就職活動

企業と時事問題に関する
30の面接の定番質問

読んだ お気に入り0
2

企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。

企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

企業のプロフィールについて質問をされることがあります。

「社長の名前は覚えていますか」

「事業内容を覚えていますか」

「当社の経営理念は言えますか」

どんな企業でも問われる可能性のある質問です。

シンプルな暗記問題ですから、覚えてさえいれば、難しく考えずに答えられる内容です。

この質問の意図は、応募者がきちんと企業研究をしているかの確認です。

志望企業に入社したければ、企業のプロフィールはしっかり確認できていて当然。

企業のプロフィールをすらすら答える姿を見せられれば、企業研究が入念であり、応募者の入社意欲が伝わるでしょう。

まず気をつけたいのは、曖昧な回答です。

濁した回答をしても、社員である面接官をごまかすのは難しいため、分かる範囲で正直に具体的に答えましょう。

覚えていなければ、素直に「覚えていません」と回答します。

記憶に自信がなければ「誤りがあれば、申し訳ございません」という断りを、一言入れておきます。

断りが一言あると、多少の誤りがあっても、寛大に受け入れてもらえる可能性があります。

答え方のポイントとしては、基本的に覚えていることを、そのまま伝えるだけで大丈夫です。

知っている範囲を、できるだけ具体的に回答しましょう。

もし余裕があれば、回答に加えて前向きな感想を述べるといいでしょう。

 

たとえば、経営理念について質問されたときは、回答の後、個人的な共感部分を話します。

共感によって面接官の心を動かせれば、印象にも残りやすくなります。

あくまで適度の範囲ですが、前向きな一言が加わると、熱意と意欲が伝わりやすくなります。

まとめ

企業と時事問題に関する面接の定番質問 その2
  • 企業のプロフィールについて質問されたときは、曖昧な回答はせず、覚えていることをそのまま伝える。
他社との違いを質問されたときの答え方。

もくじ
企業と時事問題に関する30の面接の定番質問
企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。 | 企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

  1. 企業選びの基準について質問されたときの答え方。
  2. 企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。
  3. 他社との違いを質問されたときの答え方。
  4. 企業説明会の感想について質問されたときの答え方。
  5. 他社の選考状況について質問されたときの答え方。
  6. OB・OG訪問について質問されたときの答え方。
  7. インターンシップについて質問されたときの答え方。
  8. 企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。
  9. 内定の有無を質問されたときの答え方。
  10. 志望順位について質問されたときの答え方。
  11. 企業のイメージについて質問されたときの答え方。
  12. 志望企業の将来について質問されたときの答え方。
  13. 志望企業の課題や改善点について質問されたときの答え方。
  14. 財務状況について質問されたときの答え方。
  15. 面接対策について質問されたときの答え方。
  16. 中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。
  17. 店舗の印象について質問されたときの答え方。
  18. 応募数を質問されたときの答え方。
  19. 通勤時間が長いと言われたときの答え方。
  20. 紹介者との関係について質問されたときの答え方。
  21. 入社意思を確認されたときの返事。
  22. 新聞の購読状況について質問されたときの答え方。
  23. ニュースの情報源を質問されたときの答え方。
  24. 志望業界で起こっている問題について質問されたときの答え方。
  25. 話題のニュースについて意見を求められたときの答え方。
  26. 気になるニュースについて質問されたときの答え方。
  27. 景気低迷について意見を求められたときの答え方。
  28. 少子高齢社会について質問されたときの答え方。
  29. 環境問題について質問されたときの答え方。
  30. 業界の10年後について質問されたときの答え方。

同じカテゴリーの作品