脳を刺激する
30の歩き方

9
10

姿勢が悪いから疲れやすい。
疲れるから、
余計に姿勢が悪くなる悪循環。

姿勢が悪いから疲れやすい。疲れるから、余計に姿勢が悪くなる悪循環。 | 脳を刺激する30の歩き方

私は散歩の途中、自分と同じように散歩をする人たちとすれ違います。

そんなとき気づいたことがあります。

やけに疲れた様子で歩いている人もいれば、元気そうに歩いている人もいます。

何が違うのだろうかと注意を向けたとき「姿勢」にあるとわかりました。

疲れた様子で歩いている人の姿勢は、悪い。

腰が曲がっていて、猫背になっています。

いかにも「疲れています」と言わんばかりの姿勢です。

そういう姿勢で歩いているから、疲れやすくなったのでしょう。

姿勢が悪いと疲れやすくなります。

猫背になり、背筋が斜めになっているときには、背中や首周りなどに負担がかかり、余分なエネルギーを使ってしまいます。

姿勢が悪いから疲れやすく、疲れるからまた姿勢が悪くなる悪循環です。

一方、元気な人の姿勢とは、背筋がぴんと伸びている状態です。

そのぴんと伸びている姿勢から「まだまだ歩けますよ」という状態がわかります。

「私は元気です」という様子が伝わってきます。

そういう姿勢で歩いているから、元気を維持しやすいのでしょう。

背筋が伸びて背骨が垂直になっていると、上半身の重みがちょうど体の真ん中にきます。

背中や首周りへの負担が小さく、疲れにくいです。

それがわかった瞬間、はっとしました。

「では、今の自分の姿勢は大丈夫?」と、自問自答しました。

ちなみに、今のあなたの姿勢は大丈夫ですか。

理想的なイメージとしては、頭の上から糸で引っ張られている感じです。

体全体がぴんと伸び、自然によい姿勢へと変わります。

歩いているときには、やはり健康的な姿で歩きたいものです。

健康的な姿とは、ファッションより、姿勢なのです。

脳を刺激する歩き方(9)
  • 頭の上から糸で引っ張られている感じで、歩く。
歩くスピードに「緩急」という変化をつけて歩いてみる。

脳を刺激する30の歩き方
脳を刺激する30の歩き方

  1. じっと立っているだけでも、カロリーを消費する。
    じっと立っているだけでも、カロリーを消費する。
  2. 耳を澄ませば、聞こえなかった音が聞こえるようになる。
    耳を澄ませば、聞こえなかった音が聞こえるようになる。
  3. 歩き方がきれいな人はいつも元気。<br>自分の足音のリズムに乗っているから。
    歩き方がきれいな人はいつも元気。
    自分の足音のリズムに乗っているから。
  4. 「時間」に縛られて考えるのではなく「気分」や「体調」を重視して考えるのがポイント。
    「時間」に縛られて考えるのではなく「気分」や「体調」を重視して考えるのがポイント。
  5. 空気は、おいしい食べ物だと意識しながら歩く。
    空気は、おいしい食べ物だと意識しながら歩く。
  6. テーマを決めて歩くと、カラーバス効果が起こる。
    テーマを決めて歩くと、カラーバス効果が起こる。
  7. ひらめいたアイデアを、記録するだけでなく、実行しやすくする工夫。
    ひらめいたアイデアを、記録するだけでなく、実行しやすくする工夫。
  8. 「美しい花だ」そう思える人は、幸せだ。
    「美しい花だ」そう思える人は、幸せだ。
  9. 姿勢が悪いから疲れやすい。<br>疲れるから、余計に姿勢が悪くなる悪循環。
    姿勢が悪いから疲れやすい。
    疲れるから、余計に姿勢が悪くなる悪循環。
  10. 歩くスピードに「緩急」という変化をつけて歩いてみる。
    歩くスピードに「緩急」という変化をつけて歩いてみる。
  11. 人間の価値観は、歩数計1つで簡単に変えられる。
    人間の価値観は、歩数計1つで簡単に変えられる。
  12. カメラを持って歩くと、散歩がもっと楽しくなる。
    カメラを持って歩くと、散歩がもっと楽しくなる。
  13. 後ろ向き歩きで歩いて、体のバランスを整える。
    後ろ向き歩きで歩いて、体のバランスを整える。
  14. ラジオを聞きながら歩くと、調子が出る。
    ラジオを聞きながら歩くと、調子が出る。
  15. 毎日歩き続けていると、ついには筋肉痛が懐かしくなる。
    毎日歩き続けていると、ついには筋肉痛が懐かしくなる。
  16. 健康を維持できない人は「運動は、悪くなったときにするものだ」と思っている。
    健康を維持できない人は「運動は、悪くなったときにするものだ」と思っている。
  17. 運動しなくても健康維持できている人は、見えないところで運動をしているだけ。
    運動しなくても健康維持できている人は、見えないところで運動をしているだけ。
  18. 「歩く時間」を作るより、自然に歩ける空間を作る。
    「歩く時間」を作るより、自然に歩ける空間を作る。
  19. 歩いているときは、楽しそうな表情をしながら歩こう。
    歩いているときは、楽しそうな表情をしながら歩こう。
  20. 直線コースだけでは面白くない。<br>くねくねした道を歩こう。
    直線コースだけでは面白くない。
    くねくねした道を歩こう。
  21. 歩きながらのほうが、英会話のリスニングがよく聞き取れる。
    歩きながらのほうが、英会話のリスニングがよく聞き取れる。
  22. 歩くことは、腰痛に効く。
    歩くことは、腰痛に効く。
  23. はだしで歩くほうが、脳を刺激する。
    はだしで歩くほうが、脳を刺激する。
  24. ウォーキングの苦しみが、スリムな体型に変換されていくイメージをしながら歩く。
    ウォーキングの苦しみが、スリムな体型に変換されていくイメージをしながら歩く。
  25. 適切な歩幅の計算方法。
    適切な歩幅の計算方法。
  26. 水分補給のため水の入ったペットボトルを持ち歩く。<br>すると、意外な効用がもう1つ生まれる。
    水分補給のため水の入ったペットボトルを持ち歩く。
    すると、意外な効用がもう1つ生まれる。
  27. 夜のウォーキングには、朝や昼にはないメリットがある。<br>ただし、デメリットにも注意せよ。
    夜のウォーキングには、朝や昼にはないメリットがある。
    ただし、デメリットにも注意せよ。
  28. 双眼鏡があれば、単なる散歩がバードウォッチングになる。
    双眼鏡があれば、単なる散歩がバードウォッチングになる。
  29. 大股で歩くと、普段使っていない筋肉が鍛えられる。
    大股で歩くと、普段使っていない筋肉が鍛えられる。
  30. 疲れてきたら、元気に歩いている人を見て、もう一度奮い起こす。
    疲れてきたら、元気に歩いている人を見て、もう一度奮い起こす。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION