生き方

幸せの神様に愛される
30の方法

読んだ お気に入り5
7

言葉遣いを丁寧にするだけで、
すべてが好転する。

言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。 | 幸せの神様に愛される30の方法

どうすれば生まれ変われるのでしょうか。

どうすれば人生を素晴らしく変えられるのでしょうか。

人生を変える方法はさまざまありますが、最も身近な方法は1つしかありません。

 

「丁寧な言葉遣いにすること」です。

 

乱暴な言葉遣いをやめて、丁寧な言葉遣いを変えるだけでいいのです。

「言葉遣いを変えるだけでは何も変わらない」と思うかもしれませんが誤解です。

言葉は、私たちにとって「最も身近なコミュニケーションツール」です。

言葉は一生涯使うものであり、使用頻度も高く、使用期間も長い。

ビジネスでもプライベートでも必要です。

言葉遣いは、大切にしてしすぎることはありません。

会話であれメールであれ、人とやりとりする際は、言葉が必要です。

言葉遣いは、コミュニケーションを円滑にするだけでなく、自分の心にも影響します。

自分が発した言葉は、相手に届くと同時に自分にも届いています。

言葉遣いを変えるだけで、大きなインパクトがあります。

言葉遣いを変えるだけですが、波及効果は絶大です。

あなたの印象も性格も人間関係もよくなります。

生活が一変して、人生が変わったかのように感じるでしょう。

言葉遣いは、人生に影響する大きな力があるのです。

乱暴な言葉遣いは禁句にしよう

乱暴な言葉はすべて禁句にしましょう。

下品な言葉・汚い言葉など、乱暴な言葉に心当たりがあるなら、今後は一切言わないようにします。

うっかり口が滑って言うことはあっても、しっかり意識をして、できるだけ言わないように心がけます。

普段から使わないのはもちろんのこと、不快になったときでも、乱暴な言葉は使いません。

たとえ強い怒りを感じたときでも、乱暴な言葉は控え、丁寧な言葉遣いを貫きます。

丁寧な言葉遣いを使おう

乱暴な言葉遣いを禁句にした代わりに使いたいのが、丁寧な言葉遣いです。

俗語・学生言葉・砕けた言葉などは控えます。

目上の人と話すときは、きちんと敬語を使います。

年下と話すときも、偉そうな言葉遣いは控え、丁寧な言葉遣いを意識するのが正解です。

「きれい」「美しい」「嬉しい」「楽しい」「素晴らしい」など、積極的にポジティブなキーワードを使っていくことも大切です。

乱暴な言葉が浮かんだら、丁寧な言葉で言い直す

乱暴な言葉が浮かんだら、丁寧な言葉で言い直しましょう。

たとえば「くだらない」と言いそうになれば「理解するのが難しい」と言い換えます。

「嫌い」と言いそうになれば「好きではない」と言い換えます。

「デブ」と言いそうになれば「ふくよか」と言い換えるといいでしょう。

おおむね意味は同じですが、響きも印象もずいぶん変わります。

少しでも親切を受けたときは、きちんと声に出してお礼を言う

少しでも親切を受けたときは、きちんとお礼を言いましょう。

心の中で思うだけでなく、きちんと口に出して言うことが大切です。

きちんと声に出して「ありがとうございます」と言うから、感謝の気持ちも伝わります。

丁寧な言葉遣いを、ゆっくり落ち着いて話そう

さらに丁寧な言葉を磨きたいなら、話すスピードを意識してみてください。

早口で話すのではなく、ゆっくり落ち着いて話しましょう。

上品な印象が増して、さらにみやびやかな雰囲気が漂います。

言葉遣いを変えるだけで人生が変わるのですから、これほど楽なことはありません。

お金は一切不要です。

必要なのは、あなたの普段の心がけです。

叱るときもクレームを入れるときもどんなときも、丁寧な言葉遣いを貫きましょう。

言葉遣いは、性格にも影響する

はたまた性格まで穏やかに変わっていくでしょう。

性格がいいから、丁寧な言葉遣いをするのではありません。

丁寧な言葉遣いをするから、性格もよくなるのです。

言葉遣いは心にも影響するため、意識的に丁寧な言葉を使っていると、心が丸くなり、性格も穏やかになっていきます。

言葉遣いを変えるだけで、すべてが好転する

「乱暴な言葉遣いをやめて、丁寧な言葉遣いにする」

これを徹底して心がけてみてください。

一時的ではなく、一生続けるつもりで意識しましょう。

言葉遣いが変われば、必ずあなたは変わります。

あなたの印象も人付き合いも変わります。

生活が向上して、人生がスムーズに進むようになります。

言葉遣いが変わるだけで、すべてが好転するのです。

まとめ

幸せの神様に愛される方法 その7
  • 丁寧な言葉遣いを心がける。
誰も見ていないところで、いいことをしよう。
きちんと天から神様が見ている。

もくじ
幸せの神様に愛される30の方法
言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。 | 幸せの神様に愛される30の方法

  1. 神様はいると信じる人には、神秘的な力が宿る。
  2. 神様にも、好きなタイプと苦手なタイプの人がいる。
  3. 「幸せではない」という人は、幸せが逃げていく。
    「すでに幸せ」という人に、幸せが集まってくる。
  4. 神様は、見るものではなく、感じるもの。
  5. 1日・1週間・1カ月は、神様のリズム。
    神様のリズムを大切にすることは、神秘的な力を引き寄せることになる。
  6. 自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。
  7. 言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。
  8. 誰も見ていないところで、いいことをしよう。
    きちんと天から神様が見ている。善行は、誰も見ていないところでするから、意味がある。
  9. 批判する人にも、存在価値がある。
    あなたを批判する人が、一番よく見ている。
  10. 神様は、人に万能のコミュニケーションツールを与えた。
    笑顔である。
  11. 命は有限。
    笑う回数も有限。
  12. 神様はトイレにいる。
    トイレを掃除すると、神様から愛される。
  13. 落ち込んでいるときは、そばに神様がいることをイメージしよう。
  14. 神様は、にこにこしている人が大好き。
  15. 「自分は不幸でいい」と諦める必要はない。
    誰にでも幸せになる権利がある。
  16. どれだけ幸せであるかは、どれだけ心が満たされているかで決まる。
  17. 最も成長できる方法は1つだけ。
    「何でも勉強のつもりで吸収すること」
  18. あなたの目の前にある困難は、神様からのプレゼント。
  19. 自分にとっては真面目な人生なのに、周りからは不可解に見える人生がいい。
  20. 神様は、脱いだままの衣類を「ごみ」と見なす。
  21. 長時間の集中で疲れたら、大きく背伸びをしよう。
    神様が優しく抱きしめてくれる。
  22. あなたが書く日記は、神様の読み物。
  23. ぎりぎりアウトは「やめておきなさい」という神様からのアドバイス。
  24. 急に予定が空いたら「好きなことをしてもいい」という神様からのお告げ。
  25. 英雄になるためにはピンチが必要。
    ピンチは、神様が与えた飛躍のチャンス。
  26. 売り切れは「たまには違うものを買ってみよう」という神様からの提案。
  27. 理不尽な人は、いずれ天の裁きを受ける。
  28. 「○○してください」と願う人は、神様に嫌われる。
    「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛される。
  29. 運が悪かったときは、自分のせい。
    運がよかったときは、神様のおかげ。
  30. 神様は、こつこつ努力をする人が大好き。
    神様を追いかけるのではなく、追いかけてもらおう。

同じカテゴリーの作品