読み上げ動画・音声
同棲
離婚歴がある人は、同棲は必要なのか。
同棲
同棲の9つのメリット。

同棲生活
30マナー

お気に入り0 読んだ
その27

同棲でも、
相手えない秘密はあってもいい

同棲でも、相手に言えない秘密はあってもいい。 | 同棲生活の30のマナー

棲を始めれば「隠し事はあってはいけない」と思いがちです。

結婚前提で一緒に暮らしているなら、隠し事のない状態が理想的と思われます。

何でもさらけ出せる、オープンな関係にしておくのがよいと思うでしょう。

お互いのことを詳しく知れば知るほど、信頼関係も深まります。

もちろん今後の2人に深く関わることなら、きちんと伝えておくほうがいいでしょう。

たとえば、健康問題や金銭問題です。

重い病気を抱えていたり、大きな借金があったりなどです。

今は自分だけの事情かもしれませんが、結婚すれば、2人の事情になります。

結婚してから判明してトラブルに発展するより、同棲のうちに明かしておくほうがスムーズです。

秘密の内容によっては動揺されるかもしれませんが、最終的には2人の信頼を深めることになるはずです。

しかし、秘密のすべてをさらけ出さなければいけないわけではありません。

打ち明けておく必要があるのは、あくまで2人の今後に関係した内容です。

完全なプライベートなことまで打ち明ける必要はありません。

人には誰にも言えないプライベートな秘密が、1つや2つあるもの。

思い出したくない過去もあるでしょう。

トラウマを抱えていることもあるでしょう。

デリケートな悩みもあるかもしれません。

言いたくないことは、言わなくてもいい。

どうしても言えない秘密は、秘密のままにできます。

人には、プライベートを秘密にできる権利があります。

秘密は、あくまで秘密です。

個人的な秘密は、誰にも言わず、心の中で大切にしまっておくことも大事です。

同棲生活のマナー その27

  • 2人生活することをき、
    どうしてもえない秘密は、
    無理わない

次の記事

同棲中にSNSやブログを楽しむなら、文言に注意する。

もくじ
(同棲生活の30のマナー)

同じカテゴリーの作品