人生の教科書



就職活動
親の職業や会社名について質問されたときの答え方。
就職活動
自分の人生の採点について質問されたときの答え方。
就職活動
OB・OG訪問について質問されたときの答え方。
就職活動
資格について質問されたときの答え方。
就職活動

答えるのが難しい
30の面接の定番質問

お気に入り3 読んだ
2

面接の自己採点について質問されたときの答え方。

面接の自己採点について質問されたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

「今日のあなたの面接を、自分で採点すると、何点ですか」

自己採点する流れになるとは、思いも寄らない展開でしょう。

質問されるとすれば、面接の終盤になるはずです。

面接の余韻につながりやすい質問ですから、焦らず、落ち着いた態度で答えましょう。

質問の意図

この質問の意図は、応募者が、自分をしっかり表現できたかどうかの確認です。

直接本人に質問することで、応募者が考える表現の達成度を確認できます。

表現できなかった部分があれば、そこを詳しく知りたい狙いもあります。

恥ずかしくても、自信を持って堂々と答える

自分で採点するときは、恥ずかしさのため、おどおどした態度になりがちです。

 

たしかに自分で自分を採点するのは、不自然な感じがして、答えにくいでしょう。

 

しかし、曖昧な態度をすれば、自信がないと誤解される可能性があります。

自分の判断による採点ですから、自信を持って堂々と答えましょう。

大切なのは、採点の根拠

自分を立派に見せようと、無理に高い点数で答える必要はありません。

謙遜した様子を見せようと、無理に低い点数である必要もありません。

正直な自分の考えで、採点しましょう。

大切なのは、採点の根拠です。

面接官は、採点について尋ねた後、おそらくその点数である理由を質問してくるはずです。

ここできちんと答えられなければ、主体性がないと判断されます。

その点数だと判断した経緯を、反省点とともに、ありのまましっかり伝えましょう。

やり直しを訴えてみる

 

さて、この質問をされたとき忘れてならないことが、1つあります。

状況が許せば、点数と反省点を伝えた後、やり直しを訴えてみましょう。

「納得がいかない部分があります。よろしければ、もう一度その部分だけ、やり直しさせてください」

積極的に訴えれば、面接官は許可してくれるかもしれません。

採点について質問された機会を利用して、挽回のチャンスに変えるのです。

まとめ

答えるのが難しい面接の定番質問 その2
  • 面接の自己採点について質問されたときは、反省点とともに、ありのまましっかり伝える。
次のページ >>
「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」と聞かれたときの答え方。

もくじ
(答えるのが難しい30の面接の定番質問)

同じカテゴリーの作品