同棲

同棲生活の
30のマナー

お気に入り1 読んだ
4

彼女を家政婦扱いしない。

彼女を家政婦扱いしない。 | 同棲生活の30のマナー

同棲でよくあるのが、彼女を家政婦扱いにしてしまうことです。

掃除・洗濯・炊事など、家事の何から何まで彼女に押し付けます。

「慣れていない」「方法が分からない」などの言い訳で、自分は家事から逃げ回る。

「家事は女の仕事」という偏見で、家事を押し付ける場合も少なくありません。

それでいて彼女の家事に不手際があれば、ぶつぶつ文句を言う。

表向きは家事をしていても、心の中では不満を抱いているでしょう。

男性が生活費の全額を出しているなら別ですが、共働きにもかかわらず、彼女に家事を押し付けるのは不公平です。

共働きなら、家事の分担も基本です。

同棲は「共同生活」であると同時に「協力生活」でもあります。

2人が協力しあってこそ成り立つ生活です。

男性だけ王様のように振る舞っていると、同棲に偏りと不公平が生まれ、破局は時間の問題になります。

少しでもいいので、家事を手伝う努力をしましょう。

役割分担は、得手不得手を考慮して決めてもかまいません。

理想は「半々」ですが、最初は簡単な家事でもかまいません。

彼女と話し合って決めていきます。

慣れていないなら、慣れていく。

できないなら、できるようになる。

方法が分からないなら、教えてもらう。

最初は面倒で嫌かもしれませんが、慣れと習慣が形成されれば、当たり前の感覚になります。

風呂掃除をするだけでも助かるはずです。

また決めた役割にこだわらず、未着手の家事に気づいたときは積極的に動くよう心がけましょう。

大切なことは「2人で家事を協力する」という姿勢です。

2人で協力している実感が湧きやすくなるので、同棲が安定します。

まとめ

同棲生活のマナー その4
  • 彼女を家政婦扱いにせず、自分も家事に参加する。
力仕事は、積極的に男性が名乗り出る。

もくじ
同棲生活の30のマナー
彼女を家政婦扱いしない。 | 同棲生活の30のマナー

  1. あなたの礼儀作法が表れるポイント。
    それは、玄関で脱いだ靴。
  2. 元の状態に戻すルールを守ろう。
  3. 同棲中に注意したい3つの禁句。
  4. 彼女を家政婦扱いしない。
  5. 力仕事は、積極的に男性が名乗り出る。
  6. 彼女が生理で苦しんでいるときこそ、男の出番。
    大切なのは「いたわり」と「思いやり」。
  7. 生理用品は、見えないように工夫をしておく。
  8. 美を磨く行為は、彼に隠れてこっそりするのが基本。
  9. 2人で決めたルールは、社会的なマナー違反になっていないか。
  10. 行動を監視するような連絡を強要すると、かえって愛を遠ざける。
  11. 室内で長電話をするときは、同棲相手に配慮すること。
  12. 作ってもらった食事を食べ終えたら、感謝の言葉を伝えよう。
    「ごちそうさま。
    おいしかった」。
  13. 同棲中は、おならやげっぷはどうするか。
  14. 便座の上げ下げで揉めたときの、3つの説得方法。
  15. ジャージやスエットスーツを部屋着にすると、生活感が出すぎてしまう。
  16. 同棲では、謙虚な気持ちを持ち続ける。
  17. きれい好きな人は、完璧な清潔感を諦めることも大切。
  18. 帰宅時間は、きちんと連絡しよう。
  19. 夕食を食べて帰るにもかかわらず、連絡をしないのはマナー違反。
  20. 同棲相手を「未熟な子供」として扱わない。
  21. 助け合いとはいえ、相手のお金や持ち物を盗む行為は窃盗罪。
  22. 携帯電話を盗み見したところで、いいことは1つもない。
  23. 試験や授業がうまくいかなくても、相手のせいにしないのがマナー。
  24. 同棲中の朝帰りをするときのマナー。
  25. 朝帰りを許すかの判断基準。
  26. 相手の親の悪口は禁句。
  27. 同棲でも、相手に言えない秘密はあってもいい。
  28. 同棲中にSNSやブログを楽しむなら、文言に注意する。
  29. 後ろめたい事情があったとしても、同棲相手に隠れて借金をしない。
  30. 長年同棲しているカップルが、あるとき結婚に踏み切る理由とは。

同じカテゴリーの作品