執筆者:水口貴博

まとめ
(自分の限界を超える30の方法)
自分の限界を超える30の方法

  • 人生の暗黒時代を生かして、パワーに変える。
  • ときどきアウェーに足を運んで、自分を鍛える。
  • 顔を上げて、元気を出す。
  • 本気で願い、本気で行動する。
  • ぶつぶつ独り言を言う人に隠された「それなりの事情」に配慮する。
  • 自分よりひどい境遇の人たちを、想像する。
  • 「あの人は嫌いだけど、○○は尊敬している」というテンプレートで、嫌いな人の印象を改善する。
  • 大変な時期を一緒に過ごした人を大切にする。
  • タクシーがつかまらないくらいでいらいらせず、穏やかな気持ちでいるようにする。
  • 使っている道具に慣れてくれば、さらに質の高い道具に変える。
  • 間違ったことを教わっても、その人を恨まない。
  • 困難は、我慢しながらより、楽しみながら乗り越える。
  • 休憩は、したほうがいいものではなく、しなければいけないものと考える。
  • 悪口を運ぶ人ではなく、止める人になる。 褒め言葉を運ぶ人になる。
  • 憧れの人は「身の丈に合った人」より「一流の人」を設定する。
  • きついと感じたときは、険しい表情をするのではなく、にこにこする。
  • 応援する人になる。
  • チャンスの多い場所に行く。
  • ビジネスでは、常に結論から話をする癖をつける。
  • 100で十分な仕事でも、そこで満足せず、101を目指す。
  • 最高の仕事をした後でも、油断しない。 「次の仕事は適当でいいよね」ではなく「次も最高の仕事をする」と考える。
  • 「限界」という言葉を、禁句にする。
  • 限界という言葉を捨てる。
  • マンネリになったときこそ、サプライズをして、たっぷり驚いてもらう。
  • 逃げ道をなくして、ばか力を発揮しやすい状況を作り出す。
  • 本気になっているなら、細部こそこだわる。
  • 「ありがとうございます」と言われる仕事で満足しない。 「本当にありがとうございます」と言われる仕事を目指す。
  • 「つまらない」を禁句にして、日頃から「面白い」という口癖を身につける。
  • 「わからないので教えてください」と聞く前に、もう少し粘ってみる。
  • 「全力を出した」と思い込んでいることに気づく。 心のストッパーを外して、今度こそ100パーセントの発揮を心がける。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION