執筆者:水口貴博

食べることを楽しむ
30の方法

2
0

おいしいものを食べた人が幸せになるのではない。
おいしく味わった人が幸せになる。

おいしいものを食べた人が幸せになるのではない。おいしく味わった人が幸せになる。 | 食べることを楽しむ30の方法

食の幸せを感じるのは、どんなときでしょうか。

まず思い浮かぶのは「おいしいものを食べている場面」ではないでしょうか。

おいしい料理、話題の人気スイーツ、高級レストランのフルコース。

どれもおいしいと呼べる代表でしょう。

おいしいものを食べると、口の中においしい味が広がります。

心の中で音符が躍って、ハッピーな気持ちになります。

空腹感を満たせ、ハイパフォーマンスを発揮できるでしょう。

しかし、おいしいものを食べたからといって幸せになれるとは限りません。

ここが要注意ポイントです。

おいしいものを食べたとしても「ながら食い」では台無しです。

集中力が低下して、おいしい味も半減します。

「早食い」の場合もNGです。

いくらおいしいものであっても、飲み込むような食べ方になるときちんと味わうことができず、せっかくの味も帳消しです。

おいしいものを食べたとしても「感謝の気持ち」がなければ、意味がありません。

食べ物に対する感謝がなければ、おいしい食べ物も無味乾燥に感じるでしょう。

私たちの多くのが落ちる落とし穴です。

では、食で幸せになるにはどうすればいいか。

おいしいものを食べることではありません。

「おいしく味わうこと」なのです。

大切なことは「おいしく味わう」ということ

おいしく味わうことに集中してください。

「何を食べるか」より「いかに味わうか」です。

量は少なくても、ゆっくり食べれば、味をしっかり引き出せます。

普通の食べ物でも、よく噛んで味わえば、素晴らしいおいしさを感じます。

シンプルな食べ物でも、感謝の気持ちがあれば、贅沢ぜいたくに感じます。

たとえ食べ慣れたものでもいいのです。

「食事ができてありがたい」「食事を作ってくれてありがとう」と感謝の気持ちがあれば、十分な満足感が得られます。

おいしく味わうことさえできれば「味の感動」が得られます。

心はハッピーになり、幸せになります。

「何を食べるか」より「いかに味わうか」

結局のところ、何を食べてもいいのです。

おいしく味わえば味わうほどいい。

おいしく味わったほうが食の満足度が高まって、心が豊かになります。

今後食事の際は、何でもおいしく味わうことに集中してください。

「何を食べるか」より「いかに味わうか」です。

食べる対象より、おいしく味わうことに力を入れましょう。

よく噛んだり感謝の気持ちを持ったり「おいしい」と思いながら食べたりすればできます。

食べ物から味を引き出すようなイメージです。

おいしいものを食べた人が幸せになるのではありません。

おいしく味わった人が幸せになるのです。

食べることを楽しむ方法(2)
  • おいしいものを食べること以上に、おいしく味わうことを大切にする。
忙しくて外食できないときは、生活の中に組み込めばいい。

食べることを楽しむ30の方法
食べることを楽しむ30の方法

  1. 食欲が湧いたから食べるのではない。<br>食べるから食欲が湧く。
    食欲が湧いたから食べるのではない。
    食べるから食欲が湧く。
  2. おいしいものを食べた人が幸せになるのではない。<br>おいしく味わった人が幸せになる。
    おいしいものを食べた人が幸せになるのではない。
    おいしく味わった人が幸せになる。
  3. 忙しくて外食できないときは、生活の中に組み込めばいい。
    忙しくて外食できないときは、生活の中に組み込めばいい。
  4. 食べたいものから食べよう。<br>後回しにしていると、ろくなことにならない。
    食べたいものから食べよう。
    後回しにしていると、ろくなことにならない。
  5. なぜ「おいしそう」と思うだけで、おいしく感じやすくなるのか。
    なぜ「おいしそう」と思うだけで、おいしく感じやすくなるのか。
  6. 高級なものが贅沢な食事とは限らない。<br>贅沢は「値段」ではなく「満足感」で決まる。
    高級なものが贅沢な食事とは限らない。
    贅沢は「値段」ではなく「満足感」で決まる。
  7. 料理の写真を撮る人は多くても、食べている写真を撮る人は少ない。
    料理の写真を撮る人は多くても、食べている写真を撮る人は少ない。
  8. 食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
    食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
  9. たくさん食を楽しみたいなら、たくさん体を動かすこと。
    たくさん食を楽しみたいなら、たくさん体を動かすこと。
  10. 「ご飯少なめ」は恥ずかしいことなのか。
    「ご飯少なめ」は恥ずかしいことなのか。
  11. 小食にコンプレックスを持つ必要はない。
    小食にコンプレックスを持つ必要はない。
  12. 歯を大切にしてしすぎることはない。<br>おいしく食事を楽しめるのは、健康な歯があってこそ。
    歯を大切にしてしすぎることはない。
    おいしく食事を楽しめるのは、健康な歯があってこそ。
  13. 甘いものに興味がないふりをしないでください。
    甘いものに興味がないふりをしないでください。
  14. なぜたくさん食べても太らない人がいるのか。
    なぜたくさん食べても太らない人がいるのか。
  15. 「味音痴」と思ったら、濃い味付けをやめてみる。
    「味音痴」と思ったら、濃い味付けをやめてみる。
  16. お箸の正しい持ち方ができていますか。
    お箸の正しい持ち方ができていますか。
  17. 組み合わせの数だけ、食の楽しみもある。
    組み合わせの数だけ、食の楽しみもある。
  18. あなたは食のレポーター。<br>コメントしながら食べてみよう。
    あなたは食のレポーター。
    コメントしながら食べてみよう。
  19. 食事中のときくらい、カロリーのことは忘れてください。
    食事中のときくらい、カロリーのことは忘れてください。
  20. 食事を取らないことが、ミスを増やす原因。<br>きちんと食事を取るだけで、ミスが大幅に減る。
    食事を取らないことが、ミスを増やす原因。
    きちんと食事を取るだけで、ミスが大幅に減る。
  21. 食事中にため息をつくのは、マナー違反。
    食事中にため息をつくのは、マナー違反。
  22. 飲食店や高級レストランに詳しくないからといって、焦る必要はない。
    飲食店や高級レストランに詳しくないからといって、焦る必要はない。
  23. うっかりまずいものを口にしたとき、飲み込むか吐き出すか。<br>それが問題だ。
    うっかりまずいものを口にしたとき、飲み込むか吐き出すか。
    それが問題だ。
  24. 便秘になっていると、スムーズに食を楽しめない。
    便秘になっていると、スムーズに食を楽しめない。
  25. 食べることで、楽しめるようになる。
    食べることで、楽しめるようになる。
  26. 苦手な食べ物も、本気でおいしいと思い込んで食べてみよう。<br>奇跡が起こるかもしれない。
    苦手な食べ物も、本気でおいしいと思い込んで食べてみよう。
    奇跡が起こるかもしれない。
  27. デスクで食事を取る際、ちょっと華やかな雰囲気を演出する工夫とは。
    デスクで食事を取る際、ちょっと華やかな雰囲気を演出する工夫とは。
  28. 食後の余韻を長持ちさせるコツは「思い出すこと」にある。
    食後の余韻を長持ちさせるコツは「思い出すこと」にある。
  29. その食べ物は、あなたに食べてもらうのを待っている。<br>だからあなたは、それを食べる。
    その食べ物は、あなたに食べてもらうのを待っている。
    だからあなたは、それを食べる。
  30. 私たちは「空腹感との出会いと別れ」を繰り返している。
    私たちは「空腹感との出会いと別れ」を繰り返している。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION