自分磨き

怠け癖を直す
30の方法

11
1

怠け癖を克服する鍵は、
精神論ではなく、
方法論にある。

怠け癖を克服する鍵は、精神論ではなく、方法論にある。 | 怠け癖を直す30の方法

怠け癖を直す基本として、まず注意したいことがあります。

それは「精神論」です。

怠け癖は、心や性格の問題があるように思われがちです。

心が弱かったり、だらしない性格だったりするため、怠け癖があると思われています。

そのため、怠け癖の改善には、精神的な取り組みが必要と思われがちです。

「心が弱いから怠けてしまうのだろう。もっとメンタルを鍛えなければいけない」

「だらしない性格だから、怠け癖になってしまうのだろう。もっと頑張らなければいけない」

「怠けてしまうのは気合が足りないせいだ。もっと気合を入れなければいけない」

気持ちを引き締めたり精神を高めたりすることで、怠け癖を直そうとする人もいるのではないでしょうか。

ここに注意があります。

怠け癖は、精神論では直せません。

精神論だけで怠け癖が直るなら、誰も苦労しません。

もちろん効果がゼロというわけではありませんが、あったとしても一時的です。

油断すれば、すぐ怠け癖に戻ります。

怠けることがよくないことは、本人も十分承知しています。

「頑張ろう」「やる気を出そう」「気合を入れよう」と思っていても、なかなかできないから苦労しているのです。

無理やり精神論で押し進めても、怠け癖は改善されません。

当然ですが、天に祈ったところで怠け癖は改善しません。

精神論だけで怠け癖は直せないのです。

 

では、怠け癖を直すには何が必要なのか。

方法論です。

怠け癖を直すには、方法があります。

正しい方法を使っていけば、少しずつ怠け癖が直っていきます。

階段を上るように、1つずつステップを上がっていけば、無理なく怠け癖を克服できます。

 

たとえば、仕事リストの作成です。

仕事リストを作成するのは、方法論の1つです。

仕事リストを作成すれば、やるべき仕事が明確になり、仕事の効率がよくなります。

仕事を終えるたびにリストに赤線を引けば、達成感が得られ、脳の報酬系に働きかけることができます。

自然とモチベーションが高まり、怠けにくくなります。

 

仲間を作るのも名案です。

仲間を作ると、お互いを意識し合うことになるため、サボりたくてもサボりにくくなります。

「一緒に頑張ろう」と励まし合えたり、絆を深めたりすることもできます。

 

きちんと朝食を取ることも、実は怠け癖の改善に役立ちます。

朝食を抜いていませんか。

空腹では気力が出ないため、だらだらしてしまうのも当然です。

しっかり朝食を取ることでエネルギーが満たされ、怠けず頑張れるようになります。

 

§

 

「怠け癖は性格の問題だから直せない」と思わないでください。

「自分はメンタルが弱いから怠け癖は直せない」というのも誤解です。

怠けないための方法を学び、活用してください。

心が弱くても、正しい方法を心がければ、必ず怠け癖は改善します。

今すぐ怠け癖を直すのは難しくても、正しい方法をこつこつ続けていけば、少しずつ改善に向かいます。

行動が変われば、心も変わります。

怠け癖を克服する鍵は、精神論ではなく、方法論にあるのです。

怠け癖を直す方法(1)
  • 怠け癖は、精神論ではなく、方法論で改善していく。
怠け癖は性格の問題だから直せないのか。

もくじ
怠け癖を直す30の方法
怠け癖を克服する鍵は、精神論ではなく、方法論にある。 | 怠け癖を直す30の方法

  1. 怠け癖を克服する鍵は、精神論ではなく、方法論にある。
    怠け癖を克服する鍵は、精神論ではなく、方法論にある。
  2. 怠け癖は性格の問題だから直せないのか。
    怠け癖は性格の問題だから直せないのか。
  3. 行動することのメリットを書き出すと、やる気のスイッチが入る。
    行動することのメリットを書き出すと、やる気のスイッチが入る。
  4. 怠け癖が直るから、目標を立てるのではない。<br>目標を立てるから、怠け癖が直る。
    怠け癖が直るから、目標を立てるのではない。
    目標を立てるから、怠け癖が直る。
  5. 失敗を恐れると、怠け癖になる。<br>失敗を受け入れると、怠け癖が直る。
    失敗を恐れると、怠け癖になる。
    失敗を受け入れると、怠け癖が直る。
  6. 出来すぎた計画は、もはや実行されない。
    出来すぎた計画は、もはや実行されない。
  7. きちんと朝食を取る習慣がないかぎり、怠け癖は直らない。
    きちんと朝食を取る習慣がないかぎり、怠け癖は直らない。
  8. 朝日を浴びながら、怠ける人はいない。
    朝日を浴びながら、怠ける人はいない。
  9. 怠け癖があるから、後回しにするのではない。<br>後回しにするから、怠け癖になる。
    怠け癖があるから、後回しにするのではない。
    後回しにするから、怠け癖になる。
  10. 簡単なことから少しずつ始めるのが、怠け癖を直すコツ。
    簡単なことから少しずつ始めるのが、怠け癖を直すコツ。
  11. 複雑に考えると、怠けたくなる。<br>シンプルに考えると、やる気が湧いてくる。
    複雑に考えると、怠けたくなる。
    シンプルに考えると、やる気が湧いてくる。
  12. 怠けている人と接していると、怠けたくなる。<br>頑張っている人と接していると、頑張りたくなる。
    怠けている人と接していると、怠けたくなる。
    頑張っている人と接していると、頑張りたくなる。
  13. ゲーム要素を取り入れる2つのポイント。<br>仕事リストを作る、記録をつける。
    ゲーム要素を取り入れる2つのポイント。
    仕事リストを作る、記録をつける。
  14. 怠けたときの悪影響を考えることは、自己管理を促す働きがある。
    怠けたときの悪影響を考えることは、自己管理を促す働きがある。
  15. ご褒美を用意しておけば、怠け心が吹き飛ぶ。
    ご褒美を用意しておけば、怠け心が吹き飛ぶ。
  16. 怠け癖があるから「面倒くさい」と言うのではない。<br>「面倒くさい」と言うから、怠け癖になる。
    怠け癖があるから「面倒くさい」と言うのではない。
    「面倒くさい」と言うから、怠け癖になる。
  17. 無駄な仕事を抱えていれば、怠け癖が出るのも当然。
    無駄な仕事を抱えていれば、怠け癖が出るのも当然。
  18. 誘惑を排除することは、怠け癖の改善を促すこと。
    誘惑を排除することは、怠け癖の改善を促すこと。
  19. やる気が出る音楽を聴くだけで、やる気モードのスイッチが入る。
    やる気が出る音楽を聴くだけで、やる気モードのスイッチが入る。
  20. 「無気力だから行動できない」というのは、思い込み。
    「無気力だから行動できない」というのは、思い込み。
  21. 着替えを制するものは、怠け癖を制する。
    着替えを制するものは、怠け癖を制する。
  22. 自宅にいるから、怠けてしまう。
    自宅にいるから、怠けてしまう。
  23. 鼓舞する言葉を言い聞かせるだけでも、怠け癖は直る。
    鼓舞する言葉を言い聞かせるだけでも、怠け癖は直る。
  24. 疲れとストレスをためないことが、怠け癖を直すことにもつながる。
    疲れとストレスをためないことが、怠け癖を直すことにもつながる。
  25. 失敗をイメージするから、怠け癖が出る。<br>成功をイメージすると、怠け癖が吹き飛ぶ。
    失敗をイメージするから、怠け癖が出る。
    成功をイメージすると、怠け癖が吹き飛ぶ。
  26. 責任感と使命感は、なくて困ることはあっても、あって困ることはない。
    責任感と使命感は、なくて困ることはあっても、あって困ることはない。
  27. 好きなアイドルや芸能人の写真を使って、怠け癖を直す。
    好きなアイドルや芸能人の写真を使って、怠け癖を直す。
  28. 大きな結果にこだわらない。<br>小さな結果にこだわろう。
    大きな結果にこだわらない。
    小さな結果にこだわろう。
  29. 仲間を作れば、怠けたくても怠けにくくなる。
    仲間を作れば、怠けたくても怠けにくくなる。
  30. 昨日より少し怠け癖が直っていれば十分。
    昨日より少し怠け癖が直っていれば十分。

同じカテゴリーの作品