就職活動

答えるのが難しい
30の面接の定番質問

読んだ お気に入り1
14

進路変更について質問されたときの答え方。

進路変更について質問されたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

「教職を取っていながら、本当に当社に入社する気があるのですか」

「専攻科目は演劇ですが、なぜ一般企業への入社を希望しているのですか」

専攻科目とは異なる企業で面接を受けるとき、よくある質問です。

面接官が確認したいのは、入社の意思が本気かどうかです。

ある職業を夢見て大学に入学したものの、将来を真剣に考えた結果、在学中に進路変更することがあります。

専攻科目とは関係ない業界に就職するなら、その理由について質問される可能性が高くなります。

あらかじめ理由を整え、きちんと答えられる準備が必要です。

堂々とした態度できちんと理由を答える

自分の進路を突き詰めた結果、途中で考えが変わったなら、そのことをきちんと伝えましょう。

大切なことは、堂々とした態度です。

「当社は滑り止めではないのですか」と厳しく突っ込まれるかもしれませんが、違うなら、堂々と答えましょう。

おどおど話していると「裏では、別の方向を目指しているのではないか」と疑われます。

面接官は、入社意思が本気かどうか確認したいだけですから、罪悪感を抱く必要はありません。

進路変更があったなら、その事情を具体的にきちんと伝え、入社意思が強いことをアピールしましょう。

面接官の目を見てしっかり話をすれば、本気である強い気持ちが伝わります。

「専攻科目だけは最後まで貫きたいため、現在も科目を継続しています」

こう発言すれば、目標を諦めない力をアピールできます。

まとめ

答えるのが難しい面接の定番質問 その14
  • 進路変更について質問されたときは、変更に至った事情を堂々と伝える。
腹が立ったことについて聞かれたときの答え方。

もくじ
答えるのが難しい30の面接の定番質問
進路変更について質問されたときの答え方。 | 答えるのが難しい30の面接の定番質問

  1. 嫌いな人について質問されたときの答え方。
  2. 面接の自己採点について質問されたときの答え方。
  3. 「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」と聞かれたときの答え方。
  4. 方言について指摘されたときの答え方。
  5. 浪人や留年の原因について質問されたときの答え方。
  6. 正社員ではなく、アルバイトとして働いてほしいと言われたときの答え方。
  7. 付き合っている人について質問されたときの答え方。
  8. 今まで内定が取れなかった理由について質問されたときの答え方。
  9. 学生と社会人の違いについて質問されたときの答え方。
  10. 隣の人の発言について意見を求められたときの答え方。
  11. ライバルについて質問されたときの答え方。
  12. 不採用になった後の進路について質問されたときの答え方。
  13. すべて不採用だった場合について質問されたときの答え方。
  14. 進路変更について質問されたときの答え方。
  15. 腹が立ったことについて聞かれたときの答え方。
  16. 突然、商品の売り込みを依頼されたときの答え方。
  17. 採用するメリットについて質問されたときの答え方。
  18. 逆面接の対応を迫られたときの答え方。
  19. 学業で一番苦労したことについて質問されたときの答え方。
  20. 内定が出た後の就職活動について質問されたときの答え方。
  21. 商品の感想や意見について質問されたときの答え方。
  22. 最後にアピールを質問されたときの答え方。
  23. 誰にも負けない強みがないときの答え方。
  24. 親や家族について質問されたときの答え方。
  25. 残りの学生生活の過ごし方について質問されたときの答え方。
  26. 就職活動で心がけていることについて質問されたときの答え方。
  27. 年配者との交流について質問されたときの答え方。
  28. 英語力について質問されたときの答え方。
  29. 没頭した経験について質問されたときの答え方。
  30. 自分の人生の採点について質問されたときの答え方。

同じカテゴリーの作品