同棲

まとめ
(半同棲で心がける30のマナーと注意点)
まとめ | 半同棲で心がける30のマナーと注意点

  • 半同棲の意味を理解する。
  • いきなり同棲に抵抗があるなら、まず半同棲から始めてみる。
  • 同棲と半同棲の5つの違いを理解しておく。
  • お泊まり・半同棲・同棲の違いを理解する。
  • 同棲のメリットを確認する。
  • 半同棲のデメリットを確認する。
  • 半同棲の場合、大家や管理会社に相談する。
  • 同棲生活・半同棲生活・夫婦生活の暮らし方の違いを把握しておく。
  • 半同棲をするなら、なるべく「期限付き」と「結婚前提」で始めるようにする。
  • 価値観と生活習慣の違いを、前向きに受け入れる。
  • プライバシーを侵害に注意する。
  • 半同棲であっても、相手の所有物を使うときは、一言断りを入れる。
  • 少しでもストレスが減る工夫をする。
  • 半同棲でも、家事の分担はきちんと決めておく。
  • 半同棲の主導権は、原則として家の契約者にあると考える。
  • お金に関することだけは、曖昧にせず、きちんと決めておく。
  • 生活費の折半の仕方は、曖昧にせず、きちんと話し合う。
  • 私物の持ち込みが、限度を超えないようにする。
  • 気遣いと思いやりのある行動を心がける。
  • 半同棲でも、恥じらいを大切にした行動を心がける。
  • 時には我慢と諦めも受け入れる。
  • 家事も節約も、頑張りすぎないようにする。
  • 半同棲の公表は、人を選んで、十分注意しておく。
  • 何から何まで「言わなくても分かる」で済ませるのではなく、大事なことはきちんと言葉に出して伝える。
  • 半同棲の場合、自宅に友達を招かないようにする。
  • 風邪を引いたときは、状況に応じて対処を考える。
  • 相手の親にばれたら、覚悟を決めて、きちんと事情を説明する。
  • 喧嘩をしたら、すぐ解消するより、まず冷却期間を置くようにする。
  • 半同棲を解消するときのポイントを抑えておく。
  • 半同棲の中途半端を正したいなら、正式な同棲に移行する。

同じカテゴリーの作品