人生の教科書



生き方
人生の定期検査に役立つ、5つの質問。
暮らし
「危ない」という言葉は、危ない。
同棲

同棲生活の
30のマナー

お気に入り1 読んだ
10

行動を監視するような連絡を強要すると、
かえって愛を遠ざける。

行動を監視するような連絡を強要すると、かえって愛を遠ざける。 | 同棲生活の30のマナー

同棲中は、頻繁な連絡のやりとりに要注意です。

同棲中、部屋で一緒にいるときは相手の様子が分かりますが、外出中は分かりません。

2人が離れているときも、相手の様子が気になって、連絡を取りたがる人もいるでしょう。

 

たしかに同棲ではコミュニケーションが大切です。

単純な会話も、愛を育むことに貢献します。

一言でも二言でも言葉を交わすことで、気持ちのやりとりができるでしょう。

普段から相手とたわいもない会話を交わすことで、お互いの理解や信頼が深まります。

もちろん簡単な雑談程度の連絡ならいいですが、行動を監視するような連絡には注意が必要です。

「今、どこにいるの?」

「今、何をしているの?」

「今、誰といるの?」

「何のためにしているの?」

「どんなふうにしているの?」

1日に何度も連絡を取って、相手の状況を知りたがる。

頻繁に確認の連絡を取ると、相手も頻繁に返事をしなければいけなくなって大変です。

1日に何度も連絡しなければいけないと、手間がかかってため息が出るでしょう。

また相手は行動を監視されているように感じます。

物理的に離れていても、見えない鎖でつながれているように感じ、居心地が悪くなるはずです。

「離れているときくらい1人にさせてほしい」と思うでしょう。

そして「自分は信用されていないのだな」と思うに違いありません。

不信感を拭い去るための連絡が、かえって不信感を高める結果になる。

行動を監視するような連絡を強要すると、かえって愛を遠ざけることになるのです。

相手の様子が気になっても、ぐっと我慢することも大切です。

確認の連絡をするなら、どうしても気になったときにするのがいいでしょう。

 

たとえば、帰宅が遅いときや出張のときです。

同棲中、お互いが離ればなれでいるときは、相手の行動を信用することも大切です。

本当に相手を信用しているなら、行動を監視するような連絡は最小限に抑えておくのがいいでしょう。

まとめ

同棲生活のマナー その10
  • 行動を監視するような連絡を強要しないようにする。
次のページ >>
室内で長電話をするときは、同棲相手に配慮すること。

もくじ
(同棲生活の30のマナー)

同じカテゴリーの作品