自分磨き

新しい自分に生まれ変わる
30の方法

24
18

過去は捨てていい。
ただし、
しっかり成長に変えること。

過去は捨てていい。ただし、しっかり成長に変えること。 | 新しい自分に生まれ変わる30の方法

失恋をしたときに、過去の人との写真を捨てる人と残す人の2とおりにわかれます。

写真を残しておきたい人は、今までのことを忘れたくない、過去を大切にしたい人です。

写真を捨てる人は、今までのことは忘れて、また新しい出会いを求めたい人です。

もっとよい人と出会い、もっとよい恋愛がしたければ、どちらが正解かもうおわかりですね。

生まれ変わって新しく恋愛をしたければ、写真は捨てたほうが大正解です。

写真を捨てることは、過去を捨てることであり、またそれに伴い新しく生まれ変わるということにつながるからです。

「そんな冷たいことはできない。過去はいつまでも大切にしたい」という人もいるでしょう。

そういう人は、そうすればいいのです。

生まれ変わることが嫌な人は、生まれ変わる必要なんてありません。

生まれ変わりたい人は、生まれ変わることを願う人だけ行うことであって、すべての人がする必要はないのです。

ただ写真を捨てて過去を捨てる人でも、1つ忘れてならないことがあります。

それは、写真と過去を捨てる分、しっかり成長に変えることです。

経験をして経験を捨てるというプラス・マイナス・ゼロではありません。

知恵は頭の中に蓄え、次の恋愛に生かすことが大切です。

必ずもっとよい人と出会うことができ、もっとよい恋愛をすることができるようになります。

捨てることができる人は、強い人です。

人間は過去にすがるのが好きで、しばしば昔を懐かしみます。

「あのころに戻りたいな……」

そんな言葉を口にしたことはありませんか。

この言葉を口にすることは、今を否定し、過去を引きずっている証拠です。

目の前にあるのは「今」しかないのにもかかわらず、後ろばかりを振り返り、戻らない過去が戻ることを願っているのです。

これでは、なかなか成長ができないのも納得ですね。

私は恋愛についても本を書いているためか、恋愛についての相談も多く受けます。

「もう別れてしまった人なのに、なかなか忘れられません。どうしてもその人以外の人との恋愛は考えられません」

こうした相談が特に多いです。

こうした場合、私はいつもこう聞きます。

「もしかして、その人との写真をまだ持っていますか」

すると、必ず「はい、捨てられずに持っています」と答えます。

私は「やはり、そうか」と思います。

このように過去を引きずって新しい恋愛ができないのは、写真が原因です。

写真ほど過去を思い出させ、過去にすがることを促進させるものはありません。

写真は昔を懐かしむにはよいですが、使い方しだいです。

諸刃の剣になるのです。

この人は写真をいつまでも持っているために、過去の人が忘れられず、過去のことばかり振り返って考えてしまっているのです。

さらに心配なのが、これに気づいていない本人です。

私が「写真を捨てれば、新しい恋愛ができますよ」と言うと「ダメ。嫌だ。それだけはできない」と拒絶します。

これが、過去を振り切る難しさです。

過去を振り切るのは大変なのです。

新しい自分に生まれ変わる方法(18)
  • 過去はしっかり成長に変えてから、捨ててしまう。
読む本のジャンルを変えるだけで、今までより深い知性が得られる。

もくじ
新しい自分に生まれ変わる30の方法
過去は捨てていい。ただし、しっかり成長に変えること。 | 新しい自分に生まれ変わる30の方法

  1. 新しい自分に生まれ変わろう。
    新しい自分に生まれ変わろう。
  2. 生まれ変わる手段の基本は、勉強。
    生まれ変わる手段の基本は、勉強。
  3. 昨日と違うことをするだけで、新しい自分に生まれ変われる。
    昨日と違うことをするだけで、新しい自分に生まれ変われる。
  4. 人のためになるような自分に生まれ変わろう。
    人のためになるような自分に生まれ変わろう。
  5. 新しい自分に出会うためには、新しいことを始めるだけでいい。
    新しい自分に出会うためには、新しいことを始めるだけでいい。
  6. 少しずつ、生まれ変わるのもよし。<br>一気に、生まれ変わるのもよし。
    少しずつ、生まれ変わるのもよし。
    一気に、生まれ変わるのもよし。
  7. 職業や肩書を変えなくても、生まれ変われる。
    職業や肩書を変えなくても、生まれ変われる。
  8. 採点なんてしなくていい。
    採点なんてしなくていい。
  9. 「憧れ」を想像しよう。<br>それがあなたの未来の姿。
    「憧れ」を想像しよう。
    それがあなたの未来の姿。
  10. 楽しいことを考えると、楽しくなる。<br>悲しいことを考えると、悲しくなる。
    楽しいことを考えると、楽しくなる。
    悲しいことを考えると、悲しくなる。
  11. 悲しいことが起こったときほど、明るいことを考える。
    悲しいことが起こったときほど、明るいことを考える。
  12. 叱られたときは、むっとするより「ありがとうございます」。
    叱られたときは、むっとするより「ありがとうございます」。
  13. 人と出会うたびに、どんどん生まれ変わっている。
    人と出会うたびに、どんどん生まれ変わっている。
  14. 人には、大きく重い価値がある。
    人には、大きく重い価値がある。
  15. 今までのパターンをちょっと変えるだけで、新しい刺激が飛び込んでくる。
    今までのパターンをちょっと変えるだけで、新しい刺激が飛び込んでくる。
  16. 先入観を捨てた瞬間が、新しく生まれ変わる瞬間。
    先入観を捨てた瞬間が、新しく生まれ変わる瞬間。
  17. 変えるのが難しい先入観は、少しずつでいい。
    変えるのが難しい先入観は、少しずつでいい。
  18. 過去は捨てていい。<br>ただし、しっかり成長に変えること。
    過去は捨てていい。
    ただし、しっかり成長に変えること。
  19. 読む本のジャンルを変えるだけで、今までより深い知性が得られる。
    読む本のジャンルを変えるだけで、今までより深い知性が得られる。
  20. 自分が持っていないものではなく、自分が持っているものを好きになる。
    自分が持っていないものではなく、自分が持っているものを好きになる。
  21. 地道に努力を続ける様子を、軽蔑しない。
    地道に努力を続ける様子を、軽蔑しない。
  22. 生まれ変わりとは、小さな変化の積み重ね。
    生まれ変わりとは、小さな変化の積み重ね。
  23. 自分こそが、自分にとっての一番の先生。
    自分こそが、自分にとっての一番の先生。
  24. 生まれ変わりたいなら、自分を型にはめる口癖はやめること。
    生まれ変わりたいなら、自分を型にはめる口癖はやめること。
  25. 生まれ変わるとは、受け入れられるようになること。
    生まれ変わるとは、受け入れられるようになること。
  26. 受け入れられるようになるためには、理解力を深めればいい。
    受け入れられるようになるためには、理解力を深めればいい。
  27. やったことのないことをやっていくことが、生まれ変わっていくということ。
    やったことのないことをやっていくことが、生まれ変わっていくということ。
  28. 繰り返しの中にも、新しい発見がある。
    繰り返しの中にも、新しい発見がある。
  29. 違う分野の人から学ぶと、新しい刺激が得られる。
    違う分野の人から学ぶと、新しい刺激が得られる。
  30. 人間の素晴らしい点は、何度でも生まれ変わることができるところ。
    人間の素晴らしい点は、何度でも生まれ変わることができるところ。

同じカテゴリーの作品