執筆者:水口貴博

健康のためになる30の散歩術

1

なぜ、老いるときには、あっという間に老いるのか。

なぜ、老いるときには、あっという間に老いるのか。 | 健康のためになる30の散歩術

いく人ものご老人と接するとき、ふと気づくことがあります。

体力低下や筋力低下は少しずつ始まりますが、あるとき、一気に低下する時期があります。

あっという間です。

ついこの前まで、元気に歩いていた人が、数年後にお会いすると、別人になったかのように弱りきっていることもしばしばです。

「なぜ、老いるときには、あっという間に老いるのだろうか」

ふと、思います。

長く生きているわけではありませんが、私の身内、親族、知人など、そういう特徴に気づかざるを得ません。

これは、ある悪循環が関係していると思われます。

まず、若いうちは体力や筋力がありますから、スポーツを楽しんだりして、体力や筋力を維持できます。

元気だからスポーツをする。

スポーツをするから、体力や筋力が強化され、またスポーツに励む。

こういう健康を維持しやすい好循環があります。

しかし、人間は時間が経てば、必ず年を取ります。

年を取ると、体力や筋力は、次第に衰えてきます。

しかし、この「老いる」という状況を、過大に考えてしまいすぎる傾向があります。

「体に無理をさせないように」と思い、一転して体を動かさない方向へと考えてしまいがちです。

単に無理をしない範囲で運動を楽しめばいいのに「するか、しないか」という白黒で考えてしまう。

そういう本人の意識に加え、周囲の人からのアドバイスも影響があるのでしょう。

たとえば、医者や家族から「無理はなさらないようにしてください」とアドバイスします。

もちろんご本人のことを思ってのことです。

しかし「無理をしないように」というアドバイスと「あまり運動しないように」を誤解して受け止めてしまう傾向がある。

弱りつつある自分を悟り、余計にそういうふうに考えてしまうのかもしれません。

「たしかにそうだな。もう無理はしないようにしよう」

このように悪化の一途をたどり、だんだん衰えます。

「動かない→筋力が衰える→さらに動かなくなる→さらに衰える」

まさに悪循環。

そうしたときに、転んで、けがをしてしまいます。

入院でしばらくの間、寝たきりになり、一気に下降線をたどります。

ただでさえ弱っている体が、もう日に日に動かなくなるほどです。

健康を維持するのは、簡単なようで難しい。

ことの始まりは「無理をしないようにしよう」と思い始めたことです。

どこかで、この悪循環を断ち切ることが必要です。

それが、老若男女、誰でもできる「ウォーキング」だと考えています。

健康のためになる散歩術(1)
  • 「老い」に対して、過大に否定しすぎないようにする。
ウォーキング初心者は「歩数単位」より「時間単位」で始めるほうがうまくいく。

健康のためになる30の散歩術

  1. なぜ、老いるときには、あっという間に老いるのか。
  2. ウォーキング初心者は「歩数単位」より「時間単位」で始めるほうがうまくいく。
  3. 「たった3分だけ歩こう」そう思うほうが始めやすい。
  4. 歩数計は、歩数を測るだけの道具ではない。
    やる気を発生させる効果もある。
  5. 高機能な歩数計は、よきアドバイザー役になる。
  6. スポーツにかけるお金は、健康への投資であり、医療費の節約と考える。
  7. 外を歩くだけで、自然と免疫力が上がる。
  8. 人生を決める分岐点は、学生時代だけではない。
    社会人になってからもある。
  9. 自分の平熱は把握しているのに、1日の歩数を把握していない人は、多い。
  10. 睡眠時間はためられないが、歩いた歩数ならためることができる。
  11. ウォーキングの目標は「1日単位」より「1週間単位」のほうがうまくいく。
  12. 健康で大切なのは「1日に歩いた歩数」より「歩き続けた日数」。
  13. 健康を意識するなら、最低でも1日5,000歩は歩くべきだ。
  14. なぜ、足は第2の心臓と呼ばれるのか。
  15. ウォーキングの初心者は、坂道や不安定な道は避けておきたい。
  16. きれいな姿勢で歩く、3つのチェックポイント。
  17. 大型デパートは、楽しみながら歩ける散歩コースの穴場。
  18. 歩く習慣は、老若男女が死ぬまで一生楽しめるスポーツだ。
  19. 大きな目印があると、歩きやすくなる。
  20. 年を取るにつれて、運動量は増やさなければいけない。
  21. ウォーキングが大変だと思っている本当の正体。
  22. 水中ウォーキングには、陸の上ではできないメリットがある。
  23. 気分転換には、コーヒーより散歩のほうが効果的。
  24. 空腹状態でのウォーキングは控える。
    特に朝は要注意。
  25. なぜ、食事をした直後の運動は、おなかが痛くなるのか。
  26. 「激しい運動かどうか」の基準は「走る運動かどうか」でわかれる。
  27. 自動販売機やコンビニを利用すれば、ペットボトルを持ち歩く手間から解放される。
  28. 歩きながらの計算で、右脳だけでなく左脳も鍛える。
  29. ただ歩くだけで、多くの筋肉を同時に鍛えることができる。
  30. なぜ山登りを始めると、足が止まらなくなるのか。

同じカテゴリーの作品

3:25

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION