子育て

子育て上手な親になる
30の方法

読んだ お気に入り5
5

子供は、
真似の天才である。

子供は、真似の天才である。 | 子育て上手な親になる30の方法

子供にとっての人生の手本は、どこにあるのでしょうか。

絵本の中でしょうか。

テレビの中でしょうか。

それとも、夢の中でしょうか。

子供にとって一番の手本は、最も身近な存在である親です。

生まれたときからそばにいて、言葉も歩き方も礼儀やマナーも、親の真似をしながら覚えました。

先ほど私は、子供は失敗する天才だと言いましたが、子供にはもう1つの才能があります。

「子供は、真似の天才です」

子供は態度やマナーだけでなく、手本とする人をまるごと吸収してしまいます。

子供は、手本である親から言葉や態度、礼儀やマナーだけでなく、性格や感情までも真似をして学びます。

そんな感情や性格は家庭の中で育まれ、特に親からの影響を最も強く受けて成長します。

親であるあなたの日頃の行いを、子供は見ていないようで、しっかり見ています。

親たちは、親になる前に、まず人としてしっかりした人間でなければなりません。

私は子供のころから、親の影響を最も強く受けて育ってきました。

最も身近にいる人が親ですから、親から影響を受けざるを得ない状況でした。

この状況は私だけではなく、皆さんも同じことが言えるでしょう。

いつもそばにいるのは、お父さんとお母さんです。

私はいつも父と母からの影響を知らず知らずのうちに大きく受けていました。

どうすればいいのか分からなかったときには、すぐそばにいる両親を手本にしていました。

そんなことを子供のころから続けていれば、当然のことながら、私は親にそっくりな人間になってしまいました。

「カエルの子はカエル」という言葉があります。

カエルから生まれた子はやはりカエルであり、見た目も性格も動きも同じだという意味です。

私も『カエルの子はカエル』であり、自分は親とそっくりな性格だなとつくづくそう思います。

読者の中には「水口貴博の親は、どんな親なのだろうか」と、ふと疑問に思ったかたもいるのではないでしょうか。

私のような人間です。

考え方や行動は、私にそっくりです。

というより、私のほうが親の考え方や行動にそっくりなのです。

今の私は、手本である親の影響を受け、今に至っているわけです。

 

さて、本題へ戻ります。

以上のようなことを踏まえると、子供を立派に育てるためには手本である親が、まず立派な人間でなければいけません。

子供を育てるということは、子供に対してだけでなく、実は自分を磨くことでもあるのです。

磨かれた素晴らしい親からは、子供は素晴らしい影響を受けていきます。

親は何もしていないつもりでも、その存在そのものが、2つとない手本になるのです。

意外なことと思うでしょうが、子育てのためにはまず自分磨きを行うことです。

親であるあなたが素晴らしい人なら、子供はあなたを手本に、しっかり育っていってくれるのです。

まとめ

子育て上手な親になる方法 その5
  • 子供を育てる前に、自分磨きをする。
チョウを与えるより、虫取りアミを与えるほうがいい。

もくじ
子育て上手な親になる30の方法
子供は、真似の天才である。 | 子育て上手な親になる30の方法

  1. 子供の一生を決めるのは、親の育て方しだい。
  2. 子供は、失敗をする天才である。
  3. 教育の基本はとってもシンプル。
    「許す」と「教える」。
  4. 愛のない教育は、子供にとってむしろ毒となる。
  5. 子供は、真似の天才である。
  6. チョウを与えるより、虫取りアミを与えるほうがいい。
  7. 子供は、小さな暴れん坊将軍。
    暴れるのが、お仕事。
  8. たくさんの紙を与えてあげると、子供の書く力はどんどん伸びていく。
  9. 親の器の大きさが、子供の器の大きさになる。
  10. 「できなかった話」の前に「できた話」をすること。
  11. 親の言葉遣いが、子供の言葉遣いになる。
  12. 嫌がることをやらせても、本当に身につかない。
  13. よその子と比べないほうがいい。
  14. 子供には、全力を出すことだけに意識させればいい。
  15. 子供から、お金を取り上げてはならない。
    お金の勉強は、学校では教えてくれない。
  16. 遊びも立派な勉強となる。
  17. 親が勉強していると、子供も勉強したくなる。
  18. 「じゃあ自分たちで、何とかしなさい」
  19. 親も、子供から学んでいく。
  20. 子供が生まれて初めて目にする人間関係は、お父さんとお母さんの夫婦関係。
  21. 親が、親の悪口を言ってはいけない。
  22. 親の習慣が、子の習慣になる。
  23. 「ありがとう」が言えない子供は、社会に出てから苦労をする。
  24. 食事中のお説教はしない。
    せっかくのおいしい食事が台無しになる。
  25. 「うちの子に限って」という考え方はやめよう。
  26. 近所のおじさんおばさんにも、怒ってもらおう。
  27. いらいらしても、子供の人格や存在は否定しない。
  28. 子供の欠点を褒めるのは、親の仕事。
  29. 無条件に大切にすることが、愛である。
  30. いずれ自立する子供のために、親は子を育てる。

同じカテゴリーの作品