就職活動

答えるのが難しい
30の面接の定番質問

読んだ お気に入り1
3

「あなたが面接官なら、
どの応募者を採用しますか」と聞かれたときの答え方。

「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」と聞かれたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

圧迫面接は、個人面接のときだけ行われるとは限りません。

時には集団面接でも、意地悪な質問や威圧的な発言などをぶつけられることがあります。

集団面接で圧迫面接が行われる場合、代表的な質問は、ほかの応募者との比較です。

「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」

ほかの応募者がいる目の前で、無理やり選ばせるのです。

仮定の話とはいえ、答えづらいでしょう。

自分を卑下する発言はNG

まず気をつけたいのは、自分を卑下する発言です。

「私以外の人を採用したいと思います」などは、間違っても、発言してはいけません。

謙遜のつもりかもしれませんが、自信のない様子が伝わり、印象がよくありません。

また「私にはできません」「難しくて不可能です」など、話を濁すような返事も、やはり好印象とは言えないでしょう。

やはり自分を選ぶのが一番

この質問の意図は「自分に自信があるかどうか」です。

理想的な返事は、ただ1つ。

やはり自分を選ぶのが一番です。

「私なら、私を採用したいと考えます」と言って、堂々と自分を推しましょう。

「自分を推薦するのは厚かましい」と思うかもしれませんが、自分に自信があるなら、自分を推薦するのが自然です。

 

ただし「自分以外の人から選ぶ」という条件があれば、その限りではありません。

素直に自分がよいと思った人物を選びます。

まとめ

答えるのが難しい面接の定番質問 その3
  • 「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」と聞かれたときは「自分を採用する」と答える。
方言について指摘されたときの答え方。

もくじ
答えるのが難しい30の面接の定番質問
「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」と聞かれたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

  1. 嫌いな人について質問されたときの答え方。
  2. 面接の自己採点について質問されたときの答え方。
  3. 「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」と聞かれたときの答え方。
  4. 方言について指摘されたときの答え方。
  5. 浪人や留年の原因について質問されたときの答え方。
  6. 正社員ではなく、アルバイトとして働いてほしいと言われたときの答え方。
  7. 付き合っている人について質問されたときの答え方。
  8. 今まで内定が取れなかった理由について質問されたときの答え方。
  9. 学生と社会人の違いについて質問されたときの答え方。
  10. 隣の人の発言について意見を求められたときの答え方。
  11. ライバルについて質問されたときの答え方。
  12. 不採用になった後の進路について質問されたときの答え方。
  13. すべて不採用だった場合について質問されたときの答え方。
  14. 進路変更について質問されたときの答え方。
  15. 腹が立ったことについて聞かれたときの答え方。
  16. 突然、商品の売り込みを依頼されたときの答え方。
  17. 採用するメリットについて質問されたときの答え方。
  18. 逆面接の対応を迫られたときの答え方。
  19. 学業で一番苦労したことについて質問されたときの答え方。
  20. 内定が出た後の就職活動について質問されたときの答え方。
  21. 商品の感想や意見について質問されたときの答え方。
  22. 最後にアピールを質問されたときの答え方。
  23. 誰にも負けない強みがないときの答え方。
  24. 親や家族について質問されたときの答え方。
  25. 残りの学生生活の過ごし方について質問されたときの答え方。
  26. 就職活動で心がけていることについて質問されたときの答え方。
  27. 年配者との交流について質問されたときの答え方。
  28. 英語力について質問されたときの答え方。
  29. 没頭した経験について質問されたときの答え方。
  30. 自分の人生の採点について質問されたときの答え方。

同じカテゴリーの作品