金銭感覚

金運がよくなる
30の方法

読んだ お気に入り17
29

誰が儲かるのか。

誰が儲かるのか。 | 金運がよくなる30の方法

私たちは「資本主義社会」という「お金と資本が基盤の世界の上に住んでいること」を忘れないでください。

物が売られているということは、売っている人がいて、ある値段で販売しています。

お金を払えば、最終的に売っている人の元へ届きます。

「できるだけ安く仕入れ、高く売って利益を上げる」

このシンプルな流れが、資本主義社会の大原則です。

一見すると無料に見えることでも、別のどこかで、お金が関係しているのが普通です。

完全な無料は、存在しないと思ってください。

もちろん一部の大資本家が、過去に得た巨額の富を社会へ還元するために慈善団体や公共団体へ寄付をすることはあるでしょう。

 

しかし、お金も資本もない人間が意味もなく完全に無料で提供というのは、普通に考えてあり得ないことです。

お金がなくなれば、住む部屋も、食べる食事、着る服も買えなくなり、もはや死を意味します。

死を意味する無料を喜んで提供するなど、あり得ない話です。

あったとしても、経営が成り立たず、いずれ破産するでしょう。

 

さて、主題はここからです。

資本主義社会の真実は「誰が儲かるのか」と頭を絞ることで、裏が見えてきます。

「無料で見られるテレビ」「無料で手に入る雑誌」など、お金を必要としない話があります。

 

しかし、誰かが金儲けしています。

無料だからとはいえ、ほいほいついていくのは要注意です。

「その先には何かがある。結果として私たちはどこかでお金を払うことになる。結局、誰が儲かっているのか」と考えます。

「ただより高い物はない」といいます。

甘い話ほど、裏があるのです。

まとめ

金運がよくなる方法 その29
  • 誰が儲かっているのか、考える。
お金の量が、心の大きさに変わる。

もくじ
金運がよくなる30の方法
誰が儲かるのか。 | 金運がよくなる30の方法

  1. お金の流れをよくすれば、金運もよくなる。
  2. 資本主義社会は、ゼロサムゲーム。
  3. お金が消えることはない。
    お金が移動するだけなのだ。
  4. お金の失敗を反省したとき、損より得が大きくなる。
  5. 貧乏人は、浪費が多く、投資が少ない。
    お金持ちは、投資が多く、浪費が少ない。
  6. 「必要な物」で満足できる人が、お金持ちになれる。
  7. 現金が回収できるなら、欲しい物を手に入れていい。
  8. お金の問題とは、心の問題。
  9. お金は感情によって動かされている。
  10. 家族関係と金運は、連動する。
  11. プレゼントを無駄遣いだと思う人は、一生お金持ちになれない。
  12. 結婚資金を貯めるより、自分磨きのために使う人が、素晴らしい人と結婚できる。
  13. ギャンブルは、得をしたい金額より、損をしていい金額を決めてから始める。
  14. 教える側に立ったとき、金運はよくなる。
  15. お金に余裕のない人ほど「必ず儲かります」という話に引っかかってしまう。
  16. 感謝の言葉は、過去形より現在形で伝えよう。
  17. 節約は、不要な部分を削ること。
    必要な部分まで削ると意味がない。
  18. 情報の格差が、お金の格差になる。
  19. 高額な買い物に圧倒されても、契約書の確認を忘れないこと。
  20. 嫌いな仕事をすると、金運が下がる。
    好きな仕事をすると、金運が上がる。
  21. 「自己投資」と「人間関係」は、お金が増える投資先。
  22. 自信のなさを隠すためにお金を使うより、自信をつけるためにお金を使うほうがいい。
  23. 最も利率の高い銀行は、あなたの頭の中である。
  24. 怠け者は、お金持ちになる習慣。
  25. 親が貧乏なほうが、お金持ちになりやすい。
  26. 「給料が安い」と不満を漏らすなら、仕事の量や質が増えてからにする。
  27. 頼れば頼るほど、金運は下がる。
  28. 話には「意見」と「事実」の2種類がある。
  29. 誰が儲かるのか。
  30. お金の量が、心の大きさに変わる。

同じカテゴリーの作品