人生の教科書



就職活動
学生気分を捨てるのが、社会人になる第一歩。
就職活動
インターンシップにおける、企業と学生のメリット。
就職活動
環境問題について質問されたときの答え方。
就職活動
同じ約束の時間でも、学生と社会人では、考え方が違う。
就職活動

答えるのが難しい
30の面接の定番質問

お気に入り3 読んだ
9

学生と社会人の違いについて質問されたときの答え方。

学生と社会人の違いについて質問されたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

  • 「社会人にどんなイメージを持っていますか」

  • 「学生と社会人の違いについて、あなたの考えを聞かせてください」

この質問の意図は、応募者が描く、社会人のイメージの確認です。

とっさに質問されると、うまく答えにくい質問のため、事前に考えを整理しておく必要があります。

面接対策というより、就職活動における心構えとして、深く考えておくといいでしょう。

自分が描いている社会人のイメージを、しっかり伝えられるような答え方を心がけましょう。

自分なりの考えを述べる

まず、自分なりに学生と社会人の違いを考えた答えを述べましょう。

教科書のような答えがあるわけではありません。

忍耐・チームワーク・人間関係など、キーワードを使って説明すると分かりやすくなります。

  • 「学生とは違い、社会人は自分勝手な行動が許されず、チームワークが必要になる」

  • 「苦手な人とも協力しながら仕事を進めなければいけない覚悟が必要」

個人の価値観ですから、自分が考える正直な回答でかまいません。

責任だけは押さえておきたい

答え方は自由ですが、1つだけ、押さえておきたいポイントがあります。

責任です。

できれば、責任の重要性だけは触れておくのが得策です。

責任について言及があれば、応募者が責任に対する理解と覚悟ができていることをアピールできます。

身勝手な行動は許されず、引き締まった気持ちで仕事をしようとする意気込みが伝わりやすくなるのです。

  • 「社会人になると、無責任な行動が許されないと思っています。責任の重要性が、学生とは違う決定的な点だと考えています」

真剣な表情で語れば、非常に頼もしい雰囲気が漂うでしょう。

まとめ

答えるのが難しい面接の定番質問 その9
  • 学生と社会人の違いについて質問されたときは、
    責任の大きさに言及した答え方をする。
隣の人の発言について意見を求められたときの答え方。

もくじ
(答えるのが難しい30の面接の定番質問)

同じカテゴリーの作品