人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

同棲生活の
30のマナー

お気に入り0 読んだ
21

助け合いとはいえ、
相手のお金や持ち物を盗む行為は窃盗罪。

助け合いとはいえ、相手のお金や持ち物を盗む行為は窃盗罪。 | 同棲生活の30のマナー

同棲に慣れてくると、お互いの所有物の境界が曖昧になりがちです。

部屋の中に2人の持ち物がごちゃごちゃ入り乱れると、なおさらです。

ある日、何らかの事情で困ったとき、ふと相手の持ち物を盗みたくなる衝動に駆られるかもしれません。

一緒に暮らしていれば、相手の財産にアプローチするのも簡単です。

こっそり相手の財布からお金を盗む。

ばれないように相手の持ち物を盗む。

一緒に暮らしている関係なので「ばれても謝ればいい」という安易な気持ちがあるのかもしれません。

「親しい仲だから少しくらいいいだろう」という油断もあるのかもしれません。

 

たしかに同棲では助け合いの精神が大切です。

困ったとき、助け合いの一環として、お互いのお金や所有物を共有して、危機を乗り越えることもあるでしょう。

だからとはいえ、盗みはよくありません。

助け合いと盗みは別物です。

いくら助け合いとはいえ、相手のお金や持ち物を盗む行為は窃盗罪に当たります。

自分が大切にしている財産を盗まれれば、いくら犯人が恋人でも不快です。

一気に信頼関係を傷つける行為であり、2人の間にひびが入ります。

小さな金額・小さな持ち物でも、盗みは盗みです。

犯罪であり、罪になります。

たとえ拝借したつもりでも、事前の許可がなければ、盗みと誤解されても仕方ありません。

夫婦のような関係かもしれませんが、まだ正式な夫婦ではありません。

盗む行為を働けば、警察ざたになることもあります。

夫婦として法的に守られている関係ではないのですから、トラブルが起こったときに、不利になるのは自分です。

もし必要なら、まず相手の許可を取りましょう。

お金を盗むくらいなら、借りれば済むことです。

相手の持ち物を借りたいなら、一言許可を取ればいいだけです。

そばにいないなら、電話やメールで連絡を取れば済むことです。

ほしいなら「ほしい」とストレートに言ってもいいでしょう。

どんな事情があろうと、同棲相手のお金や持ち物を盗まないようにしましょう。

同棲生活のマナー その21

  • 同棲相手から盗まない。
携帯電話を盗み見したところで、いいことは1つもない。

もくじ
(同棲生活の30のマナー)

同じカテゴリーの作品