初対面で好印象を与える
30の方法

20
1

姿勢の良しあしは、
第一印象や好印象に直結する。

姿勢の良しあしは、第一印象や好印象に直結する。 | 初対面で好印象を与える30の方法

初対面で好印象を与えるには、姿勢も要チェックです。

いつの間にか姿勢が悪くなっていませんか。

清潔感や話す内容ばかり注意が向いて、姿勢がおろそかになっていませんか。

携帯電話が普及した影響で、前かがみの姿勢の人が増えています。

「姿勢くらいいいではないか」と思うかもしれませんが、油断は禁物です。

たしかに姿勢は、身だしなみではありません。

不潔な印象を与えるわけでもなければ、不快感を与えるわけでもありません。

しかし、姿勢はその人の印象を決める重要なポイントです。

姿勢が悪いと、自然とだらしない印象を与えてしまいます。

猫背を見て、好印象を受ける人はいません。

曲がった背筋からは「だるい」「疲れている」「元気がない」といったネガティブな雰囲気が漂います。

背筋が曲がっていると、心まで曲がっているように見えるでしょう。

せっかく笑顔で明るい会話ができても、姿勢が悪いと台無しです。

悪気がなくても、姿勢が悪いだけで、思わぬ誤解を招く恐れがあるのです。

きれいな姿勢を意識しましょう。

きれいな姿勢は、普段の生活でも大切なポイントですが、特に初対面は重要です。

初対面は、相手の外見から印象を決めるため、姿勢の良しあしは、第一印象や好印象に直結します。

前を向き、垂直に背筋をぴんと伸ばしましょう。

きれいな姿勢になると、シルエットが美しくなります。

きれいに伸びた背筋からは、知性と品性が感じられます。

少し顎を引くと、きゅっと表情が引き締まり、知的な印象もアップします。

座って話をするなら、椅子の背もたれに寄りかかるのは注意したほうがいいでしょう。

椅子の背もたれに寄りかかると、体が後ろに傾くため、どうしても姿勢が悪くなります。

寄りかかるのが悪いわけではありませんが、初対面から堂々と背もたれに寄りかかっていると、好印象を妨げることがあります。

リラックスしたくても、せめて初対面の場面なら、椅子の背もたれに寄りかからず、少し前かがみの姿勢がいいでしょう。

姿勢も大切な外見の1つです。

姿勢は身だしなみではありませんが、身だしなみと同じくらい外見の印象に影響を与えます。

背筋を伸ばしていると、疲れやすく感じるかもしれませんが、誤解です。

最初のうちだけです。

きちんと垂直に背筋を伸ばせば、体の重心が中央になり、筋肉に入れる力が小さくて済むので、かえって楽になります。

特に普段から姿勢が悪い人は、普段からきれいな姿勢を意識して習慣にしておきましょう。

きれいな姿勢の心がけに時間は不要です。

今すぐ意識をすれば、今すぐ実現できます。

あなたのきれいな姿勢に、好印象がにじみ出るのです。

初対面で好印象を与える方法(20)
  • 顎を引き、背筋をぴんと伸ばして、きれいな姿勢を意識する。
ずけずけデリケートな質問をするのは、いきなり土足で相手の心に踏み込んでいるようなもの。

初対面で好印象を与える30の方法
初対面で好印象を与える30の方法

  1. 人間性の向上は、時間がかかって大変。<br>好印象の向上は、今すぐできて限界がない。
    人間性の向上は、時間がかかって大変。
    好印象の向上は、今すぐできて限界がない。
  2. なぜ初対面では好印象を与えることが大切なのか。
    なぜ初対面では好印象を与えることが大切なのか。
  3. 仲良くなれるかなと思いながら会うのではない。<br>最初から仲良くなるつもりで会う。
    仲良くなれるかなと思いながら会うのではない。
    最初から仲良くなるつもりで会う。
  4. 前もって相手について知っておけば、初対面も怖くない。
    前もって相手について知っておけば、初対面も怖くない。
  5. 自分から自己紹介をしよう。<br>先に声をかけることが、すでに素晴らしい第一印象。
    自分から自己紹介をしよう。
    先に声をかけることが、すでに素晴らしい第一印象。
  6. 名字だけの自己紹介は、好印象が半減する。<br>フルネームの自己紹介は、好印象が倍増する。
    名字だけの自己紹介は、好印象が半減する。
    フルネームの自己紹介は、好印象が倍増する。
  7. 最も好印象の表情は、笑顔。
    最も好印象の表情は、笑顔。
  8. 初対面で好印象を与えるには、清潔感が欠かせない。
    初対面で好印象を与えるには、清潔感が欠かせない。
  9. 初対面で好印象を与える話し方は、丁寧な言葉遣い。
    初対面で好印象を与える話し方は、丁寧な言葉遣い。
  10. 自己紹介で相手の名前がわかれば、きちんと覚えて、すぐ使おう。
    自己紹介で相手の名前がわかれば、きちんと覚えて、すぐ使おう。
  11. 会うことに時間を割いてくれたお礼を言おう。<br>相手の時間を尊重して、しすぎることはない。
    会うことに時間を割いてくれたお礼を言おう。
    相手の時間を尊重して、しすぎることはない。
  12. 相手の目を見て話すのは、コミュニケーションの基本。<br>恥ずかしくても、相手の目を見て話そう。
    相手の目を見て話すのは、コミュニケーションの基本。
    恥ずかしくても、相手の目を見て話そう。
  13. 相槌と好印象は、密接なつながりがある。
    相槌と好印象は、密接なつながりがある。
  14. 初対面でいきなり暗い話をしない。
    初対面でいきなり暗い話をしない。
  15. 初対面で相手の粗探しをするのは、マナー違反。
    初対面で相手の粗探しをするのは、マナー違反。
  16. 人は、褒めてくれる人に好印象を持つ。
    人は、褒めてくれる人に好印象を持つ。
  17. 初対面で好印象を与えるコツは、自己開示の法則にある。
    初対面で好印象を与えるコツは、自己開示の法則にある。
  18. 下品なネタは、悪印象につながる。<br>知的なユーモアは、好印象につながる。
    下品なネタは、悪印象につながる。
    知的なユーモアは、好印象につながる。
  19. 共通点は、相手と仲良くなるためにある。
    共通点は、相手と仲良くなるためにある。
  20. 姿勢の良しあしは、第一印象や好印象に直結する。
    姿勢の良しあしは、第一印象や好印象に直結する。
  21. ずけずけデリケートな質問をするのは、いきなり土足で相手の心に踏み込んでいるようなもの。
    ずけずけデリケートな質問をするのは、いきなり土足で相手の心に踏み込んでいるようなもの。
  22. 弱みは、隠すより見せたほうが、好印象につながる。
    弱みは、隠すより見せたほうが、好印象につながる。
  23. 好意を持たれようとぺらぺら話しすぎない。<br>初対面では、話すより聞くほうが大切。
    好意を持たれようとぺらぺら話しすぎない。
    初対面では、話すより聞くほうが大切。
  24. 失礼なことがあっても、表に出さず、受け流すのが一番。
    失礼なことがあっても、表に出さず、受け流すのが一番。
  25. 外見に気になる部分があっても、じろじろ見るのは失礼。
    外見に気になる部分があっても、じろじろ見るのは失礼。
  26. 横柄な態度は悪印象につながる。<br>謙虚な態度は好印象につながる。
    横柄な態度は悪印象につながる。
    謙虚な態度は好印象につながる。
  27. 痩せすぎ・太りすぎは、好印象・第一印象に悪影響。
    痩せすぎ・太りすぎは、好印象・第一印象に悪影響。
  28. 初対面で注意したい3つの態度。<br>腕を組む、足を組む、ポケットに手を入れる。
    初対面で注意したい3つの態度。
    腕を組む、足を組む、ポケットに手を入れる。
  29. 「○○に似ていますよね」という一言には要注意。
    「○○に似ていますよね」という一言には要注意。
  30. 初対面で好印象を与える極意は、楽しむ気持ちにある。
    初対面で好印象を与える極意は、楽しむ気持ちにある。

同じカテゴリーの作品

3:40

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION