人生の教科書



読み上げ動画・音声
食事マナー
「おいしかった」ほど、嬉しい褒め言葉はない。
ストレス対策
評価はあって、ないようなもの。
住まい
あなたの体は、神様からの「借り物」。
生き方
健康ばかり気にするのも、不健康。

同棲生活
30マナー

お気に入り0 読んだ
12

ってもらった食事えたら
感謝言葉えよう
ごちそうさまおいしかった

後、きちんと感謝の言葉を伝えていますか。

同棲を始めたころは、欠かさず「ごちそうさま」と言っていても、作ってもらうことに慣れてくると言わなくなることがあります。

食事を作ってもらうありがたみが薄れてくる。

「食事を作ってもらって当たり前」という感覚になると「ごちそうさま」の一言を言い忘れやすくなる。

あるいは「今さら言う必要はない」という投げやりな気持ちが強くなるのかもしれません。

 

しかし、食事を終えて無言のままではよくありません。

「無言でも、心では感謝しているから大丈夫」というのは誤解です。

きちんと言葉に出して言わないと、相手に伝わりません。

「ごちそうさま」の一言がないと「おいしくなかった」という暗黙のメッセージに聞こえます。

「作ってくれて当然」「今さら言っても仕方ない」と思うのはよくありません。

作ってくれた料理には、一定の労働が発生した成果物です。

知恵と工夫を凝らした食事はすべて感謝ができます。

ほんの一言でいいのです。

どんなに同棲が長くなっても、作ってもらった食事を食べ終えたら、きちんと感謝の言葉を伝えましょう。

「ごちそうさま。おいしかった」と。

食事が終わった後に言う挨拶ですが、日常に欠かせない大切な言葉です。

この一言で、食事を作った苦労が報われます。

「ごちそうさま」だけでもいいですが「おいしかった」の一言も付け加えると、もっと響きのいい一言になります。

食事を作った相手は「頑張って作ったかいがあった」と感じて、喜ぶでしょう。

「ごちそうさま。おいしかった」という一言は、2人の生活がどれだけ長くなっても続けましょう。

結婚しても、子供ができても、白髪が増えても、ずっと続けていくことが大切です。

同棲生活のマナー その12

  • どんなに同棲くなっても、
    ってもらった食事えたら、
    きちんと感謝言葉える
同棲中は、おならやげっぷはどうするか。

もくじ
(同棲生活の30のマナー)

同じカテゴリーの作品