執筆者:水口貴博

心の安定を保つ
30の方法

23
0

疲れるのはいい。
疲れをためるのがいけない。

疲れるのはいい。疲れをためるのがいけない。 | 心の安定を保つ30の方法

疲れるのはいいのです。

一生懸命頑張った証拠です。

しっかり頭や体を働かせた証拠です。

疲れとは無縁の人生を実現したいところですが、現実には困難です。

人間はロボットとは違い、疲れる生き物です。

スポーツであれ立ち仕事であれデスクワークであれ、頑張れば疲れます。

疲れの正体は、疲労物質「乳酸」です。

筋肉を動かしていると筋肉中に乳酸がたまり始め、これが疲れの感覚をもたらします。

生きていくうえで疲れは避けて通れません。

頑張れば頑張った分だけ疲れて当然です。

集中した後には、どっと疲れが襲ってくるでしょう。

仕事を頑張った後は、大きな疲れを感じるでしょう。

肉体労働であれ頭脳労働であれ、長時間に及ぶ仕事であれば、それだけ大きな疲れを感じます。

疲れることは、おかしいことでも恥ずかしいことでもありません。

むしろ素晴らしいことです。

「疲れた=頑張った」です。

「本当に疲れた=本当に頑張った」です。

疲れは頑張った証しですから、疲れている自分に誇りを持つことが大切です。

「疲れる」と「疲れをためる」は別物

さて、疲れるのはいいのですが、注意したいことがあります。

疲れをためるのはいけないのです。

「疲れる」と「疲れをためる」は別物です。

疲れを放置してため続けると、集中したくてもできなくなり、頑張ろうにも根気が出なくなります。

どんどん体が重くなって倦怠感けんたいかんがエスカレートしていき、翌日の仕事に支障を来します。

疲れをためない生活を心がける

疲れをためないためにはどうすればいいのでしょうか。

まず大切なのは「睡眠」です。

人にとって睡眠は3大欲求の1つであり必要不可欠です。

1日7時間以上の睡眠を心がけましょう。

日頃から十分な睡眠を心がければ、それだけ疲れも取れていきます。

バスタイムにも工夫の余地があります。

疲れを取るなら、シャワーより入浴のほうが効果的です。

きちんと湯船に浸かったほうが、全身が温まって血行が良くなり、ほどよく汗もかくので、乳酸の排出を促せます。

時間に余裕があれば、半身浴もおすすめです。

見落としがちなのは、ストレッチやマッサージです。

ストレッチやマッサージで血液循環を促すと筋肉の凝りが解消されます。

筋肉に柔軟性が戻ることで、筋肉中の乳酸がスムーズに排出されるようになります。

ストレッチやマッサージにはリフレッシュやストレス解消の効果もあるので、心身の疲れを癒したいときにはもってこいです。

規則正しい生活を心がけることも大切です。

私たちには「体内時計」があります。

昼夜逆転の生活になっているなら、なるべく日中中心の生活を心がけたほうがいいでしょう。

これらを心がけているにもかかわらず疲れが取れないなら、病気の可能性もあるので一度病院で診てもらうのがいいでしょう。

充実した人生を送るためには、疲れをためないことが大切です。

心の安定を保つ方法(23)
  • 疲れることはあっても、疲れをためないようにする。
本屋は、あなたの街の元気スタンド。
落ち込んだときは本屋に駆け込もう。

心の安定を保つ30の方法
心の安定を保つ30の方法

  1. 心の安定を保つためには「嫌なものは見ない努力」が大切。
    心の安定を保つためには「嫌なものは見ない努力」が大切。
  2. 精神的な時間を作って、心の健康を保とう。<br>精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
    精神的な時間を作って、心の健康を保とう。
    精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
  3. ワイヤーガラスのような心を持とう。<br>ひびは入っても、割れにくい。
    ワイヤーガラスのような心を持とう。
    ひびは入っても、割れにくい。
  4. わかってもらえなくていらいらするのは「わかってもらえて当然」と思っているから。
    わかってもらえなくていらいらするのは「わかってもらえて当然」と思っているから。
  5. 心が不安定になったときは、日光東照宮の三猿を思い出そう。
    心が不安定になったときは、日光東照宮の三猿を思い出そう。
  6. 「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる魔法の言葉。
    「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる魔法の言葉。
  7. 心の安定には、一定の貯蓄が必要。
    心の安定には、一定の貯蓄が必要。
  8. 支えてくれている人たちを思い出せば、気力が出る。
    支えてくれている人たちを思い出せば、気力が出る。
  9. 美人は、体重より姿勢に力を入れる。
    美人は、体重より姿勢に力を入れる。
  10. ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
    ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
  11. 重い病気を持つ人に、軽い人はいない。
    重い病気を持つ人に、軽い人はいない。
  12. 「電車は座るもの」と思うから、いらいらする。<br>「電車は立つもの」と思えば、いらいらしない。
    「電車は座るもの」と思うから、いらいらする。
    「電車は立つもの」と思えば、いらいらしない。
  13. 冷蔵庫の中は、あなたの自己管理能力を表している。
    冷蔵庫の中は、あなたの自己管理能力を表している。
  14. 「どうして自分だけが……」と思うから、つらくなる。<br>「多くの人が経験していること」と思えば、楽になる。
    「どうして自分だけが……」と思うから、つらくなる。
    「多くの人が経験していること」と思えば、楽になる。
  15. 光の刺激が強すぎることもある。<br>暗い環境が落ち着くときは、無理に部屋の電気をつけなくてもいい。
    光の刺激が強すぎることもある。
    暗い環境が落ち着くときは、無理に部屋の電気をつけなくてもいい。
  16. 怒りや憎しみは、心の猛毒。<br>怒りや憎しみの感情があると、病気にかかりやすくなる。
    怒りや憎しみは、心の猛毒。
    怒りや憎しみの感情があると、病気にかかりやすくなる。
  17. 心の痛みは、活動していれば気にならない。
    心の痛みは、活動していれば気にならない。
  18. 絶景写真集は、気軽に旅行気分を味わえる本。<br>旅行ができないときは絶景写真集を眺めて、旅行気分だけでも味わおう。
    絶景写真集は、気軽に旅行気分を味わえる本。
    旅行ができないときは絶景写真集を眺めて、旅行気分だけでも味わおう。
  19. 大きな我慢には気づいても、小さな我慢に気づく人は少ない。<br>小さな我慢も、積み重なると大きくなる。
    大きな我慢には気づいても、小さな我慢に気づく人は少ない。
    小さな我慢も、積み重なると大きくなる。
  20. 休まないことを自慢してはいけない。<br>皆勤賞は結果であって、目的にしてはいけない。
    休まないことを自慢してはいけない。
    皆勤賞は結果であって、目的にしてはいけない。
  21. ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。<br>ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。
    ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。
    ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。
  22. 「気分リセットの儀式」がある人は、ストレスに強くなる。
    「気分リセットの儀式」がある人は、ストレスに強くなる。
  23. 疲れるのはいい。<br>疲れをためるのがいけない。
    疲れるのはいい。
    疲れをためるのがいけない。
  24. 本屋は、あなたの街の元気スタンド。<br>落ち込んだときは本屋に駆け込もう。
    本屋は、あなたの街の元気スタンド。
    落ち込んだときは本屋に駆け込もう。
  25. それはアウトではない。<br>アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。
    それはアウトではない。
    アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。
  26. 何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
    何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
  27. 裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。<br>負の連鎖は、あなたのところで止める。
    裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。
    負の連鎖は、あなたのところで止める。
  28. 「言わなくてもわかる」と思うことから、トラブルが始まる。
    「言わなくてもわかる」と思うことから、トラブルが始まる。
  29. 元気になれる歌を歌えるようになっておこう。<br>いざというとき、心の救いとなる。
    元気になれる歌を歌えるようになっておこう。
    いざというとき、心の救いとなる。
  30. 寝る前に1日を頑張った自分をねぎらおう。<br>「今日もお疲れ様」
    寝る前に1日を頑張った自分をねぎらおう。
    「今日もお疲れ様」

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION