離婚の危機を回避する
30の方法

9
15

会話で本当に注意が必要なのは、
たった一言。

会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。 | 離婚の危機を回避する30の方法

夫婦仲が自然と悪くなる原因の1つに「言葉遣い」があります。

一度亀裂が入った夫婦仲を取り戻すためには、言葉遣いを見直すことは必須です。

どこか相手の気分を害するような態度や発言を、本人が気づかないうちにしている場合が多いものです。

言葉が悪いと、知らぬ間に相手に不快な印象を与えます。

もし、あからさまに相手を非難する言葉なら、まだ救いがあります。

「少し言いすぎたな」と気づきやすいため、反省しやすいからです。

「その言葉遣いを直してほしい」というパートナーからの主張も、素直に受け入れてくれることでしょう。

コミュニケーションでは、大きな言葉に重点を置いてしまいがちです。

しかし、本当に注意が必要なのは、実は「たった一言」です。

たった一言の批判で、会話全体が台無しになってしまうことがあります。

「それくらいできるだろう」

「かっこ悪い」

「ばか」

こうした「余分な批判言葉」が入っていませんか。

ほんの一言です。

そういう言葉が、たった一言でも混じると、急に元気がなくなります。

一言でも批判言葉が混じると、会話をするのが嫌になり、会話が少なくなります。

会話が少なくなると、相手の考えていることがわからなくなり、すれ違いが生じやすくなる。

これが、夫婦仲が悪くなる原因です。

これは、口にしている側は気づきにくいです。

たった一言ですから、ダメージも小さく、相手はすぐ忘れるだろうと軽く考えます。

しかし、そういう一言こそ、相手はいつまでも気にしてしまいます。

自然の会話の中でさらっと出た一言だからこそ、相手の本音が見えてしまい、心に突き刺さる。

一言ほど、長く引きずってしまいます。

事の発端は「余分な一言」です。

いま一度、自分の言葉遣いをチェックしてみましょう。

差別用語・見下す言葉・偏見を生む言葉など、使っていませんか。

差別や偏見を生む言葉は、一切使わないように注意しましょう。

注意を向けるべきは、ほんの短い言葉だったのです。

離婚の危機を回避する方法(9)
  • たった一言の批判こそ、注意する。
言葉の善しあしは「自分が言われて不快を感じるかどうか」で判断する。

離婚の危機を回避する30の方法
離婚の危機を回避する30の方法

  1. 結婚後、変わり始めているのは、相手ではなく自分かもしれない。
    結婚後、変わり始めているのは、相手ではなく自分かもしれない。
  2. 夫だけが使うものは夫のもの。<br>妻だけが使うものは妻のもの。<br>夫婦が共用するものは夫婦のもの。
    夫だけが使うものは夫のもの。
    妻だけが使うものは妻のもの。
    夫婦が共用するものは夫婦のもの。
  3. 夫婦で共用しようとする意識が薄いと、別居の原因になりかねない。
    夫婦で共用しようとする意識が薄いと、別居の原因になりかねない。
  4. 「してくれて当たり前」という基準でお礼を伝えれば、夫婦関係は必ずうまくいく。
    「してくれて当たり前」という基準でお礼を伝えれば、夫婦関係は必ずうまくいく。
  5. 熟年離婚の原因から、夫婦円満のポイントを探れ!
    熟年離婚の原因から、夫婦円満のポイントを探れ!
  6. 「いつもありがとう」と言い続けているうちは、絶対に悪くならない。
    「いつもありがとう」と言い続けているうちは、絶対に悪くならない。
  7. 部屋の光と色が明るいと、夫婦仲も明るくなる。
    部屋の光と色が明るいと、夫婦仲も明るくなる。
  8. 部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。
    部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。
  9. 会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。
    会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。
  10. 言葉の善しあしは「自分が言われて不快を感じるかどうか」で判断する。
    言葉の善しあしは「自分が言われて不快を感じるかどうか」で判断する。
  11. 口喧嘩をするから早口になるのではない。<br>早口になるから口喧嘩になる。
    口喧嘩をするから早口になるのではない。
    早口になるから口喧嘩になる。
  12. 夫婦仲を改善させようと無理に同行させた結果、逆に夫婦仲が悪くなる矛盾。
    夫婦仲を改善させようと無理に同行させた結果、逆に夫婦仲が悪くなる矛盾。
  13. 集合する時間と場所を決め、別々に行動すれば、自由になれる。
    集合する時間と場所を決め、別々に行動すれば、自由になれる。
  14. ソファーが、夫婦関係を改善させるきっかけになる。
    ソファーが、夫婦関係を改善させるきっかけになる。
  15. マッサージは、さりげなくスキンシップを増やす方法になる。
    マッサージは、さりげなくスキンシップを増やす方法になる。
  16. 嘘の罪は、夫婦だからこそ大きい。<br>1つでも嘘が見つかると、すべてが信用できなくなる。
    嘘の罪は、夫婦だからこそ大きい。
    1つでも嘘が見つかると、すべてが信用できなくなる。
  17. 「夫婦」という2文字にとらわれすぎていませんか。
    「夫婦」という2文字にとらわれすぎていませんか。
  18. 普段から小さな喧嘩をしている夫婦は、別れることはない。
    普段から小さな喧嘩をしている夫婦は、別れることはない。
  19. 違いはあって当然。<br>違いを楽しめることが必要だ。
    違いはあって当然。
    違いを楽しめることが必要だ。
  20. 子供は、反り合っている夫婦のかすがいになる。
    子供は、反り合っている夫婦のかすがいになる。
  21. ペットを飼うと、夫婦仲がよくなる。
    ペットを飼うと、夫婦仲がよくなる。
  22. 「離婚」という言葉は、夫婦間では禁句中の禁句。
    「離婚」という言葉は、夫婦間では禁句中の禁句。
  23. 1人になる時間があるから、一緒にいる時間が充実する。
    1人になる時間があるから、一緒にいる時間が充実する。
  24. 「初心忘るべからず」には、裏の意味がある。
    「初心忘るべからず」には、裏の意味がある。
  25. 家族全員が初心に返ることができるシンプルな方法。
    家族全員が初心に返ることができるシンプルな方法。
  26. 緩みすぎてから何とかしようと思っても、難しい。
    緩みすぎてから何とかしようと思っても、難しい。
  27. 緊張感のあるイベントを作ると、新婚時の気持ちがフラッシュバックされる。
    緊張感のあるイベントを作ると、新婚時の気持ちがフラッシュバックされる。
  28. 心の中で、パートナーと一度離婚する。
    心の中で、パートナーと一度離婚する。
  29. 別居によって、お互いの存在価値を再認識できる可能性がある。
    別居によって、お互いの存在価値を再認識できる可能性がある。
  30. 「よい離婚」も、世の中にはある。
    「よい離婚」も、世の中にはある。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION