子育て

自立できる子供に育てる
30の教育法

8
6

「痛み」を経験することで、
免疫ができる。

「痛み」を経験することで、免疫ができる。 | 自立できる子供に育てる30の教育法

いまだに過保護の家庭というのが存在します。

というより、昔より過保護の家庭が増えています。

過保護が増える理由は、現代社会が今、少子化に向かっていることが原因の1つです。

今は、1つの家庭に子供が2人か1人が普通です。

 

しかし、昔は4人も5人もいる家庭が、ザラにありました。

子供が4人も5人もいると、一人一人に注意を向けられなくなります。

実際は、十分に面倒を見てやれなくて「自分で何とかしなさい」という育て方になります。

中途半端な教育に感じられますが、実際には「自分で何とかする」育て方のほうが、よほど子供は強くなります。

今は、子供が1人か2人ですから、親の目が十分に行き届いてしまいます。

必要以上に、子供の面倒を見てしまいます。

そのうえ、今は人間関係が薄れてしまっている時代ですから、余計に親は子供と接触したがります。

子供がかわいくて、つい甘やかしてしまうのです。

甘やかしたくなる気持ちは、親としては当たり前です。

 

しかし、過保護にしては、子供は免疫力をつけることができません。

子供に免疫力をつけてもらうためには、外の危険に触れることが必要です。

外部の危険に触れることはたしかに危険ではありますが、それだけの価値はあります。

子供は、危険に直面してけがをしたときに、痛みを実感しながら学びます。

この痛みは、本や話を見聞きするだけではわかりません。

実際に経験しないと、本当に理解できないのです。

私の実家は、田舎にあります。

それもとても田舎です。

外に出れば、山はあるし、川はあるし、海はあるし、畑もあります。

私が小さいころは、外で遊んでばかりいました。

もちろんけがもたくさんしました。

蜂の巣を突っついて追いかけられて刺されるという、漫画でしか見たことのないようなことも、実際に経験があります。

今思えば、けがをするのをわかっているにもかかわらず、それでもなお外に遊びに行かせてくれた親は、さすがだなと思います。

けがをして、血を流すのをわかっていても、それでも外へ遊びに行くことを許可してくれます。

痛くて血を流しても、親はさほど驚きません。

「大丈夫。大丈夫。それくらいで、死んだりせん」と言って、笑ってしまいます。

痛みを子供のころから経験することで、失敗やけが、痛みなどに対して、免疫をつけていきました。

もし、私を過保護に育て、危険に触れることを許してもらえなかったら、今の私はないでしょう。

今、つらいことがあっても元気でいられるのは、子供のころに痛いことを数え切れないほど経験しているため、慣れているのです。

悲観的なことに対して、免疫ができてしまったのです。

子供には、どんどん失敗をさせてあげましょう。

けがをしに行く気持ちになるくらいでいいのです。

子供がけがをすることで、人生に対して、少しずつ免疫をつけることができるのです。

自立できる子供に育てる教育法(6)
  • 「失敗」という痛みで、免疫力をつける。
親が笑うと、子供は安心する。

もくじ
自立できる子供に育てる30の教育法
「痛み」を経験することで、免疫ができる。 | 自立できる子供に育てる30の教育法

  1. 子供は、自分から自立していく。
    子供は、自分から自立していく。
  2. 勉強は、学校で学ぶ。<br>感情は、家庭で学ぶ。
    勉強は、学校で学ぶ。
    感情は、家庭で学ぶ。
  3. 甘えさせてもいい。<br>ただし、甘やかしてはならない。
    甘えさせてもいい。
    ただし、甘やかしてはならない。
  4. 「難しい」と答えると、子供は自立できない。<br>「簡単」と答えると、子供は自立する。
    「難しい」と答えると、子供は自立できない。
    「簡単」と答えると、子供は自立する。
  5. 子供は、親の真似をする。<br>自立した親からは、自立さえも真似をする。
    子供は、親の真似をする。
    自立した親からは、自立さえも真似をする。
  6. 「痛み」を経験することで、免疫ができる。
    「痛み」を経験することで、免疫ができる。
  7. 親が笑うと、子供は安心する。
    親が笑うと、子供は安心する。
  8. 子供の経験を、親が横取りをしない。<br>自分のことは、自分でさせるだけでいい。
    子供の経験を、親が横取りをしない。
    自分のことは、自分でさせるだけでいい。
  9. 子供に押し付ける親は、失敗する。<br>子供に任せる親が、慕われる。
    子供に押し付ける親は、失敗する。
    子供に任せる親が、慕われる。
  10. 「子供を理解する親」が、愛される。
    「子供を理解する親」が、愛される。
  11. 育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
    育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
  12. 「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。<br>「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
    「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。
    「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
  13. 親の口癖は、人生の教訓。
    親の口癖は、人生の教訓。
  14. 働く姿を見せると、子供は自立できる。
    働く姿を見せると、子供は自立できる。
  15. 自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
    自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
  16. 自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
    自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
  17. 子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
    子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
  18. 「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
    「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
  19. 聞くは一時の恥。<br>聞かぬは一生の恥。
    聞くは一時の恥。
    聞かぬは一生の恥。
  20. 大事な場面での沈黙が、子を育てる。
    大事な場面での沈黙が、子を育てる。
  21. 勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
    勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
  22. 「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
    「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
  23. 自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
    自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
  24. 学生の仕事は「勉強」だ。
    学生の仕事は「勉強」だ。
  25. 子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
    子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
  26. 「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
    「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
  27. 家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
    家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
  28. 「自問自答」できる人が、自立する。
    「自問自答」できる人が、自立する。
  29. 「かわいい子には、旅をさせよ」
    「かわいい子には、旅をさせよ」
  30. 泣きたいときには、泣かせてあげよう。<br>泣くことで、子供は強くなる。
    泣きたいときには、泣かせてあげよう。
    泣くことで、子供は強くなる。

同じカテゴリーの作品