ去るのを待つしかありません。 ただし「寒いから動かないほうがいい」と考えるのは誤解です。 むしろ逆です。 今こそ外に出て、動き始めましょう。 寒い冬こそ、運動に適した環境であるように、大失恋で凍えているときも、行動に適した環境です。 「寒い、寒い。よし、外に出て動こう!」 これでいいのです。 寒さは慣れるもの。 動き始めたときだけ寒く感じますが、しばらくすれば慣れてきます。 心は寒くても、行動の熱と混じり合い、ほどよいぬくもりになる。 だんだんテンションも上がって、心にいい汗をかけます。 「今は特別寒い冬を迎えているようなもの」と考える。

22
★2

自分を肯定してくれる人と会うようにする。

あなたの友達は、どんな性格の人ですか。 失恋をして、励ましてくれる人もいますが、けなす人もいます。 「情けない」「悪いのはあなた」「反省しなさい」などと責められれば、ますます落ち込む一方。 自然に任せて人と会うのもいいですが、あなたを悪く言う人と接していると、落ち込みから立ち直りにくくなります。 だから、付き合う人を調整したい。 失恋して立ち直るまでは、付き合う人を選んでみませんか。 できるだけ自分を肯定してくれる人と会うようにします。 失恋の後に接するなら、やはり励ましてくれる人のほうが元気は出てくるでしょう。 褒めてくれたり元気づけたりしてくれる人を選んで接するようにします。 自分を受け入れてくれる人と接したほうが、一緒にいて落ち着きます。 ポジティブな情報しか入ってこなくなるので、失った自信も取り戻しやすくなる。 一方で、自分を否定する人とは会わないようにします。 できるだけ自分から連絡を取らないようにして、距離を置くようにします。 接することがあっても、最低限のやりとりで済ませるようにします。 実際は会わなければいけない人もいて難しい場面もありますが、できるだけ調整してみてください。 付き合う人をえり好みすることになりますが、あくまで立ち直るまでの一時的な対処。 自分が弱っているときは、付き合う人を選ぶこともあっていいでしょう。 失恋から立ち直るまでは、自分を肯定してくれる人と接するようにする。

23
★1

「失恋して死にたい」と思ったときに思い出したい3つのこと。

「失恋して死にたい」 そう思っても、早まった行動はいけません。 衝動的な行動をしそうになったら、次の3つのことを思い出し、冷静になってください。 ●親がどれだけ悲しむか もしあなたが死んでしまったら、親がどれだけ悲しむか想像してみてください。 大事に育ててきたわが子がいなくなれば、親は今のあなた以上に悲しむでしょう。 失恋の悲しみは一時的ですが、あなたが死んでしまったら、親は一生悲しみます。 あなたにとって失恋は重大かもしれませんが、親がわが子を失うことは、もっと重大です。 親を悲しませてはいけないと思えば、気持ちも変わるはずです。 ●これからの未来を楽しめなくなる もしあなたが死んでしまったら、これからの未来を楽しめなくなります。 未来には、まだまだ多くの楽しみが満ちています。 旅行に行けなくなる。 結婚することもできなくなる。 生まれてくるであろう子供とも遊べなくなる。 新しい知識を学ぶこともできなくなる。 おしゃれを楽しむこともできなくなる。 未来は、たくさんの楽しみに満ちています。 死んでしまうと、すべての楽しみを味わえなくなります。 早まった行動で、大きな楽しみを無駄にしないでください。 ●もっといい人と付き合うチャンスがなくなる もしあなたが死んでしまったら、もっといい人と付き合うチャンスを失います。 失恋したときは「あの人以上の人は現れない」と思うかもしれませんが、実際は分かりません。 あなたがポジティブになって生きれば、もっと素晴らしい人と出会えるチャンスがあります。 もっと素晴らしい人と付き合うことができれば「別れてよかった」と思うようになるでしょう。 以上、3つのことを真剣に考えれば、失恋で自殺してもいいことはないと分かるはずです。 早まった行動はいけません。 「失恋して死にたい」は、冗談で終わらせましょう。 失恋して自殺したくなれば、3つの大切なことを思い出す。

24
★1

弱音の吐き方で、失恋から立ち直る早さが変わる。

「苦しいな」 「やる気が出ないよ」 弱音を吐いていませんか。 失恋中は、身も心も重く感じているので、弱音を吐きやすい。 どれも失恋のときに聞かれやすい弱音ですが、注意したいポイントです。 弱音の吐き方で、失恋から立ち直る早さが変わります。 弱音は、暗く言わないほうがいい。 暗く言うと、ますます体が重く感じるようになるでしょう。 「自分は不幸、惨め、最悪だ」という自覚を促すので、むしろ失恋の回復を妨げます。 では、どう言えばいいかというと、にこにこ笑いながら弱音を吐きましょう。 言葉は同じでも、言い方を変えるだけで、感じ方が180度変わります。 にこにこ笑いながら弱音を吐くと、体が重くなるどころか軽くなります。 嫌なことも苦しいこともつらいことも、笑い飛ばしてしまえばいい。 にこにこ笑いながら「苦しいな」といえば、苦しみが半減します。 にこにこ笑いながら「やる気が出ないよ」といえば、やる気が出てきます。 笑っているので、ストレス発散の効果がある上、気力を高める効果もあります。 笑うことは、免疫力を活性化させることが医学的にも確認されています。 血行が促され、体温も上昇します。 笑い飛ばすと、自分が持つ癒す力をさらに引き出せます。 失恋は、くよくよ落ち込むものではなく、笑い飛ばすもの。 笑いながら弱音を吐けば「何だか意外とすぐ立ち直れそうな気がしてきた」と思い始めるに違いありません。 弱音を吐くなら、必ずにこにこ笑いましょう。 にこにこ笑いながら、弱音を吐く。

25
★2

別れたからには、もっと幸せになってやる!

別れたから、腐るのか。 別れたから、生まれ変わるのか。 それはまだ分かりません。 これからのあなたの心がけしだいです。 別れたからには、もっと幸せになってください。 もっと幸せになることができれば、別れも正当化できます。 「あのときの別れがあったから、今の自分がいる」と思えるようになります。 そう思えるようになるためにも、これからの行動が大切です。 「別れたからには、もっと幸せになってやる!」と自分に言い聞かせ、奮起してください。 もっと幸せになるしかありません。 幸せになるために、人生があなたに与えた試練です。 あなたには、もっといい恋が待っています。 恋人を失ったなら、別の人と付き合うチャンスでもあります。 あなたには、もっと仕事に集中できるチャンスもあります。 自由な時間ができれば、仕事にも専念できるようになります。 今回の別れをチャンスに変えて、もっと幸せになってやろうではありませんか。 じっとしているだけでは、何も変わりません。 枯れた花になってはいけません。 自分に水をやって、枯れかけた状態から生き返りましょう。 別れて嘆くのはもう終わりです。 涙を出し切れば、さっと前を向いて歩き始めましょう。 うまくいかないことがあっても、大丈夫。 自信を持って「これでよかった」と言い切ればいい。 失敗なんて、見方と受け止め方を変えれば、すべて成長の糧になります。 すべて自分のためになっています。 すべてがうまくいっています。 別れを生まれ変わるチャンスに変えましょう。 「別れたからには、もっと幸せになってやる!」と自分に言い聞かせる。

26
★5

「別れてよかった」と思えるくらい、もっとすてきな人を見つければいい。

「復縁したい」 「別れた人のことが忘れられない」 別れた人のことが忘れられず、失恋を引きずっているとき、別れをうまく正当化できる方法があります。 別れた人より、もっとすてきな人を見つければいいのです。 もっと優しくて、魅力的で、器の大きな人を見つけます。 別れた人よりすてきな人と付き合えれば、あなたはこう思うでしょう。 「前の人と別れたおかげで出会えた。別れてよかった」と。 つまり、別れを正当化できるのです。 別れて後悔していた状況が、一転して「別れてよかった」と思えるようになります。 むしろ別れた人に対して「別れてくれてありがとう」と感謝すらできるようになります。 別れた後悔から解放されたければ、もっとすてきな人を見つけること。 それは今からでも間に合います。 これからのあなたの努力しだいです。 自然の成り行きで出会うこともありますが、やはり積極的に動いたほうが出会いやすくなります。 さあ、もっとすてきな人を見つけようではありませんか。 新しい出会いは、やってくるものではなく、見つけに行くもの。 「別れた人以上の人は現れない」と思うのは気のせいです。 探さないからそう思うだけ。 しっかり探せば、何人もいることに気づくでしょう。 「いる」と信じて探すことが、もっとすてきな人を見つけるコツです。 別れた人よりすてきな人と付き合い、別れを正当化させる。

27
★4

失恋は、もっといい人と巡り会うための布石。

「前に付き合っていた人が最高」と思うのはおかしい。 地球上のすべての異性と付き合っていないのに「これ以上の人はいない」と断言するのは不自然です。 出会っても付き合ってもいない状態なら、まだまだ可能性が隠れています。 あなたには、もっといい人がいます。 その人にまだ出会っていないだけです。 今回の失恋には意味があります。 今回の失恋は、もっといい人と巡り会うための布石です。 もっといい人と出会って付き合うためには、今付き合っている人と別れなければいけません。 見方を変えると「もっと幸せになるための貴重なチャンスを得た」と言えます。 そのチャンスを無駄にしてはいけません。 チャンスは、チャンスらしく生かしましょう。 起こった出来事に従って行動していけば、きっともっと素晴らしい人と出会えます。 「今回の失恋は、もっといい人と巡り会うための布石」と考え、新しい出会いを探しに出かけましょう。 出会うことに集中すると、相性の合う人が現れます。 相性は、3割合えば十分です。 最初は3割でも、コミュニケーションを通して高めていけばいいからです。 相性は「最初から合う」というより「だんだん合っていく」という要素が強い。 「あのときの別れは、この人と出会うための意味があった」と思える日が来ます。 そう思えるように努力することが大切です。 失恋は、もっといい人と巡り会うための布石と考える。

28
★0

失恋中は、ほかのカップルに嫉妬しない。

失恋中、ほかのカップルを見ると嫉妬しがちです。 「自分はこれほど苦しんでいるのに、仲よさそうで悔しい。いらいらする」 自分の恋愛が順調なときは気になりませんでしたが、いざ失恋すると、ほかのカップルがまぶしいほど輝いて見えます。 邪魔してやりたい気持ちが出てくるかもしれませんが、ここが大切なところです。 憎んだり嫉妬したりするのはよくありません。 憎んだところで、何の意味もありません。 むしろ余計なストレスが発生して、失恋からの回復を妨げるだけ。 誰かを憎んでいると、ますます恋愛運が逃げていきます。 性格の悪い雰囲気が体全身からにじみ出て、ますます次の恋を妨げます。 もちろんいらいらを周りにぶつけるのも厳禁です。 周りに八つ当たりをしても、自分が惨めになるだけです。 失恋中でも、ほかのカップルを素直に応援しましょう。 「いいな。すてきだな。羨ましい!」 素直に応援したほうが、心は健全な状態で保たれます。 明るい心持ちでいたほうが、早く次の恋も見つかるでしょう。 カップルたちから恋愛運も分けてもらえます。 熱々の雰囲気をもらって、しっかり吸収して、次の恋愛へのパワーに変えましょう。 ほかのカップルを見て、憎むか応援するかで、失恋後の成り行きが変わります。 失恋中は、ほかのカップルに嫉妬せず、羨ましがったり応援したりする。

29
★4

いきなり恋人を見つけようとするから大変。
異性の知り合いを作ることから始めればいい。

次の恋人を見つけると、失恋を早く忘れられます。 新しい恋愛が始まれば、古い恋愛のことを考える暇はなくなります。 失恋の苦しみも悲しみも消え、すぐ次のステップに進めます。 しかし、いきなり恋人を見つけようとしても、なかなか簡単には見つからないもの。 恋人は、1日で見つかるものでもなければ、空から降ってくるものでもありません。 縁と偶然に恵まれて1日で見つかることもありますが、まれなケースです。 普通は付き合うようになるまでに、いくつものステップがあります。 たくさんの会話をして、お互いをよく知り、引かれ合うようになった結果、自然と恋人関係になります。 時間も労力も必要です。 手間暇がかかるため「できない」「難しい」と思い込みがちです。 しかし、ここに誤解があります。 いきなり恋人を見つけようとするのがよくない。 いきなり恋人を見つけようとすれば、大変に感じて当たり前です。 もっと小さなことから始めましょう。 異性の知り合いを作ることから始めればいいのです。 知り合いを作ることなら難しくないでしょう。 「見たことがある」「会ったことがある」「話したことがある」という程度でいい。 お互い面識ができれば、最初のステップがクリアです。 そこから仲良くなり、だんだん仲を深めていけばいいのです。 異性の知り合いを作るだけなら、大きな勇気は必要なく、小さな勇気で十分。 小心者でも気軽にできます。 知り合うことから始めれば、今からでもできるはずです。 いきなり次の恋人を見つけようとするのではなく、異性の知り合いを作ることから始める。

30
★1

すでにあなたは、失恋から立ち直っている。

「失恋をして、まだ立ち直っていない」 それは本当でしょうか。 実はすでに失恋から立ち直っているのかもしれません。 手足は自由に動く。 普通に歩くこともできる。 食事もおいしく食べられる。 人と楽しく会話もできる。 仕事も勉強も問題なくできる。 これを「普通」と言わずして、何と言うのでしょうか。 いくつか当てはまるなら、すでにあなたは失恋から立ち直っている可能性が高い。 普通に日常生活が送ることができているなら、すでに立ち直っているとも考えられます。 「まだ立ち直っていない」と思い込んでいただけではありませんか。 「まだ立ち直っていない」と思い込んでいるから、まだ立ち直っていないように感じるだけ。 「実はもう立ち直っている」と考えてみてください。 最初は考え方に違和感があっても「実はもう立ち直っている」と思えば、だんだんそう思えるようになります。 悪い思い込みは捨てましょう。 ちょっとした誤解でした。 悪い演技はもう終わりです。 「そんなはずはない。まだ立ち直れていない」と思うのも、もう今からおしまいです。 「自分は勘違いをしていた。実はすでに失恋から立ち直っているではないか」 そう思った瞬間、悪い呪縛から解き放たれるでしょう。 すでにあなたは、失恋から立ち直っているのです。 「実はもう立ち直っている」と考え、悪い思い込みを捨てる。

同じカテゴリーの作品