人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
ビジネスでは、できるだけ長電話は避けるのが賢明。
同棲
挨拶中に心がけたい5つの話し方。
遠距離恋愛
手元に水を準備しておけば、恋人との長電話も安心。
同棲
電話やメールで同棲解消を切り出さない。
同棲
話しかける言葉遣いで、2人の未来が決まる。
スキンケア
長電話をする習慣を、運動する習慣に活用する。

同棲生活
30マナー

お気に入り0 読んだ
11

室内長電話をするときは、
同棲相手配慮すること

棲中、室内で電話をすることがあるでしょう。

自分から電話をかけることもあれば、誰かからかかってくることもあります。

まだ短時間の電話ならいいのです。

3分程度で終わる電話なら、相手の前で電話をしても、さほど迷惑にならないでしょう。

よほど大声でないかぎりは、相手も快く許してくれるはずです。

寛大な人なら、10分くらいの電話でも気にしないでしょう。

 

しかし、長電話となると話が変わります。

1時間・2時間と、延々と話し続ける長電話。

同棲では、1つ屋根の下で2人が暮らすことになります。

電話が長くなると、話し声が気になって、読書の集中を妨げたりテレビの声が聞こえにくくなったりします。

電話を楽しむ本人はよいかもしれませんが、同棲相手にとっては、少しうるさく感じるでしょう。

相手から注意されなくても、少なからず迷惑をかけてしまうでしょう。

たとえ相手が笑顔で気にしないそぶりであっても、内心は不快になっているかもしれません。

そのため、室内で長電話をするときは、相手に配慮することが大切です。

 

たとえば、窓を開けて、窓際で話す。

もしくは、自分の個室に戻り、きちんと部屋のドアを閉めて電話をする。

長電話の声が大きくなりそうなら、ベランダやバルコニーなど、屋外に出て話すほうがいいでしょう。

いったん外出をして、近場の広場や公園で話すのも悪くありません。

外なら、電話の話を聞かれなくて済むので、プライベートな話もしやすくなります。

散歩道や遊歩道を歩きながら電話をするのもいいでしょう。

ぶらぶら散歩をしながら電話をするなら、適度な運動にもなって一石二鳥です。

少しの配慮で、快適な同棲環境を保てます。

もちろんこの配慮を、自分だけでなく、お互い心がけることができれば理想的です。

同棲は2人の生活ですから、お互いを思いやる気持ちが大切です。

同棲生活のマナー その11

  • 室内長電話をするときは、
    個室ったり屋外たりして、
    相手配慮する
作ってもらった食事を食べ終えたら、感謝の言葉を伝えよう。
「ごちそうさま。
おいしかった」。

もくじ
(同棲生活の30のマナー)

同じカテゴリーの作品