人生の教科書



生き方
必ずしも、田舎が年配者に優しいとは限らない。
生き方
好きな人は、けなすより、褒めて振り向かせる。
生き方
高校生活は、頑張っても、頑張りすぎないこと。
生き方
20代ほど、激動の10年間はない。
生き方

70代がしておきたい
30のこと

お気に入り1 読んだ
14

都会のほうが、
年配者に優しい場合もある。

都会のほうが、年配者に優しい場合もある。 | 70代がしておきたい30のこと

老後に引っ越しするなら、田舎と都会、どちらがいいのでしょうか。

実は、一概には言えないのが、現状です。

一般的には「年配者は田舎がいい」という声をよく耳にしますが、人によります。

田舎は、娯楽もサービスも少ないため、かえって不便を生じることがあります。

買い物にも、苦労します。

病院があっても、医療レベルが低く、十分な医療を受けられない可能性があります。

自然があるのはいいのですが、娯楽も刺激も少ないため、ぼけやすくなる可能性もあります。

「田舎が年配者に優しいとは限らない」と言えるのです。

さて「田舎が年配者に優しいとは限らない」と言えるということは、逆の考え方もできます。

「都会のほうが年配者に優しい場合もある」ということです。

日本は長寿の国として有名ですが、地域別で見ると、ランクインの上位には都会が目立ちます。

その1つが、東京の港区です。

東京の港区といえば、都会の中の都会です。

都会であればあるほど、あらゆるサービスが集結しています。

あらゆる不便も、お金さえあれば、何とかできます。

娯楽が多く、医療レベルも高いため、結果として豊かな老後を送れます。

人込みが多く、賑やかです。

そうした刺激を「心地よい」と感じるタイプなら、都会に引っ越しするのも、1つの選択肢です。

人によっては、田舎より都会に引っ越したほうが、向いていることもあります。

だからこそ、一概には言えないのです。

大切なことは「自分はどちらが合っているのか」です。

老後を意欲的に楽しみたければ、都会も悪くはありません。

老後に引っ越しをするなら、田舎と都会、それぞれのメリットとデメリットを併せて考えましょう。

固定観念に惑わされず、よく考えた上で判断することが大切です。

まとめ

70代がしておきたいこと その14
  • アクティブな老後を求めるなら、都会への引っ越しを検討する。
次のページ >>
かっとなりやすい年配者が増えている。

もくじ
(70代がしておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品