就職活動

答えるのが難しい
30の面接の定番質問

お気に入り2 読んだ
11

ライバルについて質問されたときの答え方。

ライバルについて質問されたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

「あなたにはライバルがいますか」

「あなたのライバルは、どんな人ですか」

この質問の意図は、応募者に競争相手がいるかどうかの確認です。

ライバルは、自分の力量を効率よく高めるために、効果的とされています。

応募者が意識しているライバルについて質問することで、応募者の志や成長力がうかがえます。

世間としては「ライバルがいるほうが好ましい」という風潮にありますが、流される必要はありません。

ライバルの有無にかかわらず、大切なのは自分らしい生き方です。

張りのある生活のために、ライバルを作っている人もいるでしょう。

逆に、自分のペースを大切にしたいため、あえてライバルを作らない生き方もあるでしょう。

自分らしい生き方なら、どちらも素晴らしい生き方です。

面接官の評価や世間の風潮に流されず、正直な意見を伝えましょう。

ライバルがいる場合

ライバルがいる場合は、その人がライバルである理由や経緯を詳しく答えましょう。

もちろん年下のライバルでもかまいません。

その人がいるおかげで、生活にどんな変化が生まれているのか、精神的な面も含めて具体的に答えましょう。

目指している課題や目標も一緒に答え、しっかり熱意を伝えることが大切です。

熱く語ると、いかに重要なライバルであるかが、よく伝わるはずです。

ライバルがいない場合

ライバルがいなくても、正直に答えることができます。

 

ただし「いません」と、簡潔に答えるだけでは不十分です。

ライバルがいなければ、理由も一緒に説明して、面接官に理解してもらう努力が必要です。

「自分のペースを大切にしたい」「自分らしい生き方に焦点を当てたい」など、自由です。

合理的な理由なら、面接官は、応募者の生き方を尊重するでしょう。

まとめ

答えるのが難しい面接の定番質問 その11
  • ライバルについて質問されたときは、面接官の評価は気にせず、正直に答える。
不採用になった後の進路について質問されたときの答え方。

もくじ
答えるのが難しい30の面接の定番質問
ライバルについて質問されたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

  1. 嫌いな人について質問されたときの答え方。
  2. 面接の自己採点について質問されたときの答え方。
  3. 「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」と聞かれたときの答え方。
  4. 方言について指摘されたときの答え方。
  5. 浪人や留年の原因について質問されたときの答え方。
  6. 正社員ではなく、アルバイトとして働いてほしいと言われたときの答え方。
  7. 付き合っている人について質問されたときの答え方。
  8. 今まで内定が取れなかった理由について質問されたときの答え方。
  9. 学生と社会人の違いについて質問されたときの答え方。
  10. 隣の人の発言について意見を求められたときの答え方。
  11. ライバルについて質問されたときの答え方。
  12. 不採用になった後の進路について質問されたときの答え方。
  13. すべて不採用だった場合について質問されたときの答え方。
  14. 進路変更について質問されたときの答え方。
  15. 腹が立ったことについて聞かれたときの答え方。
  16. 突然、商品の売り込みを依頼されたときの答え方。
  17. 採用するメリットについて質問されたときの答え方。
  18. 逆面接の対応を迫られたときの答え方。
  19. 学業で一番苦労したことについて質問されたときの答え方。
  20. 内定が出た後の就職活動について質問されたときの答え方。
  21. 商品の感想や意見について質問されたときの答え方。
  22. 最後にアピールを質問されたときの答え方。
  23. 誰にも負けない強みがないときの答え方。
  24. 親や家族について質問されたときの答え方。
  25. 残りの学生生活の過ごし方について質問されたときの答え方。
  26. 就職活動で心がけていることについて質問されたときの答え方。
  27. 年配者との交流について質問されたときの答え方。
  28. 英語力について質問されたときの答え方。
  29. 没頭した経験について質問されたときの答え方。
  30. 自分の人生の採点について質問されたときの答え方。

同じカテゴリーの作品