人生の教科書



生き方
好きなこととはいえ、無謀なことは控える。
生き方
かっとなりやすい年配者が増えている。
生き方
家族の前で「死にたい」は禁句。
生き方
人生でやり残したことはありませんか。
生き方
都会のほうが、年配者に優しい場合もある。
言葉
大きな主語は、トラブルを招きやすい。
就職活動

答えるのが難しい
30の面接の定番質問

お気に入り1 読んだ
27

年配者との交流について質問されたときの答え方。

年配者との交流について質問されたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

  • 「普段、年配者と接することはありますか」

  • 「年配者と接する頻度を教えてください」

一般的に、年配者と接する機会が多い若者は、礼儀作法や言葉遣いが整っている傾向があります。

やはり普段から年上の人と接する機会が多ければ、礼儀作法や敬語が上達するのも当然の流れ。

また、年上の人と接していれば、数多くの知識や知恵に触れる機会も増えるため、本人の成長も早くなります。

質問の意図は、普段、年配者とどれだけコミュニケーションを取っているかの確認です。

社会で仕事をしていれば、社内でも社外でも、はるか年上の人と接する機会が数多くあります。

自分の親より年上の人と接することも珍しくありません。

普段から年配者とコミュニケーションが取れていれば、年配者とスムーズに接することができます。

年配者との交流は、浅い関係でもいい

生活を振り返り、年配者と接する場面を思い出しましょう。

深い交流でなくても、浅い交流でもかまいません。

近所のおじさんやおばさん。

アルバイトやボランティアで知り合った年配者でもかまいません。

もし、家の外で交流がなければ、家の中でもかまいません。

家族の祖父母でもいいでしょう。

年配者と接するときに心がけていることだけでなく、年配者から学んだことも紹介すると、より印象深くなります。

まとめ

答えるのが難しい面接の定番質問 その27
  • 年配者との交流について質問されたときは、
    接するときに心がけていることや学んだことを紹介する。
英語力について質問されたときの答え方。

もくじ
(答えるのが難しい30の面接の定番質問)

同じカテゴリーの作品