人生の教科書



ダイエット
「何を食べるか」より「何を食べないか」。
モテたい
ライバルとは、もう1人の自分。
合コン
2次会参加メンバーの抜けが多くて困ったときの対処法。
ダイエット
虹色の野菜が、あなたを虹のように美しくさせる。
就職活動

答えるのが難しい
30の面接の定番質問

お気に入り2 読んだ
11

ライバルについて質問されたときの答え方。

ライバルについて質問されたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

  • 「あなたにはライバルがいますか」

  • 「あなたのライバルは、どんな人ですか」

この質問の意図は、応募者に競争相手がいるかどうかの確認です。

ライバルは、自分の力量を効率よく高めるために、効果的とされています。

応募者が意識しているライバルについて質問することで、応募者の志や成長力がうかがえます。

世間としては「ライバルがいるほうが好ましい」という風潮にありますが、流される必要はありません。

ライバルの有無にかかわらず、大切なのは自分らしい生き方です。

張りのある生活のために、ライバルを作っている人もいるでしょう。

逆に、自分のペースを大切にしたいため、あえてライバルを作らない生き方もあるでしょう。

自分らしい生き方なら、どちらも素晴らしい生き方です。

面接官の評価や世間の風潮に流されず、正直な意見を伝えましょう。

ライバルがいる場合

ライバルがいる場合は、その人がライバルである理由や経緯を詳しく答えましょう。

もちろん年下のライバルでもかまいません。

その人がいるおかげで、生活にどんな変化が生まれているのか、精神的な面も含めて具体的に答えましょう。

目指している課題や目標も一緒に答え、しっかり熱意を伝えることが大切です。

熱く語ると、いかに重要なライバルであるかが、よく伝わるはずです。

ライバルがいない場合

ライバルがいなくても、正直に答えることができます。

 

ただし「いません」と、簡潔に答えるだけでは不十分です。

ライバルがいなければ、理由も一緒に説明して、面接官に理解してもらう努力が必要です。

「自分のペースを大切にしたい」「自分らしい生き方に焦点を当てたい」など、自由です。

合理的な理由なら、面接官は、応募者の生き方を尊重するでしょう。

まとめ

答えるのが難しい面接の定番質問 その11
  • ライバルについて質問されたときは、
    面接官の評価は気にせず、
    正直に答える。
不採用になった後の進路について質問されたときの答え方。

もくじ
(答えるのが難しい30の面接の定番質問)

同じカテゴリーの作品