失恋・別れ

別れた後に心がけたい
30のこと

  • 恋人と別れたら、
    新しい人生のスタート。
別れた後に心がけたい30のこと

もくじ

恋人と別れたら、新しい人生のスタート。

恋人と別れたら、新しい人生のスタート。

恋人と別れても、同じ毎日の繰り返し。
生活に大きな変化がないように思えるかもしれませんが、誤解です。
恋人と別れたら、新しい人生のスタートです。

自由を喜び、しっかり満喫しよう。

自由を喜び、しっかり満喫しよう。

付き合っていた頃は、恋人の都合を考える必要がありました。
そのおかげで恋人と楽しい時間を過ごせましたが、自由が制限されていた場面が多かったのではないでしょうか。
自分勝手な行動はできず、恋人の許可が必要になることもあったでしょう。

別れたら、むやみに過去を振り返らない。
現在と未来だけを考える。

別れたら、むやみに過去を振り返らない。現在と未来だけを考える。

別れた後は、むやみに過去を振り返らないようにしましょう。
過去を振り返りたくても、ぐっとこらえます。
もちろん反省として振り返るならいいのです。

別れた後は、反省点をまとめよう。

別れた後は、反省点をまとめよう。

別れた後は、前回の恋愛の反省点をまとめましょう。
「なぜ仲が悪くなったのか」
「何がきっかけでこじれ始めたのか」

元恋人との思い出の品物は、残すか、処分するか。

元恋人との思い出の品物は、残すか、処分するか。

別れた後、元恋人の思い出の品物はどうするか。
たとえば、元恋人からもらった手紙・備品・アクセサリーなどです。
「必要ない」という気持ちもあれば「もったいないから残したい」という気持ちもあり、悩むところではないでしょうか。

迷ったら、処分するのが無難。

迷ったら、処分するのが無難。

別れた後、元恋人からもらったものの扱い方は自由です。
元恋人との思い出を大切にしたいなら、残します。
過去を振り切り、未来に集中したければ、処分します。

別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいる場合。

別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいる場合。

対処が難しい場面の1つ。
それは、別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいる場合です。
「ほかに好きな人ができたから別れたい」というなら、まだいいのです。

恋人からもらった手紙を処分するとき、ありがちな行動パターン。

恋人からもらった手紙を処分するとき、ありがちな行動パターン。

恋人からもらった手紙を処分するとき、ありがちな行動パターンがあります。
「読んでから処分する」というパターンです。
「どんな内容だったかな。最後に1回読んでから処分しよう」

借りているものは、きちんと返却。

借りているものは、きちんと返却。

借りたものを返す。
これはお金であれ小物であれ、何でも同じです。
別れることになれば、元恋人から借りているものは、きちんと返却しましょう。

会って返却するのも難しい場合は、郵送。

会って返却するのも難しい場合は、郵送。

別れるときになったとき、元恋人から借りているものがあれば、きちんと返却しましょう。
面倒であっても、所有者が相手であるかぎり、返却するのがマナーです。
会って返却するのが最も確実です。

貸しているものがあれば、きちんと返してもらう。

貸しているものがあれば、きちんと返してもらう。

別れることになったとき、相手に貸しているものがあれば、返却をお願いしましょう。
所有権が自分なら、遠慮せず、返却のお願いができます。
高額のものなら、なおさらです。

できるだけ元恋人のことは思い出さない。

できるだけ元恋人のことは思い出さない。

別れた後は、できるだけ元恋人のことを思い出さないことです。
もちろん反省という意味で思い出すならいいのです。
恋人との過ごし方で「こうしておけばよかった」と思う点があれば、素直に認め、反省します。

暗いときこそ、進んで明るいものに触れていく努力が大切。

暗いときこそ、進んで明るいものに触れていく努力が大切。

別れた後は、進んで明るいものに触れていきましょう。
明るいものなら何でもかまいません。
たとえば、明るい本を読むことです。

別れても収まらないストレスは、建設的なことにぶつけるのが一番。

別れても収まらないストレスは、建設的なことにぶつけるのが一番。

別れても悔しさが収まらないこともあるでしょう。
たとえば、恋人の浮気です。
相手の浮気が発覚して、自分から別れ話を切り出し、別れることになった。

別れた後に心がけたいのは、自分磨き。

別れた後に心がけたいのは、自分磨き。

じっとしているだけでは、何も変わりません。
身も心も衰えるばかり。
そこで別れた後に心がけたいのは、自分磨きです。

友達関係に戻ってしばらくは、連絡を控える。

友達関係に戻ってしばらくは、連絡を控える。

友達関係に戻る別れ方をすることがあります。
友達関係に戻るのはいいのですが、注意があります。
別れてしばらくは、元恋人との連絡を控えたほうが賢明です。

元恋人と連絡するときに心がけたい、2つのポイント。

元恋人と連絡するときに心がけたい、2つのポイント。

別れた後、元恋人と連絡を取ることがあります。
元恋人から連絡が来ることもあれば、こちらから連絡をすることもあるでしょう。
すでに別れた人との連絡は、接し方が難しいのではないでしょうか。

別れた後は、傷心旅行のベストタイミング。

別れた後は、傷心旅行のベストタイミング。

別れた後は、旅行のタイミングです。
「失恋して旅行はおかしいのではないか」と思うかもしれませんが、誤解です。
失恋したからこそ、旅行です。

別れた後の拒食と過食には、要注意。

別れた後の拒食と過食には、要注意。

別れた後に注意したいこと。
それは、拒食と過食です。
恋人がいなくなると、心の大きなストレスを抱え、食が偏りやすい傾向があります。

失恋の後は、やけになった恋愛に要注意。

失恋の後は、やけになった恋愛に要注意。

恋人と別れた後は、不安や寂しさや落ち込みが襲います。
中には晴れ晴れした気持ちになる人もいるでしょうが、一般的に別れの後は、どんよりとした気持ちになるでしょう。
振った側であれ振られた側であれ、つらい・悲しい・寂しいの三重苦が襲います。

堂々と「慰めてほしい」とお願いしていい。

堂々と「慰めてほしい」とお願いしていい。

恋人と別れて落ち込んでいるとき、慰めてもらおうと、友達に連絡することがあるでしょう。
あなたのことをよく知る友達なら、明るい言葉で励ましてくれるはず。
「きっと明るい言葉で元気づけてくれるに違いない」

別れた人の悪口は、言いたくても言わない。

別れた人の悪口は、言いたくても言わない。

別れた後、別れた人の悪口を言いたくなるかもしれません。
「別れたい」と思ったくらいなら、大なり小なり、とがめたくなる点があったかもしれません。
しかし、やはり別れた人の悪口は言わないのが賢明です。

元恋人の秘密は、別れた後も守り続ける。

元恋人の秘密は、別れた後も守り続ける。

付き合っているうちに、恋人の秘密を知ることがあるでしょう。
誰にでも知られたくない秘密があるもの。
秘密とは不思議なもので、重大な内容であればあるほど、誰かに言いたくなります。

イメージした人が、現実に現れる。

イメージした人が、現実に現れる。

恋人と別れた後は、次に付き合いたい人をイメージしておきましょう。
「自然と好きになった人と付き合う」という考えもいいですが、理想をイメージしておくほうがもっとスムーズです。
前回までの恋愛を通して、自分の好みに気づく点があったのではないでしょうか。

別れてすぐ別の人と付き合うこともあっていい。

別れてすぐ別の人と付き合うこともあっていい。

運命の巡り合わせは、いつどこであるかわかりません。
幸運にも、恋人と別れてすぐ別の人と付き合うチャンスに恵まれることがあります。
そんなときに悩むのは、元恋人への罪悪感です。

別れたことを公表すべきか。

別れたことを公表すべきか。

正式に恋人と別れたとします。
別れた後は、恋人関係を知る友達知人に公表すべきか、迷うところではないでしょうか。
別れた後の公表については、大きく分けて次の3つがあります。

恋人と別れたことを、わざわざ親に言うべきか。

恋人と別れたことを、わざわざ親に言うべきか。

恋人と別れたことを、わざわざ親に言うべきか。
もちろん個人の自由であり、決まりがあるわけではありません。
言いたい人は言えばいい。

別れた後、相手の親に報告しておくほうがいいのか。

別れた後、相手の親に報告しておくほうがいいのか。

交際が破局したとき、相手の親に報告は必要でしょうか。
交際が残念な結果で終われば、相手の親に報告をすべきか迷うところですが、実際はどうでしょうか。
まず報告を省くことは可能です。

結婚式直前の破談なら、相手の親にも謝っておくほうがいい。

結婚式直前の破談なら、相手の親にも謝っておくほうがいい。

普通の交際で別れた場合、基本的に相手の親への謝罪は不要です。
交際は2人の事情。
もちろん任意で相手の親に報告するのはいいですが、必須ではありません。

別れた後、友達関係に戻るコツは、呼び方にある。

別れた後、友達関係に戻るコツは、呼び方にある。

別れた後、友達関係に戻りたくても難しいことがあります。
会うと、お互いが付き合っていた頃を思い出してしまいます。
きちんと別れたつもりでも、中途半端に関係が戻ってしまうことは珍しくありません。

同じカテゴリーの作品