人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
相手の気持ちを理解するだけで、仲直りがしやすくなる。
心の健康
上司の厳しさは、期待の裏返し。
生き方
健康ばかり気にするのも、不健康。
同棲
収集癖のある人が同棲するなら、納得できる説明の準備が必要不可欠。

同棲生活
30マナー

お気に入り0 読んだ
1

あなたの礼儀作法れるポイント
それは、
玄関いだ

棲を始めたら、まず靴に注意してください。

「脱いだ靴の向きを揃える」というマナーです。

玄関で靴を脱いだら、きちんと向きを揃えましょう。

ルールというほどでもなければ、家事というわけでもありません。

お金の無駄遣いでもなければ、誰かに迷惑をかける行為でもありません。

別に玄関を靴で散らかしていても、すぐ同棲が破綻するような悪影響はないでしょう。

 

しかし、玄関で脱いだまま散らかすのは楽であっても、大切なものが失われています。

それは、あなたの礼儀作法です。

靴が散らかっていると、見た目も悪く、下品です。

外出するとき、玄関の靴が揃っていないと、履きにくくなるでしょう。

帰宅したとき、玄関の靴が散らかっていると、脱ぎにくくなるでしょう。

利便性だけでなく、印象も雰囲気もよくありません。

玄関の雰囲気が一気に悪くなり、同棲にだらしない印象が出てきます。

誰かが自宅に訪問して、家に上がる場面があるとします。

玄関の靴が散らかっていると「礼儀作法がない人なのだろうか」と感じるでしょう。

「脱いだ靴くらいで人間性を判断されたくない」と思っても、残念ながら、そう判断する世間があります。

ゆくゆく結婚して、子供ができたとします。

親が玄関で靴を散らかしていると、子供たちも真似をするでしょう。

靴を散らかしていると、子供たちの教育にもよくありません。

小さな心がけです。

小さな心がけだからこそ、その人の礼儀作法がよく表れるポイントでもあります。

玄関で脱いだ靴は、きちんと向きを揃えましょう。

玄関で靴を脱いだら、振り返って向きを揃えるだけです。

時間にして、ほんの3秒程度。

この礼儀作法を心がけるだけで、玄関の雰囲気がよくなります。

外出するとき、気持ちよく靴を履けます。

帰宅したとき、気持ちよく部屋の中に入れます。

玄関で靴を脱ぐとき、あなたの礼儀作法が表れる瞬間なのです。

同棲生活のマナー その1

  • 玄関いだは、
    きちんとえる
元の状態に戻すルールを守ろう。

もくじ
(同棲生活の30のマナー)

同じカテゴリーの作品