人生の教科書



人生論
本当のスタートとは。
プラス思考
スタートの合図は、誰かにしてもらうものではなく、自分でするもの。
失恋・別れ
恋人を失っても、希望まで失ってはいけない。
失恋・別れ
「恋人と別れた。
新しい人生が始まった」
人生論
今この瞬間は、これからの人生における最初の瞬間。
失恋・別れ
恋人からもらったアクセサリーを、別れ話で返却する。
失恋・別れ

別れた後に心がけたい
30のこと

  • 恋人と別れたら、
    新しい人生のスタート。
別れた後に心がけたい30のこと

もくじ

1
★0

恋人と別れたら、新しい人生のスタート。

恋人と別れても、同じ毎日の繰り返し。 生活に大きな変化がないように思えるかもしれませんが、誤解です。 恋人と別れたら、新しい人生のスタートです。 恋人と別れると、大きな自由が手に入り、あなたの生活は一変するでしょう。 自由な時間がたっぷり増え、行動範囲が広がります。 いつ、どこで、何をしてもいい。 飲み会や合コンへの出席もでき、次の恋愛も自由です。 1人で過ごせる時間も、たっぷりできました。 ですから、新しい人生のスタートと言えます。 恋愛に疲れてしばらく休憩するのもいいですが、休みすぎはよくありません。 元気が回復すれば、再び立ち上がり、前に向けて歩み始めましょう。 いつまでも過去にくよくよせず、新しい人生が始まったことを認め、喜ぶことです。 新しい人生が始まったのですから、気持ちをリセットして、前向きになりましょう。 恋人と別れたとはいえ、人生が終わったわけではありません。 あなたの人生は、まだまだ先があります。 時間もある、体力もある、希望もある。 家族もいる、友達もいる、仲間もいる。 頭も動く、体も動く、心も動く。 これからの人生をどうするかは、あなたの行動しだい。 やるべきことに集中して、前向きになって頑張れば、これからの人生がますます向上します。 1つの恋愛が終わるのは、冬が終わり、春がやってくるようなものです。 今までは寒かったかもしれませんが、これから温かくなります。 「新しい人生が始まった」ということを自覚して、力強く1歩を踏み出しましょう。 恋人との別れは、新しい人生のスタートだと考える。

2
★2

自由を喜び、しっかり満喫しよう。

付き合っていた頃は、恋人の都合を考える必要がありました。 そのおかげで恋人と楽しい時間を過ごせましたが、自由が制限されていた場面が多かったのではないでしょうか。 自分勝手な行動はできず、恋人の許可が必要になることもあったでしょう。 恋人がいるため、1人で過ごせる自由な時間も少なかったはずです。 しかし、今は違います。 いつ、どこで、何をしようが自由。 ほかの異性と遊びに行くのも自由です。 自由な時間もたっぷり増えました。 久しぶりに1人になり、さぞ身軽になったことでしょう。 寂しい時間が少し増えるかもしれませんが、それを上回る自由が得られます。 別れたことを前向きにとらえましょう。 自由をしっかり噛み締め、大いに満喫することが大切です。 別れとは、新しいスタートです。 別れたことにくよくよせず、まず得られた自由を喜び、満喫することが大切です。 そうすれば、失恋の落ち込みからも早く立ち直れます。 終わったことは忘れ、これからのことを考えましょう。 時間は前にしか進みません。 こうしている間にも、1分1秒、時間が刻々と前に進んでいます。 早速自由を楽しもうではありませんか。 あなたのところにやってくるのは、希望に満ちた未来だけです。 早く希望を楽しむためにも、今すぐ建設的な行動を始めましょう。 自由が得られたことを喜び、しっかり満喫する。

3
★3

別れたら、むやみに過去を振り返らない。
現在と未来だけを考える。

別れた後は、むやみに過去を振り返らないようにしましょう。 過去を振り返りたくても、ぐっとこらえます。 もちろん反省として振り返るならいいのです。 過去の過ちを思い出せば、悪いところを改善する教訓が得られるでしょう。 しかし、無意味に過去を振り返っても仕方ありません。 2人で過ごした過去を懐かしんでも、くよくよして胸が苦しくなるだけ。 未練が出てきたり、禍根が生まれたりなど、いい別れ方を妨げます。 別れた後はむやみに過去を振り返らず、現在と未来に集中しましょう。 今、自分がすべき仕事は何なのか。 これからどこを目指して、どんな生き方をしたいのか。 別れた直後は、いわば、駅のホームに立っているようなもの。 これからどの電車に乗るかで、どんな方向に進むかが決まります。 少しでも明るい未来になるよう、自分が今できることだけに集中しましょう。 自分の仕事に集中するのもよし。 次の恋に向けて動き始めるのもよし。 しばらく1人になって、自分の生き方を見つめるのもよし。 顔を少し上向きにしながら歩きましょう。 明るい光が飛び込んで、気持ちも明るくなります。 早寝早起きを心がけましょう。 生活リズムが整い、落ち込む暇もなくなります。 いい別れ方にしたければ、しっかり前を向き、未来に向けて全力を尽くすことです。 そうすればいつの日か「あのときの別れがあったからこそ、今の自分がいる」と思えるようになります。 未来に向けて頑張ると、暗い過去も明るくなるのです。 むやみに過去は振り返らず、未来に向けて全力で突き進む。

4
★2

別れた後は、反省点をまとめよう。

別れた後は、前回の恋愛の反省点をまとめましょう。 「なぜ仲が悪くなったのか」 「何がきっかけでこじれ始めたのか」 「どんな改善をすべきだったのか」 頭で考えるのもいいですが、きちんと紙に書いたほうが確実です。 紙に書くと、目に見えるようになるため、自覚や再確認を促せます。 消さないかぎり残り続けるため、後で見返したとき、思い出しやすくなります。 過去の失敗を反省することなく、次の恋愛に進むのは危険です。 同じ過ちを繰り返し、同じ苦しみを味わう可能性があります。 もちろん別の人と付き合えば、事情も状況も変わりますが、油断はできません。 悪い点が直らないかぎり、同じ失敗を繰り返す可能性は十分あり得ます。 恥ずかしいことも情けないことも、包み隠さず吐き出しましょう。 自分の短所も欠点も、正直に書いてみます。 中には思い出したくないこともあるかもしれませんが、大切なことですから、頑張って思い出します。 きちんと紙に書いて、悪かった点をまとめれば、改善点も見えてきます。 たとえば、言葉遣いが悪くて恋愛がこじれたなら、次から気をつけようと思うでしょう。 当たり前のことであっても、文字にしてみると過ちを強く実感でき、注意喚起を促せます。 恋愛を経験するごとに、レベルアップしていかなければいけません。 そのためにも、別れた後は反省点をまとめるのが近道です。 反省する人は、必ず強くなります。 きちんと反省ができれば、次の恋愛はきっとうまくいきます。 前回の恋愛の反省を、紙に書いて反省する。

5
★1

元恋人との思い出の品物は、残すか、処分するか。

別れた後、元恋人の思い出の品物はどうするか。 たとえば、元恋人からもらった手紙・備品・アクセサリーなどです。 「必要ない」という気持ちもあれば「もったいないから残したい」という気持ちもあり、悩むところではないでしょうか。 もちろん基本的に扱い方は個人の自由ですが、シンプルに考えれば、次の判断基準が一般的です。 ●元恋人との思い出を大切にしたいなら、残す 人によっては、恋人との思い出が自信につながることもあるでしょう。 高額のアクセサリーなら処分するのがもったいないので、使い続けるのも悪くありません。 元恋人との思い出を大切にしたいなら、残すのも1つの方法です。 ただし、思い出の品物を残したせいで、過去を思い出しやすくなり、くよくよしやすくなるデメリットもあります。 もともと過去を引きずりやすい性格なら、思い出の品物を大切にしたくても、思いきって処分するのもいいでしょう。 ●過去を振り切り、未来に集中したければ、処分する 完全に過去を振り切りたいなら、恋人の思い出の品物は処分するのが一番です。 元恋人に関係した写真や動画などのデータは、すべて削除します。 心がこもった手紙であれ、高額なアクセサリーであれ関係ありません。 「申し訳ない」「もったいない」という気持ちを振り切り、心を鬼にして処分します。 手元からなくなれば、前を見るしかなくなり、未来に集中できます。 デメリットは、一度捨てると、必要になったときに取り戻せない点です。 「捨てるべきではなかった」と後悔しても、捨てた後ではどうしようもありません。 元恋人との思い出を大切にしたいなら、残す。 過去を振り切り、未来に集中したければ、処分する。

6
★0

迷ったら、処分するのが無難。

別れた後、元恋人からもらったものの扱い方は自由です。 元恋人との思い出を大切にしたいなら、残します。 過去を振り切り、未来に集中したければ、処分します。 どちらでも自由ですが、思い出の品々は情があって、なかなか判断が難しいところ。 自由だからこそ、判断が難しい状況もあるのではないでしょうか。 さて、迷ったときに基準にしたい考え方があります。 迷ったら、処分するのが無難です。 思い出の品々とはいえ、終わった恋愛の残骸です。 思い出の写真や心のこもった手紙は、後から見てもつらいだけ。 振り返ったとき、懐かしい優しい気持ちにはなりますが、それが何かを生むわけではありません。 むしろ元恋人への未練や後悔が出てきて、未来を阻む要因になる可能性があります。 高額のアクセサリーも、思いきって処分するほうがいい。 その大胆な勇気があれば、未来に困難があっても、きっと乗り越えられるでしょう。 自分を試す挑戦だと思えば、処分する勇気も出てくるでしょう。 別れた後は、新しい人生がスタートしています。 時間は前にしか進みません。 今この瞬間にも、1分1秒、刻々と時間が前に進んでいます。 時間が前にしか進まないのですから、未来に集中する選択肢を選ぶのが無難でしょう。 もらったものの扱いは基本的に自由ですが、迷った場合は、処分をおすすめします。 迷ったら、処分する。

7
★0

別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいる場合。

対処が難しい場面の1つ。 それは、別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいる場合です。 「ほかに好きな人ができたから別れたい」というなら、まだいいのです。 あくまで片思いの状態です。 別の人と付き合いたいから別れたいなら、まだ納得がいくでしょう。 しかし、別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいる状態は、非常によくありません。 つまり、隠れて浮気をしていたことになります。 こんなときは、残念ですが、別れてしまったほうが得策です。 結局のところ、相手は浮気をしたことになります。 説得をして、浮気相手から取り戻すのもいいですが、仮にできたとしても、浮気癖は簡単に直るものではありません。 浮気癖は、病気のようなもの。 恋人を浮気相手から取り戻せても、しばらくすれば、またほかの異性を誘惑するようになるでしょう。 「二度と浮気をしないこと」と念を押すのもいいでしょう。 相手を信じたい気持ちがあるなら、わずかな可能性にかけてみるのもいいですが、同じ失敗を繰り返す可能性が高い。 心の整理が難しいかもしれませんが、浮気をするような人とは別れて正解です。 相手だけ幸せになって悔しく思うかもしれませんが、安心してください。 浮気相手とも長く仲が続かず、しばらくしてまた別の人と浮気するでしょう。 浮気をする人は、二度も三度も繰り返します。 あなたにはもっとふさわしい人がいます。 浮気癖の人にこだわるくらいなら、潔く別れて、別の人を見つけるのが得策です。 別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいるなら、潔く別れてしまう。

8
★1

恋人からもらった手紙を処分するとき、ありがちな行動パターン。

恋人からもらった手紙を処分するとき、ありがちな行動パターンがあります。 「読んでから処分する」というパターンです。 「どんな内容だったかな。最後に1回読んでから処分しよう」 うっかり読んでしまう。 悪気はなく、自然な気持ちとして読みたくなるでしょう。 何気ない瞬間ですが、これがよくありません。 手紙を読むと、深く愛し合っていたときの記憶がよみがえります。 「そういえば、こんなことがあったな。あの頃は楽しかったな。だんだん会いたくなってきた」 人間は、情のある生きものです。 思い出の手紙を読んでいるうちに、ふつふつと未練が出てきます。 憎んでいた相手であっても、つい心が緩んでしまう。 せっかく振り切れそうだった別れに、余計な苦しみを生む可能性があるのです。 手紙は、読まずにそのまま処分しましょう。 過ぎ去った過去は、無駄に振り返らないほうがいい。 過去を思い出したところで仕方ありません。 読み返したところで、懐かしい気持ちになるどころか、あなたを苦しめることになります。 あなたにやってくるのは未来だけ。 読みたくても、ぐっとこらえます。 特に手書きで書かれた手紙は処分しにくいですが、心を鬼にして、読まずに処分しましょう。 「いい思い出をありがとうございました」 心の中で唱えると、処分しやすくなります。 読まずに処分できれば、失恋の苦しみを最小限に抑えられます。 恋人からもらった手紙は、読まずに処分する。

9
★0

借りているものは、きちんと返却。

借りたものを返す。 これはお金であれ小物であれ、何でも同じです。 別れることになれば、元恋人から借りているものは、きちんと返却しましょう。 「返却が面倒」 「わざわざ返却しなくてもいいのではないか」 放置したい気持ちが出てくるかもしれませんが、要注意。 やはり借りているものは返すのがマナーです。 お金であれ小物であれ、借りているものはすべて返しましょう。 借りているお金があるなら、全額を返します。 すぐ返せない状況なら、いつまでに返せるのか、時期をはっきり伝えておきましょう。 「返却しても意味がない」と思うものであっても、所有者が相手であるかぎり、勝手な処分はやめたほうが賢明です。 自分では「使えないもの」「いらないもの」「がらくた」と思うものであっても、相手には必要なものかもしれません。 重要性を判断するのは、持ち物の所有者です。 所有者が相手であるかぎり、どんなものでも返却するのがマナー。 自分で判断するのではなく、相手に確認を取っておくほうが安心です。 返却の相談をしたとき「自由にしていい」「いらないからあげる」「捨ててもいい」などと言われることがあります。 相手の許可があるなら、許可の範囲で自由にできます。 取り扱いに迷ったときは、返却するのが無難です。 借りているものがあれば、相手と相談した上で、きちんと返却する。

10
★0

会って返却するのも難しい場合は、郵送。

別れるときになったとき、元恋人から借りているものがあれば、きちんと返却しましょう。 面倒であっても、所有者が相手であるかぎり、返却するのがマナーです。 会って返却するのが最も確実です。 ただし事情があって、会って渡すのが難しい場合は、郵送で届ける方法も許容範囲です。 費用と手間はかかりますが、送ったほうが好都合なら、利用する価値はあるでしょう。 ●壊れやすいものは梱包(こんぽう) 壊れやすいものなら、梱包をしてから発送します。 配達中に壊れないよう、緩衝材をしっかり詰めておきます。 梱包の仕方に自信がなければ、梱包をしてもらえる業者にお願いすると確実です。 ●返却費用について 返却にかかる費用は、相手と相談して決めるといいでしょう。 送るものがたくさんあると、配達に必要な費用も大きくなります。 相手がお金を出してくれるなら、着払いにします。 ささいなものなら、相手と相談の上、自分の財布からお金を出してもかまいません。 ●返却方法について 郵送するときは、書留にするのがマナーです。 書留で送れば、配達中に紛失や破損があった場合、一定の範囲内で損害を賠償してもらえます。 借りているお金を返却するなら、現金書留です。 追跡サービスが利用できるなら、インターネット上で配達の状況を確認できます。 会って返却するのが難しい場合は、郵送する。

11
★0

貸しているものがあれば、きちんと返してもらう。

別れることになったとき、相手に貸しているものがあれば、返却をお願いしましょう。 所有権が自分なら、遠慮せず、返却のお願いができます。 高額のものなら、なおさらです。 そのままにすることもできますが、所有がはっきりしないものがあるのは、お互いにとって気持ちが悪いもの。 もし貸しているものが不必要なら、その旨を相手に伝えておくほうが、お互い余計な気苦労を避けられます。 直接会って返してもらうのが一番ですが、都合が悪ければ、相手に郵送をお願いするといいでしょう。 着払いにしておけば、相手の負担を最小限に抑えられます。 郵送で受け取ったときは、念のため「無事に受け取った」と一言伝えておくと丁寧です。 すぐ返してもらえないときは、返してもらえる時期をはっきりさせておきます。 ただし、言い方には注意です。 「返せ」「早く返しなさい」などの強い言い方は、トラブルのもとになります。 丁寧な言葉で「困っています」「返してもらえませんか」など、普通に言えば十分です。 一度言ったくらいではスムーズに返してもらえないことがあります。 貸したほうは覚えていても、借りたほうは忘れているもの。 返してくれるまで、何度も言ったほうがいいでしょう。 何度お願いしても相手が返却を拒否するなら、別の手段を検討する必要があります。 ・相手の家族に相談する ・専門家に相談する ・警察に相談する 少し手荒な手段もありますが、穏便に済ませられる方法から順に進めていくといいでしょう。 貸しているものがあれば、きちんと返してもらう。

12
★0

できるだけ元恋人のことは思い出さない。

別れた後は、できるだけ元恋人のことを思い出さないことです。 もちろん反省という意味で思い出すならいいのです。 恋人との過ごし方で「こうしておけばよかった」と思う点があれば、素直に認め、反省します。 同じ過ちを繰り返さないために、教訓として残しておくと、次の恋愛に生かせるでしょう。 反省として思い出す分にはいいのですが、純粋に恋人のことを思い出すのは要注意。 むやみに恋人のことを思い出すと、付き合った頃の生々しい感情がよみがえります。 たくさん話をして、一緒に笑ったこと。 いろいろな場所にデートをしたこと。 スキンシップで愛を育んだこと。 懐かしい過去を思い出すと「また会って話がしたい」と気持ちが強くなり、恋人を求める気持ちが強くなるでしょう。 胸が締め付けられ、いても立ってもいられなくなる。 寂しくなったり、悲しくなったりなど、苦しい思いをすることになります。 元恋人のことを思い出しそうになれば、気を紛らわせることをしましょう。 たとえば、本を読んで感銘を受けたり、音楽を聴いて元気になったり、映画を見て感動したりなどです。 好きなことをして夢中になれば、元恋人のことを思い出す暇がなくなります。 ウォーキングやジョギングで気持ちのいい汗を流すのも、いい時間の過ごし方です。 体を動かしている間は、気持ちが高ぶり、ポジティブになります。 家の中でじっとしているより、はるかに健康的です。 元恋人のことを、できるだけ思い出さない。

13
★2

暗いときこそ、進んで明るいものに触れていく努力が大切。

別れた後は、進んで明るいものに触れていきましょう。 明るいものなら何でもかまいません。 たとえば、明るい本を読むことです。 自己啓発書を読めば、ネガティブになっていた考え方がポジティブになり、元気が出てくるでしょう。 明るい歌に触れるのもいいアイデアです。 明るい歌を聴いたり歌ったりすると、歌から元気をもらえます。 明るい映画を見て楽しむのもいいでしょう。 主人公が困難にめげずに頑張っていく姿を見ていくうちに「自分も頑張ろう」と触発されるでしょう。 明るい内容のテレビ番組を見るのもいいでしょう。 腹を抱えて大笑いすれば、暗い気持ちも吹き飛び、いい気分転換にもなります。 外に出て、日光浴を楽しむのもいいでしょう。 新鮮な空気を吸って、風景を楽しみながら体を動かせば、気持ちも明るくなります。 暗いからじっとしているのはよくありません。 じっとしていると、ますます暗くなるばかり。 暗いときこそ、進んで明るいものに触れていく努力が大切です。 最初はまぶしく感じるかもしれませんが、すぐ慣れます。 気持ちが暗くなっているときこそ、明るいものに触れていきましょう。 進んで明るいものに触れていく。

14
★1

別れても収まらないストレスは、建設的なことにぶつけるのが一番。

別れても悔しさが収まらないこともあるでしょう。 たとえば、恋人の浮気です。 相手の浮気が発覚して、自分から別れ話を切り出し、別れることになった。 今まで騙されていたことを思うと、別れても悔しくて、いら立ちが収まらないでしょう。 思い出すたびに腹が立つ。 恨みや憎しみが大きいと「復讐」という文字が頭をよぎるかもしれません。 しかし、いくら悔しくても、復讐なんて考えないこと。 復讐すると、結局あなたも相手と同じになります。 周りの人や物に八つ当たりするのもよくありません。 では、どうすればいいか。 このときのストレスは、建設的なことにぶつけましょう。 たとえば、スポーツです。 ジョギング・トレーニング・水泳など、体を動かせば、効果的にストレスを解消できます。 仕事にぶつけるのもいいアイデアです。 悔しい気持ちを仕事にぶつければ、いつも以上の根気と集中力が発揮できるでしょう。 吹き上がるパワーは、自分を高めることに使いましょう。 いらいらするストレスは、自分の未来が前進することにぶつけましょう。 「いつか相手を見返してやろう」と気持ちをバネにすれば、大きく飛躍する力になります。 あなたが幸せになることこそ、一番の復讐です。 別れても悔しさが収まらないときは、そのストレスを建設的なことにぶつける。

15
★1

別れた後に心がけたいのは、自分磨き。

じっとしているだけでは、何も変わりません。 身も心も衰えるばかり。 そこで別れた後に心がけたいのは、自分磨きです。 読書や映画を楽しんで、知識を増やすのもいいでしょう。 知識が増え、見識が広がると、コミュニケーションのネタも増えます。 話題が豊富になると、聞くのも話すのも上手になります。 ジムに通って、体を手に入れるのもいいでしょう。 スリムで引き締まった体になれば、ますます外見の魅力がアップします。 体を必死で動かしていると、失恋の寂しさや落ち込みも忘れられ、一石二鳥です。 習い事を始めてみるのもいいでしょう。 料理・パソコン・茶道・華道・習字・着付け・ダンス・フラワーアレンジメント。 キャリアアップにつながる資格取得の学校に通うのもいいでしょう。 もしかすると、そこで新しい出会いがあるかもしれません。 おしゃれをして、外見を磨くのもいいでしょう。 おしゃれは恋人がいるときだけするものではありません。 お気に入りの服を着れば、自分に自信がついて気持ちも明るくなり、外に出歩きたくなります。 女性なら、エステティックサロンで美を磨いたり、メイクの勉強をしたりするのもおすすめです。 自分の魅力が高まることなら何でもかまいません。 余裕があれば、こうした自分磨きを、いくつか同時に挑戦してみるのもおすすめです。 義務や強制と考えず、遊び心で取り組めば、楽しみながら自分磨きができるでしょう。 自分磨きによって自分に自信がつくと、あなたに堂々とした雰囲気が現れます。 態度・しぐさ・話し方などが、見違えるほど立派になるでしょう。 魅力的になればなるほど、自分に自信がつくだけでなく、異性を引きつける力にもなります。 別れた後、どれだけ自分磨きを頑張るかによって、次の恋愛も変わるのです。 自分磨きをして、次の恋に向けて、自信をつけておく。

16
★1

友達関係に戻ってしばらくは、連絡を控える。

友達関係に戻る別れ方をすることがあります。 友達関係に戻るのはいいのですが、注意があります。 別れてしばらくは、元恋人との連絡を控えたほうが賢明です。 会うのはもちろん、連絡もしばらく控えるのが賢明です。 連絡は一切禁止というわけではありませんが、少なくとも適当な用事で連絡するのは避けたほうがいいでしょう。 恋人関係から友達関係に戻るのは、頭では分かっていても、なかなか難しいのが現実です。 一般的に別れてしばらくは、まだ恋愛関係の名残が残っています。 友達関係に戻ったつもりでも、会ったり連絡を取ったりすることが何度もあると、気持ちが戻りやすくなります。 せっかく決着がついていたはずの別れが、曖昧に復活する可能性があるのです。 友達関係に戻るなら、疎遠になる期間を作るのがおすすめです。 いわば、冷却期間です。 冷却期間を作ると、恋人関係から友達関係への移行がスムーズになりやすくなります。 状況にも寄りますが、冷却期間は最低でも3カ月は設定しておきたいところです。 学校や職場など、毎日会わなければいけない状況なら、進んで話しかけないようにします。 話す用事があれば、必要最小限で終わらせます。 しばらく連絡をしない期間があると、だんだん関係が落ち着き、友達らしくなっていきます。 元恋人と連絡をするなら、別れてしばらく時間を置いて、友達らしくなってからがいいでしょう。 友達関係に戻ってしばらくは、元恋人との連絡はできるだけ控える。

17
★0

元恋人と連絡するときに心がけたい、2つのポイント。

別れた後、元恋人と連絡を取ることがあります。 元恋人から連絡が来ることもあれば、こちらから連絡をすることもあるでしょう。 すでに別れた人との連絡は、接し方が難しいのではないでしょうか。 さて、元恋人と連絡を取るとき、心がけたいポイントが2つあります。 (1)一定の距離を意識する (2)できるだけ必要最小限の会話で済ませる どちらも、しっかり頭にたたき込んでおきましょう。 まず、できるだけ会って話すのは控えるようにします。 会うと、用件だけでなく、別の話題に広がって話してしまうことがあります。 軽い雑談のつもりでも、だんだん話が盛り上がると、未練が出てきたり恋愛感情が戻ったりすることがあります。 会って話すと、間違いが起こる可能性もゼロではありません。 決着したはずの別れに悪影響を及ぼしやすくなるのです。 別れた後は、いくら元恋人であっても、油断は禁物です。 メールで済ませられる用事なら、メールで済ませます。 電話で話す場合は、余計な雑談を控えましょう。 どうしても会わなければいけないときは、用件だけ済ませ、やはり必要最小限の会話で済ませるのが得策です。 学校や職場など、毎日会わなければいけない場合であっても、心がけは同じです。 元恋人とは一定の距離を意識して、できるだけ必要最小限の会話で済ませるようにします。 冷たく感じるかもしれませんが、あくまで別れをこじれさせないための工夫です。 せめて別れてから数カ月間は冷却期間として考え、特に意識しておきましょう。 元恋人と連絡をするときは「一定の距離を意識する」「できるだけ必要最小限の会話で済ませる」の2つを意識する。

18
★1

別れた後は、傷心旅行のベストタイミング。

別れた後は、旅行のタイミングです。 「失恋して旅行はおかしいのではないか」と思うかもしれませんが、誤解です。 失恋したからこそ、旅行です。 世の中には「傷心旅行」という言葉があるほど、失恋と旅行の相性は抜群です。 別れた後は、外に出る元気がなく、引きこもりになりがちです。 「動きたくない。外に出たくない。1人でいたい」 そういうときだからこそ、旅行のタイミングです。 失恋したときくらい、自分を優しくいたわってあげましょう。 旅は、人をわくわくさせます。 新しい土地に行って、今まで見たことのない町並みや風景などに触れれば、新しい刺激に出会えます。 新鮮な刺激に囲まれ、旅行を存分に楽しめば、落ち込んでいる暇などなくなります。 悲しみや落ち込みが消え、わくわくした気分になります。 旅行を通して新鮮な刺激に触れていると、気持ちをリセットさせる力があります。 もちろん旅行を通して、素晴らしい出会いもあるかもしれません。 一人旅でも、団体旅行でもいい。 国内旅行でも、海外旅行でもかまいません。 大切なのは、とにかく旅行をすること。 傷心旅行は、傷心しているときしかできません。 「行ってみたい」と思う場所に行き、充実した時間を送ろうではありませんか。 旅行から帰ってくれば、傷ついた心が癒え、また元気よく生活ができるでしょう。 旅行で得た元気や思い出のおかげで、よいスタートダッシュができるに違いありません。 傷心旅行で、元気を取り戻そう。

19
★0

別れた後の拒食と過食には、要注意。

別れた後に注意したいこと。 それは、拒食と過食です。 恋人がいなくなると、心の大きなストレスを抱え、食が偏りやすい傾向があります。 ●拒食に陥るケース 「恋がうまくいかなかったのは太っていたせいだ。もっと痩せなければいけない」 「もっともてる人になりたい。スリムになれば、恋もスムーズになるだろう」 落ち込んでいるとき、食欲が落ちるのはよくあること。 標準体形を大幅に超えているなら、一時的なダイエットも効果的です。 しかし、それが病的なほど偏るのはよくありません。 食事を拒否していると、出る元気も出なくなります。 拒食がひどくなると、美しさを損ねるだけでなく、健康も損ねます。 ●過食に陥るケース 別れたときのストレス発散が、人によっては食に向かうこともあります。 「別れた後くらい、贅沢に食事やお酒を楽しみたい」 「むしゃくしゃするから、おいしいものを食べたい」 別れの悲しみを紛らせるため、一時的な大食いなら問題ありません。 おいしいものを食べると、元気が出ます。 お酒を飲んでほろ酔いになると、ストレス発散にも役立つでしょう。 しかし、それが長期にわたって過度になるのはよくありません。 おいしいものを食べていると、心に空いた穴が埋まるような気がして、次から次へと食べてしまう。 短期間で体重が一気に増え、気づくと、ボディーラインが乱れているのです。 さて、拒食になるか過食になるかは、人や状況によって異なります。 中には拒食と過食を交互に繰り返し、両方を経験する人もいます。 拒食も過食も、過度になると、健康に悪影響です。 不謹慎ですが、本当の過度になると、命にも関わります。 「自分に限って大丈夫」と思わず、あらかじめ注意しておくことが大切です。 恋人と別れた後は、拒食と過食に注意して、健康的な食生活を意識する。

20
★2

失恋の後は、やけになった恋愛に要注意。

恋人と別れた後は、不安や寂しさや落ち込みが襲います。 中には晴れ晴れした気持ちになる人もいるでしょうが、一般的に別れの後は、どんよりとした気持ちになるでしょう。 振った側であれ振られた側であれ、つらい・悲しい・寂しいの三重苦が襲います。 失恋で悲しみに暮れていると、自分の評価が落ち、周りの異性が輝いて見えがちです。 早く心の穴を埋めようとして、異性を求める気持ちが一段と強くなる。 そんなときによくあるのが、やけになった恋愛です。 「付き合えるなら誰でもいい」と言わんばかりに、勢いで人と付き合ってしまいがちです。 つらくて悲しくて寂しくて、そんな苦しい状態から早く抜け出そうと、軽い恋愛に走ってしまうのです。 これは危険です。 自己評価を下げたまま適当な人と付き合うと、軽く扱われるでしょう。 新しい恋人ができても、まもなくして再び恋愛がこじれることになる。 再び別れると、また寂しくなって、適当な人と付き合ってしまう。 恋愛を繰り返すたびに身も心もぼろぼろになり、思わぬ方向に人生が傾いてしまうのです。 別れた後は、情緒が不安定になりがちな時期ですが、正念場です。 「付き合えるなら誰でもいい」と考えるのではありません。 寂しさに耐え、気持ちを引き締めましょう。 恋人を選ぶことは、人生を選ぶことでもあります。 心が不安定であっても、適当な相手と付き合うのではなく、自分に合った人と付き合うことが大切です。 心が不安定であっても、やけになった恋愛には走らない。

21
★0

堂々と「慰めてほしい」とお願いしていい。

恋人と別れて落ち込んでいるとき、慰めてもらおうと、友達に連絡することがあるでしょう。 あなたのことをよく知る友達なら、明るい言葉で励ましてくれるはず。 「きっと明るい言葉で元気づけてくれるに違いない」 そう期待して連絡するものの、なかなか慰めてもらえないことがあります。 慰めてもらいたくて連絡しても、友達は普通の雑談として受け止めるかもしれません。 以心伝心にも限界があります。 そんなときは、ストレートに「慰めてほしい」とお願いしてしまいましょう。 「今、落ち込んでいるから、何でもいいから励ましてよ」と言えばいい。 「自分で言うのは少しおかしい」と思うかもしれませんが、考えすぎです。 本当に困っているときくらい、わがままを言ってもいいのではないでしょうか。 弱っているときに強いところを見せようとするから、余計に疲れます。 思っているだけでは伝わりません。 慰めてもらいたいなら、きちんと「慰めてほしい」と言ったほうがいい。 そうすれば、友達はあなたの希望がはっきり分かり、慰めてくれるでしょう。 もどかしい時間もなくなります。 自分の願いを叶えるには、恥ずかしいことであっても、きちんと口に出すこと。 それが、本当に強い姿です。 慰めてもらいたいときは、ストレートに「何でもいいから慰めてほしい」と言ってみる。

22
★0

別れた人の悪口は、言いたくても言わない。

別れた後、別れた人の悪口を言いたくなるかもしれません。 「別れたい」と思ったくらいなら、大なり小なり、とがめたくなる点があったかもしれません。 しかし、やはり別れた人の悪口は言わないのが賢明です。 人間関係は、どこで、どうつながっているか分かりません。 「相手まで伝わらないだろう」と思って話した悪口が、思わぬ経路で相手に届くことがあります。 「相手は遠いところにいるから大丈夫」と思うかもしれませんが、距離は関係ありません。 現代社会では、インターネットが広く普及しています。 インターネットを通じたつながりがあれば、遠い人との人間関係も簡単に実現します。 メール・ブログ・SNSなど、思いも寄らない経路で相手に伝わる可能性は十分考えられます。 特に悪い話ほど、早く広まります。 もし相手まで伝わると、不快にさせるのは間違いありません。 場合によっては怒らせてしまい、せっかくうまく別れられても、後からトラブルに発展する可能性もあります。 そもそも悪口を言うことは、あなたの品格を落とします。 悪口を慎むのが、大人の姿勢です。 元恋人を悪く言うと「そんな恋人を選んで付き合っていた自分も悪い」という理屈になり、悪口が自分に跳ね返ります。 別れた人であっても、元恋人であったのは事実。 いい思い出に傷をつけないためにも、別れた人の悪口は控えましょう。 理由を聞かれても「自分が未熟だった」「自分に落ち度があった」など、謙虚な発言でとどめておくのが賢明です。 別れた人の悪口を言わない。

23
★0

元恋人の秘密は、別れた後も守り続ける。

付き合っているうちに、恋人の秘密を知ることがあるでしょう。 誰にでも知られたくない秘密があるもの。 秘密とは不思議なもので、重大な内容であればあるほど、誰かに言いたくなります。 別れてしまえば「もう自分には関係ない」と思い、周りに言いふらしたくなるかもしれません。 しかし、これはマナー違反です。 逆の立場になって考えてみると、非常識であることがよく分かります。 恋人と別れた後、元恋人が自分の秘密を言いふらしていると、いい気持ちはしないでしょう。 秘密の内容が重大であればあるほど、不快感も大きくなります。 あなたがそう思うように、元恋人も同じです。 「元恋人に知られるはずがない」と思うかもしれませんが、油断はできません。 現在では、インターネットが広く普及しています。 元恋人と遠く離れていても、メール・ブログ・SNSがどうつながっているか分かりません。 1人に話せば、別の人に伝わります。 一度伝わると、取り消すこともできません。 わずかでもつながりのある可能性があれば、距離に関係なく知れ渡ります。 個人が特定できる状態なら、別れてからも秘密を貫くこと。 「守秘義務」と言えば大げさですが、そのくらいの強い意識は必要です。 もし話をするなら、個人が特定できないようにぼかすのがマナーです。 個人が特定できるかどうか判断できないなら、話さないのが無難です。 元恋人の重大な秘密は、別れた後も守り続ける。 話をするなら、個人が特定できないようにぼかしておく。

24
★6

イメージした人が、現実に現れる。

恋人と別れた後は、次に付き合いたい人をイメージしておきましょう。 「自然と好きになった人と付き合う」という考えもいいですが、理想をイメージしておくほうがもっとスムーズです。 前回までの恋愛を通して、自分の好みに気づく点があったのではないでしょうか。 「動作が遅い人は、自分に合わないことが分かった」 「外見より中身が大切であることを、あらためて深く痛感した」 「体力のある人のほうが、付き合いが楽になると思った」 「実際の年齢より、精神年齢のほうが重要だと感じた」 「自分は恋愛をすると、恋人に依存しやすいことが分かった」 自分に合った性格を発見することもあれば、自分に合わない性格を発見することもあるでしょう。 その発見を手がかりに、次に付き合いたい人のイメージをしておくといいでしょう。 大まかなイメージで十分です。 「次はこんな人と付き合えればいいな」という人の姿を思い浮かべます。 あらかじめイメージしておくと、無意識に自分がイメージした人を探すようになります。 日常生活でイメージに近い人が目の前に現れたとき「この人は自分の理想に近い人だ」と心が反応しやすくなるのです。 今すぐ、次に付き合いたい人をイメージしましょう。 イメージをしておくことに意味があります。 近い将来、そのイメージした人があなたの前に現れるでしょう。 前回までの恋愛経験を手がかりにして、次に付き合いたい人のイメージをしておく。

25
★1

別れてすぐ別の人と付き合うこともあっていい。

運命の巡り合わせは、いつどこであるか分かりません。 幸運にも、恋人と別れてすぐ別の人と付き合うチャンスに恵まれることがあります。 そんなときに悩むのは、元恋人への罪悪感です。 「別れてすぐ別の人と付き合うのは、元恋人に申し訳ない」 たしかに別れてすぐ別の人と付き合うのは、少し早い展開に思えるかもしれません。 一足早く幸せをつかむ感じがあれば、羨ましがられたり憎まれたりする可能性もあるでしょう。 しかし、正式に別れた後なら、自分がどうしようと自由です。 チャンスはいつでもあるわけではない。 「たまたま失恋した直後、次のチャンスに恵まれた」というだけのこと。 元恋人の顔色をうかがう必要はありません。 元恋人の様子を気にして恋愛を控えていると、貴重な出会いを失います。 別れた直後でも、よい出会いに恵まれたなら、気兼ねなく付き合いましょう。 ただし、わざと元恋人を嫉妬させるような言動は、控えておくのが無難です。 たとえば、元恋人に「新しい恋人ができた」とわざわざ報告すると、嫌みとして誤解されることがあります。 自分はよくても、元恋人はショックを受けるかもしれません。 「あなたと別れてよかった」 「まだ新しい恋人ができないの?」 元恋人を否定したり挑発したりする発言も控えるのが賢明です。 別れて、すぐ魅力的な人と出会えば、元恋人のことは気にせず、すぐアプローチする。

26
★1

別れたことを公表すべきか。

正式に恋人と別れたとします。 別れた後は、恋人関係を知る友達知人に公表すべきか、迷うところではないでしょうか。 別れた後の公表については、大きく分けて次の3つがあります。 ●自分から積極的に公表する 隠したりごまかしたりしたところで、知られるのは時間の問題です。 いちいちぼかすのも疲れるので、自分から「別れました」と公表するのもいいでしょう。 あらかじめ公表しておけば、ぼかす必要がなくなります。 「いつかばれるのではないか」という心配を減らせるので、心の負担も軽くなります。 話のネタにすると、失恋の悲しみも早く癒えるかもしれません。 あなたの失恋に同情して、次の恋人が早く見つかりやすくなる可能性もあるでしょう。 ●自分からは公表せず、人から聞かれたら答える わざわざ言わないでおくのも、選択肢の1つです。 失恋で悲しければ、しばらく1人にさせてほしいこともあるでしょう。 誰にも触れてほしくないこともあるはずです。 自分からは公表せず、人に聞かれたら答えるスタンスも悪くありません。 ●心の傷が癒えてから公表する 最初は別れたことを伏せておきます。 失恋直後は心に傷があって、公表する元気も出にくいでしょう。 失恋の傷が癒えてから、公表していく方法もよいアイデアです。 さて、それぞれに一長一短があるため、どれがベストになるかは人それぞれ。 きちんと別れた後なら、公表するもしないも自由です。 公表については、自分に合ったポリシーを立てておくといいでしょう。 ただし、どの方法でも共通する注意点があります。 恋人の悪口だけは避けることです。 恋人の悪口を言えば、別れた後、トラブルに発展することがあります。 悪口を言うあなたの印象も悪くなるでしょう。 別れの公表は自由ですが、元恋人の悪口だけは厳禁です。 別れたことの公表については、自分に合ったポリシーを立てておく。

27
★1

恋人と別れたことを、わざわざ親に言うべきか。

恋人と別れたことを、わざわざ親に言うべきか。 もちろん個人の自由であり、決まりがあるわけではありません。 言いたい人は言えばいい。 言いたくない人は言わなくてもいい。 どちらも自由ですが、親が恋人の存在を知っているかどうかが重要なポイントになるでしょう。 2つのパターンで分けて考えることができます。 ●恋人の存在を親が知らない場合 そもそも恋人の存在を親が知らないなら、別れた報告をしなくても問題ないでしょう。 失恋の傷口に触れてほしくない人も多いはず。 自分の恋愛は自分の事情ですから、親であれ、わざわざ報告する義務はありません。 もちろん言いたい人は言ってもいいですが、言わなくてもまったく問題ないでしょう。 ●恋人の存在を親が知っている場合 恋人の存在を親が知っているなら、隠したところでいずればれること。 どうせばれるなら、自分から報告して、心労を減らしておくのも得策です。 お付き合いで親から経済的支援をしてもらったことがあれば、状況報告だけでもしておくといいでしょう。 親は、常にあなたの味方です。 あまり騒いでほしくなければ、あらかじめそうお願いしておけば、最小限に抑えられます。 失恋した直後に言うのが厳しければ、失恋の傷が癒えてから伝えます。 もちろん「聞かれたら答える」というスタンスでもOKです。 親に伝えることで、励ましてくれたり慰めてくれたりしてくれるかもしれません。 親に誠意を見せておけば、新しい恋人ができたとき、再び応援してくれるでしょう。 恋人の存在を親が知っているなら、いずればれることだと諦め、伝えておく。

28
★1

別れた後、相手の親に報告しておくほうがいいのか。

交際が破局したとき、相手の親に報告は必要でしょうか。 交際が残念な結果で終われば、相手の親に報告をすべきか迷うところですが、実際はどうでしょうか。 まず報告を省くことは可能です。 恋愛は、あくまで2人のプライベート。 2人の交際ですから、わざわざ相手の親に報告する義務があるとは言いがたいでしょう。 相手の親にしてみれば、明らかに暗い話。 報告をされたところでどうしようもありません。 「そうですか」「これからも頑張ってください」など、社交辞令で終わるはずです。 場合によっては、厳しい言葉を言われたり、余計な引き止めにあったりすることもあるはずです。 そのため報告を省略しても、特に大きな問題にはならないでしょう。 ただし、報告することがいけないわけではありません。 交際中、相手の親からよくしてもらうこともあるでしょう。 食事に招待してもらったり、家に泊まらせてもらったり、タクシー代や旅行代を出してもらったりなどです。 相手の親に申し訳ない気持ちがあって収まらなければ、一言くらい伝えておくのも悪くありません。 相手の親にしてみれば、わが子の交際の結果が気になるのは当然。 相手の親に報告しても仕方ありませんが、少なくとも誠意は伝わるはずです。 報告は簡単な電話連絡で十分です。 残念な結果で終わることになれば、一言くらい報告があっても悪い気はしないでしょう。 わが子の交際相手からの報告があれば、状況だけは理解できるはずです。 相手の親から小言を言われる可能性もありますが、きちんと説明責任を果たす意味では意義があります。 少なくとも誠意は伝わるはずです。 あくまで任意ですが、社会人としての誠意を見せるなら、常識の範囲で伝えておくのも1つの方法です。 別れたことの気持ちが収まらなければ、相手の親にも別れの報告をしておく。

29
★0

結婚式直前の破談なら、相手の親にも謝っておくほうがいい。

普通の交際で別れた場合、基本的に相手の親への謝罪は不要です。 交際は2人の事情。 もちろん任意で相手の親に報告するのはいいですが、必須ではありません。 交際が始まれば、別れる可能性があるのも分かりきったこと。 あくまで2人のプライベートですから、別れたとしても、わざわざ相手の親に謝罪する必要はないでしょう。 ただし例外として、別れたとき、相手の親にも謝罪したほうがいいケースがあります。 それは、結婚式直前、自分に落ち度があって破談した場合です。 結婚式の日取りまで決めてから、婚約が破談になれば、悪影響が甚大です。 結婚する話は、すでに身近な人にも伝わっているため、後から事情を説明するのは大変でしょう。 結婚式直前の破談は、両家の親にも恥をかかせることになるため、謝罪は免れません。 また結婚式直前に式をキャンセルすれば、キャンセル料が発生する可能性があります。 一般的に結婚式直前のキャンセル料は高額です。 現実的にキャンセル料の相談が必要になるでしょう。 結婚式直前の破談は、込み入った事情が絡んでいることも多いはずです。 謝りにくい状況のはずですが、社会人の常識として、きちんと相手の親にも謝罪をしておくのが賢明です。 状況によって謝罪の仕方も変わりますが、キャンセル料などの相談もあるため、少なくとも必ず一言は連絡をします。 文句を言われたり怒鳴られたりする可能性もありますが、自分の落ち度として誠実に重く受け止めることが大切です。 結婚式直前、自分に落ち度があって破談した場合、きちんと相手の親にも謝っておく。

30
★0

別れた後、友達関係に戻るコツは、呼び方にある。

別れた後、友達関係に戻りたくても難しいことがあります。 会うと、お互いが付き合っていた頃を思い出してしまいます。 きちんと別れたつもりでも、中途半端に関係が戻ってしまうことは珍しくありません。 どうすればうまく友達関係に戻れるのか、悩む人も多いのではないでしょうか。 別れた後、友達関係に戻るコツがあります。 相手のことを「さん」という敬称を付けて呼べばいいのです。 たとえば「鈴木さん」「佐藤さん」「水口さん」「貴博さん」などです。 敬称を付けて呼べば、適度な堅苦しさが出て、ほどよい距離感ができます。 最初は不自然に感じますが、あくまで友達関係なら、敬称を付けて呼ぶのもありでしょう。 もちろん自分だけ心がけるのではなく、お互いが敬称を使って呼び合うようにします。 「さん付け」という敬称を使えば「友達関係に戻った」という雰囲気を、すぐ体験できるはずです。 さらに堅苦しさを強調したければ、名前に敬称を付けるより、名字に敬称を付けるほうが効果的です。 少し寂しい気もしますが、きちんと友達関係に戻りたいなら、効果的な手段です。 お金も手間もかからず、今すぐ実行できます。 最初は違和感があっても、敬称を付けて呼び続けていれば、だんだん慣れてきます。 敬称を付けても違和感がなくなれば、自然な友達関係に戻れているはずです。 別れて友達関係に戻ったら、お互い敬称を付けて呼ぶようにする。

同じカテゴリーの作品